イラストゥ~ンの穴

旅するイラストレーターのスカンピン生活

バイアルス復活 かな?

2010-11-24 | TL125s
苦節3年(くらい?)、無事に息を吹き返しました。
あとは電装系とセッティングを残すのみです。

何でこんなに時間がかかったかって?
そりゃあ、お金をかけずにケチリながらチビチビ進めてきましたからねぇ。
果てなく長かっただけに、ゴールテープをきるのが躊躇されるほどです。
もう少し難関に当たって苦悩したい気分もありますが、
とにかくバンザーイ!バンザーイ!!バンザーイ!!!

コメント (5)

またまたあみぐるみ

2010-11-23 | その他
どれだけ楽しいんだ「あみぐるみ」。
こんな面白い事、女性だけの趣味にしておくのはズルイ!
作り続けて最近わかったのは、
複雑にすると可愛くならないということ。
それに、邪念があると目が整わないということ。
(『売りに出そうかな』なんて考えると、とたんに目がきつくなっちゃう。)
さらに、むさいおじさんが手芸店をうろつくと変な目で見られるということ!



ちゅーちゅーとれいん!
コメント (3)

富士さん

2010-11-20 | アウトドア
三日前は頭にチョコンとかぶっただけの雪だったのに、
キャンプから帰ってきてみたら、家から見える富士山はご覧の通りの真っ白けでした。
写真を見ると静岡に住んでいるラーといってもおかしくないほどに近く感じますが、
望遠を駆使して工場や駐車場を切っていますかラー。
ここは歴とした神奈川ですからジャン。

それにしても、うっとりするほど綺麗だなぁ
コメント (2)

「秋」という字は「焚き火」を連想させる

2010-11-18 | アウトドア
毎年恒例のアフォなキャンプに二泊三日で参加してきました。
焚き火を囲んで酒を浴びて低能な話に終始しているアホなキャンプも素敵ですが、
希代の文豪や敏腕編集者に芸術写真家を囲んでアカデミックで建設的なお話をする
アフォなキャンプもまた素敵。
たきぎの組み方で揉めたり、『萌え』というものを深く掘り下げてみたり、
男テッペイの恋にちゃちゃを入れてみたり、ルマン地方のボジョレーをフライング解禁
してみたりしたけど、誰もが焚き火臭く、頭から灰をかぶっているのに変わり無し。
人間との付き合いがド下手な僕を受け入れてくれる、素敵なアフォたちに感謝感謝。

写真では紅葉真っ盛りという雰囲気ですが、体感的には冬近しです。
吐く息が空に溶けるように、2ストの白煙がバックミラーに消えるように、
人に気持ちが伝えられたら良いのになぁ。
コメント

ザ・猿人級

2010-11-11 | TL125s
バイアルスのウインカーリレーの調子が悪いので分解してみたら、
おおっ! コンデンサーが付いてない!!

これは猿人級のバイメタル方式じゃありませんか。
初めて目にしましたヨ。
このリレーは、熱膨張率の異なる2種類の金属を張り合わせた
スイッチが暖まるとオフ、冷えるとオンになる仕組みです。
原人級のコンデンサー方式に交換しようか、現代人級IC方式を
アルミ円筒ケースに入れようか、(ちなみに、類人猿級は手信号)
色々考えましたが、バイメタル部を動きやすいように指で少し曲げて
あげたら、点滅し始めました。
恐ろしくゆっくりと。
死の床から息を吹き返したように、ゆ~ったりと。
コメント (3)