イラストゥ~ンの穴

旅するイラストレーターのスカンピン生活

オイルランタン自作

2016-08-14 | ハンドメイド
エバニューの横開きキャンドルランタンにオイルカートリッジを組み込んで長年、そりゃもう長年、なんと30年近くも使ってきましたが、不満な点を解消すべく自作に手を出しました。

不満な点その1
オイル量の確認が容易でないこと。
カートリッジを本体から外して蓋を取って中身をのぞき込まないと、どのくらい残っているのかわからないんです。
当り前といえば当たり前のことですが。
パッキング前に振ってポチャポチャ音がするからそのまま持っていき現地についてみると、ほとんどオイルが入ってないということが連発しました。
悲しみとやるせなさでLEDランタンに代えてやろうかという気持ちになります。
オレンジ色の明かりが好きなのになぁ。

不満な点その2
カートリッジへのオイル補給をしやすくしたい。
その1の延長線にありますが、火傷しそうな熱々のカートリッジを本体から引っぱり出して、火傷しそうな熱々の蓋を開けるのが面倒です。

不満な点その3
ホヤ(ガラス)の横を通るフレームの影が気になる!
細い棒状のものでも地面に落ちる影は太くなり邪魔で仕方ありません。
経験したことのない人には大したことに思えないでしょうが、気になり始めるともう止まりません!

で、構想は何年も前からあったのですが
ちょうどよいサイズのパーツが集められず放置されていました。
ホヤ(ガラス)のサイズをベースに他のパーツを物色しました。
定規を片手にスーパーや百均をうろつくのは勇気がいりましたワ~!


ホヤ以外はほとんどお金はかかっていません。


収納袋もクッション材入りの自作です。


収納時は上部カバーでガタツキをおさえて超コンパクトです!



スプレー缶の底を切り抜いて上部のカバー(風よけ兼虫よけ)を作ったのですが、反射角度が絶妙で真下の影を薄くすることができました。
コメント   この記事についてブログを書く
« In the heart of Southern A ... | トップ | In the heart of Southern A ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハンドメイド」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事