’ちゃんg’ の ’ぶろg’

子供も成長したので、これからは趣味のバイクブログとして再出発します。

休暇最終日

2005-09-30 | Weblog
今日で休暇も終わり。

5日間ワイン断ちしていたが、やはり禁断症状が出てきた。

お昼:鶏モモ肉イタリアンハーブのソテー、白ワインとバターのソース。ブロッコリーを添えて。魚介たっぷりのアラビアータ。(&シャルドネ)

夜:メバチマグロとアボカドのタルタル。ズッキーニとミートソースのマカロニ。(&ピノ)

自分で言うのも何だがうまかった。


コメント

ジブリ美術館

2005-09-28 | Weblog
断乳休暇中だが峠も越え(希望的見解)少しは休暇らしい事をしようと思い立ち、いろいろ調べていたら「三鷹の森ジブリ美術館」の当日券があるのを発見。

チャリンコを飛ばしてローソンまで急いで買いに行った。(ローソンでしか入手できないらしい。)

そしてウチから車で1時間ほどで現地に到着すると、そこは外観からもう「宮崎駿の世界」。

平日だというのに結構込んでいて(チケットは予約制で人数制限がかけられている。)否応にも期待が高まる。

入館してみるとスタッフはみんなフレンドリーでとても好印象。展示品はもちろんの事、トイレやエレベーターなど細部にまでこだわりがあって美術館全体が「ジブリ」を表現していた。

また外国人客も多くて日本が世界に誇る文化のひとつになっている事を実感した。日本の神社仏閣以外で、こんなインターナショナルな場所あまり無いよなぁと感心することしきり。

玲寧ちゃんは「ネコバス」で元気良く遊んでいたが、結局バスの中には入りませんでした。
コメント

特撰素材

2005-09-19 | Weblog
いつ食べようかなぁ~と思っていた特撰素材の「カチョカバァッロ」をとうとう食べることにした。

切った感じは「雪印ストリングチーズ」のような感触。(ただしストリングでは無い。)

そのまま食すとなんか堅くて塩気も素っ気もないので、普通なら「ガッカリ」となるところだが、何か美味そうな予感がする。

目的はチーズのソテーなので、早速1cm弱にスライスしフライパンでソテーする。

表面がトロ~っとし始め、ところどころコゲが出来たりして美味そうな予感は確信に変わった。超~美味そ~!

実際味わってみると「さすが特撰素材!」と納得、値段も納得の美味しさでした。


誰かに食べさせたい~~!
コメント (2)

コストコ・キムチ

2005-09-15 | Weblog
コストコに行くたび、いつも気になっていた「コストコ・キムチ」。

普段でもスーパーでたまにちょっと大きめサイズのキムチを買ったりするが、さすがに1.8㌔は多すぎる。

ちょっと味見したいだけなんだけど・・と思いつつ、今日は買ってみることにした。


1.8㌔で・・880円、、、安っ!

そのままで食べると多少しょっぱいが、許容範囲内で美味しいし辛さも十分。

ブタキムチとかキムチ鍋なんか美味しそう。


許容範囲外だったのは、その大きさ。


・・・冷蔵庫に入らない(汗;)



結局、冷蔵庫の中間の棚を引っ込めたり、整理して入れる事ができた。
コメント

Wedding party

2005-09-10 | Weblog
おねぇ&まさちんの結婚パーティに1時間遅れで参加。

玲寧に晩ご飯を食べさせてたら遅くなってしまった。

というか2時間半も会場にいたらかわいそうなので、最初から遅れるつもりで行くと断っていた。

東京全日空ホテルに部屋をとり、1次会が終わったら玲寧とママはホテルに帰ってパパは2次会に参加する予定だった。

気合、入りまくり。



さて、パーティは2人の性格がそのまま出たようなとても楽しい会だった。

その他、ほとんど知っているメンバーだったので懐かしかったり嬉しかったり。

「おねぇ」も「まさちん」もとっても幸せそうだった。

末永くお幸せに!


最近アルコール耐性が弱くなってきたようだ。イカン、イカン。

単なる飲みすぎか?

気をつけまーす。
コメント

再訪 なりたあん

2005-09-07 | Weblog
大崎でミーティング&飲み会の後「煮込みや なりた」を再訪。

後輩のS君と。

実は彼が新入社員で配属された時、同じ部にいた事が判明。(全然覚えていない)

S君、次の日から夏休みでかなりイイ調子だった。

終電の関係で先に帰ってしまったが若干心配。

杞憂であって欲しい。
コメント (1)

ちょっとたいへん

2005-09-04 | Weblog
な事が起きた。

仕事上で。

今週はリカバリー週間になりそうだ。
コメント

熱い男

2005-09-02 | Weblog
先月下旬、三国ワインの細村さん@熱い男が(早期定年?)退職した。

熱い男なので花でも贈ったら感激してくれるだろうと思い、退職した日に届くよう「お花」をインターネット経由で贈った。

しかし何の音沙汰もない。

2日ほど経ってから細村さんから電話がかかってきた。

いやー、送り主が知らない女の名前だったんで「○○○(嫁の名前)なんて知らねぇよ~」なんつっちゃたりしてよ~~・・と言い訳していた。


カードが入っていたはずなんですが・・。(まだ読んでないでしょ)


しかし、退職の日に知らない女性の名前で花が届く。



2日間、夫婦の間が気まずかっただろう事は想像に難くない。


余計な事してスミマセンでした。

コメント (3)