イラストゥ~ンの穴

旅するイラストレーターのスカンピン生活

ほくそ笑むBS34 後半戦

2016-02-24 | KL250
パイロットジェットの守備範囲経路のおさらい。

空気はパイロットエアジェットから入りパイロットジェットから出たガソリンと共にパイロットスクリューで調節可能なパイロットアウトレットへ、スロットルバルブが開くごとに3つのバイパスアウトレットから順次噴き出すという仕組み。
パイロットスクリューを2回転近く戻すということはガソリン流量が足りてないということ。当然バイパスアウトレットからのガソリンも足りないことになる。
一度パイロットジェットを奥まできっちり挿入しないでエンジンをかけようとしたら、まったくガソリンが流れてこず始動できなかった。

キースターの燃調キットはOリングやガスケットなど修理に必要な部品が入って、しかもメインジェット5種、ジェットニードル4種、パイロットジェット3種も入って3千円でお買い得なんですが・・・
パイロットジェットが純正42.5のほかに下が40、上が49なんです。49では大きすぎて話にならないので45を同封してほしいですわ。
ということでパイロットジェット45単体を探します。
コメント

ほくそ笑むBS34 前半戦

2016-02-24 | KL250
KLさんのキャブはミクニBS34。
むむ、笑ってるなぁ

最初、油面が合わせ面から2ミリほど下がった位置だった。これは高すぎるだろうとマニュアル通り5±1ミリ下に調整し直す。ジェット類は純正通り。新品のようにキレイなのでそのまま使う。パイロットスクリューが開けぎみの1+7/8戻し。(規定値は1+3/8戻し)

走ってみると、アクセルを開けた瞬間ではなくて、そこからちょっと開けた一瞬に息ツキする。他は全体に薄い感じだが良好。パイロットスクリューとジェットニードルをいじるも改善されず。
キャブの着脱は狭い空間に押し込まれていてかなり厄介。手の切り傷が絶えない…
バイパスアウトレットから出るガスが薄いようだ。それを補うために結局油面は元の状態、合わせ面から2ミリほど下に。

パイロットジェットの守備範囲内はよく使う部分なので、不調はそのままにはできない。
う~ん、経路をもう一度洗浄するか・・・
コメント

小田原の

2016-02-23 | イラスト
小田原城内にある桃色の建物。
あとで調べたら小田原ガイド協会の建物らしい。
味のある古めかしさに心引かれたけど、お城には所以がないのかなぁ??

小田原は遊びにいくたびに住みたくなる町だなぁ
コメント

林道カフェとアウトバックダイアリーズ

2016-02-18 | お仕事
KL250の整備をして、キャンプ道具の準備をして2/14の「ガルル林道カフェ」を心待ちにしていたのに、前日になって相棒のMacさんが眠ったまま起きなくなってしまいました。大あわてで修理に出したら案の定、電源ユニットが逝っていました。Macが動かないと仕事になりませんから、けっこうパニックでした~。林道カフェ当日は春の嵐でフェリーは欠航、アクアラインも通行止めで、参加者は多くないだろうなぁと思っていましたが、60人も来られたのですね。天気が良かったら編集長は「コーヒードリップ死」していたのではないかなぁ。

ということで、遅くなりましたがガルル3月号発売中です。今月のOUTBACK DIARIESはガルフロード中盤戦です。地獄のコルゲーション&ブルダストは小排気量車には過酷すぎる道でした。
CT110も熱風のなかをよく頑張ってくれました。1時間も走ると焼き付く寸前、全くパワーがなくなります。30分以上は休ませないと走れない状態でして遅々とした歩みでした。この日はメチャ頑張ったのに140キロしか進んでいなくてショックだったなぁ。
目指すバークタウンは「モーニンググローリー」という気象現象で最近有名になった町です。飲み水がなくなってヘロヘロで辿り着いた町で飲んだ冷えたコークとビールは死ぬほどうまかったです! ホントいまだに忘れられません!!

画像はオドメーターなどの情報を記した地図です。これを見るとわかりますが、この先の道は点線のトラックになっています。あ~次回が気になる~
コメント (2)