イラストゥ~ンの穴

旅するイラストレーターのスカンピン生活

井川へ

2008-11-27 | RD125
井川へ向かう県道27は落葉の道。
富士見峠の入り口はまだ秋の気配が残っていたのに、
頂上付近はすっかり冬らしいモノトーンの世界だ。

スリムで軽い2ストツインは、峠の下りでは途端に元気になる。
Fブレーキがプアなので気は抜けないが、
上りのつらさの憂さ晴らしのように駆け抜けた。

今まで所有したバイク、すべてで井川ダムまでツーリングしてきた。
そして「RDの翼よ、あれが井川のダムだ!」
コメント (6)

いのししストーブ?

2008-11-20 | Weblog
飯能から秩父へと向かうR299。
『いのししストーブ』の看板が目に飛び込んできて、ハテナ?
しばらく走ったが、やっぱり気になってUターン。
お店をのぞいてみると、動物の形をしたオリジナル薪ストーブが並んでいる。
店主は溶接中だったので、お話を伺うことはできなかったが、
こんな薪ストーブが置ける家に住んでみたい。

浅見鉄工さん
http://www3.plala.or.jp/Makisuto-bu/
コメント (2)

野生の轍の裏

2008-11-19 | 野生の轍
かつては日本全土に生息していたというニホンカワウソ。
現在はおそらく、絶滅していると思われます・・・

調べるきっかけになったのは、神奈川県藤沢市にある光友会で作っているカワウソサブレ。
偶然に口にした、かなりおいしいサブレです。
でも、何故にカワウソ??
で、調べてみたら光友会のある場所は獺郷(おそごう)という地名です。
藤沢市獺郷にはその名の通り、たくさんの獺(カワウソ)が住んでいたといいます。



獺郷の風景。
昔は細い川がいつくも流れていた湿地帯だったそう。
今は田畑が広がっていて、湿地帯を想像することさえできません。

ニホンカワウソが絶滅する経緯を調べていくと、悲しいかな、やっぱり人間のエゴが見えてきます。
絶滅した生き物の恨みつらみが目に見えて、命の重みを背中に感じられたら、
人は少しはやさしくなれるのかなぁ。

11/23~24 静岡の秋葉キャンプ場でOUTRIDERの読者ミーティングがあります。
僕もお手伝いで(といいつつ、きっと片手にはビール)参加の予定です。詳しくは下記より。
http://www.cap-ltd.com/outrider/meeting/index.html
コメント (6)

OUTRIDER発売中!

2008-11-16 | お仕事
エクスポのナチュラル・ツーリングはどうなったのでしょう・・・
詳しく知りたい人は、発売中のOUTRIDERを見てネ!
無事だったのは僕のエクスポちゃんだけだったのサ!
トラブルの神さま、大降臨。
人は自然治癒するけど、バイクはそうはいかないから気を付けないとネ!!

いつものキティちゃんマットも健在です。
これ、何年使っているのだろうか?
焚火の爆(は)ぜた火の粉で穴だらけなんだけど。



御存じ野宿ライダー寺崎さんのイメージは、野に舞い降りた林道天使です。
(もちろん、誉めています)
ホエーブスをチロチロ燃やし、お酒片手に「う~っぃ」とやってる姿は、
地面から生えているのかと見間違えそうでした。
(誉めています。格好良いです)
人並み外れたルーティング能力(?)にも驚きました。
ツーリングマップルだけで、掲載されていない細かい林道を探しあてる
のですから!!

寺崎さん、太田さんの黄金コンビの完成度の高い会話(ダジャレなど)を眼前
にできた2泊3日は、紙面に入り込んだかのような、夢見心地のツーリングでした。
コメント (5)

キノコちゃん

2008-11-11 | TL125s
やっとこバイアルスのエンジンを組み上げました。
か、かわゆい形
フレームやフォークがまだなので、しばらくは屋内放置が続きます。


こちらは、分解前のお姿。
コメント (4)

アウトライダー・ツーリングヴィデオ

2008-11-08 | バイク
ナタさんから借りたOUTRIDERビデオ。
20年近く前だから当り前の話だが、四万十川源流を探す菅生さんが若い! 目がするどいくて格好良い!

ナチュラルクッキングの太田さんも若い! 野外で実践してるので、コショウが風で飛ばされてるし!

回想のオーストラリア予告編に現われた寺崎さんも若い! 一見別人に見えるほど! 喋り方は変わらない!(当り前!)
 
1990年4月号はビデオとリンクした四万十川と剣山を特集。
ツーリングの途中で買ったのだろうか、雨に濡れてゴワゴワだ。
ナチュラルでは寺崎さんがDT50、須藤さんがTL125で丹沢周辺の林道をさまよっています。
OUTRIDERに憧れて、何度も読み返していた。
僕がイラストレーターになるのは、この頃から10年近くも後のお話。
コメント (2)