経堂めぐみ教会

礼拝メッセージの内容です。

2007年2月25日礼拝メッセージ要約

2007-02-27 12:20:23 | 礼拝
“世の光として輝くため(Ⅵ)”―いのちをかけた信仰―
聖書:ピリピ人への手紙2章19節~30節 増田誉雄牧師

テモテ、エパフロデトの信任状。パウロは二人の同労者を慈しみをもって書いている。パウロの心情、細やかさ、気配りの豊かさがみられる。

1.信任された者テモテ(2:19~24)
パウロの霊の息子テモテ「主にあってわたしの愛する忠実な子テモテ」
同じ心になって(2:20)。パウロの心を理解し、洞察力をもっている。
イエスのことを求めている者、教会の中で必要とされているテモテ。

2.私の兄弟、同労者、戦友、使者と評価されるエパフロデト(2:25)
自分の人生、生活をかけた信仰者エパフロデト。
「彼はキリストのために、いのちの危険を冒して死ぬばかりになったからです。」(2:30)
福音の前進のためにいのちをかけた信仰とは。一人一人が応えねばならない。

祈りの応答:神様、パウロとテモテ、エパフロデトの主にあるうるわしい関係に倣い、キリストのことを求め、互いに褒めあい、福音の前進のためにいのちをかける信仰に一人、一人が導かれていきますように。主のみ名によりて、アーメン。
コメント

2007年2月18日礼拝メッセージ要約

2007-02-19 20:38:20 | 礼拝
“世の光として輝くため(Ⅴ)―生きることはキリスト―
聖書:ピリピ人への手紙1:20~30 増田誉雄牧師

1.キリストの素晴しさを現わすこと。

 生きることを通してキリストの素晴しさが現わされる。(ヨハネ15:5)
相手の進歩と成長と喜びのために生きる。(ピリピ1:24、25)
キリストにある交わりがどんなに喜びあふれるものか。(1:26)

2.キリストの福音にふさわしく生活する。
 
霊の一致と心の一致。聖霊ご自身が内に宿ってくださることによってしっかりと立ち、私たちの内臓から、敏感さをもって愛する。

3.キリストのために苦しみをも賜わった。(1:29、30)

キリストのために生きることを賜物としていただいている。

祈りの応答:主よ、受けるより与えることを示してくださったイエスさまの生き方に倣い、聖霊の助けをいただき、相手の進歩と成長と喜びのために生き、キリストの素晴しさを現わすことができますように。主のみ名によりてアーメン。
コメント

2007年2月11日礼拝メッセージ要約

2007-02-13 13:32:59 | 礼拝
世の光として輝くため(IV) --神の御栄と誉をめざして(2)--
聖書:ピリピ人への手紙1:1~11     増田 誉雄 牧師

1.私は祈っています。(1:9)
  真の知識とあらゆる識別力の内に成長していく。
  真の知識とはみことばの知識。
  アガペーの愛はセンチメンタルな愛ではない。
  神の愛はきびしさの愛、しかし生かす愛。
  (いよいよ豊かになり) 恵みの波が豊かに押し寄せること。

 2.真にすぐれたものを見分ける。(1:10)
  正しい価値観を持っていく。 (マタイ5:9,44)
  永遠的なものか、傷物かを見分けて生きる。
  (純真で非難されるところがなく) 他人をつまずかせない生き方。

 3.義の実が結ばれていく(1:11)
  おゆだてした生活によって神の働きとして私たちの内に義の実(ガラテヤ5:32,33)が結ばれていく。
  愛が立った状態が喜び、座った状態が平安、歩く姿(生活)が寛容、親切、誠実、柔和、自制。

 祈りの応答
  主よ。祈りとみことばの内にきよめられ、永遠的に価値あるものを見分け、義の実を豊かに結んで生けますように、お導き下さい。 主のみ名によりて、アーメン。





コメント

2007年2月4日礼拝メッセージ要約

2007-02-06 12:20:10 | 礼拝
“世の光として輝くため”(Ⅲ) ― 神のみ栄と誉れをめざして ―
聖書:ピリピ人への手紙1:1~11 増田誉雄牧師

教会は一人一人が必要とされている。不必要な人はいない。
世の光として輝くように、イエスさまの体の一部になっている。
あなたの内に神のみ業が働いて、神が完成させてくださる。

1.キリスト・イエスのしもべとなって働く(1:6)
奴隷となることは祝福。王ご自身と共に歩む生活に入る。

2.お互いのために執り成しの祈りをする。(1:3~4)
祈りなしにはみ栄と誉れを表わすことはできない。

3.同労者としての認識を持つ。(1:7)

4.キリスト・イエスの熱愛をもつ人間関係ができ上がる。(1:8)

祈りの応答:イエスさまのしもべとなり、お互いのために祈り、イエスさまの熱愛をもつ関係となって、神のみ栄と誉れをめざして進んで行けますように。アーメン。
コメント

2007年1月28日礼拝メッセージ要約

2007-02-01 08:56:22 | 礼拝
”主の心を心とする群”    増田 誉雄 牧師
聖書:ピリピ人への手紙  2:1~11

1.世の光として輝く (2:16)
「神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。」 ピリピ2:13
その目標は世にあって星のように輝くためである。
キリストイエスの心を心とすることが2:13のみことばを私たちの内に実現していく。


2.愛に満たされた教会 (2:1~4)
キリストの心を持つ群、キリストにあって励まし合う群
2:5~8節にその模範をキリストの内に見る。

3.謙遜のきわみにつかれたイエスさまに宇宙的な礼拝が捧げられる。(2:9~11)

祈りの応答 : 世の光として輝くためにイエスさまがその模範を示して下さっていることを感謝します。イエスさまの心を心として事を行なわせてくださいますように、そしてイエスさまの御名によって父なる神さまをほめたたえることができますように。   ア-メン




コメント