行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2017 Kanto Open (3)

2017-11-22 23:59:59 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Kanto Open. (Fittness Bikini, -158cm)

こちらでは、後半の7人の選手と全員そろったところでのラインナップの模様をご紹介しています。
選手の方は、14番杉山亜希選手(東京)・15番関口珠美選手(栃木)・16番須藤理予選手(神奈川)・17番石川瑠夏選手(東京)・18番j欠場・19番内藤香選手・20番山中小巻選手(東京)・21番欠場・22番澁谷美和子選手(東京)の7人です。
以上19人の選手のうち、ピックアップ審査を通過して決勝に進めるのは、11人です。
そしてラインナップの写真は、全員を1枚に収めた写真とアップで4分割した写真をお送りしています。
なお、ピックアップ審査ですので、ここで通過できなかった選手には順位がつきません。

クォーターターン以降の模様は、次回以降ご紹介する所存ですが、明日から明後日にかけて仕事で茨城県つくば市に出張しますので、この続きは週末に入ってからになるかと思います。
コメント

2017 Kanto Open (2)

2017-11-22 23:54:03 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Kanto Open. (Fittness Bikini, -158cm)

では、フィットネスビキニの予選(ピックアップ審査)のご紹介に入りましょう。
まずは、158cm以下級からですが、22人エントリーがありましたが3人欠場して19人で行われています。
こちらでは、各選手がステージに登場してポーズを決めたところを1人1枚づつご紹介しています。
簡単にご紹介しますと、エントリー番号順に1番根本みゆき選手(茨城)・2番山口あずさ選手(埼玉)・3番森佳美選手(茨城)・4番山本貴子選手(神奈川)・5番遠藤未央選手(神奈川)。6番二階堂淳子選手(東京)・7番欠場・8番関杏理(あんり)選手(東京)・9番山本明子選手(東京)・10番風見夕美選手(東京)・11番高橋弘子選手(東京)・12番北見知里選手(神奈川)・13番大塚美香選手(埼玉)、以上の12人です。
日本社会人選手権など女子フィジークで活躍している山本(貴)選手が、フィットネスビキニに参戦しているのには驚きました(笑)。
ここで初めて見る選手も、少なくありませんでしたね。
コメント (2)

2017 Kanto Open (1)

2017-11-22 23:22:39 | 観戦記2017


Opening ceremony of 2017 Kanto Open. (JUL 30, 2017, Mito, Ibaraki)

こんばんは。
それでは今日からは、2017年7月30日に茨城県水戸市の駿優教育会館大ホールで行われた、関東オープン(フィットネスビキニ・メンズフィジーク)のご報告を始めたいと思います。
前にも書きましたが、前日の29日には同じ場所で関東選手権(ボディビル・ボディフィットネス・女子フィジーク)と茨城県選手権が行われていました。
当初は、これらの大会を30日に行う予定でしたが、あまりにも参加人数が多くなりすぎたので、2日に分割したのでした。
29日も同じ会場が空いていたのが、幸いでしたね。
さっそくまずは、開会式の模様からご紹介いたしましょう。
開会式は、29日同様選手不在の開会式でした(苦笑)。
司会者が2人いまして、1人は昨日に引き続いて小田口誠さんが務めていました。
実は小田口さんは、1997年に茨城県選手権に優勝したことがあります。
そしてこの日はもう1人女性の方がいましたが、プログラムによれば安藤琴代さんということでした。
選手宣誓は、メンズフィジーク176cm超級の野田豊希(よしき)選手が行いました。
開会式後審査員の紹介がありましたが、その中には先日の日本・グアム親善大会で日本選手団の監督を務めておられた、五十嵐清四郎日本社会人ボディビル・フィットネス連盟理事長をはじめ、小沼敏雄選手や田吹美智代選手などかつての名選手の姿もありました。
最後の写真ですが、この日ロビーでアクセサリー等を販売していた、秋山千香子選手と菅原ジョイ選手です。
以上が、開会式の模様でした。
コメント