いくやの斬鉄日記

オープンソースからハイスクールフリート、The Beatlesまで何でもありの自称エンターテインメント日記。

Ubuntu 14.04でCaps LockをCtrlにする

2014年05月11日 00時26分23秒 | Ubuntu
自動起動するアプリケーション(コマンドだとgnome-session-properties)を起動して、[追加]をクリックして表示されるダイアログに

[名前]は適当に(今回だと[CapsLockをCtrlに])
[コマンド]は[setxkbmap -option ctrl:nocaps]にして

[追加]をクリックすると、次回ログインから有効になります。

メリットは、
・root権限がいらない
・GUIでポチポチできる
・不要になったらオフも簡単
・IBus/Fcitxの両方で確実に動作
といろいろあるはずなのですが、この方法は誰からもそっぽを向かれています。
まぁ私がオワコンかつ老害であり、何が悪いのかわからないせいだとは思うのですけど。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« DynからChangeIPに乗り換えた話 | トップ | Ubuntu Weekly Recipe 第324... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nobuto MURATA)
2014-05-11 05:44:30
この方法だと、
/org/gnome/settings-daemon/plugins/keyboard/active
が"true"(Ubuntuではtrueがデフォルト)の場合に、画面ロックからの復帰や、ユーザーアカウントの切り替えといったタイミングで
"setxkbmap -option"
で設定していた内容がクリアされてしまいます(/org/gnome/desktop/input-sources/xkb-optionsの方が優先される)。

このctrl, capslockの設定をgnome-settings-daemonに委ねるかどうかは好みなので、keyboard pluginをオプトアウトした上で、setxkbmapコマンドを使うことを否定はしません。

日本語Remixで何を目的としてkeyboard pluginをオフにしているのかはChangelogからは読み取れませんでした。gnome-tweak-toolでctrl-capslockの設定をしても反映されないなどの弊害もあるので、これを上回る問題が何かあったのか気になっています。
あいわかった、 (いくや)
2014-05-11 15:45:11
org.gnome.settings-daemon.plugins.keyboardをいじらない日本語Remixを作成してみます。
Unknown (Nobuto MURATA)
2014-05-11 16:29:23
もしデフォルトに戻す場合は、イメージ自体を作り直すのではなく、ubuntu-defaults-jaの該当設定をコメントアウトもしくは削除したパッケージをアップデートとして配信すれば事足りるかなと考えています。
作成するのは (いくや)
2014-05-11 16:40:27
あくまで私の手元でのテスト用です。
とりあえずjapanese-testersにはアップロードするつもりです。

イメージの再作成はポイントリリースでやるべきか判断すればいいと思います。

コメントを投稿

Ubuntu」カテゴリの最新記事