’ちゃんg’ の ’ぶろg’

子供も成長したので、これからは趣味のバイクブログとして再出発します。

サード・パーソン

2015-05-28 | 映画

最近めっきりアクション俳優としての地位を確立させた御年62歳のリーアム・ニーソン。
久しぶりに頭を使う映画を観てしまった。一度観ただけでは良く理解出来なかったので気になる場面を再視聴、及びネットで解説を検索。
皆さんやはり同じような事をしていて、この映画ではそれが許されるようだ。
監督・脚本はポール・ハギス。

3つの創作と1つの現実が時間と場所を飛び越え複雑に交錯している。

何が真実であったのか。

1、作家であるリーアム・ニーソンが過去にプールの事故で小さかった息子を失った。
2、そのきっかけを作ったのがオリヴィア(架空)として登場させた数ヶ月前に別れた愛人。
3、別れた原因は、女性がリーアム・ニーソンの日記を読んでその事実(きっかけ)を知ってしまったから。

実在する登場人物は、リーアム・ニーソンとその妻、出版社の男性、映画には登場しない別れた愛人の4名。愛人とその父親の関係も事実かもしれない。


練に練られた脚本なので、至る所にフラグが立ちまくり、その回収(意味を探る)だけでもウンザリしそうな内容となっている。


根底にあるのは後悔と懺悔。
小説家は自分の経験を切り売りしているだけ、するしかないといったメッセージ。


ニューヨークの芸術家と元女優のエピソードは、自分はどんな罪でも償うので息子に生きていて欲しかった、息子にも自分を愛して(赦して)欲しいという願望。

パリの作家(リーアム・ニーソン)のエピソードでは、汚れた父親(自分の投影)から愛人(息子の投影)を守る、守りたいという願望。実は、死んでしまった息子に嫌われているんじゃないかといった不安。

ローマでは、どんな理不尽な目にあっても何とかして娘(自分の息子)を救い出し、最後はハッピーエンドになりたかったという願望。


後悔と懺悔、不安と葛藤、愛情と愛憎、絶望と希望。これらが1つのストーリーを織りなすとき、1人の人生が浮かび上がって来る。
そんな映画でした。



Watch me! (見てー!)子供が良く言います。 自分の子供の「見て見てー!」という声は、親なら一生覚えていますよね。

コメント

エンディングノート

2014-07-06 | 映画

実の娘であるところの監督(これが初作品)の父親にガンが見つかって、終活、そしてお葬式までのドキュメンタリー。
本当は映画館に観に行きたかったんだけど、なんとなく行きそびれてしまってツタヤでレンタルされたら借りようくらいの気持ちでいたら、どうやらレンタルにならなそうなので買う事にした。

AmazonやMixiのレビューだと「開始5分で涙ぐんだ」とか「素人ナレーションがウザイ」とか「おっさん、カッコイイー!」等のコメントがあったんだけど、感じ入るところってホント人それぞれだな。

開始5分で涙ぐまなかったし、ナレーション良かったし、おっさんカッコイイー!とも思わなかった。
思ったより落ち着いて観れた、、というか、むしろ安らかな気持ちで観ることができました。

映画を観終った後しばらく「ボー」っとしてしまったのは、いつ以来だろうか。
いろいろ勉強になりました。

コメント

夏休み第八弾!

2011-08-10 | 映画

午前中はパパといっしょに図書館へ避暑。その後「ポケモン映画 ビクティニと白き英雄 レシラム」を観に行った。レディースデイだったため、子連れのお母さん多すぎ。前から2列目で観た。ココスでカレーライスとピザ。夜は自宅でお好み焼き。

コメント

夏休み

2009-08-12 | 映画

幼稚園から持って帰ってきたミニトマトが実をつけました。


クワガタのお預かり。

クワスケとクワミ。

せいせき多摩川花火大会。


あと、ポケモンの映画「アルセウス 超克の時空へ」にも行きました。

コメント

Yes! プリキュア5 GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ

2008-12-21 | 映画

やっと、見てきました。

・・・が、どういった心境の変化か、玲寧ちゃん、以前に比べてあまりプリキュアに興味が湧かなくなったようです。最近はポケモンの「シェイミ(スカイフォルム)」の方が好きだと言ってます。

たまに出てくる「オドロオドロシイ」場面が苦手なようですな。



それにしても「スタンプラリー」の景品用に買っておいた「ミルキィローズ」の衣装、、、どうしよう。

コメント

アンパンマンの映画

2008-07-17 | 映画

今日から夏休みに入ったれねちゃんと一緒に、ダイヤモンドシティ・ミュー(武蔵村山)のワーナー・マイカルシネマに「それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ」を観に行ってきました。



妖精リンリンの声を土屋アンナが演じていた。そのまんま。

7月12日~18日までの公開。

コメント

シナモン ザ・ムービー

2007-12-26 | 映画

前からお約束していた「シナモン」の映画。今日はパパお休みだったので、早速見に行く事にしました。

・・が、明らかに「プリキュア」の映画の時とテンションが違う玲寧ちゃん。
(あやちゃんちにいただいたクリスマス・プレゼント、早速着ています。ありがとうございました。)



内容は「シナモンが動いてる」という・・・。


今日はクリスマス・ツリーを片付けて、年賀状を印刷します。

コメント

プリキュア三昧の一日

2007-11-11 | 映画

今日はパパとプリキュアの映画を見に行く日。

朝6時起き! 早~。

映画館は10時開場なのに、れねちゃん、朝からテンション高くて9時には家を出るハメに。(お出かけの準備、早い早い)
映画館までは10分もかからないので、しょうがなく車の洗車に・・・。

多摩センターのワーナーマイカルシネマ。10時に着いたら、女の子とその付き添いでチケット売り場はすでに長蛇の列。こんなに人居るの初めて見た。

映画館についてゴキゲンのれねちゃん。


入場者全員(中学生以下)プレゼントの応援グッズを貰って。


もうすぐ開演。


その後、多摩センターに来た「プリキュアkids」のショーを見て・・・


撮影会・握手会にも参加。



お風呂出た後、「大きくなったら、プリキュアKidsになる!」と宣言してました。




コメント (2)

初めての映画館

2007-07-31 | 映画

「アンパンマン シャボン玉のプルン」(同時上映「ホラーマンとホラ・ホラコ」)

ワーナー・マイカル・シネマズ むさし野ミュー(ダイヤモンドシティ・ミュー内)

7月31日(水)12:00~13:25

大人:1800円
子供: 900円

ポップコーン(S)、ウーロン茶(S)

コメント