’ちゃんg’ の ’ぶろg’

子供も成長したので、これからは趣味のバイクブログとして再出発します。

DVD

2004-11-27 | Weblog
3泊4日で借りていた「Out of time」と「21g」の返却日が今日だった。やばい。急いで見て返しに行く。今日はトーチとオイスターソースで炒めたカジキ。美味。玲寧ちゃんは最近摑まり立ちが出来るようになりました。
コメント (1)

イタリアワイン試飲会

2004-11-24 | Weblog
東京全日空ホテルでイタリアワインの試飲会があった。コメントシートを持ってのテイスティングは久しぶり。(使いませんでしたが。)

まず定価1本1万円のワインからテイスティングして勢いをつける。

今回テイスティングした中でクエルチャベッラ社のバタールが白眉。このバタール、Batarと書くが当初はBatardと表記していたそうだ。しかし、バタール・モンラシェ(AOC)からクレームが入ったためオーナーがBatarにしたらしい。確かに味わいも似ている。
・・で、イタリア語でBatarの意味が「ばかやろう」。オーナーの心意気を感じた。

グラッパは飲みにくい方がうまい。
コメント (1)

スペシャリテ

2004-11-21 | ちゃんg亭
お花の先生をしているAさん夫妻を招いてお食事会をした。手土産は「胡蝶蘭」。大いに恐縮する。しかも部屋のどこに置いても浮く。 

ところでウチの「スペシャリテ」といえば「鮭とイクラの親子丼」だが、野村水産の「鮭の子ワイン漬」が最近お取り寄せできるようになった。

すし飯に枝豆と焼きたての紅鮭を「これでもかっ!」というほど入れて、白ゴマ、錦糸玉子、その上にたっぷりとイクラを盛って、仕上げに焼き海苔、絹さや(orみつば)を飾る。久しぶりに食べたが、うまかった。
コメント

マダム

2004-11-19 | Weblog
昨日の午前中、マダムから宅急便が届いた。マルセル・ラピエールのヌーヴォーと共に「出産祝いもできなかったので・・」という一文が添えられていた。ボジョレー解禁日に届くとは。相変わらず「粋」な方である。

感激したので宣伝します。
はたけやまWINE&SPIRITS
コメント

解禁日前日

2004-11-17 | Weblog
解禁日といっても鮎や花咲蟹の話ではなく、ハリポタの最新刊の話でもない。そう、明日はボジョレー・ヌーボーの解禁日だ。ボジョレーの解禁日で浮かれているのは現地と日本だけだと言われているが(その通りだと思う)、ワイン好きのお祭りなので乗せられることにしている。

昨年の解禁日はカウントダウン・パーティだのヌーボー・パーティだの色々楽しそうなお誘いがあったのだが、休み入れるのを「コロッ」と忘れていたため結局どこにも行けず寂しい思いをした。そこで今年は気合いを入れて水・木・金と3連休にしてみたのだが、今年に限ってどこからもお誘いが無い。

今日はインフルエンザの予防接種を受けに行く予定。夜もたぶん早く寝ます。
ヒマやとです。 ヒロシです、ヒロシです・・・。


ところでハリー・ポッターは売れているのか?いまだに本屋で山積みになっているが。
コメント

これがエクレア

2004-11-09 | Weblog
身体が甘いものを欲していた。
・・という訳でジョルダン・ブルーのエクレアを食す。カスタードの上にホイップ・クリームと半分にカットされた小粒のイチゴが4つ並んでいる。ひとくち食べて「!」。ふたくちめで「?」。みくちめで消えた。

あれ、今エクレア食べたっけ?という錯覚に陥る。まさにエクレア。
コメント

降参

2004-11-08 | Weblog
エグリ・ウーリエ
トリンバック・リースリング
Marcel Lapierre
ラ・ミッション・オーブリオン
Profile Merryvale
アーネスト&ジュリオガロ カベルネ
得月

2次会組は12時半まで飲んだらしい。
10時間飲み続け?
コメント

明日の予定

2004-11-06 | ちゃんg亭
・ポテトとトマトの温野菜サラダ
じゃがいもは1.5cm角で茹でる
トマトは種を取っておく
ブロッコリーとホワイトアスパラ、グリーンアスパラも1.5cm
くらいに切りそろえて茹でる
電子レンジで温めて、澄ましバターでからめ黒胡椒、パセリを振る

・エビのフリットを2種類のソースで
エビは白ワインで30分マリネしておく
塩・黒胡椒・レモンを振り、ホットケーキミックスの衣で揚げる
・オーロラソース
生クリームを泡立て、そこにマヨネーズ(たっぷり)
ケチャップとソース(少々)、タバスコ
お皿に盛ってから、粒胡椒をミルする
・パリジャンソース
タマネギのみじん切りを透き通るまで炒める
マスタードを加え味が馴染んだら火を止める
生クリームを加え塩・黒胡椒で味付けする

・チキンとアボカドソースの手巻き風
鶏胸肉に塩・黒胡椒、セージ・ローズマリー・タイムで味付けして
ソテーする
アボカドは5mm角に切ってレモンを振っておく
タマネギはみじん切りにして水に晒しておく
ライスペーパーを水で戻しておく
アボカドとタマネギをマヨネーズで合え、塩・黒胡椒で味付けする
鶏肉は1cmの短冊に切り2~3本、それにアボカドソースを
たっぷりと乗せライスペーパーで巻く

・カニのトマトソース、フィットチーネ
生協のカニのトマトソースにカニ缶を加え、フィットチーネに
からめる

・アニョーのソテー、ポルト酒ソース
アニョーは最初強火で両面を焼き、その後弱火で火を通す
焼いて出た油に、スライスしたニンニクを1枚、ポルト酒
固形コンソメ、バターを入れ煮詰める

しかし、こういうの考えるのって楽しいなぁ。
コメント

得月(とくげつ)

2004-11-02 | Weblog
最近めっきり冷え込んできたので、お刺身で日本酒が飲みたくなった。そこで小山商店へと赴く。入り口近くに朝日酒造の「得月(とくげつ)」があるではないか。逡巡したが2本購入することにした。
-----久保田の豆知識-----
萬寿(3,675円720ml)
翠寿(2,835円720ml)
碧寿(2,257円720ml)
紅寿(1,522円720ml)
千寿(1,102円720ml)
百寿(  945円720ml)
------------------------
朝日酒造HPより。翠寿のほうが碧寿より値段が高いんだ。

「震災の影響で得月はもう入手困難か?」と思ってwebを検索したところ、どこでも売っていた。少しホッとした。
コメント

にくじゃが、リベンジ

2004-11-01 | 今日の献立は?
男爵も残り少なくなってきたので、今日は「にくじゃが」リベンジである。ヨーカドーで干しエビを購入し、いざ。1Lの水にエビを入れ(25g)ダシを取る。それをコシたものに牛バラを入れ肉の旨みを移した後、引き上げる。粗熱を取り、大きめに切ったじゃがいもを入れ柔らかくなったら牛肉を戻し、白だし1/2カップ強を加え味を調整する。そこに玉葱3個を加え半分熱が通ったところで火を落とし余熱で煮る。

できた。

野趣溢れる干しエビのダシに、白ダシだけで味を付けるところがミソか。やっぱりダシを出し惜しみしないと、料亭の味に近くなるなぁ。(あまり行く機会はないが)「ミソを入れないところがミソだ!」などとblogのタイトルを考える。うまい。さすが山田、などと考えていると、これにタラなんか入れても旨そうだな・・・っていうか、これって鍋じゃん。タラチリが終わった後のダシでにくじゃがを作ったらこれになるな。まぁ、美味しければいいか。画像は干しエビでダシを取ったところ。
コメント (1)