経堂めぐみ教会

礼拝メッセージの内容です。

2月24日 聖日礼拝

2013-02-26 09:46:32 | 礼拝
聖書:ローマ13:8-10
メッセージ:“隣人を愛せよ”

(9)「『姦淫するな、殺すな、盗むな、むさぼるな』という戒め、またほかにどんな戒めがあっても、それらは、『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』ということばの中に要約されているからです。」

(Ⅰヨハネ1:7;9)「御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。」「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」

 イエス様が私の罪・けがれのために十字架にかかられたことを感謝します。十字架の血潮によってきよめてください。隣人を自分のように愛し、イエス様の愛をお伝えしていく者としてください。

コメント

2月17日 聖日礼拝

2013-02-18 10:16:35 | 礼拝
聖書:ローマ12:9-21
メッセージ:“霊に燃え、主に仕えなさい”

Ⅰ:主に仕える
(11‐12)「勤勉で怠らず、霊に燃え、主に仕えなさい。望みを抱いて喜び、患難に耐え、絶えず祈りに励みなさい。」
(詩篇51:12)「あなたの救いの喜びを、私に返し、喜んで仕える霊が、私をささえますように。」
 神の愛に押しだされ喜んで主に仕えていく者としてください。

Ⅱ:人に仕える
(10)「兄弟愛をもって心から互いに愛し合い、尊敬をもって互いに人を自分よりまさっていると思いなさい。」
 兄弟愛をもって互いに仕えていく者としてください。お互いに主にあって一つ神の家族です。

Ⅲ:すべての人と平和を保つ
(18)「あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。」
 悪に負けることなく、平和を保つよう愛をもって最善を尽くします。
コメント

恵泉女学園中学1年生 教会訪問

2013-02-14 17:35:02 | 礼拝
本日、恵泉女学園中学1年生をお迎えしての礼拝でした。恵泉卒業の神学生がメッセージをしました。礼拝後は生徒さんたちからの質問を受け、楽しい交わりのひと時でした。



コメント

2月10日 聖日礼拝

2013-02-12 14:00:25 | 礼拝
聖書:ローマ12:1-8  メッセージ:“新たな献身”

Ⅰ:あなたがた自身をささげなさい
(1)「そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。」
 キリストの十字架により贖われた者として、自分自身をお捧げいたします。

Ⅱ:心の一新によって自分を変えなさい
(2)「この世と調子を合せてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。」
(ピリピ3:14)「キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。」
 この世と妥協することなく、むしろ心新たに造り変えられていきます。主のみこころを知り従わせください。私たちをして主の栄光が表わされますように。
コメント

2013年2月 スケジュール 

2013-02-06 15:43:11 | スケジュール
3日(日) 聖日礼拝、役員任職式 10時30分より 
      聖書に生きる会 13時30分より
6日(水) 婦人会 10時30分より  祈祷会 19時より
10日(日) 聖日礼拝 10時30分より
13日(水) 祈祷会 19時より
17日(日) 聖日礼拝 10時30分より
       聖書に生きる会 13時30分より
19~21日(火~木) 箱根ケズィック・コンベンション
20日(水) 祈祷会 19時より
23~24日(土~日) 東京ケズィック・コンベンション
24日(日) 聖日礼拝 10時30分より  クワイアの練習 12時より
27日(水) 祈祷会 19時より
コメント

2月3日 聖日礼拝 

2013-02-04 10:40:06 | 礼拝
聖書:エペソ4:1-16
メッセージ:“愛のうちに建てられる教会”

Ⅰ:御霊の一致を保ちます
(1-3)「召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。謙遜と柔和の限りを尽くし、寛容を示し、愛をもって互いに忍び合い、平和のきずなで結ばれて御霊の一致を保ちなさい。」
 神によって召しだされた者として、お互いに一致を保っていきます。

Ⅱ:賜物を生かし合います
(Ⅰコリント12:25-26)「からだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。」
 私たちは一人ひとり必要とされています。互いに賜物を生かし合います。

Ⅲ:愛のうちに成長し建てられます
(16)「キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。」
 キリストのからだなる教会が愛のうちに建てあげられ、私たち一人一人もお互いの交わりの中で成長していきますように。
コメント