イラストゥ~ンの穴

旅するイラストレーターのスカンピン生活

上池林道の荒地

2019-05-28 | KL250
つい先日の大雨から2日しかたっていないので想像はしていましたが、舗装林道ですら落石と落枝と倒木でダート並みのひどい荒れ様でした。
その荒れ放題の土肥中央林道(西側は整備済み)から上池林道を走って途中で野宿を楽しんできました。

オフ車で山の深くまで分け入ると野生の生き物に出会えるのが楽しみのひとつです。
鹿や猿、カモシカに会うことが多いのですが、最近やたら見るなぁと思うのがアナグマです。
短足O脚でドタドタ走るカワイイ奴です。今回も見かけて、笑える行動をとったので後日あらためて。

上池林道は雨で流れてきた砂が堆積してズルズルヌタヌタが続きます。
真新しいワダチはひとつもなく気持ちはいいのですが、滑るタイヤが崖際まで迫ると冷や汗です。
雨上がりじゃなければきっと楽しい林道なんだろうなぁ。

5キロほどで右側に開けた土地が目に入ります。
広くてビックリしました! 何なのここ?
中央に丸太を切り出した椅子とテーブルが並んでいるのを目にして、スティーブン・キングの「N」という短編を思い出してしまった。
アッカーマンズ・フィールドの石柱じゃないんだから……こんなところで恐怖小説を思い出してしまう自分を呪うのだ。もーバカ

しかし何なのでしょうか、この広場は? 帰宅して調べてみたら国土地理院の地図には「荒地」の表記があります。
荒地とは「利用されず荒れたままになっていたり、雑草が生えた土地や湿地、沼地などで水草が点々と生えているところ」だそう。
前者なのだろう、何かを作る予定で平らにしたのだろうなぁ。
まてよ、林の奥では夜中までカエルの輪唱が聞こえていたから湿地もあるのかもな?

この広いWastelandで焚火することに決定。異議な~し!
荷物をほどいてすぐに忘れものに気付きました。あ~~携帯ラジオがない。
いつもの道具に囲まれて自分の部屋のように落ち着くはずなのに、たったひとつのモノがないだけで調子が狂ってくる。
寂しいってわけじゃないんだけど、焚き火を見ながらラジオを聴くのが好きなんです。
遠くの林からカエルたちの輪唱、近くで鹿がピーーーヨ、もっと近くでお腹がグーーー。広い夜空が気持ちいいなぁ。


落石多数

雨水が川に

海まで見える見晴らしのいい場所

噂の荒地

盛大に燃やすぞー!

まずは川の水を浄水

最高に幸せな瞬間

オガ備長にも着火

タイヤもタンクもエンジンも全部ある幸せ

朝の荒地でドリップコーヒー

最後は一富士二トンビ三ケーエル
コメント

春の陽気に誘われて

2019-03-21 | KL250
っていうか、この日差しは初夏のそれじゃない?
平地では暑いくらい……今年の夏も暑いのかなぁ

まずは御殿場線の足柄駅から嶽之下宮を通って県道78足柄峠に出るまでのダートです。
あれ? 石ゴロゴロで! こんなに手ごたえあったかしらん??
同じ道でもダートでは下ることができても上れないことがあるように、印象がガラリと変わるから面白い。



ギャツビイゴルフ場の横から展望台方面へのフカフカなダートを散策、ここでモグモグタイム。
遊歩道なのか、急な坂で空が開けて明るく感じる方向へ向かう道も発見。
足つきのいいバイクなら上れそうだな。



ギャツビイ横に戻って県道731へ抜けられるダート付近の調査。
一部舗装化されて、さらに県道731へのゲートが岩で強化されて抜けることができなくなっていましたヨ。
あ~もう~貴重な周回ルートだったのに~~
コメント

シェラカップの中の雲

2018-12-27 | KL250
今年最後のキャンプになるであろう青野原にいってきましたヨ。
バイクのシートもテントのフライも凍ってキラキラしていたので、-2℃くらいまで下がったと思います。
冷蔵庫の温度がだいたい2~6℃だから、冷蔵庫に入りたいほど寒かったのですが、
宴会場はタープの下でストーブを炊いて、各人炭を燃やしていたのでヌクヌクでした。
もうここまで快適だと、凍えるようなテントで冷たいシュラフに入るのが拷問に感じます。



翌朝、十数年使っている重くてかさばるモンベル3番をパッキングしていると、
現行のモンベル3番を使っている人がいて、そのコンパクトさにびっくりしました。
帰ってから調べてみるとスーパースパイラルストレッチの3番は600gしかないじゃない。
こちらは1キロもあるのに! 半分って!!
十数年の血と汗でも吸っているのでしょうか??



今年最後の投稿になりそうなので、
いつも見ていただいてありがとうございました!
みなさんよいお年をお迎えください~!!
コメント

オイル交換して試走

2018-12-22 | KL250
数年ぶりの再訪かな。
大秦野カントリークラブを突っ切り、鹿よけの柵をくぐって入る名無し林道。
バイアルスで走ったときにはダートだと思っていたが、どうやらコンクリート舗装のよう。
コンクリート舗装はときに土むき出しのダートよりも凸凹で苔むしているときがあるから要注意です。
行き止まりからは二の塔につづく手入れされてない登山道になっています。
トライアル車なら上まで登れるのかなぁ。



貴重な木漏れ日を探すように。
冬の林道は落ち葉がカサカサとにぎやかで好きだなぁ。
コメント

立冬(ココアの日)

2018-11-08 | KL250
秋が極まり冬の気配が立ち始める日。
立冬なのに今年はまだまだ暖かいなぁ。
お昼頃に戸川林道の散策。
第二東名の工事は着々と進んでいるよう。
こんなきれいな山を崩して高速道路を作ろうなんて、
山を見たことがない奴が考えることだろうな。

紅葉を楽しめる山ではありませんが、わずかな色彩にも気持ちが暖かくなります。
微風にも揺らぐアルコールで湯を沸かしてカップヌードルの休憩。
偶然にもココアを買って一服したのだが、この日は森永が「ココアの日」と定めているらしいです。
先客のXL250Rさんら3人のライダーに声をかける勇気がなく今日もひとり。

最近、TWが気になって仕方がない。
川の上流からどんぶらことTW200の初期型が流れてこないものだろうか。

コメント (6)

静岡県清水区北方攻め(後半)

2018-09-04 | KL250
スーパーで「コムラのからあげ」という総菜を購入したのですが、コムラという鶏の部位の唐揚げかと思いました。
「こむら返り」っていうから、鶏のふくらはぎ辺りかぁ?
あの細い足のどこに肉なんかついてんの!
店の入り口には名前がなかったように見えたけど、このコムラって、スーパーの名前らしい。
ちなみにこの唐揚げは炭火で温めなおしたら、甘めの味付けで激ウマでした。
お酒が進む進む!

鹿の鳴き声に川のせせらぎ、ラジオのチューニングをゆっくり動かしながら放送局を探すのが至福の時間。
アウトラの付録、寺崎さんの本をニヤニヤ読みながらおやすみなさい。
夜中の2時に寒さで目が覚める。
高層ビルに宙づりにされて強風にあおられているような感覚。
風向きが変わってもろに吹かれていたようだ。ハンモックって寒いな……
ユニクロのダウン持ってきてよかった~

木の葉がハラハラと落ちて、多少秋めいてはいますが、今日も朝から地獄のように暑い。
小さなアリがたくさんいて嫌だなぁと用心していたのですが、ブーツの中のアリを出し切れなかったよう。後で痛い目にあう。


杉尾山展望台へは急な坂をのぼりつめ、ダートを走ってたどり着けます。
このダートもフラットでとても快適です。
途中、右足ふとももの内側、やわか~い部分に激しい痛みが!
手で押さえるとチクチクと痛みが上に上がってきた。
ギャー! このままだと大切な部分までチクチクが達してしまう~!
バイクを止めてジーンズを下げると、小さな赤アリが出てきた。
何か所も噛みながら5センチ以上も這い上がってきやがった。
この痒みは経験した人にしかわかりません~
発狂するほど痒いのです~!


汗をかきながらバイクの横でカップヌードルをすすっていると、ハウンドドッグのフォルテシモが流れてくるのは僕だけでしょうか?
あのCMは格好良かったなぁ。カップヌードルのパリダカバージョンです。
僕の場合は、よく見ると金ちゃんヌードルですけどネ。




それにしても、この展望地は気持ちいいなぁ!
それにしても、痒すぎるなぁ!
ああ、頑丈な皮膚になりたい。
蚊もブヨもアリも見向きもしない、鋼鉄の皮膚を持ちたい。
さー帰ってお仕事しよっ!
コメント

静岡県清水区北方攻め(前半)

2018-09-03 | KL250
今年の夏はキャンプしてないなぁ。
明日出発しようと準備してるとお仕事が入る。
いやうれしいことですが、このパターンの繰り返しでキャンプの虫がウズウズ。
暑い時期こそ本領発揮する(はず)のハンモックをパッキングして、シュラフの代わりに軽量ダウンを突っ込んで8/30出発。

今回は近場だけど未踏の清水区の北の山中を攻めてみます。
R246からR469、いつものルートで富士山南側を抜けて県道75など繋ぎながら目的地へ向かいます。
もうね、さすがにこのルートは走りすぎて飽きました。
100回くらい同じ道を走ったらパスして目的地までジャンプできるシステムにしてほしい。

途中ガス補給を兼ねて、セブンイレブン御殿場板妻店に寄ると手巻きタバコが陳列されていて驚いた。
いや、我が家の近くにも置いてあるファミマがあるにはあるんですけど。
珍しいなぁ、各店舗の経営者の判断で好きなものが置けるのかな?
手巻きタバコなんて俺くらいしか買う人いないだろ。

R52を南下してしばらく、「小河内」を曲がり作業道のようなコンクリート舗装を上っていきます。
国土地理院のマップにも載っていませんが、ここには林道があるはずだと前から目をつけていました。
鉄塔と方位磁針を確認して勘を頼りに進みます。
携帯電話もスマホも持たないから勘がすべて。
こんなときにGPSがあると便利なんだろうなぁとも思いますが、趣味ですから発見できなくても楽しめたらいいんです。




けっこう長い林道がありました。
いや、はじめての道はとかく長く感じるから、それほどでもないのかも。
濃い緑、むせ返るような暑さ、スタンディングで走ると谷側はかなりの深さに目が眩みそう。
荒れてもいないし、所々ガードレールもある、ここはすばらしいダートだなぁ。
1時に休憩。デイパックを背負う背中は汗でびしょ濡れ。
杉の木が風にミシミシ揺れる。
高さがまちまちだから揺れ方もバラバラで、まったく揃わないマスゲーム。
舗装路まで下りると、「東海・静清庵自然遊歩道」の標識に今走った道が石神峠と記されていましたヨ。


急斜面もなんのその、茶畑が所狭しと開けている。
開ける斜面はすべて茶畑なのだ。
これが野営地探しの妨げになるとは、今はまだ知らず…


道の行き止まりはちょっと開けていたりすることが多いので、野営に適していたりすることがあるんです。
と思って片っ端から攻めてみたが、どこも茶畑で終わっているのだ!
熊とマムシに注意の看板が多い。目にしすぎると麻痺しがちだが、警戒を怠ってはならぬ。
生き残るには怯えることも大事なのよ。


どれを見ればよいのか目が泳いでしまう工事の看板も。
そういえば、やけにダンプばかりが走っているな。
中河内から湯沢方面に進むと、恐ろしいほどの長さの橋脚を備えた道路が空に浮かんでいた。
これが中部横断自動車道なのか。
清水から佐久小諸までつなげるらしい。
そうかそうか、樽峠を挟んで北側山梨県の大量のダンプもこの工事に関係していたのか!
深く美しい山を切り崩してまで造るものなのか甚だ疑問に思う。
一度壊した自然は元に戻らないのに……だいたい、もうすぐ自動車は空を飛ぶ時代だってテレビが言ってたぜ!


興津川河原にはキャンプ適地が数か所あって無料で使えるのだが、残念なことに今回はハンモックでして……
ほどよい間隔で木が立ってないと寝れないんです。
和田島まで戻って食料と酒を買い込んで、これまた静岡県が管理する無料の黒川キャンプ場へ。

温泉で汗を流して、ハンモック吊るして、薪を集めて切って割ってフェザースティック作ってしてたら7時、空はぼんやりと薄明かりを残すのみ。
あ~疲れた~
コメント

足柄の涼しいとこ 一番轍を求めて

2018-08-02 | KL250
腰(より少し下ですが)のリハビリに足柄の林道へいってきました。
チェッチェッチェローさんはさすがにこの付近の林道の大家(たいか)ですね~。
林道金時線が走れるとは知りませんでした。
2018/7/31に工事が終わるという情報をもとに一番轍を求めて早速行ってみました。



その前に足柄峠から足柄駅に抜ける川沿いの謎林道へ。



嶽之下宮 奥宮 
大岩が削られて滝になっている。ここ超涼しい!



工事が終わったばかりできれいに均されているダートを駆け上がる。
すでに一本のタイヤ跡、残念~二番手だったかぁ。
道の先に鹿たちがキョトーンとしてる。
ゆっくり近づくと2匹は林道から谷へ飛んで逃げたけど、
一匹だけはあまりにびっくりしたのか、立ち尽くしたまま動かないからこちらが驚いたよ。
キスできるくらい近くに感じたヨ。

この林道はフラットで山の頂上近くて空が広くて気持ちいい!
お弁当持ってまた来ようっと!
コメント

ヘルメットホルダー

2018-07-26 | KL250
でかいテールランプブラケットにテールランプユニットがドンとくっついてるタイプのバイクに乗ってる人にはわかると思いますが、
休憩のときにヘルメットを引っかけるのにこれが重宝するんです。
あごヒモをひっかけると、メット本体がちょうどナンバープレートで固定されるんです。
何ならメットを引っかけるための形状かなと思うくらいにしっくりくるんですヨ。
内装の汗などを乾かすのにもちょうどいい向きですし。



しかし、エンジン始動でキックしたり、ダートを移動させて大きく揺れると、まれに落ちてくれるんです。
あごヒモが外れ90℃回転して、頭頂部の大切な箇所から地面に激突してくれます。
なので、遅ればせながら「落下防止ブラケット」を針金で自作しました。
ふ~っもう安心~! もっと早く付ければよかった~!
メーカーさん、標準装備に採用してもOK。
コメント (2)

TOKYO JETWING Meeting 2018 のちょっと前

2018-05-23 | KL250
せっかく秩父まで来たのだから林道も走ってきましたヨ。
大弛峠から中津川林道ルートを考えていたのですが、大弛峠が冬季閉鎖中らしいので、普通に雁坂みちで埼玉県入り。
R140大滝を過ぎてしばらく、御岳山林道へ左折します。
(奥多摩にも同名の御岳山、木曽には御嶽山、まぎらわしい)
山頂に向け登坂してグル~リ、県道37へ抜ける13キロほどのダートです。
これだけ距離があると走りごたえありますね。




途中の御岳山2号線トンネル(現在崩落工事中で通行止め)の前でエンジンをとめる。
ジャケットを脱いで汗を乾かしクールダウン~
大滝で購入した「三食平(さんしょくでえら)」で腹ごしらえ。
おやきのようなおまんじゅうです。
謎だった「おなめ」というのは味噌味なんですね。
どれも美味かったのですが、ちょっと焼いたら香ばしくなりそうです。




ああ楽しい!!
オフ車は自然の奥深くに踏み込めてサイコーですぞ!!

道の駅みとみでは風間さんのバイクが展示されていました。
出身地が近いという縁だそうです。
今月はじめに展示車を入れ替えられたよう。
どれもきれいに維持されていることにびっくりしました。

コメント

TOKYO JETWING Meeting 2018

2018-05-23 | KL250
我がCBはナンバー返納して冬眠中ですが、CBミーチングに行っちゃう厚かましさ(笑)
いーじゃん、みんなの顔見たかったんだからー! も~

何年ぶりだろう、久しぶりなので皆に会ったら思いっきりハグしようと思っていたのだが……
いざ顔を見ると何も変わっておらず、つい最近会っていたような、時間が一気に縮まるのを感じてこの連中とはハグの必要はないんだなぁと嬉しくなってしまいました。
みんなハゲてきたらハグしようっと。ハゲハグ!

昼間が暑いくらいだったので油断していましたが、まだ5月です、夜はグッと冷え込みました。
炭火と焚火でバカな話をつまみにイイ感じに酔っ払いました。
翌日の子供の運動会に間に合うようにBさんを仮眠させ、残った者はBさんを生かすため寒さに震えながら犠牲になるというプライベート・ライアンならぬプライベート・Bさん状態。

プロフェッサー・らーマンがいればキャンプ場でジェネレーターの配線を短絡させるとかカムチェーン調整とか(地味に面倒な作業です)、ヒューズの配線の延長とか平気でやっちゃうから頼もしい。
来るときより帰るときの方が調子よくなっているという、ありえないツーリングなのです。
笑った笑った、心の充電は十分できました。
BさんのCBは充電してなかったけどネ!
コメント (6)

お食事処「長さん」うまし!

2018-03-28 | KL250
KLでキャンプツーを楽しんできました。
お仕事ですが存分に楽しんでまいりましたヨ!
その模様は次号アウトライダーをご覧くださいませ!

考えてみるとキャンプ場ってほとんど使ったことなくて
野宿ばかりだから、勝手が違ってとまどうこと多し。
薪集めの必要はなし。
でも手元に十分な薪が積まれていないことが不安でしょうがない。
木を細工して遊ぶこともできないよ。
ミニトーテンポールでも作りたかった。
水の確保も必要なし。
おニューの浄水器を早く使ってみた~い。
トイレが遠くて不便この上なし!
木も草も少なく、動物もいないし、虫は季節じゃないから
蜘蛛とタテハチョウくらい。
寂しい~~~!

先日降った雪はどうなってるのかとヤビツで帰るとご覧のとおり。
路面にも雪が残っている場所があって、やっと走れるようになった感じ。
コメント (2)

アーレンキー、ヘキサゴンレンチ、ヘックスレンチ、六角レンチ、なんと呼んでる?

2017-11-14 | KL250
林道カフェで軽井沢まで走ったときに、タコメーターから謎の異音が出はじめたので帰宅後に分解してみました。
カシメてあるリングをはずすと元通りにならないから嫌だったのですが…
中には異常は見当たらない。どうやらケーブルに引っ張られて付け根の角度が変わることによって鳴る音のようだ。
メーター側のケーブル差し込み口を固定したら直ったよう。
カシメリングを再装着するには、外周を何かホースバンドのようなもので固定して広がらないようにしてからカシメていくのがいいようだ。


ツーリング用工具のヘックスレンチがかさばるので革でまとめる。
柔軟性のある革はこういうモノを作るときにも便利だな。
コメント (4)

ガルル&お散歩

2017-11-11 | KL250
ガルルは12月号が発売中です。
今号には「小林直樹のマジックライディング」総集編の復刻版が付録としてついています。
なつかしいなぁこのイラストだったな~と読んでみると、内容の濃さに驚きます。
ここまでバイクを操れるようになったら、きっと別世界だろう。
今月からコイちゃんが編集に加わってる!

「アウトバック~」はエアーズロックリゾートでのお話。
雨の日が多くて10日の滞在はあっという間に過ぎました。

酔って飛び込みプールの底に額をしたたかに打ち付け出血しているアダムが、
「しげる~麻薬はダメだ~!」「ネバー!エバー!!」と繰り返しつぶやく声が忘れられません。
相当ひどい目にあったのだろうなぁ、アダム。
楽しかったな、もっと長くステイしたかった~

そうそう、マウントオルガのことが書けませんでした。
風の谷「Valley of Winds」という場所があるのですが、
V字谷の間に沿って下から強い風が吹き上げてくるんです。
風に向かって腕を左右に広げるとフワッと浮きそうで、空を飛べそうで、気持ちよくて感動したなぁ。
ナウシカの舞台の参考になってるという話を聞きました。納得!


高松山の探索。
尺里峠から西に長い林道が造成中のようなので偵察に。
完成してもゲートが設けられるのかな??


こちらは高松分校跡から東に走ったダート。
車どころか人も歩かないのだろう、固められていない道はフカフカにヌタヌタで走りづらい!
動物の足跡だらけ。エンジン音に驚き山奥からガサガサ何かが逃げる音。
その音にびびり固まる俺。
コメント (4)

第4回林道カフェ

2017-10-04 | KL250
このイラストは泥具屋さんで販売中のTシャツ
OFFROAD BIKE IS BETTER
からインスピレーションを得て描きました。
どーよ、このオフ車の自由さ!
お買い上げの皆さん、ありがとうございます!
持参した50枚すべてがはけたなら
帰りはリッチにキャンプ場に泊まろうと目論んでいましたが
無念! 野宿とあいなりました~。

会場では「マンガ読んでます」と声をかけていただきホントに感謝です!
返すつもりが色んな形で返してもらって感無量です~

カワセミさんともお会いできたし、
バードウォッチングのコッヘルを持っている人(どなたでしたっけ?)にも会えて遠路走った甲斐がありました。

夜の宴ではTTPLさんが真顔で言った
「ありきたりの検索ワードではありきたりの動画しか出てこないですよ!」
という格言がすばらしかったなぁ。
副編の「ありきたりじゃないのって何だよ!」というツッコミもすばらし。


翌日はうっすらと色づく山を走りながら南下します。


眼下にCBでツーリングする人がいます。


林道途中の野営地到着。鹿がピイピイ鳴いてる。
指笛で同じキーを出すと答えるのが楽しい。
信州みそが塗られた団子を焼きながら酒を飲んでいたら
焼きすぎて口の中を火傷して皮がペロリンチョ……


夜中の2時頃、低くうなる声に目を覚ます。
草食動物のではないなぁと身を縮こませて耳をすます。
ぐるぅぅぅぅ
自分の腹からだった。
おなか減ってるのかな??
前室でおでんを温めて千曲錦のワンカップをやる。
夜半から雨が降り始め、鉄塔からブーンと音がする。
ラジオからは山口百恵特集が流れる。
とっても幸せ。

コメント (2)