goo

オードリー、麗しの。




オードリー・ヘップバーンお好きですか?

日本では大人気のオードリー・ヘップバーンは、欧州ではそれほど人気があるわけではないと聞いたことがある。
うむ、ヨーロッパはハリウッドで活躍した女優に冷たいのかもしれない。ちなみにオードリーはベルギー出身。

実際どうなのだろうという気持ちで見に行った、ナショナル・ポートレイト・ギャラリーで開催中の

オードリー・ヘップバーン展。

大変な賑わいだった。


「あなたはオードリー派?グレース派?」という雑誌の特集記事がナンセンスに思えるほど、わたしは若い頃は彼女らの良さが分からなかった口だ。

あの佇まいや服飾品はハイセンスな映画という額縁があってこそと思っていたのだ。


そんなわたしでもやっぱり素敵だなあと思ったポートレイトの数々が展示されていて、彼女がどんな役からも生臭さを消し、浮世離れした雰囲気にしてしまったのは、
あの首の長さか
憂いある瞳か
クラシックバレエという素養ゆえか。


夏のための、可憐で爽やかでちょっとセンチメンタルにさせられる、彼女自身のような清涼剤的展覧会だった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

@小ヴェニス








お客さんのお相伴でロンドン滞在中。

タイミングが悪く、小ヴェニスでボート待ち(あと40分もある)。

これから運河をボートに乗って
カムデン・タウンのフード・マーケットへ
買い食いランチは子供も喜んでくれるかなあ。
昨日のシャード32階ランチは受けなかったの...
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エロスの発見@バルセロナ








旅の終わりのバルセロナ。

ここで「エロス」とはこういうことか! と膝を打った。

これが今回の旅の一番の収穫だ
(ひとりよがりと自己満足は今に始まったことではない)。


世界遺産のカタルーニャ音楽堂で鑑賞した
スパニッシュ・ギターの抑圧された情熱や

闘牛士の泰然

ガウディ作品の過剰を貫く

「昇華」という複雑な文化
これこそが「エロス」である。


それに引き換え、
裸や暴力だけの「エロス」とは薄いものなのだなあ...と。


すばらしきかなイベリア文化。

ドビュッシーの「イベリア」を聴きながら。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

soundscape




「部屋の中へ、絵の中へ、音楽の中へ。」


ナショナル・ギャラリーで開催中のSoundscape展が、音楽に合わせて舞いたくなるほど素敵だったので語らせてください。


この展覧会の趣旨を簡略に説明すると、現代の音に関する専門家(作曲家、オーディオの専門家、DJ等)が、ナショナル・ギャラリー所蔵の絵画を選び、それに音をつけた! うーむ、素敵。

音をつけるといっても手法は様々だ。

絵画に描かれた楽器の奏でるであろう音のイメージを「政治と宗教の緊張として」作曲したSusan Philipsz 'Air on a Broken String'/ハンス・ホルバイン「外交官たち」(The Ambassadors)

絵画の建築物を3Dのミニチュアに再現し(!)その時代のその空間に実在した建物内では、どのような光の運行が観察でき、どのような音が聞こえたかを再現したJanet Cardiff & George Brues MIller 'Conversation with Antonello'/アントネッロ・ダ・メッシーナ「書斎の聖ジェローム」(Saint Jerome in his Study)

印象派セザンヌの、背景、造形、色の境界性の曖昧さ、叙述の曖昧さ、しかしそれゆえに画面に生み出される「永遠性」...から得たインスピレーションを作曲したGabriel Yared 'Les Grandes Baigneuses'/セザンヌ「水浴びをする女たち」(Les Grandes Baigneuses)

などなど

最初の部屋に足を踏み入れた時(Chris Watsonは絵画に描かれた島ではいったいどんな音が聞こえるかを、実在のその島に入り巨大マイクロフォンで収集した)、自分の中のさほど優れているとも思えない五感が研ぎ澄まされて泣きたいような気持ちになった。



9月6日まで開催中、わたしはこの夏ロンドンに来るお客さんはみんな連れて行きたいと思っている。
絵画は退屈でと思う人や、子供に見て欲しい!
おすすめです!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モンテネグロ








「モンテネグロ」に反応してくださった方が
意外に多かったので喜びに浮かれてもうひとくさり。


モンテネグロは周知のように、
2006年にセルビア・モンテネグロから独立した、
国家としては若い国だ。

この地域を訪れるのは、わたしはユーゴスラビアの紛争時代以来。


モンテネグロの海岸線の美しさに言葉はとうてい追いつけない。
10周遅れくらい。

山が海に流れ込んだような地形は
現実味がないほど素晴らしく、

屏風のように何十にも重なる入江が
色彩も豊かに次々と姿を現わすと
その度に歓声をあげずにはいられない。

水は青と緑に透き通り、
魚の姿がちらちらと輝く。


また、これはわたしの印象なのだが
東欧のリゾートとして栄えたのであろう海岸部分が
良くも悪くも、ものすごくチープなリゾートとして残っており

しかし、非常に風光明媚で夏場の気候がよく
達者な英語話者が多いことから
今後は西側の資本がどんどんと入って
高級化する地域が出る(例えばポルト・モンテネグロ)のではないか。


個人的にはアドリア海に面したリゾートよりも、
コトル湾に面した古い村
(例えばペラスト、写真の右端の真ん中あたりに見える村)、
多少大きい街ではコトルなどの方が好みだ。

山と海の間のわずかな地形に愛らしくも優美な村が点在し、
湾に沿って狭い道を、対向車と海に気をつけながら走っていると、
ごくごく小さな浜辺のそこかしこに
海水浴を楽しむ家族連れがちんまりと座っていて
いつか見た昭和の海水浴場を思い出す。


アドリア海の女王ヴェネツィア共和国が建てた
公共の建物はどれも趣味がよく、
正教会の建物は神秘的。


魚介だけでなく、ラムの味最高、ワインもコーヒーも抜群にうまく、
人もとてもとても親切で最高!

来年の夏は絶対に再訪したい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ