イラストゥ~ンの穴

旅するイラストレーターのスカンピン生活

旅の終わりは

2008-02-28 | イラスト
旅の終わりは、いつも、ちょっと寂しいものです。
自分の小ささに恥ずかしくなったり、
いいことも少しはあったかな、
なんて考えながら。

なんて、感傷的になったりして、
実は、旅はまだ終っていませんが。

わっ、もう5時だ!
コメント (3)

ラーメン

2008-02-27 | その他
吉村家を筆頭に、家系と呼ばれるラーメン屋さんがあります。
強烈濃厚スープは、豚骨と鶏ガラをベースにした醤油味です。
でもって、スープに負けない太い麺。
 
初めて口にしたときは、そのうまさにのけ反ったものです。
体中が濃厚なスープに満たされるというのか、
スープの中で泳いでいるというのか、
とにかく衝撃的でした。
 
ときどき、モーレツに恋しくなり、
つい先日も、我慢できずにバイクをとばして20分。
ここは環2家。
ラーメン激戦区としても有名な環状2号線でも1、2を争う人気店です。

どう、よだれが出てきたでしょ?
コメント (7)

YDS1

2008-02-26 | イラスト
もういっちょ、バイクのイラスト。
一文字ハンドルがニク~イ、ヤマ派のYDS1。
2スト2気筒20馬力(7500rpm)。
ここまで古いと実車は見たことありません。
ピストンバルブはどんな音を響かせるのだろう。
 
最近、練習に使っている葦ペン。
水辺に生えている、あの葦です。
乾燥させて自分でペンの形に削って使います。
激細から極太、どんな線にも対応しちゃうすぐれものです。
 
コメント (8)

ダブワン

2008-02-25 | イラスト
いいないいなダブワン。
OHVのツインをバラしてメカニズムを見てみたい。
スドさんやコブさんのW1SAでその爆音は確認済み。
住宅街では暖気にも気をつかいそう。
 
でも、どこかに落ちてないかな。
コメント (5)

近所のコーヒー豆屋さん

2008-02-19 | イラスト
なんと、1915~20年にアメリカで製造された焙煎器だそう。
マニュアルもなく、壊れたら自作でパーツを作っているのだ。
維持の大変さは、旧車と変わらんのね。
 
唐草模様(?)が良い味出してて、絵にしたくなるデザインだ。
コメント (1)

RD125キャブの熱対策

2008-02-16 | RD125
やっちゃったよ、作っちゃったよ。
RD125のキャブの熱対策の最終兵器だよ。

3ミリ厚のベークライトの板を電気屋さんで買ってきて、削りだしたよ。
いや、大変だった!!
ベークって硬いわ、削ると粉まみれになるわ。

でも、きっと、これでも完璧ではないのだろうなぁ。
夏場の渋滞では効果ないんだろうなぁ。
最後にはキャブの空冷化?
最後の最後には、キャブの水冷化とか?
 

ちなみに、エアクリーナーとのジョイントラバーをつけるのが一層大変になりました・・・
コメント (4)

野生の轍の裏

2008-02-15 | 野生の轍
おっと、遅れてしまいましたが、
OUTRIDER絶賛発売中です!
 
16回目はウグイスのはなしです。

文中に、ウグイスの体色は『緑まじりのくすんだ茶』と書きましたが、
イラストのこんな感じの色です。
地味です。
黄緑色の鳥はメジロでっせー。
何度も言いますが、梅や桜の蜜を吸いに来るのはメジロ。
 
春の「ホ~ホケキョ」は『さえずり』という鳴き方です。
冬はこれまた地味に
「チャッチャッチャッチャッ」という声で『地鳴き』します。
その他に「ケッキョケッキョケッキョ」とけたたましく鳴くのは
警戒しているときの『谷渡り鳴き』です。
 
「ウグイスの谷渡り」かぁ・・・
エロ仙人な彼方はもう想像しましたね。
コメント (3)

コンビニ横に

2008-02-14 | イラスト
山中湖近く忍野村のコンビニ。
駐車場スペース内に、たまらん雰囲気の井戸を発見。

板でふたされているし、ロープは滑車に巻かれているから
使われていないのかな?

でも、真新しい緑のジョーロがあるところを見ると、
使われていないのは冬だけかな?

井戸の暗い口をのぞき込むと、吸い込まれそうで恐いのは
小説「リング」の影響かな・・・
コメント (2)

日本海へ

2008-02-12 | イラスト
いやはや、久しぶりの更新です。
Kmanは何とか生きておりますヨ。

ここは2年位前に行った日本海。
R148糸魚川から少し東へ走った能生(のう)という場所。
道を走っていたら嫌でも目に入るので、ちょっと寄ってみました。
子供の日だったのでしょう、すごい数のコイノボリが泳いでいました。
コメント (6)