ひだまりクリニック~産んだ後にも母親学級~

杉並区で小児科医がひらいている母子で集えるクラスです。

インフルエンザの予約をしばらくストップします

2018-11-13 17:55:59 | クリニックからのお知らせ

インフルエンザのワクチンは、去年同様少な目といわれていましたが、

ついに、入荷が滞ってしまいました。

予約は、事情をご説明して、ご了解いただいた方のみになります。

その時までに入らないこともありえることと、そのときはご連絡しますということ、

ご了解いただいた上での予約になります。

よろしくお願いいたします。

 

ワクチンの不足、たびたび起こります。

このようなことないようにしてほしいものですが。

末端の医療機関には何ともしがたい問題です。

 

 

 

コメント

親子の成長

2018-10-26 09:41:40 | 子育てあれこれ

インフルエンザワクチンの季節です。

3歳を過ぎると、この時期だけいらっしゃるという方も多いです。

MRとか日本脳炎のインフルエンザの同時接種をしますので、2本という方も。

去年はすごい泣き方だったのに、今年はすごく頑張っているということ多いです。

おにいさんおねえさんになったなぁと感動的です。

おかあさんもびっくりされてたりします。

ぜひとも、普段から注射を悪者にしないでくださいね。

「チックン」を脅しに使わないでください。

ぐずっているときに「チックンしてもらうよ」とか、ね。

お医者さんの注射は、痛いことだけど大事なことなんだと伝えてください。

お医者さんは、みんなが元気でいることを一番大事に願ってるよ、と。

 

子どもの成長は見えやすいですが、おかあさんの成長は見えにくいです。

でも、確実に成長されているなと日々思います。

先日も、「子どもってすごいですね。」とおっしゃってくださったお母さんがいました。

お子さんはもうすぐ1歳という方です。

おっぱいが不調のときも、「お願いね、頑張ってしっかり飲んでね」というと、

本当に頑張ってくれて、しこりとか不調がなくなるんです、と。

私たちのめざすセルフケアができているってことですね~

2~3か月の頃は、必死でミルクをあげようとしてたってことも聞きました。

(医療者のアドバイスがあったので、と・・・残念ながら)

同時にすごく不安そうな様子も垣間見えてた方ですが、

1年もたたないうちに、なんと堂々としたお母さんになられたことか・・・

子どもってすごい、と感じられるのはものすごい成長だと思います。

ご自分はそうは思ってないと思いますけれど。

こちらの方が感動でした。

子どもの成長を心から感じて、感謝できるお母さんって素晴らしいです。

子どもとともに、お母さんも成長しているんですね。

小児科医の醍醐味です。

時々いただける、仕事の真のご褒美だなぁとうれしかったです。

 

 

 

コメント

スポットビジョンスクリーナーを導入しました。

2018-10-13 14:57:27 | クリニックからのお知らせ

先日、お試しに使っていたスポットビジョンスクリーナーを購入して検査をすることにしました。

検査はとても簡単で、子どもの注意を引く音と光が出る機械を子どもの目にあてて検査をします。

機械といっても、大きなカメラみたいな感じのもので、取扱いもとても楽です。

うまく検査できれば2~3秒で検査は終了。

6ヶ月のお子さんから検査はできますので、

健診と3歳の予防接種のときなどにやっていこうと思っています。

ついでに、気軽にできます。

子どもの弱視を見つけるためのスクリーニング検査です。

実際につかってみて、スクリーニング検査にするには非常によい機械だと思いました。

赤ちゃんの時期ですと、異常を大きく取りすぎるという欠点があります。

ですので、1歳までの異常はすぐに眼科に、と考えなくてもいいようです。

ですが、異常が出たときは、そのままにせず、1歳半健診で検査することにしています。

そのときに、再び異常の結果がでたら、眼科にご紹介状をお渡しします。

眼科のスクリーニングを客観的な機械に任せられるなんて、私もとても気持ちが楽になりました。

(本当は自治体の健診の場ですすめられるのが一番のことだと思いますが・・・)

 

コメント

今年のインフルエンザ

2018-10-04 10:03:12 | クリニックからのお知らせ

今年ももう10月!早いですね~

10月からインフルエンザ接種期間です。

インフルエンザについては、VPDの会のインフルエンザをご参考に・・・

例年のように、6ヶ月から接種可能です。

13歳未満のお子さんは2回接種です。

どの予防接種とも、同時接種可能です。

1接種4000円です。子育て応援券・トイカード使えます。

お母さまお父様と一緒に接種することも可能です。

 

 

コメント

小児科学会の予防接種スケジュールの改訂

2018-09-30 16:14:05 | 医療情報

8月1日に、小児科学会の予防接種のスケジュールの改訂がありました。

任意接種の追加をお勧めする改訂です。

各地で小学生の百日咳が流行するのは、赤ちゃんの時の予防接種の免疫が低くなるからです。

それを受けて、小児科学会が三種混合の就学前の接種を追加接種を推奨してます。

それと同時にポリオの追加接種も、抗体価が減衰する前にと、同時期の追加接種を推奨してます。

かつて、この年長さんにあたる方たちがしていた三種混合と不活化ポリオです。

その後四種混合(三種混合に不活化ポリオを合わせたもの)がでてきて

それを接種していた方たちには四種混合の追加を勧めるのでしょうか?

すでに、切り替え時期には最初三種混合と不活化ポリオをしてその後の接種に

四種混合をしていた方もいたので、今回も三種混合と不活化ポリオの接種でなく、

四種混合の接種をしたらいいのではないか、その方が2回の注射でなく1回ですむし、

任意接種なので安くすむではないかと思うのですが・・・

小児科学会の推奨は、三種混合と不活化ポリオの別々なのです。

これは、調べてみたのですが、なぜかとはっきりした答えは理解できないままでした。

有効な抗体価があがるという結果がでてないからでしょうか。

(はっきりしたら、また書きます)

四種混合ワクチンは三種混合ワクチンに比べるとずいぶん最近認められたワクチンだから、

なのでしょうか?

この辺がすっきりすると、四種混合を推奨するという改訂がされるのでしょうか。

早くそうなったらいいと思います。

さらに、就学前と限定せずに、

抗体価の下がっているだろう小学生にもお勧めすればいいのにと思います。

二種混合の定期接種を三種混合に変更する(ただし任意接種)という提言も

小児科学会ではされています。

そして!必要なワクチンなら、定期接種にすべきだ!と声を大にしていいたいです。

 

さて、もしも、3種混合と不活化ポリオのどちらが優先かといわれると、

3種混合といえるのではないかと思います。

百日咳の方がリアルにありうる病気なので。

赤ちゃんのいらっしゃるご家庭・生まれる予定のご家庭では上のお子さんのワクチンが大事

とも言われています。

 

以下に、ひだまりクリニックの任意接種の価格を書きます。

先ほど決めました。

三種混合     3000円

不活化ポリオ   7000円

四種混合     9000円

年長さんのワクチンは、定期接種MRワクチンと任意接種おたふくかぜの2回目だけでしたが、

三種混合やポリオ(または、四種混合)も任意接種で推奨されるワクチンとなりました。

おたふくかぜは4000円です。

早く定期接種化されることを切に望みます。

コメント