豊前善三のつれづれ日記 2011年12月31日 ブログをはじめました

日頃、感ずることについて考える。人間らしさを さまざまな人間模様。


豊前善三つれづれ日記

2017年11月13日 22時03分45秒 | 日記
 (Vol 2124 ) 加計学園獣医学部新設に対する 文部科学省の大学設置 学校法人審議会 の審査は 認可ありきの 審査方法であり 不十分な審査である

一部審査員によると 審査の項目が 限られた範囲で行われた ということが 報道で報じられた


なぜ すべてに対して 審議しなかったのか

そこには なんとしても 認可しなければならない という力が働いたからではないか

また ここで 認可しなかったら 損害賠償が生じかねない という 噂も出てきている


これはどういうことなのか


認可する前から 内諾していたということか


加計学園獣医学部新設のための建設は 申請されたときから 建設が始まっている

なぜ 負の危険性を犯してまでも 建設を強引に推し進めてこられたのか


そこに 疑問が残る



そこには 裏で認可の保証が 行われていたのではないか



そう考えるならば すべてが つじつまが合う


このような あからさまな やり方は 前代未聞である



安部政権は 非常に 不公平きわまりない  私物化した 政策の遂行をしている

これは 国民を愚弄していることになる



もう一度 すべての条件に対しての 審議をすべきではないか