気ままな撮影紀行

鉄道写真をメインに航空機や一般の
風景写真等の撮影に出かけました。

伊賀忍者が行く ・ 伊賀鉄道(三重県)

2019年10月19日 | 伊賀鉄道
伊賀鉄道の比土駅(ひどえき)と上林駅(うえばやしえき)間に、田んぼの間を小さな川が流れています。その小川に架かった橋梁を忍者電車が通過して行きます。

川の両サイドの堤防の横には、刈入れが終わった田んぼが広がっていて、その堤防から狙いました。




「くノ一」が通過して行きました。
コメント

思わず笑顔になる ラッピング電車 (奈良県)

2019年10月18日 | 近畿日本鉄道
近鉄奈良線の大和西大寺駅横の車両基地で、相互乗り入れしている阪神電鉄の車両が神戸方面への折り返し運転のため、待避線で発車時間待ちをしてました。

最初は気づかなかったのですが、車両の側面に何やら色んな図柄がラッピングされた車両が停まってました。望遠で確認すると楽しそうな絵がラッピングされていたので、何度もシャッターを押しました。


猫が一杯やりながら サンマを焼いている・・・・・


猫が花見でお酒を飲みながら宴会で 盛り上がってる。


灘に住んでいると 猫もお酒を飲める様になるのかなぁ・・・・


この時の様子をまとめたフォトチャンネルも新規追加致しました。



コメント

南海電鉄本線 特急「ラピート」 (大阪府)

2019年10月17日 | 南海電鉄
南海電鉄本線で起点の大阪市内の難波駅(なんばえき)から関西空港駅(かんさいくうこうえき)迄を結んで、空港までのアクセス特急として活躍している 特急「ラピート」です。

先頭車両の奇抜な顔から「鉄人28号」のニックネームが使われてます。

私も数年前に一度だけ難波駅から関西空港まで乗った事があります。この写真では少し分かりにくいですが、車両側面の窓は丸窓になっていて航空機に乗った様な感じでした。

走行中の列車正面から狙えるポイントを探していたら、住ノ江駅(すみのええき)と七道駅(しちどうえき)間を流れる大和川の堤防から狙えるカーブがありました。


浜寺公園駅(はまでらこうえんえき)横の踏切りから、上り列車を狙いました。
コメント

近鉄大阪線 新青山トンネル(三重県)

2019年10月08日 | 近畿日本鉄道
日本一の営業路線を誇る近鉄線ですが、近鉄のドル箱路線とも言える近鉄大阪線で、三重県内に1日の乗降客数が10人にも満たない時もある秘境駅があります。その秘境駅、西青山駅(にしあおやまえき)のすぐ東側に、開通当時の大手私鉄では日本最長の山岳トンネル、新青山トンネル(5642m)の開口部が見えます。

西青山駅のホームで約2時間ほど滞在して、新青山トンネルからの列車の飛び出しを狙いました。

大阪難波駅(おおさかなんばえき)へ向かう、上りの観光特急「しまかぜ」がやって来ました。当然、この駅は通過して行きます。


上りの急行列車で、この西青山駅に停車しました。しかし乗降客はありませんでした。写真の右側に写っているのは、国道165号線です。車の通行は多いですが、駅の周辺にはコンビニや民家等は全くありません。


滞在していた下り線ホームを、鳥羽駅(とばえき)行きの特急が通過です。
コメント

伊賀忍者 コスモス畑を駆け抜ける ・ 伊賀鉄道(三重県)

2019年10月06日 | 伊賀鉄道
三重県を走るローカル線 伊賀鉄道の線路際に今年もコスモス畑が広がってました。奈良県内の私の自宅から車で1時間半程で行ける距離なので、季節を変えて何度も写真を撮りに出かけてます。

猪田道駅(いだみちえき)の近くに小さな神社が有って、その横の田んぼにはコスモスが美しく咲いていました。


コメント