goo

イギリス料理はまずい(断言)




昔から英国の飯はまずい、と言われる。

ええ、その通りです。

弁護のしようもありません。

近頃では、特に世界都市ロンドンでは、観光客も移民も多く、各国の美味しい料理が食べられ、スタンダードは高いとかいう話もよく聞く。
が、英国在住8年目で外食の機会が多いわたしに言わせれば、「当社比」「なぐさめ」だと思う。

おいしいものが食べたいのなら迷わず海峡を渡って大陸に行くべき! 


ところで、ご覧ください、このポーターハウス。
熟成してあり、うっとりするほど美しいテクスチャーをしている。
牛脂の香りがすばらしいステーキだった。

英国でも、食材自体が悪いかと問われたらそういうわけでは決してない。ヴィクトリア期、産業革命の頃はそうだったみたいですけど...
特にうちの近所の多くの村では、有難いことに個人経営の肉屋がわりに残っていて、値は張るが、生産者の顔が見えるエクスクルーシブなオーガニックものなどレベルの高い食材が手に入る。

つまり英国料理がまずいのは、火を通しすぎ、調味料を使わなさすぎ、そして下処理のまずさ(肉や魚を水の中に放置して3日間、風味が抜けてから料理、みたいなのはなぜ?)、外食の習慣があまりなく、人々が料理方法に関して保守的であることなどが原因なのだろう。
日曜日に大きな塊肉を焼き(サンデー・ロースト)その肉を1週間で食べきる、今もその習慣を守る家庭は少なくともサリー地方の裕福な家庭には多い。

うちに来る行儀のいいお客さんは「和食が大好き」などと称賛してはくれるが、それがどこまで本当なのか。
つい最近、娘の友達が、実はにんにくやしょうがなどの刺激物、香辛料、香りの強い野菜、酢、甘辛いソースそれらがぜんぶダメだということを知ったばかり...
(それにくらべたら日本や香港の人はなんでも食べてくれるので楽!)

スーパーマーケットのチーズやハム、パンやマヨネーズに味がなく、塩にさえ味がないのはなぜだろう? コーヒーやワインが全く物足りないのはなぜだろう?
こういうものを食べ続けていると、比喩ではなくて、ほんとうに味覚がおかしくなってくる。脳みそが期待している味がしないのが続くと脳(味覚)はほんとうに狂ってくる。実感として怖いですよ、ほんとうに。


英国の食文化が貧しい理由としては、

英国が伝統的に核家族であること(子供に文化資本を伝えられない)
ロンドンは他の都市に比べてかなり早い時期(16世紀)あたりから都市化し、地方から人を吸引したこと
さらに産業革命が急激に進んだため、キッチンもない家屋に多くの人が住んだこと
ヘンリー8世が教会、修道院を破壊したこと(教会システムは知の伝導システムでもあった)

などを思いつく。

......


ポーターハウスの話に戻る。
絶対に焼き加減はレア。わが家では全員ブルーも好む。
肉は半日以上室温もどし、焼き上げる時は必ずステーキ用の温度計を使う。

翌日、牛脂と切れ端でガーリックライスが最高の公式ですね!


だから、もし英国に長期で滞在されることがあるなら、ぜひキッチン付きの物件を借りて、高級住宅街にあるマーケットで材料を調達し(それでも外食より安くつくと思う)、自分でシンプルな料理をするのがいいかと思う。

焼いたおいしい肉とサラダとパン、チーズとデザートに果物...
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロンドン、ショーディッチ散歩








ポーランドから英国の家に戻り、お鮨が食べたいのであると作り歌を歌っていたら、昼、夜、朝3回和食がいただけるようにと夫がロンドンのショーディッチにあるノブ・ホテルを予約してくれた(ノブ’・ホテルは開店以来サービスがずっと素人っぽくて改善されないのはなぜだろうか...)。

わたしは外国旅行から戻ってもしょせん帰宅先も「外国」。でもやっぱり外国旅行から帰ったらまずは和食! ですよね。ね。ね。







ショーディッチのこの辺りはわたしの普段のロンドンの行動範囲からは外れているが、ジェントリフィケーション(中産階級化再開発)された後の昨今も下町らしさが残っていて、若い人が多く、いい雰囲気だと思う。

ここらはロンドンのスラムだった。
スラム形成の原因になるのが港湾だとしたら、ロンドンはその典型である。テムズ川の港の荷役労働がもたらす雇用が吸引力となって内外から貧民を引き寄せ「イーストエンド」が形成された。
ここに引き寄せられたのはイギリス人だけでなく、カトリック教徒のアイルランド貧民が多く、ゆえにイーストエンドにはカトリック教会が増えた。

17世紀になると、フランスで迫害されたユグノー(カルヴァン派キリスト教徒)、19世紀後半には東ヨーロッパで起こったユダヤ人迫害運動(ポグロム)によって追い出された東ヨーロッパの貧しいユダヤ人が流れて来、シナゴーグが激増し(以上、川北稔「イギリス近代史講義」よりまとめた)、今もヒップで有名なブリック・レーンのあたりにはユダヤ人が持ってきたベーグル店が多い。

ちなみにポーランドではベーグルの原型になった「オブヴァジャーネック」の屋台をよく見かけた。
こういうことを見たり聞いたりして、体験がつながっていくのがわたしの楽しみだ。


ロンドンは何もかもが高騰し、普通の人が心地よい生活を送れるようなエリアはどんどん減っている。
7年前に英国に引っ越してきたときはロンドン中心部に住む気満々だったのだが、今では「住みにくいだろうなあ」と思うまでになった。今後も英国に住み続けるのならばきっとロンドンは選ばないだろうと思う。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏の午前9時 ギラギラ








空や雲が秋めいてきたとはいえ

今年は暑く雨のない夏

日向はすでに猛烈に暑く
今日の予想気温30度越えを予感させるかのように

東向き側の庭

ギラギラ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

白熊の木








ハンプシャー州のフォーシーズンズで見かけたこの木
何の木だろうと忘れられずにいたら偶然判明した

「スモークツリー」「白熊の木・ハグマノキ」

ヤク(白熊)の尻尾の毛を束ねて作られた
仏具の払子(ほっす)に似ていることからなんですって。

黄昏れるイングリッシュ・ガーデンの中でひときわ幻想的だった。

うちの庭にも植えたい...煩悩を払ってくれるだろうか

......

おもしろいと思ったのは、払子は元々インドの僧がハエを払う目的の実用品であったのが
仏教とともに中国に渡って権威を示すものに変化したという点。

何かの本に、茶道の帛紗さばきは、元々中国の特定のグループの人々の符丁だったのではないか、
それがとても洗練された動きであったので、茶道に取り入れたのではないか、という考察があった。

わたしたちの生活の中にはそういった本来の意味が失われてしまった
記号のようなものがたくさんあるのだろう。そういうのにとても興味がある。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

英国第二の都市、バーミンガム




英国中部の町、バーミンガムへ行ってきた。

うちからは車で北西へ3時間ほどの距離にある、この英国第二の都市(マンチェスターを第二とする意見もあり)に足を踏み入れるのは6年ぶりだ。

今は亡きプリンスのコンサートのために行ったのは会場だけなので...これももうすでに4年前。


というのはバーミンガムを愛する方には大変申し訳ないのだが、バーミンガムは、「中核」・ロンドンが総取りして、あとにはわずかしか残されていない「周辺」・搾取された街の代表一位だからである。

もしかしたら住みやすい土地なのかもしれない。そうなら素敵だ。
しかし、文化文明的に高レベルかと問われたら...比較的高くない、と言わざるをえない。


以前にも何回か書いたことがあるが、大陸ヨーロッパに13年住んで英国へ来たわたしが最も驚いたことの一つが、大陸ヨーロッパの国々には首都とそれに比敵するくらい個性のある街がいくつもあるのに、英国にはそれがないことだった。
極端なロンドン一極集中。

わたしはこれがヘンリー8世が修道院を破壊したことに端を発しているのではないかと思っているが、他にも英国は昔から核家族の慣習が強く子供が早く親元を離れたことや、ロンドンが他の欧州都市に比較しても格段に早く都市化され、地方から人口が流入したことなどにも原因があるだろう。


世界システム論的に言うと、近代の世界は一つのシステムだ。世界にある国々の動きは、一つの世界・一つのシステムの中の動きでしかない。

例えば、「英国は先進国だが、ポーランドは途上中だ」とはせず、「英国が先進国になったために、その影響を受けたポーランドは先進国化できなくなった」と考える。
つまり、ある国が先進国として開発される過程で、別の国が食料や原材料生産地として徹底的に「開発」された結果、今の格差があるのである。

事実、ポーランドは、16世紀に欧州を襲った飢饉がきっかけで食料や原材料の生産に特化するようになり、英国など「中核」の経済に「従属」させられ、その構図は今も大きくは変わっていない。


ロンドンとバーミンガムの関係も同じなのだ。
ロンドンが開発される一方で、バーミンガムは開発がされなかったのでははなく、バーミンガムはロンドンの従属地域として徹底的に低開発化されたのだ。


バーミンガムの街のヘソであるのだろう、ヴィクトリア・スクエアにあるバーミンガム美術館はラファエロ前派のコレクションで有名なはずだった。
が、コレクションの数が減ったためだろうか、多くの展示室は今では子供の遊び場になっている。

その反対側に再開発された地域には運河が整備され、レストランやモダンなアパートがたくさん建っていて、新しく、明るく、清潔ではある。が、それがいじらしく、切なく感じるほど、ロンドンとの格差は大きい。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ