今日もきのこ 観察日記

野山を散策したときに見かけたきのこ、草花、虫などを書きとめておきたい。いろいろ教えてください。

谷を登り上流の様子を調べる サバノオ、ネコノメソウ      2018.04.08.(3)

2018-04-15 21:55:59 | 山、花、山野草





 何とか谷から這い上がりホッと一息。まだ昼だ。下る前に少し上流の様子を見てみることにした。キバナサバノオの群生を
初めて見つけた時は少し上流でシロキツネノサカズキモドキをこれも初めて見つけたのだったが・・・・

 登る道は2年間の台風のせいなのか随分と崩れ、削られていた。上流を眺めているとなにやら白いものが落ちてくる。何かなと思って見ていると、
数が増えてきて・・・・、やがてはっきりと雪だなと分かるようになってきた。これじゃキバナサバノオが綺麗に開くわけがないと納得した。
川沿いはまだ何とか登れる状態ではあるが気が進まず、途中で合流する支流を少し登ることにした。




キバナサバノオ








 最初の場所のような群生はないが、ポツポツと咲いている。川沿いで何かを見つけた時、いつも考えるのはそれがどこから流れてきたのかということ。




          





キバナサバノオ



 これで群生地のキバナサバノオは上流の支流から来たといえそうな気がするが、本流側の上流でもキバナサバノオは見つけているので、どっちも!
ということになるのかな。さらに少し登った沢の山側の岩壁に・・・・











二年前から比べるとかなり花数は増えているかな。もっと大きな群生に育つことを期待したい。




         
シロバナネコノメソウ
随分、小さなシロバナネコノメソウだ。本当に同じものなのか分からない。


 岩の間に溜った土に生えていたのは・・・・




ヤマエンゴサク?










         
左:スミレサイシン?  右:ケイリュウタチツボスミレ?



 下ることにした。山側の岩肌には・・・・



         
左:ダイモンジソウ  右:イワタバコの若葉








 気の抜けない下りが続く。


コメント

谷のキバナサバノオの様子      2018.04.08.(2)

2018-04-15 07:17:15 | 山、花、山野草
続きです。風呂に入ってました。



 友人が言っていたのは「まだ早かったか~」だった。





株は育っているし、花もつぼみではなくて今にも開きそうなのに・・・・











これは早いんじゃなくて・・・・、寒いんだ。だから開かないんだ。





もう直ぐ、正午だが今日は午後も気温は上がらないという予報だった。








         



 ということはこの場所で粘っても花が開くことは期待できないということ。




          




 この谷底に長居しても収穫は無さそうなので、引き上げることにした。最後にもう一度、岩壁を見上げた。













 登りもかなり足場が怪しくなっている。肝心な場所にある木が枯れていてあとどれだけ持つか・・・・。ロープを降ろすことも考えた方が良さそうだ。


コメント