京の四季 名勝散策 写真集

京都の観光、散策の参考にしていただければ幸いに思います。

雪の京都 東福寺塔頭 光明院 2014/2/14

2014年03月14日 | 洛南 東山 東福寺方面

      

      東福寺の25寺院ある塔頭の一つで、本山南側の六波羅門から南に徒歩1分の距離に位置します光明院は、明徳2年(1391年)に金山明昶(きんざ

      んみょうしょう)により創建された寺院で、本山の方丈庭園などを手掛けられた重森三玲氏による「波心の庭」が有名です。別名「虹の苔寺」とも言わ

      れております。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      山門を潜り石畳を左手に進みますと突き当たりに摩利支尊天をお祀りするお堂があります。  

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      庫裡の拝観受付は、秋の紅葉の季節には、受付が開いておりますが、この時期は左手の竹筒に志を納めるようになっております。300円~500円

      が目安となります。

 

 

 

 

 

      

      

 

 

 

 

 

      

      三間続のお座敷の向こうに見える三尊石は、庭園内の三カ所に配置された三尊石のひとつです。 今更ですが、三尊石とは、仏像の三尊仏のよう

      に、中央に背の高い主石(中尊石)を、左右に主石より低い添石(脇侍石)を配した構成で、もっとも基本的な意匠です。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      東福寺の方丈や多くの塔頭も庭園は重森三玲氏による作品が多く、この庭園もその一つの「波心の庭」です。 波心庭は、三組の三尊石を中心に大

      小75個の石が配されております。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 秋の紅葉 光明院

 http://blog.goo.ne.jp/kappou-fujiwara/e/d7ca13a25817dd6268346b9aba49727a

 

コメント

雪の京都 東福寺 2014/2/14

2014年03月13日 | 洛南 東山 東福寺方面

      

      臨済宗大本山・東福寺は、摂政九条道家が、奈良における最大の寺院である東大寺に比べ、また奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようと

      の念願で、「東」と「福」の字を取り、京都最大の大伽藍を造営したのが慧日(えにち)山東福寺です。 嘉禎2年(1236)より建長7年(1255)まで実

      に19年を費やして完成しました。

 

 

 

 

      

      工事半ばの寛元元年(1243)には聖一(しょういち)国師を開山に仰ぎ、まず天台・真言・禅の各宗兼学の堂塔を完備しましたが、元応元年(1319)

      建武元年(1334)・延元元年(1336)と相次ぐ火災のために大部分を焼失しました。

 

 

 

 

 

 

      

      延元元年(1336)8月の被災後4ヶ月目には早くも復興に着手し、貞和3年(1346)6月には前関白一条経道により仏殿の上棟が行われ、延(1336)

      の火災以降実に20余年を経て、再び偉観を誇ることになりました。建武被災の直前にはすでに京都五山の中に列せられていましたから、再建後の

      東福寺は完全な禅宗寺院としての寺観を整えることとなりました。  堂宇の中で一番南に位置する三門

 

 

 

 

 

 

      

      三門前の蓮池 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      境内の一番南に位置する三門は、空門・無相門・無作門の三解脱門の略で南都六宗寺院の中門にあたります。東福寺は新大仏と呼ばれるような

      巨大な本尊を安置するなど南都二大寺に影響を受け、この三門は大仏様(天竺様)、禅宗様(唐様)、和様をたくみに組み合わせた建造方式となっ

      ています。 両脇に階上へのぼる山廊を設けた、日本最大最古の遺構で、応永年間(1394-1428)、足利義持の再建で、1977(昭和52)年、大修

      理が完成しました。

 

 

 

 

 

      

      開山 聖一国師とは、円爾弁円(えんにべんえん)といい、三井園城寺の学徒として天台の教学を究め、のち栄西(建仁寺開山)の高弟行勇・栄朝に

      ついて禅戒を受け、嘉禎元年(1235)34歳で宋に渡り、在宋6年、杭州径山の無準の法を嗣ぎ、仁治2年(1241)7月に帰朝しました。 帰朝後まず

      筑紫に崇福・承天二寺を建てて法を説き、名声は次第に国内に及んで寛元元年(1243)には藤原(九条)道家に迎えられて入京、道家に禅観密戒

      を授けました。次いで東福寺開山に仰がれ、同4年(1246)2月には山内の普門寺を贈られて常住しました。

 

 

 

 

 

 

      

      その後、宮中に宗鏡録を進講し、後深草天皇の勅を奉じて、京都岡崎の尊勝寺、大阪四天王寺、奈良東大寺などの大寺院を観閲し、また時には延

      暦寺の天台座主慈源や東大寺の円照らを教導したので、学徳は国中に讃えられ、遂に建長6年(1254)には幕府執権北条時頼に招かれて、鎌倉

      の寿福寺に住することとなりました。 翌7年6月、一条実経の東福寺落慶供養にあたり帰山、爾来東福寺に住し、弘安3年(1280)10月17日79歳

      で入定(にゅうじょう)しました。 聖一国師の号は花園天皇より贈られたもので、日本禅僧最初の賜号です。

       

 

 

 

 

 

      

      その他に国師の功績といたしましては、中国(宋)より帰朝にあたっては多くの文献を伝え、文教の興隆に多大の貢献をしましたが、また水力をもっ

      て製粉する器械の構造図を伝えて製麺を興し、今日わが国最大のお茶の生産地となった静岡茶の原種を伝えたことも見逃せない功業として伝わり

      ます。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      三門の北側には、仏殿(本堂)建ちますが、1881(明治14)年に焼失し、後の1934(昭和9)年に再建されたもので、起工から竣工まで17年を要し

      復興させた昭和の木造建築中最大の建物です。 三門にならった大仏様の組物と角扇垂木、禅宗唐様の桟唐戸・礎盤・鏡天井、裳階の窓は和様

      の連子窓、破風の妻飾りは法隆寺南大門風と、多様に様式が組み合わされております。 内部は禅式床瓦敷とし、正面須弥壇上に本尊釈迦立像、

      脇に摩訶迦葉尊者 阿南尊者、四天王を安置し天井の画龍は堂本印象氏の作で、龍の大きさは体長54m・胴廻り6.2mにも及んでいるそうです。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      仏殿の雲龍図 東福寺ポスターより 

 

 

 

 

 

      

      仏殿西側に建つ禅堂は、1347年に再建された、国内最古最大の禅道場で、鎌倉風の華頭窓が美しく、聖一国師の師の宋の佛鑑禅師による「選佛

      場」の扁額が掛っております。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      仏殿から北に伸びる回廊 この先にモミジ谷に掛る通天橋があります。 

 

 

 

 

 

      

      経蔵は、 三門、禅堂、東司などとともに旧観を残す宝形造りの瀟洒な建造物です。 開山の聖一国師(円爾弁円)は宋からの帰朝の際一千余りの

      典籍を持ち帰り、我が国文教の興隆に多大な貢献をしました。経蔵や寺内には今なお、宋代の書跡や貴重な書物が多数所蔵されています。

 

 

 

 

 

 

      

      左手に方丈と参拝受付のある庫裡 

 

 

 

 

 

                       

 

 

 

 

 

      

      秋の紅葉シーズンには、この回廊が一日中観光客で埋まってしまうほど紅葉の名所として人気があります。

 

 

 

 

 

      

      扉は閉ざされておりますが、方丈の西側への出入り口になります。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      方丈 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      通天橋 仏殿から開山堂(常楽庵)に至る渓谷(洗玉澗;せんぎょくかん)に架けられた橋廊で、1380(天授6)年、春屋妙葩(しゅんおくみょうは;普

      明国師)が谷を渡る労苦から僧を救うため架けたとつたえられ、歩廊入口には同国師の筆になる「通天橋」の扁額をかかげます。南宋径山(きんざ

      ん)の橋を模し、聖一国師が通天と名付けました。 その後、第四十三世住持、性海霊見が修造し、長廊を架したともいわれますが、その後も幾度か

      架け替えられ、現在のものは、1959(昭和34)年、台風によって倒壊したものを1961(同36)年、再建したものです。

 

 

 

      

      通天橋の下は、洗玉澗(せんぎょくかん)という渓谷になっており、一筋の川が流れ一帯に繁るモミジは俗に通天紅葉と呼ばれており、開山聖一国師

      円爾弁円が宋国より渡来したものとつたわります。葉は三つに分かれ、黄金色に染まるのが特徴で、数は二千本に及んでいます。

 

 

 

 

 

      

      眼下に広がる木々はほとんどが、モミジ(楓)の木です。  通天橋から西側に架かる臥雲橋が望めます。

 

 

 

 

 

      

      通天橋の西側に掛る臥雲橋、こちらの橋は、車は通れませんが生活道路としても利用されており、外からでも紅葉を眺めることが出来ます。 

 

 

 

 

 

 

                 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      

      通天橋の突き当たりの左手には、愛染堂が建ちます。 

 

 

 

 

 

      

      右手の坂を上りますと開山堂と普門院に続きます。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      開山堂 通天橋を渡って至る、別名常楽庵。もとの建物は1819年に焼失し、1823年一条忠良によって再建されました。屋上に閣を持つ類例を見

      ない開山堂で、祀堂は床高で開山国師像を安置します。上層伝衣閣は正面三間、内部左右いっぱいに壇を設け、中央に阿弥陀、右に薬師、左に布

      袋像が祀られております。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                    

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      普門院は、開山堂の西に位置する寝殿造風の建物で、開山国師常住の方丈とつたわります。内部は三室に仕切られ、その襖絵は花鳥草花・唐人

      物を主題とし七十四面(桃山-江戸)からなる、画流各派の競作が残されていますが、現在は収蔵庫に収納されているそうです。 開山堂・普門院

      をはじめ、書院、庫裏、楼門、裏門そして鐘楼を合わせて全7棟が、国の重要文化財に指定されています。

 

 

 

 

 

 

      

      開山堂庭園 普門院の前庭も兼ねた池泉鑑賞式庭園で、開山堂への参道を中ほどまで進めば左手に枯山水の庭が開けます。枯山水は約百坪の

      平庭式で市松の砂紋をつけ、鶴島、亀島を象った石組を配して蓬莢山水をあらわし、対面の池庭は築山風、池中に亀島をつくり、枯滝を設けており  

      禅院式と武家書院式とを調和させた江戸中期の代表的な名園とされています。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       雪に隠れていなければ、市松模様の前庭が目に飛び込んできます。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       愛染堂の北側の専門道場入り口 階段から先立ち入り禁止です。 

 

 

 

 

 

      

      愛染堂 開山堂の西、南正面にして立つ丹塗りの八角小円堂です。もと万寿寺愛染堂と呼ばれていましたが、昭和9年の室戸台風で倒壊、その後 

      現在の地に移されました。唐様を主とした鎌倉末期風の優雅さをもって現存する貴重な遺構で、こけら葺、内部は瓦敷、鏡天井とし、須弥壇上に宝

      塔形の厨子を置き、愛染明王を祀ります。

 

 

 

 

 

 

      

      下から望む通天橋 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      愛染堂の前から洗玉澗に下りることが出来ます。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      東福寺境内の西端の土壁です。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      各建物の屋根には、一枚づつ表情の異なった鬼瓦が鎮座しております。 鬼瓦とは厄除けと装飾を目的とした瓦の一つと説明されております。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

          

      

 

 

 

 

新緑の東福寺 前篇

http://blog.goo.ne.jp/kappou-fujiwara/e/9eaae2061b4773cdfe31a03cea558213

新緑の東福寺 後篇

http://blog.goo.ne.jp/kappou-fujiwara/e/78d53909b5255a53ef5bf51c127febfa

 紅葉の東福寺

http://blog.goo.ne.jp/kappou-fujiwara/e/756d76d65e0a1f872c62180958bd1478

 

コメント

祇園 円山公園 桜 2012/4/13

2012年04月24日 | 洛南 東山 東福寺方面

      

      天気は、今一でしたが久しぶりに円山公園の桜を見に行ってきました。小雨交じりでしたので、花見客も思ったほどではありませんでした。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

      

      八坂神社、左側本殿、右側舞殿 

 

 

 

 

 

      

      八坂神社の正面門の南門

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      南門の前を通り東側の円山公園へと向かう鳥居です。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      相変わらず、ブルーシートが景観を損なっております。 上に茣蓙でも敷けばましなのでしょうが。 

 

 

 

 

 

      

      円山公園は、京都で最も有名な公園で元々は、八坂神社の一部で明治維新以降に国へ納めるという形で分離されました。円山公園の敷地面積は、

      約8600㎡もあり公園内には、坂本龍馬・中岡慎太郎像や有名な枝垂桜があり、 桜の季節には昼夜を問わず多くの人が花見に訪れます。円山公園

      のシンボルになっているこの桜は、「一重白彼岸枝垂桜」といい、現在の桜は二代目で初代は樹齢220年で昭和22年に枯死いたしました。昭和3年

      に初代より種子を採って育成された桜を、15代佐野藤右衛門氏により昭和24年に寄贈・植栽され、平成21年現在81歳を向えております。

      例年ボリュームが少なくなってゆきますが、老木なので仕方ないですね。 それでも今年は、中央に鉄塔が建ちワイヤーで枝を支えているようです。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

      

      公園の奥の南側、料理屋のいそべの手前に、坂本龍馬・中岡慎太郎像があります。

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

      

      円山公園の東側に建つ法然上人ゆかりの吉水の井のある吉水弁財天があります。

 

 

 

 

 

               

               お堂に向かって右側(南側)の法然上人閼伽の水「吉水の井」 閼伽(あか)とは、仏教において仏前などに供養される

               水のことだそうで、サンスクリット語のargha(アルガ)の音写で、功徳水(くどくすい)と訳されます。インドでは古く、来客に

               対し足をそそぐための水と食事の後口をすすぐための水が用意されたといい、それが仏教に取り入れられ、仏前や僧侶

               に供養されるようになったもだそうです。

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      吉水 安養寺前 

 

 

 

 

 

               

               安養寺 は、桓武天皇が平安京に遷都された延暦年間(782~806)、都を鎮守する寺として、伝教大師 最澄が創建され

               ました。また、法然上人が比叡山を下り、吉水で開かれた草庵の一つでもあり天台宗が始まりで、現在は時宗となって

               おります。 比叡山を下りた法然房は、最初、京都西郊・粟生の光明寺に住まわれましたが、ほどなく東山大谷へ移られ

               たのが、この地吉水です。この東山一帯の土地は、天台宗の堂舎が建立したところで、この頃は青蓮院門跡が所轄して

               おりました。

 

 

 

 

 

      

      安養寺の北側に建つ知恩院の大鐘   この吉水において草庵をもった法然房は、一心に南無阿弥陀仏と声を出して称えれば、貴族や庶民という身分

      に関わらず、阿弥陀仏の救済を受け、浄土に生まれることができる、とした教えを説かれ広められました。いわゆる専修念仏であり当時は、貴族中心の

      仏教が全盛時代で、この教えは人々に深く帰依されたことは言うまでもなく、瞬く間に受け入れられることとなりました。

     

 

 

 

 

 

      

      その後、1206年12月、鹿ケ谷(安楽寺)の草庵で法然の弟子、住蓮房と安楽房が開いた念仏会に参加した後鳥羽上皇の女官姉妹が感激して尼僧に

      なった事に激高された天皇は1207年法然を讃岐の国(四国)へ、親鸞を越後へ配流するなど、法然の有力な門弟もそれぞれ処罰されて専修念仏が全

      面的に禁止されました。この騒ぎになるまでの三十年間(上人75歳)、ここ吉水を本拠として布教伝道をされておられました。 

 

 

 

 

 

      

      草庵は、法然上人が流罪のあと念仏停止となり、慈鎮和尚(慈円)が来られ、慈円山大乗院安養寺と号されることになりました。徳川時代に入り、慈

      円山は「円山」と称される寺坊六ヶ寺と本坊を構える一大山寺となりましたが、明治となって坊舎は政府に没収され円山公園となりました。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      鐘楼の下に建つ納骨堂 

 

 

 

 

 

      

      三門 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

     

     知恩院の三門の南側が円山公園の北口になります。 

 

 

 

 

      

      正面には、長楽館が建ち喫茶室は、だれでも利用できます。 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      八坂神社の本殿の裏側(北側)に位置する紅枝垂れです。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

                              

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

コメント

祇園 建仁寺 桜 2012/4/13

2012年04月21日 | 洛南 東山 東福寺方面

      

       建仁寺塔頭 西来院 普段は非公開ですが、催し物がある時は入ることが出来ます。 この日は、生け花の会の準備中を入らせていただきました。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       あいにくの空模様でしたが、染井吉野は満開でした。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       茶碑 開祖、栄西禅師は比叡山で天台密教を修め、その後二度の入宋を果たし、日本に禅を伝えました。 また、中国から茶種を持ち帰り栽培すること

       を奨励し、喫茶の法を普及させた『茶祖』としても知られています。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

      

       三門の南東に位置する浴室 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       建仁寺の南西角に建つ禅居庵 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       禅居庵を左の石畳を進みますと、摩利支尊天堂に出ます。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       禅居庵の前の北側です。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

      

       三門 『望闕楼(ぼうけつろう)』 大正12年、静岡県浜名郡雄踏町から移築されたもので、楼上には釈迦如来と二尊者と十六羅漢が祀られております。

       御所を望む楼閣と言う意味で『望闕楼』と名づけられました。 

 

 

 

 

 

      

       三門から見た法堂 法堂天井には有名な双龍図が描かれております。 
 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       法堂(はっとう) 1765年に上棟された仏殿兼用の『拈華堂(ねんげどう)』は禅宗様仏殿建築といわれます。

 

 

 

 

               

                双龍図 法堂の天井には、小泉淳作の双龍図が、平成14年に創建800年を記念して描かれました。

 

 

 

 

 

                         
                         

                          正面の須弥壇には本尊の釈迦如来座像脇侍迦葉尊者・阿難尊者が祀られております。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       鐘楼 

 

 

 

 

 

                  

                   先ほどの、西来院前です。 

 

 

 

 

 

      

       別の日ですが、花見小路に面した桜です。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       建仁寺の北側、都をどりが行われている、祇園甲部歌舞練場と祇園コーナー 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

地図

http://link.maps.goo.ne.jp/map.php?MAP=E135.46.37.128N34.59.51.217&ZM=10

 

 

コメント

大本山 智積院 12/6/2011

2012年01月31日 | 洛南 東山 東福寺方面

      

      東山七条に位置する智積院(ちしゃくいん)は真言宗智山派の総本山であり、成田山新勝寺、川崎大師平間寺、高尾山薬王院の大本山などを別格本

      山として全国に3000余りの寺院教会を擁し、檀信徒の信仰のよりどころとして総菩提所、総祈願所と位置付けられています。

      本堂の正面に建つ御門

 

 

 

 

 

      

      真言宗の宗祖(しゅうそ)である弘法大師空海が高野山でご入定(にゅうじょう)されたのは、承和2年(835)3月21日でした。それからおよそ260年たっ

      て、「中興の祖」とあがめられている興教大師(こうぎょうだいし)覚鑁(かくばん)が、荒廃した高野山の復興と真言宗の教学の振興におおいに活躍され、

      保延6年(1140)に、修行の場を高野山から、同じ和歌山県内の根来山(ねごろさん)へと移し、ここを真言宗の根本道場としました。 しかし、2年後の康

      治2年(1143)12月12日、興教大師覚鑁は、多くの弟子が見守る中、49才の生涯を閉じられました。      御門の南側の智積院会館レストラン前
 

 

 

 

 

 

      

      興教大師のもと、高野山から大伝法院を根来山へ移し、これにより、根来山は、学問の面でもおおいに栄え最盛時には、2900もの坊舎と、約6000

      人の学僧を擁するようになりました。智積院は、その数多く建てられた塔頭(たっちゅう)寺院のなかの学頭寺院でした。

 

 

 

 

 

      

      しかし、同時に、巨大な勢力をもつに至ったため、豊臣秀吉と対立することとなり、天正13年(1585)、秀吉の軍勢により、根来山内の堂塔のほとんど

      が灰燼に帰してしまいました。その時、智積院の住職であった玄宥(げんゆう)僧正は、難を京都に逃れ、苦心のすえ、豊臣秀吉が亡くなった慶長3年

      (1598)に、智積院の再興の第一歩を洛北にしるしました。  会館前の石畳は本堂前の鐘楼につながります。

 

 

 

 

 

 

      

      その後、慶長6年(1601)、徳川家康公の恩命により、玄宥僧正に東山の豊国神社境内の坊舎と土地が与えられ、名実ともに智積院が再興されました。

      その後、秀吉公が、若くして亡くなった長男鶴松の菩提を弔うために建立した祥雲禅寺を拝領し、さらに境内伽藍が拡充されました。再興された智積院

      の正式の名称は、「五百佛山(いおぶさん)根来寺智積院」といいます。
 

 

 

 

 

 

      

      こうして智積院は、弘法大師から脈々と伝わってきた真言教学の正統な学風を伝える寺院となるとともに、江戸時代前期には運敞(うんしょう)僧正が

      宗学をきわめ、智山教学を確立したと伝えられております。

 

 

 

 

 

 

      

      御門前を北に伸びる参道 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      地蔵菩薩像の前を東に進みますと参拝受付に当たります。 

 

 

 

 

 

      

      講堂・大書院への参拝受付

 

 

 

 

 

      

      参拝受付の東側に建つ宝物館には、わが国の最高の名作、国宝障壁画が納められています。 桃山時代に長谷川等伯らによって描かれ、祥雲禅寺

      の客殿を飾っていた金碧障壁画が智積院には残されています。「楓図」「桜図」「松と葵の図」 

 

 

 

 

 

                     

 

 

                     

 

 

                      

       

 

 

 

 

      

      講堂(方丈殿)

 

 

 

 

 

      

      講堂はかつて方丈と呼ばれており、玄宥僧正が現在の京都東山の地に智積院を再興した折りに、徳川家康公より寄贈された祥雲寺の法堂が基にな

      っております。この祥雲寺ゆかりの建物自体は、天和2年(1682)7月に焼失し、平成7年に興教大師850年御遠忌記念事業といて再建されたものです。

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      講堂前の石碑 

                            

 

 

 

 

 

 

      

      講堂の東側を回り大書院にむかいます。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

      石畳の先に大書院と講堂への上り口があります。 

 

 

 

 

 

              

              大書院 

 

 

 

 

      

      大書院庭園は、「利休好みの庭」と伝えられるこの庭園は、豊臣秀吉公が建立した祥雲禅寺(しょううんぜんじ・智積院の前身のお寺)時代に原形が

      造られました。その後、智積院になってからは、第七世運敞(うんしょう)僧正が修復し、東山随一の庭と言われるようになります。

 

 

 

 

 

      

      築山・泉水庭の先駆をなした貴重な遺産といわれ、中国の盧山を象って土地の高低を利用して築山を造り、その前面に池を掘るとともに、山の中腹や

      山裾に石組みを配して変化を付けています。大書院はこの庭園に面して建ち、平安期の寝殿造りの釣殿のように、庭園の池が書院の縁の下に入り込

      んでおりますが、池の改修か掃除のために水が抜かれた状態になっておりました。下の写真は以前伺った時のものです。

 

 

            
              

 

 

 

 

 

 

      

       

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      5月下旬から6月にかけて、つつじとサツキが彩を添えてくれます。 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

      

      書院の北側を回り玄関へと進みます。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      書院西側、玄関との間にある石庭 

 

 

 

 

 

      

      廊下を進みますと玄関に出ます。 

 

 

 

 

 

      

      玄関前の山門は、七条通りの東の突き当たりになります。 

 

 

 

 

      

               

 

 

 

 

 

 

       

      

 

 

 

 

 

 

      

      講堂西側の庭園 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      講堂は、天和2年(1682)7月に焼失しましたが、その後幕府から与えられた東福門院の旧殿・対屋を基に、貞亨元年(1684)に再建されましたが、その

      建物も昭和22年におしくも焼失してしまっております。平成4年(1992)の興教大師850年御遠忌記念事業として計画し、平成7年(1995)10月に完成し

      たもので、現在は灌頂道場や各種研修の道場とし使用されております。 

 

 

 

 

                          

                   現在講堂には、日本画壇における第一人者である、田淵俊夫画伯の墨絵の襖「日本の春夏秋冬」

                   が60点奉納されております。  

 

 

 

 

 

      

           

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      金堂 総本山智積院の中心的な建物であり、金堂と呼ばれています。宗祖弘法大師のご生誕千二百年の記念事業として昭和50年に建設され、堂内

      には昭和の祈りを込めた本尊大日如来の尊像が安置されています。毎朝の勤行、総本山としての多くの法要はここで厳修されます。

 

 

 

 

 

 

      

      以前の金堂は、元禄14年(1701)3月智積院第10世専戒僧正が発願し、 桂昌院(徳川5代将軍綱吉の生母)より与えられた金千両を基に学侶から

      の寄付金を資金として、宝永2年(1705)春に建立されましたが、しかし、明治15年(1882)に火災により焼失しました。 

 

 

 

 

 

      

                              

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

              

 

 

 

 

 

 

      

      仏足石の北側には、戦没者慰霊塔が建ちます。 

 

 

 

 

 

      

      慰霊塔のさらに北側に建つ大師堂は、真言宗開祖、弘法大師空海のご尊像を安置するお堂で、江戸浅草の宝持院真融法印の寄付金三百両を基金

      に、役寺の愛宕円福寺の胎通法印と真福寺の純雅法印が尽力して費用を用意し建立されました。落慶したのは胎通が智積院第二十四世に就任中

      の寛政元年(1789)です。

 

 

 

 

 

      

      金堂の北側には、東日本大震災の犠牲者の方々を慰霊する供養塔が建ちます。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      金堂 

 

 

 

 

 

       

      金堂の南側に建つ明王殿

 

 

 

 

 

      

      金堂の前に建つ鐘楼と京都駅方面 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      明王殿は、昭和22年(1947)の火災により本堂が焼失した際に、本堂再建のため、京都四条寺町にある浄土宗の名刹、大雲院の本堂の譲渡を受け、

      現在の講堂のある場所に移築した建物です。 明王殿の御本尊は不動明王様で、不動堂とも呼ばれます。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      鐘楼への石畳 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

              

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      鐘楼の南側の石畳を進み駐車場へと戻ります。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

      

      こちらの庭園は、智積院の北に位置します東山武田病院の庭園です。武田病院は、12月末に閉鎖され現在取り壊し工事に入っております。

      2014年頃には、ホテルフォーシーズンがオープン予定になっており、こちらの池泉回遊式の広大な庭園も生まれ変わる事と思います。  

 

 

 

 

 

      

      庭園は、「積翠園(しゃくすいえん)」と呼ばれ、 約3000坪の広さがあります。 平家物語に「小松内府の園地」と記されている平清盛の長男・重盛の

      山荘庭園(小松邸)跡と云われております。文武両道にして沈着冷静、父清盛をしのぐとも言われる重盛が清水寺のふもとのこの地を特に好んだとも

      言われております。

 

 

 

 

 

       

       その後、江戸時代に改修はされたものの、現存する平安時代末期の庭園は数少なく貴重な文化遺産とされております。

 

 

 

 

 

      

      庭園は、左回りの回遊式と説明されておりましたが、右回りに回ってしまいました。 庭園の中心には大きな池が東西に広がり、池の東側に大島、西側

      に小島の亀島があります。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      池の東端には、水源の小さな滝があります。       

 

 

 

 

  

      

 

 

 

 

 

 

      

      大島に建つ七層の燈籠と呼ぶのでしょうか? 

 

 

 

 

 

      

      その塔の南側には、五つの夜泊石(よどまりいし)が並べられており、不老不死の妙薬を積んだ宝船が港に停泊している姿を表しているそうです。

      夜泊石とは、中国の蓬莱思想に基づいて仙人が住むとされる蓬莱山に島を見立て長寿延年を祈願するものだそうです。 

 

 

 

 

 

      

      この地を、買い取った外資系の経営者の方々は、歴史的な文化遺産をどのように理解し継承されるのでしょうか? もちろん日本の造園家が入ること

      になると思いますので、どのように生まれ変わるか楽しみです。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 


 

 

  

コメント

御寺 泉涌寺 新緑 5/23/2011

2011年06月17日 | 洛南 東山 東福寺方面

      

      御寺(みてら) 泉涌寺は天長年間(824~)、弘法大師がこの地に草庵を結び、法輪寺と名付けられたことに由来し、後に仙遊寺と改名されました。

      建保6年(1218)に、当寺が開山と仰ぐ月輪大師・俊(がちりんだいし・しゅんじょう)が宇都宮信房からこの聖地の寄進を受け、宋の法式を取り入れた

      大伽藍の造営を志し、嘉禄2年(1226)に主要伽藍の完成をみました。その時、寺地の一角から清水が涌き出たことにより泉涌寺と改められ、この泉

      は今も枯れることなく涌き続けております。

 

 

 

      

      月輪大師は若くして仏門に入り、大きな志を持って宋に渡り深く仏法の奥義を究められ、帰国後に泉涌寺を創建して戒律の復興を計り、律を基準に

      天台・真言・禅・浄土の四宗兼学の寺として大いに隆盛させました。時の皇室からも深く帰依せされ、1242年に四条天皇が当寺に葬られてからは、

      歴代天皇の山陵がここに営まれるようになり、皇室の御香華院(菩提寺)として篤い信仰を集めております。 こちらの門は大門と呼ばれております。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      山門を入り正面に位置する仏殿 当初の伽藍は応仁の乱でほとんど焼失し、現在の諸建造物はそれ以降建立のものです。大門から参道を下って正

      面の仏殿は、寛文8年(1668)徳川四代将軍家綱によって再建され、現在伽藍の多くはこの時整備されております。仏殿は一重もこし付入母屋造り本

      瓦葺き、唐様建築の代表作で、国の重要文化財に指定されております。

       

 

 

 

 

      

      仏殿には、御本尊の三尊仏が祀られており、内陣に向かって左から伝運慶作お阿弥陀・釈迦・弥勒の三尊仏が安置されております。

      
     
  
 

 

 

      

      仏殿から望む本坊 

 

 

 

 

 

      

       舎利殿の南側に位置します霊明殿前の門。

 

 

 

 

 

      

      仏殿の後方、舎利殿は、釈迦の仏牙舎利を奉安する貴重な霊殿であり、慶長年間(1596~1615)、京都御所の建物を移築改装したもので、仏殿と同

      時代に現位置へ移されました。開山俊律師が熱願された舎利を、弟子の湛海律師が安貞2年(1228)に宋朝より将来し遷座いたしました。

      舎利殿では、天井板に描かれた龍の下で手を叩きますと天井板が響く「鳴き龍」がありますが、特別公開の時以外は経験することが出来ません。


 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      舎利殿東側の御座所の勅使門

 

 

 

 

 

      

       霊明殿

 

 

 

 

 

      

       本坊を入り御座所の庭園に向かいます。

 

 

 

 

 

      

       左、本坊玄関と御座所の玄関があり右手は、霊明殿です。

 

 

 

 

 

               

               現在の霊明殿は、明治17年に明治天皇により再建されたもので、外観は宸殿風になっており内陣・中陣・外陣に

               分かれており天智天皇以来の歴代天皇の御尊牌が奉祀されており、皇室との御縁が深く、内部の荘厳具は明治

               天皇以降のご皇族から寄進されたものだそうです。 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      本坊玄関 

 

 

 

 

 

               

                本坊玄関の襖絵

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      御座所 明治15年(1882)霊明殿炎上とともに、庫裡・書院も焼失いたしましたが、明治天皇は、霊明殿の再建と併行して京都御所内にある皇后宮の

      御里御殿をお移しになりました。この建物は文化15年(1818)に造営されたものであり御殿は西に御車寄があり、これに続く一棟は六室に別れ、南側

      は西から侍従の間、勅使の間、玉座の間、北側は西から女官の間、門跡の間、皇族の間と呼んでおります。

       玉座の間

 

 

 

 

 

      
       御座所玄関と勅使門

 

 

 

 

 

      

      御座所庭園

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       御座所から見た霊明殿ですが、こちらは拝観はなされておりません。

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      御座所庭園 御座所の東南から御殿の南側にかけて、小さな御庭が築かれており、霊明殿・御座所・海会堂そして御陵拝所に取囲まれた御庭です。

      庭園の東側には、月輪陵(つきのわみさぎ)と呼ばれる墓所があり、四条天皇をはじめ後水尾天皇から仁孝天皇までの25陵、5灰塚、9墓が営まれて

      おり、ここに鎮まる方々の御葬儀は泉山長老が御導師をお勤め申しあげ、御陵もすべて仏式の御石塔でお祀りされているそうです。 

 

       月輪陵

    

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      海会堂は京都御所内の御黒戸を移築したもので、歴代天皇、皇后、皇族方の御念持仏30数体が祀られている。方形土蔵造り塗り込めの御堂で、外

      面は白壁塗り、床も高く御屋根は宝形造り御厨子入りの御仏体は大小様々であるが、各時代の代表的仏師が心をこめて彫像しただけあって、いずれ

      も素晴らし御像が祀られております。

        海会堂

      

 

 

 

               

               菊の御紋の蹲踞                       

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       舎利殿と仏殿

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      坂の手前の白壁の建物は、浴室でその横に、寺の名前の由来になった泉涌水があります。 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

       泉涌寺の大門を潜りすぐ左手にある楊貴妃観音堂

 

 

 

 

 

      

      楊貴妃観音堂は、六羅漢像の中央に安置される聖観音像(重文)で湛海律師が寛喜2年(1230)月蓋長者像などとともに将来された像です。

      像容の美しさから、玄宗皇帝が亡き楊貴妃の冥福を祈って造顕された像との伝承を生み、楊貴妃観音と呼ばれて来ました。

 

       楊貴妃観音像

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       観音堂前の願掛け地蔵

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

                         

  

                

 

 

 

 

 




 

コメント

泉涌寺塔頭 雲龍院 新緑 5/23/2011

2011年06月15日 | 洛南 東山 東福寺方面

       

      泉涌寺別院 別格本山 雲龍院 本坊南の高所に位置する別院雲龍院は、1372年後光厳院(ごこうごん)の思召しによって、竹巌聖皐(しょうこう)

      が開いた寺で、皇子・後円融院はここに如法写経の儀を興そうと寺領を寄せられました。 また後小松、称光の両天皇もこの寺を崇敬され、四天皇崩

      御の後は後山に御分骨所が営まれ、北朝歴代の御尊牌が霊明殿に奉安されており、古くから写経道場として修行の場とされております。

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       山門を潜ったところ左手の社

 

 

 

 

 

      

      石畳左手に「衆宝観音」像が鎮座されております。 

 

 

 

 

 

      

      知徳照十方と書かれた球体は、 衆生観音の右隣にりあり「知徳照十方」とは、知と徳をもって十方を照らすとの、弘法大師(空海)の教えを表している

      ものだそうです。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

       石畳正面の庫裡を右手に進みますと、拝観受付の玄関があり柱には、木版が掲げられており 「生死事大無常迅速」の言葉が書かれております。

      この句は、修行僧の修行道場ひ書かれている語句で、生死事大(しょうじじだい)無常迅速(むじょうじんそく)各宜醒覚(かくぎせいかく)慎勿放逸(しん

      もつほういつ)と書かれています。その意味は「生死は仏の一大事、時は無常に迅速に過ぎ去っていくから、各人はこのことに目覚めて、弁道精進につ

      とめ、無為に過ごしてはいけない」。叩いて合図をするだけではなく、その音声で心をも目覚めさせようとの意味が込められています。

 

 

 

 

               

                玄関を入り正面に雲龍図が迎えてくれます。

 

 

 

 

 

      

       雲龍図を左に進めば書院があり、右手には客殿につづき霊明殿、本堂へと順路が示されております。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       本殿の裏手、右側が玄関、左側が霊明殿に囲まれた坪庭

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

       霊明殿前 毛氈を進みますと本堂正面に出ます。

 

 

 

 

 

      

       勅使門と本堂の龍華殿前

 

 

 

 

 

      

       白壁の向こうが山門からつづく石畳みの参道です。

 

 

 

 

 

      

      本堂 龍華殿 昭和四十一年に重要文化財に指定された本堂の龍華殿は、さわら材を竹の釘で打った雄大なこけら葺きで今ではたいへん貴重なもの

      となっています。雲龍院は、南北朝時代の後光厳天皇と三代にわたる菩薩寺院で、特に後円融天皇が写経の功徳をご信奉になり、妙法写経を発願さ

      れ、それ以降妙法写経の勤修は雲龍院に受け継がれております。 正面に見えるのが写経塔で、玄関受付で申し込めば、龍華殿内で写経をすること

      が出来ます。

 

 

 

 

 

               

               御本尊 薬師如来三尊像 薬師如来は、瑠璃光王や大医王尊などと呼ばれることがあり、お医者様の

               役目をはたす現世利益の仏として親しまれてきました。 雲龍院は、西国薬師霊場第四十番札所で、藤

               原時代作の本尊薬師如来座像を中心に日光・月光両菩薩を両脇に安置祀られております。

 

 

 

 


      

      昨年の11月13日から12月5日まで公開されておりました本堂の襖絵「双龍風雷図」です。縦1.9㍍、横計約14㍍で、龍華殿を飾っておりました。

      制作者は、兵庫県たつの市在住の水墨画家、堂野夢酔(むすい)氏66歳で一年がかりで仕上げられ昨年奉納されたものです。襖絵は、14面あり10

      面に二匹の龍と風神、雷神を描き、中央の4面に般若心経と円相が描かれております。

 

 

 

 

 

      
 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      霊明殿 当院は後水尾天皇以降の歴代の陵が後山にあり、皇室と大変密接なご関係のお寺です。霊明殿はその皇族の位牌堂のことで、現在の建物

      は明治元年に孝明天皇・大宮御所・静寛院宮・各尼門跡宮からの援助を受け建立されました。内陣の中央には、北朝の後光厳天皇、後円融天皇、後

      小松天皇、称光天皇の御尊牌そして左側には後水尾天皇から孝明天皇までの歴代天皇、右側には東福門院・普明照院といった江戸時代の皇子・皇

      女の尊牌が奉安されています。

 

 

 

 

 

      

       霊明殿の裏側(東側)に位置する客殿

 

 

 

 

 

      

       紅葉の時期には、夜間拝観も行われとても素晴らしいモミジのある庭園です。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

               

               書院廊下  書院は庭園の左側(北側)に面しております。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       書院の悟りの窓と迷いの窓

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                

                 書院の西側、庫裡にある台所に祀られております。

 

 

 

 

 

 

昨年の秋、紅葉シーズンの夜間拝観の様子です。

http://blog.goo.ne.jp/kappou-fujiwara/preview?eid=441fac54c7cae2ba053d51f2c39c4cf3&t=1308127475598

 

 

 




コメント

東福寺塔頭 光明院 新緑 5/23/2011

2011年06月10日 | 洛南 東山 東福寺方面

      

      東福寺の25寺院ある塔頭の一つで、本山南側の六波羅門から南に徒歩1分の距離に位置します光明院は、明徳2年(1391年)に金山明昶(きんざん

      みょうしょう)により創建された塔頭で、本山の方丈庭園などを手掛けられた重森三玲氏による「波心の庭」が有名です。別名「虹の苔寺」とも言われて

      おります。

 

 

 

 

      

      

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

       玄関

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

               

                山門を潜り石畳を左手に進みますと突き当たりに摩利支尊天をお祀りするお堂があります。 拝観受付の庫裡は、

               この摩利支尊天の右手になります。


 

 

      

       秋の紅葉の季節には、受付が開いておりますが、この時期は左手の竹筒に志を納めるようになっております。300円~500円が目安となります。

 

 

 

 

 

      

      東福寺の方丈や塔頭も含む庭園は重森三玲氏による作品が多く、この庭園もその一つの「波心の庭」です。右手が本堂です。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

       石群の向こうの築山は、ツツジで覆われており少し前まで満開の花を咲かせていたそうです。

 

 

 

 

 

      

      波心庭は、三組の三尊石を中心に大小75個の石が配されております。

 

 

 

 

 

      

      本堂南側の納骨堂

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

       本堂には、山号の寶珠山の額が掛ります。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

                

                紅葉の期間中は、一番奥のお座敷がお茶席になります。そのお茶席前からの景色です。ご住職いわく夕方の西

                日に照らされた紅葉が一番美しいそうです。

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      庭園の東端に一段高くなったところにお茶室がありますが、その前にある蹲踞です。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      庫裡を出たとこです。右手が摩利支尊天堂 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

  

      

 

 

 

 

 

 

                

                山門を入った所の多宝塔の前です。

 

 

 

 

 

      

       

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

コメント

臨済宗大本山 東福寺 新緑 後編 5/23/2011

2011年06月09日 | 洛南 東山 東福寺方面

        

       今から回ります通天橋や開山堂などの拝観は、方丈とは別料金になっております。 東福寺のポスターの写真ですが、仏殿に描かれている雲龍図だ

      と思います。

 

 

 

 

 

      

       秋の紅葉シーズンには、この回廊が一日中観光客で埋まってしまうほど紅葉の名所として人気があります。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       回廊の右手が方丈の西庭園の壁になります。

 

 

 

 

 

      

      石碑には、高松宮親王殿下・妃殿下記念御植樹と彫られております。 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

      

      通天橋 仏殿から開山堂(常楽庵)に至る渓谷(洗玉澗;せんぎょくかん)に架けられた橋廊で、1380(天授6)年、春屋妙葩(しゅんおくみょうは;普明

       国師)が谷を渡る労苦から僧を救うため架けたとつたえられ、歩廊入口には同国師の筆になる「通天橋」の扁額をかかげます。南宋径山(きんざん)の

       橋を模し、聖一国師が通天と名付けました。 その後、第四十三世住持、性海霊見が修造し、長廊を架したともいわれますが、その後も幾度か架け

      替えられ、現在のものは、1959(昭和34)年、台風によって倒壊したものを1961(同36)年、再建したものです。 

       

 

 

 


 

      

       眼下に広がる新緑の木々はほとんどが、モミジ(楓)の木です。

 

 

 

 

 

               

               通天橋の下は、洗玉澗(せんぎょくかん)という渓谷になっており、一筋の川が流れ一帯に繁るモミジは俗に通天

               紅葉と呼ばれており、開山聖一国師円爾弁円が宋国より渡来したものとつたわります。葉は三つに分かれ、黄

               金色に染まるのが特徴で、数は二千本に及んでいます。

 

 

 

 

               

      

       通天橋から西側に架かる臥雲橋が望めます。

 

 

 

 

 

      

      洗玉澗

       

 

 

 

 

 

      

      方丈の西面です。

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

       

       通天橋の北側の突き当たりの左手に朱色の愛染堂が建ちます。

 

 

 

 

 

      

      突き当たりを右に進みますと上り坂になっており、開山堂と普門院に通じます。

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

      

       方丈と仏殿

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      開山堂 通天橋を渡って至る、別名常楽庵。もとの建物は1819年に焼失し、1823年一条忠良によって再建されました。屋上に閣を持つ類例を見ない

       開山堂で、祀堂は床高で開山国師像を安置します。上層伝衣閣は正面三間、内部左右いっぱいに壇を設け、中央に阿弥陀、右に薬師、左に布袋像

      を祀り、前方天井は格子天井で、この縁から見る庭園は、四辺の眺望を借景にして格別だそうです。

       

 

 

 

 

 

               

               楼門を潜り右手には、墓地につながる階段が続きます。

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

                開山堂正面には、別名の常楽庵の額が掛っております。

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

      普門院は、開山堂の西に位置する寝殿造風の建物で、開山国師常住の方丈とつたわります。内部は三室に仕切られ、その襖絵は花鳥草花・唐人物

      を主題とし七十四面(桃山-江戸)からなる、画流各派の競作が残されていますが、現在は収蔵庫に収納されているそうです。 開山堂・普門院をは

      じめ、書院、庫裏、楼門、裏門そして鐘楼を合わせて全7棟が、国の重要文化財に指定されています。

      


 

 

       

      開山堂庭園 普門院の前庭も兼ねた池泉鑑賞式庭園で、開山堂への参道を中ほどまで進めば左手に枯山水の庭が開けます。枯山水は約百坪の

      平庭式で市松の砂紋をつけ、鶴島、亀島を象った石組を配して蓬莢山水をあらわし、対面の池庭は築山風、池中に亀島をつくり、枯滝を設けており禅

      院式と武家書院式とを調和させた江戸中期の代表的な名園とされています。

      

 

 

 

 

 

       

 

      

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      城壁を思わせる専門道場入り口 階段から先立ち入り禁止です。



 

 

 

      

      愛染堂 開山堂の西、南正面にして立つ丹塗りの八角小円堂です。もと万寿寺愛染堂と呼ばれていましたが、昭和9年の室戸台風で倒壊、その後現

      在の地に移されました。唐様を主とした鎌倉末期風の優雅さをもって現存する貴重な遺構で、こけら葺、内部は瓦敷、鏡天井とし、須弥壇上に宝塔形の

      厨子を置き、愛染明王を祀ります。 


 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

       愛染堂前から見た、普門院

 

 

 

 

 

               

               下から見る通天橋、愛染堂の前から洗玉澗に下りることが出来ます。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

                

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

       洗玉澗に架かる三番目の橋の臥雲橋は、一般の方が生活道路としても使われている橋です。

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

       東福寺境内の西端の土壁です。 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

       手前、経蔵と禅堂 禅堂は、1347年に再建された、国内最古最大の禅道場で、鎌倉風の華頭窓が美しく、聖一国師の師の宋の佛鑑禅師による「選

      佛場」の扁額が掛っております。

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

       経蔵の前に建つ鐘楼、左手前が仏殿で奥が三門です。

 

 

 

 

      

      正面、庫裡 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

      

       左禅堂と鐘楼の間を通る東福寺のメインの出入り口にあたる、日下門

 

 

 

 

      

       境内を出て、臥雲橋です。 この道を進めば、東大路に出ます。

 

 

 

 

      

       臥雲橋から望む通天橋

 

 

 

 

       

      雨の新緑は、心が洗われるようで梅雨が明けるまでの間、雨降りの度にあちこち足を運んでみます。 

 

 

 

 

 

コメント

臨済宗大本山 東福寺 新緑 前篇 5/23/2011

2011年06月08日 | 洛南 東山 東福寺方面

 

      

       臨済宗大本山・東福寺は、摂政九条道家が、奈良における最大の寺院である東大寺に比べ、また奈良で最も盛大を極めた興福寺になぞらえようとの

      念願で、「東」と「福」の字を取り、京都最大の大伽藍を造営したのが慧日(えにち)山東福寺です。 嘉禎2年(1236)より建長7年(1255)まで実に19年

      を費やして完成しました。 

 

 

 

 

 

               

               工事半ばの寛元元年(1243)には聖一(しょういち)国師を開山に仰ぎ、まず天台・真言・禅の各宗兼学の堂塔を

               完備しましたが、元応元年(1319)・建武元年(1334)・延元元年(1336)と相次ぐ火災のために大部分を焼失しました。

 

 

 

 

 

      

       延元元年(1336)8月の被災後4ヶ月目には早くも復興に着手し、貞和3年(1346)6月には前関白一条経道により仏殿の上棟が行われ、延元の火災以

      降実に20余年を経て、再び偉観を誇ることになりました。建武被災の直前にはすでに京都五山の中に列せられていましたから、再建後の東福寺は完

      全な禅宗寺院としての寺観を整えることとなりました。  三門の北側には仏殿(本殿)が建ちます。

                                            

  

 

 

       

      三門前の池に架かる石橋と向こうに見える東司

 

 

 

 

       

      

      境内の一番南に位置する三門は、空門・無相門・無作門の三解脱門の略で南都六宗寺院の中門にあたります。東福寺は新大仏と呼ばれるような巨大

      な本尊を安置するなど南都二大寺に影響を受け、この三門は大仏様(天竺様)、禅宗様(唐様)、和様をたくみに組み合わせた建造方式となっています。

      両脇に階上へのぼる山廊を設けた、日本最大最古の遺構で、応永年間(1394-1428)、足利義持の再建で、1977(昭和52)年、大修理が完成しました。

 

 

 

 

 

      

       開山 聖一国師とは、円爾弁円(えんにべんえん)といい、三井園城寺の学徒として天台の教学を究め、のち栄西(建仁寺開山)の高弟行勇・栄朝に

      ついて禅戒を受け、嘉禎元年(1235)34歳で宋に渡り、在宋6年、杭州径山の無準の法を嗣ぎ、仁治2年(1241)7月に帰朝しました。 帰朝後まず筑紫

      に崇福・承天二寺を建てて法を説き、名声は次第に国内に及んで寛元元年(1243)には藤原(九条)道家に迎えられて入京、道家に禅観密戒を授けま

      した。次いで東福寺開山に仰がれ、同4年(1246)2月には山内の普門寺を贈られて常住しました。


 

 

 

 

 

      

       その後、宮中に宗鏡録を進講し、後深草天皇の勅を奉じて、京都岡崎の尊勝寺、大阪四天王寺、奈良東大寺などの大寺院を観閲し、また時には延

      暦寺の天台座主慈源や東大寺の円照らを教導したので、学徳は国中に讃えられ、遂に建長6年(1254)には幕府執権北条時頼に招かれて、鎌倉の

      寿福寺に住することとなりました。 翌7年6月、一条実経の東福寺落慶供養にあたり帰山、爾来東福寺に住し、弘安3年(1280)10月17日79歳で入定

      (にゅうじょう)しました。 聖一国師の号は花園天皇より贈られたもので、日本禅僧最初の賜号です。

      その他に国師の功績といたしましては、中国(宋)より帰朝にあたっては多くの文献を伝え、文教の興隆に多大の貢献をしましたが、また水力をもって

      製粉する器械の構造図を伝えて製麺を興し、今日わが国最大のお茶の生産地となった静岡茶の原種を伝えたことも見逃せない功業です。

 

 

 

 

 

               

               仏殿(本堂)は、1881(明治14)年焼失後、1934(昭和9)年に再建されたもので、起工から竣工まで17年を要し復

               興させた昭和の木造建築中最大の建物です。 三門にならった大仏様の組物と角扇垂木、禅宗唐様の桟唐戸・

               礎盤・鏡天井、裳階の窓は和様の連子窓、破風の妻飾りは法隆寺南大門風と、多様に様式が組み合わされてい

               ます。 内部は禅式床瓦敷とし、正面須弥壇上に本尊釈迦立像、脇に摩訶迦葉尊者 阿南尊者、四天王を安置し

               天井の画龍は堂本印象氏の作、龍の大きさは体長54m・胴廻り6.2mに及んでいます。                       

 

 

 

 

 

      

      手前三門へ上る楼閣と仏殿 

 

 

 

 

 

      

 

                      

 

 

 

 

 

 

      

       本堂から見た三門

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

               

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      経蔵は、 三門、禅堂、東司などとともに旧観を残す宝形造りの瀟洒な建造物です。 開山の聖一国師(円爾弁円)は宋からの帰朝の際一千余りの

      典籍を持ち帰り、我が国文教の興隆に多大な貢献をしました。経蔵や寺内には今なお、宋代の書跡や貴重な書物が多数所蔵されています。

            

 

 

      

       仏殿と通天橋をつなぐ楼閣

 

 

 

 

 

      

       左手に方丈、正面が拝観受付の庫裡になります。

 

 

 

 

 

               

               昭憲皇太后の寄進といわれる方丈表門

                

 

 

 

 

      

      庫裡と方丈をつなぐ回廊 

 

 

 

 

 

      

      方丈は1890(明治23)年再建で、前庭には昭憲皇太后の寄進とつたえる向唐破風の方丈表門があり恩賜門ともいい、小型ながら明治期唐門の代表

      作です。 方丈南庭園は、禅宗の方丈には古くから多くの名園が残されてきましたが、四周に庭園をめぐらせたものは当寺唯一の試みで、当庭園は1

      938(昭和13)年、重森三玲氏が作庭しました。釈迦成道を表現し、八相の庭と命名され、近代禅宗庭園の代表として広く世界各国に紹介されています。

      

 

 

 

 

      

       東庭園 方丈前庭を廊下ではさんだ東側に位置します。

 

 

 

 

               

               北斗の庭は、もと東司の柱石の余材を利用して北斗七星を構成し、雲文様地割に配している小宇宙空間です。

               

 

 

 

 

 

 

      

      方丈東面

 

 

 

 

 

      

      方丈正面の南庭は210坪(693平方メートル)、東西に細長い地割に、蓬莢・方丈・瀛洲(えいじゅう)、壺梁(こうりょう)の四島に見立てた巨石と、砂紋

      による荒海の表現に加え、西方に五山を築山として大和絵風にあらわし、神仙境を表現しています。 鎌倉時代の質実剛健な風格を基調に、近代芸

      術の抽象的構成をとり込んだ枯山水式庭園です。

       

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

       

      

 

 

 

 

 

 

               

               庭園西端から経蔵 の眺め。

 

 

 

 

 

      

       仏殿

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      方丈西庭は「井田市松」の庭で、さつきの刈込みと砂地が大きく市松模様に入り、くず石を方形に組んで井田を意図して表現します。色彩の変化も楽

       しい庭です。

       

 

 

 

  

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

      

       方丈の西北には、モミジを愛でるための舞台が設えてあり、この時期は新緑が目に優しく映ります。

 

 

 

 

 

      

       舞台から眺める通天橋

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      方丈北庭(裏庭)は、市松の庭は、作庭以前に南の御下賜門内に敷かれていた石を市松模様に配したもので、通天紅葉の錦織りなす景観を借り、

       サツキの丸刈り、苔地の妙が調和するという、南庭とは逆に色彩感あふれる空間となっています。

       

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

      

      方丈と庫裡を結ぶ回廊の向こうに東庭があります。

 

 

 

 

     

               

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

               

 

 

 

 

 

 

  

               

               方丈を後にし、通天橋を通り開山堂・普門院に向かいます。 

 

 

 

コメント

東福寺塔頭 光明院 秋紅葉 11/29/2010

2010年12月09日 | 洛南 東山 東福寺方面

  

  明徳2年(1391年)に金山明昶(きんざんみょうしょう)により創建された東福寺の塔頭で、重森三玲氏による「波心の庭」が有名です。別名「虹の苔寺」
  とも言われております。









  
  位置的には、東福寺の南門を真っ直ぐ南に下がったところにあります。南門から徒歩3分ほどの距離です。正面の玄関前に摩利支尊天をお祀りするお
  堂があります。







  









  









  










  
  東福寺の方丈や塔頭も含む庭園は重森三玲氏による作品が多く、この庭園もその一つの「波心の庭」と名付けられた庭園です。 右手が本堂になり
  ます。







                   
                  池泉式の枯山水庭園は、昭和14年東福寺方丈庭園と同時期に設計されたもので、重森
                  三玲氏の初期の名作と評されております。








                  
                  方丈庭園とはうってかわって、平安式の洲浜型の枯池に多数の石組を配しており、寺号に
                  ちなんで光明をテーマに作庭されており、大海を表す白砂に構成された三カ所の三尊石組
                  から仏の光のごとく斜線状に立石が並んでおります。








  
  本堂を見下ろす位置にある茶室からの眺めです。








                  









  
  本堂北側の茶室の悟りの窓








  
  本堂前








  









  
  本堂からの眺めです。 







  









  









  
  波心庭の背後には皐月やツツジの大刈り込みでダイナミックに雲紋をデザインし、その雲の上には茶亭「蘿月庵(らげつあん)」が佇みます。
  なお、蘿月庵の左手の朱色の建物は、本堂廊下より庭を見た時、民家の見えることを防ぐための建物です。







  









  
  ちなみに、この3枚の写真は、昨年の27日のものです。 今年が29日ですので毎年時期が多少前後しているのが分かります。来年もベストを狙ってま
  いります。








  









  









  










コメント (1)

御寺泉涌寺 ライトアップ 11/23/2010

2010年11月27日 | 洛南 東山 東福寺方面

  

  御寺 泉涌寺は天長年間(824~)、弘法大師がこの地に草庵を結び、法輪寺と名付けられたことに由来し、後に仙遊寺と改名されました。建保6年
  (1218)に、当寺が開山と仰ぐ月輪大師・俊(がちりんだいし・しゅんじょう)が宇都宮信房からこの聖地の寄進を受け、宋の法式を取り入れた大伽藍の
  造営を志し、嘉禄2年(1226)に主要伽藍の完成をみました。その時、寺地の一角から清水が涌き出たことにより泉涌寺と改められ、この泉は今も枯れ
  ることなく涌き続けております。








  
  昨年から始まりました、夜間拝観は11月23日まで開催されておりました。








  
  雨模様でしたが、各伽藍が幻想的に浮かび上がっておりました。
  







  
  山門を入り正面に位置する仏殿 当初の伽藍は応仁の乱でほとんど焼失し、現在の諸建造物はそれ以降建立のものです。大門から参道を下って正
  面の仏殿は、寛文8年(1668)徳川四代将軍家綱によって再建され、現在伽藍の多くはこの時整備されております。仏殿は一重もこし付入母屋造り本
  瓦葺き、唐様建築の代表作で、国の重要文化財に指定されております。








  









  
  仏殿の横では、菊花展が行われておりました。








  
  仏殿には、御本尊の三尊仏が祀られており、内陣に向かって左から伝運慶作お阿弥陀・釈迦・弥勒の三尊仏が安置されております。

  仏殿の後方、舎利殿は、釈迦の仏牙舎利を奉安する貴重な霊殿であり、慶長年間(1596~1615)、京都御所の建物を移築改装したもので、仏殿と同
  時代に現位置へ移されました。開山俊律師が熱願された舎利を、弟子の湛海律師が安貞2年(1228)に宋朝より将来し遷座いたしました。

  舎利殿では、夜間拝観期間中公開されることがなかった天井板に描かれた龍の下で手を叩きますと天井板が響く「鳴き龍」を経験することが出来ました。







  
  舎利殿の後方(東側)勅使門と御座所








  
  本坊玄関門








  
  期間中、本坊前庭では、月輪未生流の献華展が行われておりました。








  









  









  
  霊明殿 現在の霊明殿は、明治15年(1882)10月炎上の後、同17年明治天皇によって再建された尊牌殿で、外観は宸殿風の建物であり、すべて尾
  州桧材で造られ、殿内西廂は板間。殿内は内陣・中陣・外陣に分かれ、内陣は五室の宮殿造りとなっております。








                     









                       
                       本坊北側庭園








              









                        









  
  本坊玄関前









  
  御座所と勅使門 明治15年(1882)霊明殿炎上とともに、庫裡・書院も焼失いたしましたが、明治天皇は、霊明殿の再建と併行して京都御所内にある
  皇后宮の御里御殿をお移しになりました。この建物は文化15年(1818)に造営されたものであり御殿は西に御車寄があり、これに続く一棟は六室に別
  れ、南側は西から侍従の間、勅使の間、玉座の間、北側は西から女官の間、門跡の間、皇族の間と呼んでおります。







  
  御座所庭園 御座所の東南から御殿の南側にかけて、小さな御庭が築かれており、霊明殿・御座所・海会堂そして御陵拝所に取囲まれた御庭です。







  









  









  









                     









  









                     









  









  









  









                     









            









  
  仏殿








  
  舎利殿








  









  
  楊貴妃観音堂 大門を入って左手奥の堂内、六羅漢像の中央に安置される聖観音像(重文)で湛海律師が寛喜2年(1230)月蓋長者像などとともに
  将来された像です。像容の美しさから、玄宗皇帝が亡き楊貴妃の冥福を祈って造顕された像との伝承を生み、楊貴妃観音と呼ばれて来ました。








  











コメント

泉涌寺別院 雲龍院 ライトアップ 堂野夢酔氏 双龍風雷図公開 11/22/2010 

2010年11月26日 | 洛南 東山 東福寺方面

      

      泉涌寺別院 別格本山 雲龍院 本坊南の高所に位置する別院雲龍院は、1372年後光厳院(ごこうごん)の思召しによって、竹巌聖皐(しょうこう)が
      開いた寺で、皇子・後円融院はここに如法写経の儀を興そうと寺領を寄せられました。また後小松、称光の両天皇もこの寺を崇敬され、四天皇崩御の
      後は後山に御分骨所が営まれ、北朝歴代の御尊牌が霊明殿に奉安されており、古くから写経道場として修行の場とされております。







      
      今年、2月に梅を見に来た時に是非秋に訪れたいと思っておりました。夜間拝観が、23日までとなっておりましたので、22日の今日滑り込みで参りま
した。










      
      山門を入り左手にある観音像です。








      
      庫裡の前のはねず梅








      









                    
                    庫裡の右手が参拝入口です。








                      
                      玄関の柱に掲げられている木版 「生死事大・・」の言葉は修行道場の木版に書かれ
                      ている語句です。 生死事大(しょうじじだい)無常迅速(むじょうじんそく)各宜醒覚
                      (かくぎせいかく)慎勿放逸(しんもつほういつ)と書かれています。その意味は「生死
                      は仏の一大事、時は無常に迅速に過ぎ去っていくから、各人はこのことに目覚めて、
                      弁道精進につとめ、無為に過ごしてはいけない」。叩いて合図をするだけではなく、
                      その音声で心をも目覚めさせようとの意味が込められています。







           
           玄関正面の雲龍図









           









      
      雲龍図の右手の部屋からの眺めです。








      









                    









                     
                     本堂裏の坪庭








            
            本堂 龍華殿 








            
            本殿前の勅使門








                 
                 御本尊 薬師如来三尊像 薬師如来は、瑠璃光王や大医王尊などと呼ばれることがあり、お医者様の
                 役目をはたす現世利益の仏として親しまれてきました。 雲龍院は、西国薬師霊場第四十番札所で、藤
                 原時代作の本尊薬師如来座像を中心に日光・月光両菩薩を両脇に安置祀られております。








      
      別院・雲龍院が制作を進めていた本堂の襖絵「双龍風雷図」がこのほど完成し11月13日から12月5日まで公開されます。縦1.9㍍、横計約14㍍で、
      雲龍院の本堂・龍華殿を飾っております。お寺側から、兵庫県たつの市在住の水墨画家、堂野夢酔(むすい)氏66歳に制作を依頼され、一年がかりで
      仕上げられ奉納されたものです。襖絵は、14面あり10面に二匹の龍と風神、雷神を描き、中央の4面に般若心経と円相が描かれております。

               






      









      
      龍華殿には写経塔が安置されており、南北朝時代の後円融天皇から写経の功徳を御信奉されて以来、現代まで続く現存最古の写経道場として信仰
      を集めております。 随時受け付けが可能な本堂での御写経は、後水尾天皇より御寄進された写経机が現在もそのまま使用されております。








      
      本堂左奥の霊明殿 雲龍院は、皇室と密接な関係の寺院ですので、御水尾天皇以降の陵墓が後山にあり、霊明殿はその皇族の位牌堂になります。








      
      霊明殿の裏手(東側)の客殿では、襖絵を奉納なされた堂野夢酔氏の作品展が催されております。







         
         布袋和尚を題材になされた作品が、多数展示されております。 布袋和尚とは、実在の禅僧で中国の四明山に住んだと
         伝えられ、916年厳林寺の盤石に端坐したまま遷化(せんげ 高僧がなくなること。)したため、弥勒菩薩の化身といわれ
         るようになったそうです。








         
         黄檗宗では、弥勒菩薩の再来像として本尊に祀られるまでになり、また道教においての布袋像は、人間が心ほのぼのと
         生きる「心円やかな活力」を与えてくれる仙人像として親しまれ崇められております。








                   









      









      
      客殿前の庭園








                   









      









      









                   
                   客殿から玄関前を通り書院に向かう廊下です。








      









         
         書院北側








                   
                   書院東側の「悟りの窓」梅の木だったと思います。








                   









      









         









         









                   
                   この日は、堂野氏ご本人が居られ、下の写真のミニ屏風絵を買ったらサインをしてください
                   ました。








            
            現在、店に飾っておりますが、定価2500円はすごく安いように思えました。









      









         









                      
                      こちらは、堂野氏の作品ではありませんが、台所に祀られている走り大黒天さんです。








      
      帰り道、山門を入ったところの鐘楼。








      
      夜間拝観は、終了いたしましたが、昼の拝観は12月5日まで行われております。 









コメント

泉涌寺別院 雲龍院 双龍風雷 襖絵公開

2010年10月31日 | 洛南 東山 東福寺方面
                泉涌寺山内にある別院・雲龍院が制作を進めていた襖絵「双龍風雷図」がこのほど完成し11月13日から
                12月5日まで公開されます。縦1.9㍍、横計約14㍍で、雲龍院の本堂・龍華殿を飾っております。
                お寺側から、兵庫県たつの市在住の水墨画家、堂野夢酔(むすい)氏66歳に制作を依頼され、一年がかり
                で仕上げられ奉納されたものです。
                襖絵は、14面あり10面に二匹の龍と風神、雷神を描き、中央の4面に般若心経と円相が描かれておりま
                す。

                初日の13日から23日までは、泉涌寺境内の夜間ライトアップが行われております。

                京都新聞より
コメント

みてら 泉涌寺 夜間特別拝観

2010年10月29日 | 洛南 東山 東福寺方面
     泉涌寺開山大師帰朝八百年記念  夜間特別拝観

     皇室ゆかりの御寺(みてら)が、夜間に門戸を開き、境内・御座所庭園をライトアップで幽玄に彩、舎利殿を
     特別公開し泣き龍体験をいたします。

     期間 11月13日(土) ~23日(祝) 18:00 ~ 20:30 
     夜間拝観料 一般1000円 舎利殿「泣き龍体験」一般500円

     詳しくは、http://www.mitera.org をご覧ください。  








     











コメント