goo

大和虫籠








今、一番欲しいもの。

この中に宝石を入れて飾りたい。
うちのモダンなイタリア家具にもしっくり溶け込むだろう。

値段は張るが、日本の伝統技術を後世へ伝えるため
微力ながら応援、こういうところにこそお金を使いたいと思う。

ところで、世の中には安価になってはいけないものがあると思うのだ。
例えば熟練職人による漆や竹細工は高価だが、
買い求める人が減ったり、職人の技術が買い叩かれし、
(また某アジア国産の類似品を買えないこともない)
何世紀か後には日本から職人がいなくなったらと考えると恐ろしい。

あるいは、例えば毛皮の類いを大量生産して安売りする必要は全くないし、
卵を1個につき何円か安く生産するために
鶏が放し飼いされないのはどうなのか、

とか。


写真は駿河屋さんのHPから。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

classical order







コラム(独立円柱)が大好き。世界中のコラムをコレクションしたいほど...
先日書いた

書きながら、自分でもさぞ独立円柱の写真をたくさん撮り貯めているだろうと思った。
イオニア式、ドーリア式、コリント式...(<世界史で覚えましたね)

しかし写真ファイルを一覧して、意外に少ないことに気がついた。


ブルージュは18世紀においては見捨てられていた街なので、新古典主義時代の建物はほとんどない(市役所くらいか)。

ブルージュも含め、西欧世界では教会建築に多用されているが、祈りの場でバシャバシャ写真を撮る勇気がなく(それにわたしの腕/カメラで撮影するには暗すぎる)、教会内部の写真がほとんどない。

新古典主義の建築は比較的新しい建物で上書きされているロンドンやパリに多い。が、ロンドンやパリのは結構枚数はあるのに、写真の構図を決めるのがヘタという致命傷のせいで、並べて眺めたいようなものが極少ない。
たまにいいのがあっても人物が写っていたりとか。

バックアップかROMから探してくればもっとあるはずだが、面倒だ...
法隆寺のエンタシスのある柱の写真もどこかにあるはず(ネガだけど)...どこかに...


と、上のようなコレクションになった。


今後出かけるときは「クラシカル・オーダー」をテーマに意識して写真を撮ろうと思う。
そういうのが日常の小さな楽しみなのだ。

そうそう、ブルージュの、娘の幼なじみのお家が石工(フリーメイソンですな)で、大理石のマントルピースやアーキトレーブや柱等を作っている。工房兼住まいの中庭は美術館さながら。ぞくぞくするほど。

弟子入りさせてくれ、と言ってみようかな、たぶん冗談が過ぎると笑われるだろうな(笑)。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

リヤドという美






わたしは独立円柱(コラム)のある回廊、それにぐるりと取り囲まれた吹き抜け中庭、この2つで構成された建物が大大大好きだ。

回廊と中庭があるだけでなく、外部とは壁で隔絶され、上空から見下ろして建物が”口”の形(線の部分が建物ね)をしていたら最高!

例えば母の実家は、独立柱、縁側と渡り廊下(<回廊に似ている)があり、壷庭を備えた古い家だが、凸型の底1本を欠いた形をしていることと外庭に向かって窓や扉がたくさん開いていることで隔絶感が全くない。四方八方から風が抜けるこういう形は温暖湿潤な日本型の気候に合っていたのだろうし、腹の底から湧き出るような愛着は感じて余りがあるが。


”口”型建物は乾燥し暑く雨の少ない地域に適している。
エジプトやギリシャ/ローマ等の古代建築は別にしても、現代のファミリー・ハウスとしてイスラエルやメキシコでもよく見かけた。

この夏スペイン南部、フランス南部、モロッコ中南部と旅して、「リヤド」を含む多くの”口”型建物と遭遇、また特に意図なくスペイン南部とモロッコの両国を続けて訪れたことで、ムーア様式の広がりとつながりを実感できたのは、旅の大きな収穫となった。
あの辺りの歴史は、受験生時代に魅せられつつも語呂合わせで年代を覚えまくるといった上辺だけの知識しか得ていなかったので、これからイブン・ハルドゥーンの「歴史序説」でも読もうと思っている。秋の夜長にもってこいの長編。


前置きはこのくらいにして...
本題の「リヤド」について。

「リヤド(riad)」はアラビア語で「庭」という意味だそうで、広義においては吹き抜けの中庭のある伝統的なモロッコの"口”型の建築(8、9世紀にかけて栄えたイドリース朝時代にはすでにこの様式が見られ、ムラービト朝時代にはスペイン南部のアンダルシア地方にも広がった)を指す。わたしの好きな形そのものだ。ちなみにスペイン・アンダルシアで宿泊したパラドールもこの様式だった。

近年、リヤドはモロッコ人の生活スタイルの変化や建物の老朽化によって見捨てられる傾向にあり、しかし一方で西洋人がその美に目を付け、規模によって4室から20室ほどのブティック・ホテルに改装されていることも多い(今調べたら、2010年頃リアリティ・ショウで取り上げられたらしい)。

そういうリヤドにどうしても泊まってみたかったので、マラケシュではヒッチコックの「知りすぎていた男」のロケ地になったホテル(<わたしが世界最高だと思うホテルのひとつ。リヤドではない)と、知り合いの超リッチなフランス人が所有するおしゃれなリヤドにも投宿した。ここは全6室で、しかも客はわたしたちだけだった。


ホテルになったリヤド、当たり外れがあるのかもしれないが、ほんとうーに素晴らしい!

静まりかえった回廊を支える数学的に美しいコラム(<世界中のコラムをコレクションしたいほど大大大好き。マラケシュの古道具屋でらくだの骨を象眼した円柱に惚れ、値段を聞いたら!)。エンタブラチュアのレリーフ、からからに渇いた木製の手すり。つやつやの漆喰の壁、中庭のプールに沈む微妙なトーンのモザイク。上空から流れ込む涼しい風。吹き抜けから眺める額縁に入ったかのような青空、夜は緞帳のように降りてくる宇宙。たゆたう水の、音、音...
小さすぎず、大きすぎない建物の規模が、”口”型の魅力を最大限に活かせていたと思う。規模は大切だ。

ここが自分の家だったらと何度夢想したことか。わたしもいつか超リッチになって、リヤドを一つ改装したい...と吹き抜けから見える夜空の星に何度も何度も願った。

実現したら千夜一夜物語ですよ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

聖母子








ブルージュ 聖母教会 ミケランジャロ作 聖母子像
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

憧れのネックレス




もう今では廃刊になっているが、何年か前に「グレース」という雑誌が創刊された。

写真の「優越のジュエリー」というスカしたコピーにすべてが現れているように、目一杯背伸びして気取っている様子が痒くなる雑誌だった。

もちろん参考になるようなページもあり、例えば丹生谷真美さん監修の毛筆の手紙の手本や京都特集など、和の特集は良かったと思う。
それに物欲の塊であるわたしが喉から手が出るほど欲しくなるようなものも時々載っていた。筆頭は日本のうまいものお取り寄せ。パティック・フィリップのジェンマ、作家の器、カルチエのアンティーク...


その中でいつまでもわたしの「欲しいものリスト」から外されないでいるのが写真の Robert Wan のネックレスだ。最近知ったのだがパリにブティックがある。

ご覧のようにタヒチの黒蝶真珠を細い革ひもで繋いであり、クラスプはなく、革ひもで縛るのである。
「この形以外あり得ない」美しさ。
こんな一目惚れはなかなかない。一目惚れとは運命の同義語なのである(笑)。

このネックレスをスプレンディドのぺらっとしたカットソーのTシャツとか、どこにでもある紺色のVネックの普通のセーターなどにつけて、髪はくしゃっと無造作にまとめて...あるいはタヒチのような南海の楽園で、ジャージのマキシドレスを着て、日焼けした首からこれを飾って夕食へ行けたらどんなに素敵だろう。


来月のお誕生日が過ぎたらそういう格好をしているかもしれないし、していないかもしれない。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ