京の四季 名勝散策 写真集

京都の観光、散策の参考にしていただければ幸いに思います。

城南離宮 枝垂れ梅 3/07/2011

2011年03月10日 | 洛南 

    

    平安遷都の際、都の南に国の守護神として創建された城南宮は、国土守護の国常立尊(くにのとこたちのみこと)、武勇に秀でた八代矛神(やちほこ

    のかみ)、安産と育児の神様でもある息長帯比売命(おきながたらしひめのにこと)(神功皇后)をお祀りされております。平安時代の末、交通の要衝で

    もあり、風光明媚なこの地に白河上皇が壮大な離宮を造営して院政を開始されると、歌会や宴、船遊び競馬(うまくらべ)がしばしば行われ、王朝文化

    が華麗に花開きました。

 


    
           

 

    

    また熊野詣でに先立ち、道中の安全を祈って城南離宮で身を清めて出発する慣わしとなり、方角の災いを除く方除(ほうよけ)・旅行安全の信仰がたか

    まり、旅行・運送会社や車を使う事業所などはお祓いに訪れております。

 

 

 


                  

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

  

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

    

    

 

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

    

     昨年まで拝殿の西側にあった祈祷申込みの建物は現在改築中になっております。

 

 

 

 

 

 

    

     拝殿東側の祈祷受付所

 

 

 

 

 

    

    本殿手前にある、前殿、左右に伸びる翼廊が一体となった社殿は、城南宮独特の複合建築で総檜造りです。 檜皮葺の屋根をはじめ、飾り金具の細部

    に至るまで平安時代後期の様式に統一され優美な姿を見せています。 祈祷を申し込みますとこの前殿で行われます。右手には神楽殿があり、平安の

    庭に臨んで建つ寝殿造りの神楽殿では、結婚式や特別祈祷が行われます。

 

 



             

         

 

 

 

 

 

 

    

     神苑への入口は、鳥居を入った所にありますが、拝殿へのお参りを済ませてからお入りくださいとの立札が立っております。

 

 

 

 

 

    

    神苑は、大きく5つの庭園に分けられており、最初に入口を入りますと、この時期は両サイドに数十種の椿の花に迎えられます。そこを通り抜けると春の

    山と題された枝垂れ梅が見えてまいります。

    

 

  

 

    

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

    

     枝垂れ梅も紅梅と白梅があり、通路の左右に植え分けられております。

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

     

 

 

 

 

    

    

 

 

 

 

 

 

 

             

              禊ぎ川

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

   

             

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

            

 

 

 

 

 

 

 

    

    7日(月曜)で満開の状況でしたが、まだ蕾も見られましたので 今週末から来週の中頃までは見頃が続くと思われます。

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

         
         春の山を見終え竹薮を抜けると本殿の北側を回り神楽殿東側の平安の庭に抜けます。 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

 

 

    

     春の山から竹林を東に進みますと本殿の裏(北側)に出ます。 左手に椿を見ながら本殿東側の平安の庭に進みます。

 

 

 

 

 

 

    

     本殿東側にある御神木

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

     神楽殿の東側から平安の庭が始まります。

 

 

 

 

 

 

    

     こちらの紅梅は、終わりを迎えておりました。

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

 

    

     平安の庭は、池を中心に草木が配されております。

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

             

             綺麗な水が小川を通り流れ出ております。 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

        

     一昨年増設された小川

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

    

     曲水の宴が催される庭園

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

    

    通路を渡り右に進みますと南側の庭園(室町の庭)となり池を望む楽水軒茶室では、お抹茶もいただけます。 室町の庭は、池泉廻遊式の庭園で、季

    節ごとに紅枝垂れ桜、舟着き場の藤の花、色とりどりのつつじを楽しむことが出来ます。 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

     庭園の南東には京セラの本社ビルが見えております。

 

 

 

 

 

 

    

     楽水軒茶室前の五葉松

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

     茶室前の紅白梅

 

 

 

 

 

 

    

     楽水軒茶室前の紅白の梅の向うには、北側庭園に面した唐渡天満宮になります。

 

 

 

 

 

 

    

    南側庭園の南半分は、桃山の庭と呼ばれ大きな刈り込みの前に芝生が広がる明るい庭園で、安土・桃山時代の豪壮な気風を映しています。 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

     城南宮の錦鯉は、栄養がいきわたり丸々と太っており大きさがお伝えできないのが残念です。

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

    二本の枝垂れ桜は、開花に向け準備が進んでおりました。

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

     形が珍しい三角燈籠です。

 

 

 

 

 

 

                 

                  逞しさを感じる百日紅にパワーを頂いてきました。

 

 

 

 

 

 

    

     池の西の端には、船着場があり藤棚の花が五月頃に見頃を迎えます。

 

 

 

 

 

 

    

    室町・桃山の庭園を回り南端を流れる小川には、杜若が新芽を出しております。杜若も五月頃見頃を迎えると思います。

 

 

 

 

 

 

    

    五つの庭園の最後の城南離宮の庭です。 杜若の小路に続く枯山水の庭園で城南の地が最も華やかであった離宮時代の風景を表しております。

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

 

    

     離宮の庭を最後に、庭園の散策を終え、出口を出ますと、芹川神社(唐渡天満宮)があります。




 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

    

    菅原道真公を祀る唐渡天満宮は、平安末期(1110年)現在地の南方1キロの芹川荘に創建されましたが、明治45年、 付近一帯の鎮守社である城

    南宮の境内社に合弁遷座されました。

 

 

 

 


 

    

 

 

 

 

                   


 

 

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 京都春の催し案内 2011 | トップ | 京都陶工高等技術専門校 作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洛南 」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事