The Game is Afoot

Sherlock Holmes関連、その他 ドラマ、映画、書籍等々思いつくまま書いています。

『カッコーの呼び声』私立探偵コーモラン・ストライク:ロバート・ガルブレイス著

2018-09-23 | ブックレヴュー&情報
”The Cuckoo's Calling” C.B.Strike : Robert Galbraith

ロバート・ガルブレイス(著)、池田真紀子(翻訳)
講談社刊
上下刊

『内容紹介』
悩みを抱えたスーパー・モデルが、ある雪の日に高級住宅街のバルコニーから墜落死した。自殺
と断定した警察を疑った兄は、私立探偵コーモラン・ストライクに調査を依頼する。ストライク
はオックスフォードを中退後従軍し、アフガン戦争で片足切断、借金まみれでフィアンセにも逃
げられ、最低の人生を送っていた。これは大きなヤマだ。この事件が運命を変えるきっかけにな
るかもしれない……。しがない私立探偵の大活躍!

内容(「BOOK」データベースより)
悩みを抱えたスーパーモデルが、うっすらと雪の積もったロンドン高級住宅街のバルコニーから
転落死した。警察も世間も事件を自殺と片づけたが、疑いを抱いた彼女の兄は、私立探偵コーモ
ラン・ストライクに調査を依頼し…あのJ.K.ローリングが、「ロバート・ガルブレイス」のペン
ネームで書いていた、大絶賛のミステリー小説!!

先日、BBCドラマ版としてご紹介した原作本です。
ドラマの初放送に関しては2ケ月近く前こちらに書いたのですが、それ以来連日多くの方に閲覧
頂き関心を持つ方が多い事にビックリしている所です。

生憎TV放送はチャンネル契約していない為観られないので(口惜しい!)他局での放送を心待ち
にしながら原作を先に読みました。

先ご紹介した通り、この作品は、「ハリー・ポッター」の作者J.K.ローリングが別名である 
ロバート・ガルブレイス名で発表した大人向けの探偵小説です。
ハードカバー上下組で登場人物も多く、名前を憶えているのも大変(汗)っていう点もありま
すが一気に読みました。

何よりもキャラクターの魅力が大きいです。
主人公のコーモラン・ストライクは有名なロック歌手の息子。但し婚外子である為母の姓を名
乗っている。
クマの様な毛むくじゃら(?)な大男。 母の死をきっかけに大学を中退しアフガニスタンに
従軍、特別捜査官としての勤めを果たしていた中爆弾で片足を失い義足を装着している。探偵
事務所を始めるが 美しいパートナーとも別れ、借金を抱え込んでる。
そんな時、依頼人が現れ ルーラ・ランドリーというスーパーモデルが転落死した事件の調査
を高額の報酬で依頼される。 彼女は自殺としか思えない状況で死亡したのだが、兄は真相を
知る為に子供の頃死亡した弟の友人であったコーモランの元を訪れたのだった。

丁度そんな時初めて訪れた派遣の秘書ロビン・エラコットの力を借りながら捜査を進めていく。
ロビンは婚約したばかりで正規の仕事を探しながら派遣で仕事をしているが、探偵の秘書とい
う仕事に心を躍らせる様子が可愛い。
このロビンがとんでもなく気が利き、有能であることに気付き次第に頼りにする様になるコー
モラン。

複雑な家族問題、パートナーとの問題、金銭問題、身体の問題等々沢山の物を背負いながら
捨て鉢にはならず、周囲にも気使いが行き届くコーモラン。 やさぐれ感が無いのが好ましい。
又その捜査方法は地道にコツコツと自分の足で進め(懐具合にもより 移動も主に地下鉄等
公共機関を使用。たまにタクシー)、対象者との面談においてもこまめにメモを取り 几帳
面に捜査資料を整理しながら事件を追っていく。 外見からは窺えない明晰な頭脳。

そして、そんなコーモランの頭脳と判断力に敬意を払いつつ、何とか認められたいと頑張る
ロビンが可愛く、二人の掛け合いが楽しく、微笑ましい。
お互いに対する思いやりを保ちつつ、節度ある距離感を保つ二人の関係が心地よいです。
ロビンがいつの間にか”コーモラン”とファーストネームで呼ぶようになり、送って来るメー
ルの最後に”X”=kissを付けている事にも気付かない振りをしながら 何となく嬉しそうな
コーモランの様子が可愛いのですよ。

コーモランが歩き回るロンドンの街の風景が細かく描かれていて、この点はシティーマップ
が必要かな?とも思うけど、情景が目に浮かぶ様で ロンドン好きには溜まらないかも。

ワクワク、ドキドキするスピード感あふれる展開ではなく、ジックリ真相に近づく緊迫感に
溢れ、派手ではないが上質で本格的な探偵小説と感じられました。
 
ストーリーテリングは流石と思わせられるが、何と言ってもコーモランとロビンのキャラク
ターが際立っています。
そう言えば、ロビンの派遣期間終了の時、コーモランがロビンにあるプレゼントをするので
すがこれが泣かせてくれます。 ロビンが欲しがっていた品物をしっかり覚えていたコーモ
ラン。そしてそれを知ったロビンが涙を流す。ちょっと胸が熱くなります。
そんな2人の関係がどうなるのかも気になるところ。

もし”ロバート・ガルブレイス”がローリング女史である事を知らずに読んだとしたらどんな
感想を持かしら?とフト考えてみましたが、やっぱりハマってしまっただろうと・・・・。

以前ご紹介しましたが、2作目の「カイコの紡ぐ嘘」も読了しています。

そのうちに又感想を書ければ・・・と思っていますが。
「カッコーの呼び声」はファッション業界が背景でしたが、2作目は出版業界が背景になって
います。 
そして、
コーモランの異母弟も登場。活躍します。

3作目の ”Career of Evil”


そして、前回の時点では未だ発表されていなかった4作目
”Lethal White” も発売になっています。


何とか早く翻訳されることを期待しています。

ローリング女史はインタビューで、このシリーズは少なくともあと10作位は続けたいと語って
いました。楽しみが出来ました。


ところで、
BBC版ドラマは未契約の為観られないと泣いていた所、先日偶然に見逃し配信を見つけE1の
みですが観る事が出来ました。
このドラマ版に関してもそのうちに感想を書いて見ようと思っています。




コメント (2)

『Captain Marvel』Official trailer出ました!

2018-09-19 | 映画
“Captain Marvel”

マーベル作品『キャプテン・マーベル』のFirst trailerと初イメージポスターが発表されました。


この作品のヒロインであるブリー・ラーソン=キャプテン・アメリカというキャラクターは今まで知り
ませんでした(恥?)


キャプテン・マーベルとは、マーベル屈指の能力を有する”最強の女性ヒ―ロ―”と云われ、人間と
クリー人の遺伝子を持っている。 キャロル・ダンバースは優秀な空軍のパイロットでありました。
舞台設定が1990年代。 トニー・スタークがアイアンマンになっておらず、アベンジャーズの体制も
整っていなかった時期にキャプテン・マーベルとしてヴィラン タロスと対決していく。
未来予知、宇宙空間の移動等も出来る最強ヒロインだそうです。

キャストは、

監督:アンナ・ボーデン、ライアン・フレック
製作:ケヴィン・ファイギ

出演:
ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル):キャロル・ダンバース
スター・フォースの指揮官:ジュード・ロウ
タロス(スクラル人のリーダー):ベン・メンデルソーン
ニック・フューリー:サミュエル・L・ジャクソン
フィル・コールソン:クラーク・グレッグ
ロナン:リー・ペイス
ミン・エルバ:ジェンマ・チャン


凄く楽しみなのですが、
その中でも
※1:
遅かりしの感もありますが、いよいよジュード・ロウがマーベル作品に初出演です。 
役どころのスター・フォースの指揮官がどの様な立ち位置なのかは現時点では不明ですが、兎に
角嬉しいし、楽しみです。




↑ 目が・・・!

※2:
サミュエル・L・ジャクソン扮するニック・フューリ―は1990年代に於いては未だ片目を失う以前
の姿で現れるそうです。 未だ”S.H.I.E.L.D.”の一職員と言った立場との事。

何と言っても、コールソンさん復帰です。 大好きですもん、コールソンさん。
クラーク・グレッグ扮するフィル・コールソンは”Avengers”でロキに殺された後、『エージェント・
オブ・シールド』で復活していましたね。

1990年代のコールソンさんは、”S.H.I.E.L.D”に入ったばかりの新人といったところ。
今回の作品で、フューリ―とコールソンの運命的な出会いが描かれるとか。

1990年代と云う事で、2人ともデジタル処理で25年分若返っている様です。

↑ コールソンさん、前髪が・・・
見事な若返りで関係者及びご本人が驚愕したとか。


↑ こちらは今までの2人(25年?後) 

↓ 初Official trailer
https://youtu.be/Z1BCujX3pw8

尚、『Captain Marvel』は 、
2019年3月8日全米公開予定
(邦題及び日本公開日は未定)




コメント (4)

グラナダ版『美しき自転車乗り』 : (4)

2018-09-16 |  ∟グラナダ版SH

グラナダ版 ”The Solitary Cyclist” : (4)


The Adventure of Sherlock Holmes
1984年


・・・・・その(4)


ファーナムを訪れバイオレットが通るのを待つホームズとワトソン。
ワトソンが、「こんな気持ちのいい朝に誰があのお嬢さんを傷つけようとするんだ」、にホームズは
「そんな事が無い事を願いたい」等と話している時バイオレットを乗せた馬車が通りかかります。


(馬車ってったって荷馬車ですよ。でも、自転車を乗せる為なら仕方ないのかも)


持参した双眼鏡で確認したホームズは「時間を早めたらしい。馬車の方が例の場所に先についてしまう」
と云い、慌ててワトソンと走り出します。

走りながら「不覚だった」と後悔するホームズですが、やっと道にたどり着くと馬車が空のまま戻って
来ます。
誘拐か殺人か・・・と心配するホームズは、ワトソンに馬車を止める様指示します。

必死で馬車の前に飛び出し馬を止めようとするワトソン。
ようやく馬車を止めたワトソンに、”Good man !”「良くやった!」と後ろで指図するだけで見ていたズル
のホームズ(笑)


2人は馬車に飛び乗りホームズ自ら手綱を取り急ぎチャリントン館のある森に向かいます。


目的の場所で馬車を飛び降り走る2人。 そこへ例の謎の男が自転車で現れバイオレットの居場所を言う様
に2人に銃を向けますが、そんな場合じゃあ無いって事で 今度は3人で森の中を走りだします。
途中馬車の御者が傷を負って失神しているのを見て益々心配になる3人。 そんな時バイオレットの叫び声
が聞こえ焦った3人は再び森の中を走ります。

森の中の東屋では猿ぐつわをかまされ気を失ったバイオレットを抱きかかえるウッドリーが神父の前で結婚
の儀式を行っていました。





それを見た謎の男が止めようと前に出た途端ホームズが「カラザース よせ」、それを聞いたワトソンが
「カラザースだって?」とビックリ。 (ホームズはとっくにカラザースだと気づいていたのに 又知らされ
ていなかったワトソン君)


正体を知られたカラザースは付け髭とサングラスを取り、死刑になってもいいから彼女を救うと意気込む
のを聞いたウッドリーは、「もう遅い、彼女は俺の妻だ」とせせら笑うのを見たカラザースはもう我慢
出来ずウッドリーを銃で撃ちます。
これを見ていた牧師も慌てて「この仕事を受けた時 こんな面倒な仕事とは聞いていない。話が違うぞ」と
云いながら銃をかまえます。

と、いつの間にやら彼の後ろに回っていたホームズが牧師に銃を突きつけ「銃を置け」と。


それを見ていたカラザースは、「君は何者だ?」に「シャーロック・ホームズ」と聞いた途端 ”Good Lord”
(何てことだ)

息を吹き返してやって来た御者 にメモを書いて警察署長に届けるように指示しながら、「警察が来るまで、
君たちの身柄は僕が預からせてもらう」というホームズ。


(何時も通り女性担当、ワトソン)

そして、傷ついたウッドリーを運びながら全員がウィリアムソンの屋敷に戻ります。





..... to be continued です




← グラナダ版『美しき自転車乗り』 : (3)



コメント (2)

『Mary Poppins Returns』 2018 情報少し

2018-09-12 | 映画
“Mary Poppins Returns” 2018

Walt Disney Studio Motion Pichers

懐かしいですね~。
あの「メリー・ポピンズ」の続編が製作公開になります。

前作は1964年製作でジュリー・アンドリュースの主演でした。  
細かい点は忘れていますが、心温まる内容で挿入歌も楽しかった思い出があります。
歌は今でも覚えていますよ。 ”Supercalifragilisticexpialidocious” その他 歌えちゃったりもしま
す(歌うなッ!?)

で、そんな作品の続編ですが、前作から25年後の大恐慌時代のロンドンが舞台になるようです。
前作の子供達も大人になり子供を持つ状況下に突然悲劇が訪れ、そんな彼らに人生の喜びを取り戻さ
せる為に再びメリー・ポピンズがやって来る・・・・というのが大まかなストーリーの様です。



キャスト:
監督:ロブ・マーシャル
脚本:デヴィッド・マギー
出演;
メリー・ポピンズ:エミリー・ブラント
ジャック:リン=マニュエル・ミランダ
マイケル・バンクス:ベン・ウィショー
ジェーン・バンクス:エミリー・モーティマー
アナベル・バンクス:ピクシー・ディビーズ
ジョン・バンクス:ナサニエル・サレー
エレン:ジュリー・ウォルターズ
ウィリアム・ウェザーオール・ウィルキンス:コリン・ファース
トプシー:メリル・ストリープ
バルーン・レディー:アンジェラ・ランズベリー
ミスター・ドース・ジュニア:ディック・ヴァン・ダイク












もう何と申しましょうか、のけ反る程に豪華で贅沢な出演者です。
ウィショー君(ヒゲ!)を始め、コリン・ファース様(又”様”付け)、メリル・ストリープ、アンジェラ・
ランズベリー迄!!
そして、前作にも出演していたディック・ヴァン・ダイクも出演しているなんて・・・・。
因みに、デイム アンジェラ・ランズベリー、ディック・ヴァン・ダイク共に御年92歳ですって!!
そう言えば、前作でのディック・ヴァン・ダイクのアクセントが不思議で何時までも耳に付いてしまった事を
良く覚えています。 どうやら当時英国下町アクセントを勉強したにもかかわらず大失敗だったそうですけど
ね(笑)

↓ Official trailer
https://youtu.be/71MgehqgxwI

公開は、
2018年12月19日米国公開
2019年2月1日日本公開予定    との事です。

こんな豪華な出演者、見逃せないですね。





コメント (6)

『イングリッシュ・ペイシェント』1997年

2018-09-09 | 映画
”The English Patient”
 

この映画は昔~むかし公開当時劇場で観たのですが、Huluで配信になっていたのを機に随分久
し振りに再試聴しました(と言っても数か月前なので 現在は配信していない様です)
当時仕事に忙殺され映画を観に行く機会も無かったのですが、チュニジア在住の仕事関係者か
らチュニジアの砂漠が美しく撮影されているので是非観て欲しいと依頼され、丁度チュニジア
に行ったばかりでしたので 事前に映画の内容も出演者も全く知らずに兎に角映画館に駆けつ
けた記憶があります。
あれから20年以上経っていたんですねぇ。ビックリです。
今回改めて詳細を確認してみて初めて気づいた事や、見落としていた事、思い出した事等含め
て書き連ねてみます。

チュニジアの砂漠は本当に美しいです。

(余談ですが、
”砂漠”と云っても色々で、”土漠と云われるものもありますが チュニジアのサハラ砂漠の
砂は白粉の様なパウダー状です。粒子が細かいのでいつの間にか身体中に入り込んでしまいます。)

監督 : アンソニーミンゲラ
原作 :”The English Patient”『イギリス人の患者』マイケル・オンダーチェ

出演 :
レイフ・ファインズ (ラズロ・アルマシー)
クリスティン・スコット・トーマス (キャサリン・クリフトン)
ジュリエット・ビノシュ (ハナ)
ウィレム・デフォー (デヴィッド・カラヴァッジョ)
コリン・ファース (ジェフリー・クリフトン)
ナヴィーン・アンドリュース (キップ)
ユルゲン・プロホノフ (ミューラー)
ケヴィン・ウェイトリー (ハーディ)
ジュリアン・ワドハム (マドックス)

音楽 : ガブリエル・ヤレド
撮影 : ジョン・シール
編集 : ウォルター・マーチ
配給 : 松竹富士
日本公開 : 1997 年 4 月 26 日
上映時間 : 162 分







この作品は第69回アカデミー賞で監督賞、助演女優賞(ジュリエット・ビノシェ)を含む合計9部門を受賞
第54回ゴールデン・グローブ賞で作品賞、オリジナル作曲賞受賞
(又製作総指揮はボブ・ワインスタインと今やとんでもない事で有名になってしまったハーベイ・ワイン
スタイン兄弟でした。 こんな良い作品作っていたのにねぇ)

原作は”The English Patient” 『イギリス人の患者』

マイケル・オンダーチェ(著) 土屋政雄(翻訳)
新潮文庫(1993年) ブッカー賞受賞作品です。
この原作もその後読んだ様な気がするのですが、遥か霧の彼方(涙)時間があれば改めて読み直してみよう
と思いつつ。

この作品で、何と言ってもレイフ・ファインズの演技が素晴らしかったのですよね~。
あの瞳と憂いを帯びた麗しさにすっかりハマりました。

で、今更ですが 改めてプロフィールを :
レイフ・ファインズ(Ralph Fiennes)は1962年サフォーク・イプスウィッチ生まれ。
RADA(Royal Academy of Dramatic Arts) 卒業後ロイヤル・シェークスピア・カンパニーに所属。
数多くの映画、ドラマに出演していますが、 個人的(あくまでも個人的です)に記憶に残っているのは、

※ ナイロビの蜂(2005年)
※ ハリー・ポッターシリーズ(2005年~ヴォルデモート (これはビックリでしたねぇ。云われなくては
誰だか分からない。ってか、いわれても分からない。 でも、フト思えば、このメークも火傷で顔も良く分
からなっくなってしまったアルマーシーの延長上にありそうで・・・)
※ グランド・ブタペスト・ホテル(2014年)(結構ケミカルなシーンもあり、この作品も好きでした)
※ 007スペクター(2015年)”M”(前作の”スカイフォール”にも出演していましたが)
それと、
前回の記事に書きました 公開予定作品”Holmes & Watson”でのモリアーティー教授も是非観たい作品に
なります。

又、1995年にブロードウェイで『ハムレット』を演じ、トニー賞を受賞しました。
(2015年まで『ハムレット』を演じてトニー賞を受賞した俳優はレイフ・ファインズだけです)
※これは以前拙記事にも書きました。
歴代ハムレット

ところが・・・・
前回の記事にも載せましたが、最近のお姿を見ると泣けてきます。 

いや、外見で判断してはいけないのです。 演技です、演技(自分に言い聞かせる)

コリン・ファース様も出ていたのに全く忘れていて(申し訳ない!)、でも、この時のレイフ・ファインズ
の前では部が悪かった様な気が・・・・。役柄のせいもあると思いますが。

それと、今回初めて気づいたんですが、ケヴィン・ウェイトリー(ルイス警部)が軍人役で出演していました。 

その後知った事なのですが、アルマーシー伯爵は実在の人物ですが映画のキャラクターとは全く関係ない様です。
ただ、作品中にも出て来る 洞窟壁画 ”泳ぐ人” は伯爵が実際に発見したのだそうです。
とても不思議な壁画で実際に見たかった~。


兎に角チュニジアの砂漠の美しさに改めて感動しました。(勿論内容にもですが←順序が違う?)

↓ trailerはこちら
https://youtu.be/N1OopmufwUo

概要は次に回します(何時になるやら・・・ですが)





コメント (2)