おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

なかなか良い日。

2018年06月03日 | 大会結果

 去年末、役員総会で「文科杯の参加チームが減少傾向、中学に至っては6チームなので…」という話はなんだったのか? (6つくらいなら、うまく行けば3位までには入るんじゃない…)という皮算用で臨んだら、倍の12チームのエントリー表を見たときの衝撃よw

 これは半分(6/12)までに入ればいいかな…賞状は無理かぁ、と思って見てて、初戦こそ2-1(シュウヘイ君がド頓死を食らう…)スタートを切ったものの、2回戦では逆にシュウヘイ君のみ勝ち、頼みの?リョータ君(ドが付く圧敗…)とノム君(銀冠穴熊に完敗…)と、うまく行かないなぁと思って新宮小の応援へ(苦笑

 …全然見てないうちに、残りを2-1(負けた将棋はヒドいものだったがw)で連勝。 計算すると3位になりそう、勝ち点で競っているチームが負けるようお祈りしてたら通じてしまったw(ウッキーは「三位決定戦上等、心の準備をして待て!」って言ってたけどねぇ…)

 

 …よく考えると敢闘賞は多いものの、チャンとした賞状をもらうのは初めてかもしれない(裏街道3~4勝組だなw)メンバーなので、照れながらも、おふざけ無しでニッコリ記念写真w

  

 欲をいえば、もう少し波が少なくしてほしいと(あと日枝中だけでなく、全体的に秒読みの音が聞こえなかったのは、どーなんだろ。小学生は仕方ないにしてもね…)。 結果は上々なので、中身もね、っと。

 そういう意味では、今日のMVPはケイト君だったりする。最終戦のパフォーマンスをまた出せれば、二強に割って入れるくらいの将棋だった(ウッキーも若先生も感動して見てた)。 その将棋はまた明日にでも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「振り返り」が大切です。

2018年05月06日 | 大会結果

 「反省点」というとマイナス・ネガティブ思考(志向?)に陥りがちになるので、勝ったときの良いイメージを持ちながら勝った要因をピックアップし、負けた時の気持ちを振り返りながら(できれば第三者的視点で)負けた要因をまとめておく。「今日のゲン担ぎは次回止めてみような。」ってお父さんの方が分かってるよ、ランマル君w 

 みんな強くなったなぁと思うけれど、相手の子も強くなってるのよw というわけで、それに勝つにはどうするのか? じっくり考えてほしいところ。

 ひと言ずつ。ノム君4-1は立派です。グンジ君3-2は本当に惜しい。シュウヘイ君2つ勝てたのは運を自分で運んできたから。 リョータ君は同じ2勝でも内容が…文科杯までに立て直し。

 ユキナリ君相当強くなってるのだが…力自慢の子(スペシャリスト)に対応するのは更なる読みの力を。ケイト君、格上の子に戦う時の準備と工夫が必要(下手をするとノム君やグンジ君より強い相手だ)。 ランマル君、内容のある(課題のみえた)1勝なので、この火を大切にキープできるかです。 ダイスケ君、最初連勝でしたが、そこからが壁(高く分厚い)ですかね。 ナオさん、2つ勝てて良かった。必勝の局面からのスイッチの切り替えかしら? タイキ君、密かに期待してるのだけど何か一つに絞りましょうか。(逆にありとあらゆるものを?)

 また気になった将棋はメモっておきます。(できたら備忘録がわりにうpしていきますかね。)


  無理してご飯付き作ってもろたです。

  チョコッとだけソテー

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どっと疲れが。

2018年04月23日 | 大会結果

 昨日家に帰ったのが夜の9時近くで、そこから飯食べたら更新する余力が残っておりませんでした… やっぱりね、歳のせいなのかな…(溜息 あと、メンタル的にタフでないので、指導対局を仕切るのは良くなかった…(涙目 昨日指導対局申し込まれたのに、時間的に受けられずに返金になった方、申し訳ないので次回の小学生王将戦に参加されるのでしたら、ウッキーの方からお詫びの品を…(震え声 

 (でも昨日はウッキーは係は当たってなかったのだな… みんな担当を忘れて対局してて…涙目)


  ウッキーが記録を採るとウチの子が負ける(wというジンクスでもあるのか… その中の一局。 こんな将棋を指す子だったっけ?と思ったユッキーの対戦から。

 相手の角交換四間に、(策はあるのか?自然に石田流を許して大丈夫かな?6筋から動くのは空間が出来て良くない…)と心配してて、図の△5二金(4一から)と囲いから離れていくのは力強い指し方だけど、スマートでシャープな印象があるユッキー君のカラーではないと思って見てたら…

     

 堂々と玉頭位取りである。(たまげたなぁ) 米長九段ではないけれど「ぐ~いぐい」と圧していくのを見て、無言の迫力?を感じたし、▲7五銀から攻勢に出ようとした瞬間の△3六歩は鋭くて感心。

    

 王手飛車を避けて先に▲7七角と手放した先手に対し、さらに力強く△6三金~7四歩~7三桂と、全面的な圧迫をかけて、文字通り手も足も出させない圧勝の構えを作り上げる…  

    

(こんなに「強い」将棋だったっけ?)と目をこすりこすり… 逆転負けしたけれど、いいものを見せて貰いましたです。(世代的にノスタルジーを感じてしまったw) どこでこういう将棋を知ったのか?今度聞いてみよう。

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえず面目は…

2018年04月07日 | 大会結果

 他所の会場では真剣にTAしてる方々でイッパイなんでしょうが、ウッキーはお菓子目当ての参加者なのでハナからマターリモードでw

 まずは問題に目もくれず、駒のセットに気をつかう…w

  キレイにねw

 よし、全部揃ってるな… それでは初手、缶コーヒーを一口wから。この間ですでに3分は使っておりまするww

 しかる後に、おもむろに第一問の一手詰めに向かう。 丁寧に何回も駒を動かして間違いがナイか確認してから解答用紙に清書。

 第二問に向かう前に、ポケットの中に隠しておいた『小枝』ちゃんを取り出し、1本、2本、3本、4本…と一袋食べ終えてから、甘くなった口の中を缶コーヒー(糖分を考慮して無糖)でリセット

 二問目を終えて、またポケットから…をくり返し、よし三問目、と思っていたら、ケイト君とノトダイ君が「できました!」と。(10分切るスピードで) なんですとー!(大汗

 も、もちつけ。マイペースマイペース…師範もゆっくりやってみえるし… と思ってたらユッキー君も14~15分くらいで終了。 まだあと2問くらいあるんですけど…(大汗x2

 なんとか師範のあと、30分くらいで出来ました… ヤレヤレ、子供たちが予想より速かったので、落ち着いてお菓子を食べられなかったなぁと。(オイw 甘い物ばかりで飽きてきたので一般戦の時には差し入れのハッピーターンも忘れずに。(オイオイw

 何とか初級戦は全問正解できました。(ちょっと易しめだった?) 9分のノトダイ君が5問正解(1問間違い)だったので、もしウッキーがそれ以下だったら、「イエーイ、先生に勝った~!w」(九割の確率で言いそうw)とか言われそうだったので正直ホッ。w

  

 これは今朝Amaz○nから届いた、花粉よけゴーグルのパワーなのか?!(お試しで付けたまま解いてた)と思って臨んだ一般戦、快調に2問目まで10分以内に(駒のセットは済んでる分、早く取りかかったからw)。ゴーグル付けて気分はウルトラセブン? (♪倒せ~火を噴く詰め将棋~) 

 流石にあと50分もあれば1ケタ手数の残り3問目と、もしかしたら11手?の4問目までイケるかしら?

 …まさか、今年も1問で50分近く投入してワカンニャイとは(涙 いいんだ、今日はもう。初級戦さえ合っていれば…(実はかなり際どかった<大汗 のだがw)

 明日から来年の選手権に向けて詰め将棋をコツコツやっていこう。 去年もそんなことを、いや毎年そんなことを、その時だけ決意してるような…  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろいろ学んだ(苦笑

2018年03月18日 | 大会結果

 立ったまま(一ヶ所で動かず)記録を採るというのは意外と疲れます。 少し歩くとだいぶ違います。 準備体操も良いかもしれません。 今日の収穫その1?

 小学生低学年の部でノト弟君は準優勝。(良かったのか惜しかったのかは…決勝は必勝形でしたがw)タイキ君もレオン君もしっかり勝てて良かったです。

 高学年の部はノムラ君とケイト君が敢闘賞(4勝1敗)初参加のノト兄君も手応えはあったよう。(簡単には勝てないのよ)

 有段の部でもグンジ君やユキナリ君はまずまず戦えた模様。ユキナリ君は先月負けた子にリベンジ成功、グッドだ。(ただその前のは…)

 グンジ君は進行のアヤというか、ウッキーがもう少ししっかり立ち止まらせてから送り出せば、最後4勝目を取れたかもしれない。(自分で切り替えることができるか、経験が少なかった)

 皆が5戦終わった後でも、グンジ君はまだ4回戦目だったわけで… その4局目は4枚美濃vs振り穴という昔懐かしガップリ四つの将棋。

  穴熊の7一金が6一金だと難しい?

 角のマル得になったのに、案外速い攻め手がなく、長いジリジリした玉頭戦の中終盤を制して、そのまま5局目に。 顔を洗ったり、頭を冷やしたりして、気分を十分入れ替えさせて送り出すべきだったか? 5局目の横歩取りはアッという間の終局。

  ▲2二飛は詰めろなんだなぁ…

 短考で△3九と、が敗着。▲4一金、同玉、4二銀、5二玉、3三銀成(不成)までで5分チョットで投了(トホホ… 手が止まらなかったかなぁ。 

 この数手前、△2八歩~2九歩成に替えて、△2七飛なら良かった? 上図でも△5二桂とか△3三角ならまだまだ? という感想だったけれど、それ以上の手があるのよ。

 ま、それ以前に疲れてたのか、勢いが止まらなかったのか、横歩に自信があったのか。いろいろ振り返る必要はあるのよ…

 ま、全体的には十分以上の感じだし、また4月の竜王戦にも行きたいとのことなのでその意気は良し。 だけどまずは普段の教室でもうちょっと本番モードで指せればなぁと。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加