イラストゥ~ンの穴

旅するイラストレーターのスカンピン生活

うそだと言ってくれ

2006-11-26 | RD125
楽しみにしていたアウトライダーミーティングに行けなくなってしまった・・・
 
RD125の準備万端、道中は燃費など計りながらノンビリ行こうと思っていたのに・・・
 
キャンプ場ではおでん食って焼酎飲もうとニタニタしていたのに・・・
 
時間があったらWishに寄り道してコーヒーでも、と考えていたのに・・・
 
静岡ではラ~マンの出迎えもあったのに・・・これはどうでもいいか。冗談冗談
飛び込みの仕事も大歓迎です!
号泣だぜフリーランス!
コメント (6)

野生の轍の裏

2006-11-22 | 野生の轍
今は絶版になっていますが、不思議大好き少年にはタマランシリーズ本がありました。
記憶にあるのは『怪奇ミステリー』『謎の怪獣珍獣を追え』『宇宙人とUFO』などなど。
挿し絵がリアルで手に取るのも恐いのですが、だだをこねて買ってもらっていました。

小学校低学年ころでしょうか、この『謎の怪獣珍獣を追え』との出会いが妖怪ヌエとの出会いです。
出会いなんて大袈裟な話ですが、見開きの挿し絵がすごい迫力で恐かったんですよ、これが。
頭は猿、体が狸、手足が虎、尾が蛇の妖怪とは、小学生でもさすがに無理がありすぎるなぁ
と思いましたよ。ツチノコもヒバゴンもありだけど、ヌエは無いなと思いましたね。

で、大人になってからヌエと呼ばれていた鳥、トラツグミを知ります。
妖怪よりずーーっと後になってからですね。
だから、ヌエと聞くと猿顔妖怪しか頭に浮かばなかったもんね。
悪霊島の『ヌエが鳴く夜は恐ろしい・・・』という有名なキャッチフレーズを聞いたときも、
「あの妖怪ヌエが鳴くときかぁ、そりゃあんなのが鳴いた日にゃ恐いどころの騒ぎじゃないよ」って思いましたね。
アウトライダー編集長も妖怪ヌエを知らなかったというから、ヌエ=トラツグミの方が普通なんでしょうね。

夜の森から『ヒィ~~~ヒィ~~~』と口笛のような声が聞こえたら、それがヌエですぞ。
鳥か妖怪かはわかりませんが・・・!!
コメント

世界最速のインディアン

2006-11-14 | バイク
http://sonypictures.jp/movies/theworldsfastestindian/

世界最速のインディアン?
アンソニー・ホプキンス?
ややや、ものすごく面白そうではないかっ!
来年正月第二弾ロードショーか。
待ち遠しいぜ!
コメント (2)

モーターサイクリスト

2006-11-07 | お仕事
ツーリング企画があると、ちょこっとイラスト描かせてもらってます。
今月号も小さいから見逃さないでね

『モーターサイクリスト』や『月刊オートバイ』って免許取りたての人が見る雑誌
というイメージがあるのですが、今でもそういう位置付けなんでしょうかネ?
友人Uにもらった(?)78年4月号の国産車外国車アルバムは今でも時間を忘れて眺めてしまいます。
この頃は90cc~200ccには魅力的なバイクが揃っていました。
CB125JX、XL125、バイアルス、KE125、TY125、バンバン125、GT100、KV75、KM90、ミニクロ75、
XE75、ダックス70・・・
どれもヨダレもんですなぁ。
コメント (1)