goo

世界劇場 theatrum mundi ウィーン








90年代始めに2度目のウィーンを訪れた時、ベルリンの壁は崩壊したばかりで、バルカン半島では紛争が続いていた。

ウィーンはバロックや折衷様式の建物が典雅で美しく、観光名所も豊富、音楽などの催しも現世的な楽しみも多く、一方で古く厳格で、観念的で、地理的にもヨーロッパの東の方なのだと強く感じた。

「ドナウを渡るとそこからは東洋」

なるほど。


パリやローマと比べて好きじゃなかったかというと全くそうではない。
政治的センスにあふれた良妻賢母のマリア・テレジアがいまだに清く正しく支配しているような雰囲気が好きだった。

世俗権力の誇示と、聖なるものへの賛美が表裏一体になったあの雰囲気。


あれから30年近く経っているとはいえ、この街は包み込むような重さから解放されていた。
単に10月中旬の気温20度越えの狂った天候のせいだったかもしれない。

バロックや折衷主義のその過剰さをぜひとも写真に収めたいのに、どこもかしこも大きくてフレームに入りきらないところは変わっていない。が、やたらと軽やかできれいな街になっている。
「ポチョムキン都市」と揶揄されたウィーンだが、今の方がよりポチョムキン的なのかも...

そういえば今年立て続けに訪れたチェコもワルシャワも、30年前の、あの街中がどこもかしこも黒く煤けて電灯も満足についていず、汚れ放題だったのが、洗浄機にかけたかのように軽やかでこざっぱりしたきれいな街に変身していて驚いたのだった。
ウイーンに似た街が多いと感じるのには根拠があった。池内紀著の「ウイーン」には、昔からひと山当てるべく東西南北から人が集まり、大貴族にのし上がった根が田舎人の彼らが里帰りしてクラクフやブラチスラバ、トリエステにウイーン風の宮殿を建てたというのだ。なんと愉快。

きっかけは何だったのだろう。ユーロの統一? それともグローバル化? 単に人の衛生観念やヘルシー志向が向上したのだろうか?
なぜ、どの首都も似たような感じになってしまうのか。それともわたし自身が変わったのか?

もちろん煤けて汚れて重苦しいよりは軽やかな美しさの方がいいに決まっている。

でもマリア・テレジアはいったいどこにいってしまったのだろう。


上田浩二著「ウィーン よそものがつくった都市」は、ウィーンを「世界劇場」と呼んでいる。

「世界が神のつかさどる舞台であるなら、舞台にあるものすべてが神の意志を表現するはずだ。こうして、すべてに寓意的な意味があたえられる。ハプスブルグを頂点とする現世の秩序は、この劇場の寓意となりこの舞台を飾る」

マリア・テレジアでさえも、巨大な劇場の一登場人物だったようだ。


それでもウィーンは大好きだ! 昔からカラフルだからこそ端正方向への力が働くのだろうか、そのバランス、マッチングがすばらしい。女性がものすごく親切でフレンドリーなのにはちょっと感動した。チャンスがあったらぜひ住んでみたい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

bruegel in vienna, once in a lifetime




今回のウィーン旅行の目的は、ずばり「100年に一度の規模」で開催されているブリューゲル展だった。

Bruegel in Vienna, Once in a lifetime 人生に一度。

大げさでなく、ウィキペディアのピーテル・ブリューゲルの作品一覧のほとんどが一堂に会しているのではないかというくらいだった。
11月の出雲大社か! 

まさか、バベルの塔の2枚を同じ部屋でゆったり心ゆくまで眺められる日が来るとは(ブリューゲルはバベルの塔を3枚描き、1枚は失われている)。

右上はウィーン、美術史美術館蔵 114X155。こちらが記憶よりも大きくてびっくりした(左真ん中の蛍光グリーンは非常口のサインが写り込んでしまったもの)。
左下はロッテルダム、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館蔵 59.9X74.6。素晴らしい絵だ。

バベルの塔の絵は元から興味のある絵ではあったが、長谷川 三千子著「バベルの謎―ヤハウィストの冒険 」を読んで以来、わたしは完全に魅了されている。


バベルの塔を含め、ブリューゲルが描いた多くの絵は、風俗の百科事典のようになっていたり、奇妙な生き物や寓話が次々と謎を投げかけてくる。

テレビやネットのなかった16世紀当時は、客間にこういう飾って会話のネタにしたそうだ。そりゃあこんな絵が客間に飾ってあったら、政治や宗教の風刺、風俗の揶揄、知識自慢、話題は尽きなかっただろう。



ブリューゲルは16世紀、現在のオランダとベルギーにあたるエリアで活動し、現地にも多くのブリューゲル作品が残っている。

13年間住んだベルギーで、それらを気軽に鑑賞できるのは常にわたしの喜びだった。
理由はいくつかあるが、愉快なのは、描かれた16世紀のネーデルラントの人々と現代のネーデルラントの人々がその根本的なところでそっくりだと思え、そこにブリューゲルの天才性が煌めいていると思ったからだ。時代に固有の風俗を捉えながら、人間の普遍性が同時に描かれているというすばらしさ。


中野孝次著「ブリューゲルへの旅」にはこう書かれている。
「あそこに描かれた人物たちは、固体でありながら、いわば固体の代表、固体の複数の集約的表現となっている、ちょうど彼の自然が写生そのものではなく、いわば複合的な世界風景であるように」

「それぞれ孤独な生命のなかに充足しながら、それらの関わりによって比類ない調和を形成していたあの感じ」

(右は「雪中の狩人」部分。この四季6部作も、一枚は失われ、現存する5枚のうち4枚が集合。ブリューゲルの描く犬がたまらなく好きだ)


ウイーンの美術史美術館に12枚もの油絵があるのは、ひとえに16世紀ハプスブルグのルドルフ2世(神聖ローマ皇帝)に購入を勧めた弟のエルンスト・フォン・エスターライヒのセンスによるものだそうだ。

この地方とハプスブルグの縁は15世紀の神聖ローマ皇帝マクシミリアンとブルゴーニュ(現在のベルギーを含む)公女マリーの結婚に遡り、当時は地方の一領主に毛が生えたほどのハプスブルグ家のマクシミリアンは、最先進国であったブルゴーニュ地方の文化に魅了されたという。

ヨーロッパ大陸の西と東がこうやって繋がっていると思うととてもおもしろい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブルージュ・チョコレート







今週もブルージュは20度以上になるそうだが(ゲントの友達は28度だと言っていた!)、先週もこんなに素敵な秋晴れだった。


先週末はベルギーでは地方選挙があった。
市民の選挙への関心は高く、投票棄権には罰金が科される。

そのお祭りの状況をテレビで見ていて一番おもしろいと感じたのは、ブルージュのショコラティエ、チョコレート職人の話だった。

ご存知にようにブルージュはチョコレート産業が盛んで、品質も有名だ。街にはチョコレート屋が軒を並べ、甘い香りが道に漂ってくる。

チョコレート職人さんいわく、最近は観光客相手に「ブルージュのチョコレート」と看板をあげた店が乱発され、しかし粗悪品が売られたり、ブルージュで生産されてさえいないチョコレート、さらにはチョコレートには関係のない土産物が同列で売られているのは遺憾なことだ。
ブルージュの「ほんものの」ショコラティエはクオリティを守るため、パルマハムやシャンパーニュのような規制を求める、という話だった。

つまり、どんな品質のチョコレートを売るかはその店の方針により、客も当然どの店で買うかを選ぶことはできるが、「ブルージュのチョコレート」を名乗るためには一定のルールを設けた方がいという話らしい。

実際、店の奥で手作りしたチョコレートを販売する店というのは昔に比べても減っていると思う。


ブルージュは観光都市である。ベルギー人にとっては「最も住みやすい街」に選ばれるなど住みやすい街でもあるようだ。長い目で見るならば、半期で出る利益よりも今後何十年先も「ブルージュ」ブランドを守れるのかどうかを考え、一定のルールがある方がいいのかもしれない。

そうすることの不利益というのがちょっとわたしには考えつかないのだが、いかがでしょうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウィーン・ブルージュ・ロンドン








先週火曜日の朝は2時起きでウィーン旅行に出かけた。


しかし夫の仕事の都合で急遽ブルージュ行きが入り、

ウィーン2泊後、夜の飛行機でロンドンに戻り、駐めてあった車を飛ばしてドーバー海峡を渡り、ブルージュに到着したのが朝の4時前。

ブルージュで2泊し、ランチの後すぐ車を飛ばしてロンドンへ戻り、開幕ぎりぎりにロイヤル・バレエ「マイヤーリンク」へ...という老体には無茶な強行スケジュール。


2泊になってしまったウィーン(奇しくも「マイヤーリンク」の舞台)では、国立オペラでのバレエに行けなくなるなど断腸の思いをした。

一方で飛行機の時間がよく、滞在時間は正味3日間あり、この旅の目的のピーター・ブリューゲル展Bruegel in Vienna, Once in a lifetime(「一生に一度」という副題がついているほどの驚きの充実度)と美術史美術館を1日かけて見、ウィーン楽友協会でのコンサートにも行け、オットー・ワーグナーの建築やセセッションなど世紀末芸術も堪能した。

リベンジでクリスマス・ショッピングにはウイーンへ行くことに。


ブルージュでは友達の生後半年のかわいいかわいいお嬢ちゃんを独占抱っこさせてもらえた。

ロイヤル・バレエの「マイヤーリンク」も無理して見に行ってほんとうによかった。

そしてこの週、記録上で一番暖かい10月中旬、ウィーンもブルージュも20度越え、ずっと晴天続きというラッキーさ。



いつもと同じセリフ言っていいですか?

「ウイーン最高! ウイーンに住んでみたい!」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ウィーン旅行から「マイヤーリンク」へ








旅先から戻ったその足でロイヤル・バレエのMayerlingへ。


ウィーンに行く前日にも世紀末ウイーンが舞台のこの作品を見、ウィーンから戻ったばかりでまだ気持ちは彼方にあるところでまた見るという、夢の続きを夢で見て渡った感じがする。


昨夜の公演は、ナタリア・オシポワ(Natalia Osipova)、サラ・ラム(Sarah Lamb)、マリアネラ・ヌネツ(Marianela Nunez)、フランチェスカ・ヘイワード(Francesca Hayward)と、圧巻の女性プリンシパル大盤振舞い。

そして日本人プリンシパルの平野亮一さんが主役のルドルフ皇太子を踊った。怪我で降板したエドワード・ワトソン(Edward Watson)の日程も埋めることになったのだ。


ルドルフ皇太子は男性バレエダンサーにとって最も難しい役柄(
全くお気楽ではなかったルドルフ大公の皇太子人生について)
のひとつだ。

優れたダンサーであるばかりでなく、精神が蝕まれ死に近づいてゆく様子をハプスブルグの斜陽とともに表現し、色あせたセクシャルさも要求される。

平野さんは人柄の良さが舞台上でも滲み出るような方なので、精神の爛れ(ただれ)や狂気や枯れた様が多少不足しているように感じたが、そこを揃いも揃って個性的で優れた女性プリンシパルらがそれぞれの役柄でもって十二分にカバーして化学反応が起き、素晴らしい仕上がりだったと思う。

母親は愛情に飢えた子供っぽさを、政略結婚の相手にはサディスティックさを、馴染みの高級娼婦相手には馬鹿にされながらも自由な精神を、昔の愛人には信頼関係を、17歳の愛人にはついに救われる様子を...それぞれ引き立てられていた。

プリンシパルらは単体でも優れている。しかしここまでお互いを引き立てて一つの作品にすることができるのかと驚愕したのだった。


(写真はIndependentからHelen Maybanks。魅力溢れる平野さんとナタリア・オシポワ)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ