イラストゥ~ンの穴

旅するイラストレーターのスカンピン生活

野生の轍の裏-ヤモリ

2007-07-27 | 野生の轍
今号も面白いですよ、アウトライダー。

編集長の『アンチェイン』は、ハード路線を期待していた読者を奈落に突き落とす内容
読んでいるこちらが恥ずかしくなるようなウレシイ出会い
旅に出ると何が起こるかわからないのだ。
甘い出合いを求めて、すぐに北海道に旅立った読者もいるのでは?

『ナチュラル』の寺崎節もタマラナイ。
新車のXR250に『錆と汚れたオイルで爪の先が真っ黒になるような、
指先でこねくり回したような手垢感・・・』を求めてしまうのが大笑い!!
そんなあなたが大好きだ!!


で、『野生の轍』はヤモリです。
守宮と書きますが、家守と当て字をすることもあります。
読んで字のごとく、家の守り神です。
虫や蜘蛛を捕らえて食べてくれるので、実際有益な神様です。

我が家(というか僕個人?)には貧乏神という先客が居るのですが、
とうとう先日玄関にニホンヤモリ様を発見いたしました。
うれしかったな~。
どうかヤモリ様この手にお乗り下さい、と手を近付けると
貧乏臭さを嗅ぎとったのか、ササッと隠れてしまいました。
このボロ貸家を守ってくださるのか、アリガタヤ。
『どうかどうか、末永く』と心の中で祈ってしまいました。

雑草が伸び放題で、虫や蜘蛛が多くなったから寄り付いた
ってことに気付いたのは、その翌日。
バイクを引きずり出すと雑草や蜘蛛の巣が絡まり付いてモー大変。
しまいにゃ、でっかいアオダイショウまで現れたヨ。
小さな森状態かもしれないなぁ。
コメント

あ、危ねぇ

2007-07-19 | RD125
RDの高周波振動の威力に感動すら覚えました。
ありとあらゆるネジが弛んでくるので、その度にネジロック剤を塗って締め込んでいたのだが、
(最も冷や汗をかいたのは、リアスイングアームのシャフトのナット!)
今日、エンジンのフロントステーのナットが3つも弛んでいたのを見つけて腰抜かしましたヨ。
(RD125はダイヤモンドフレーム。ゴロンと落下することはないはずだが・・・)
走っていて、『カーーーン』なんて音が聞こえると、何か部品が落ちたようで心臓に悪いです。
 
昨晩は久しぶりにCBで夜走り。
海岸線は涼しいかなと思ったら、朝方に霧雨も降って超寒かった~!
 
コメント

バルブ

2007-07-12 | TL125s
薄暗い玄関でコソコソと至福の時間。
ブログに初登場のTL125S(のヘッド)。
コメント (2)

熱ダレ

2007-07-10 | お仕事
ガルル発売中!!

今年は暑くなるんでしょ?
空冷はもー大変ですね。
止まっていると、股ぐらへ熱風が上がってくるもんネ。
私の大事な精子君たちは平気なのかしらんと心配だね。
コメント (4)

何かうれしい

2007-07-08 | RD125
今回のキャンプは有名人がたくさん参加されたのですが、
中でも野宿ライダー師匠がRDをピャ~ンと乗ってくれたのは
うれしかったなぁ。

野宿ライダー師匠の青春バイクだったのかな?
コメント

RDで初キャンプツー

2007-07-06 | RD125
ついにRD125でキャンプツーの日がやってきた。
う~ん、長かったねぇ。
レストアが終わっても完成だという気がしなかった。
無事にキャンプツーをつとめて初めてゴールテープを切った感じ。
 
CBと違ってキャリアがあるから、荷物を極限まで切り詰めなくて大丈夫。
ビールを買い込んでも積める余裕があるって幸せ!
 
相変わらずキャブはパーコレーションぎみだが、山の涼しい風をうけて
猛烈な熱さにはならなかった。
6千回転でエンジンのバイブレーションが消えて、流すのには最高。
ストレスなくどこまでも走れそう。
(ずっと6千ではプラグはややオイリーでしたが)
夏の終わり頃には遠乗りしちゃうぞ~!!
 
ちなみに、キャンプ場はいつものとこ。
コメント (2)