おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

実際はムズかしくてヨクワカンニャイ…(笑

2018年02月28日 | 角替わり居飛車

 県連のK会長より「ねんりんピックの県予選、各地区でやるからね~ 岐阜と関と美濃加茂では市から補助貰うよ~ 高山も市役所行ってね~」というメールが届き、ウッキー顔面蒼白。 え? ウチ(教室支部(がやるのん? 大人の方の支部でやるんじゃ… でも、一応市役所の方へ細いクモの糸に縋ってみよう… (それまでお返事はスルーでw)


 昨日の続きで、フツーの角替わり腰掛け銀っぽい?(でも何か違う…)所から、先手の▲1八香の手待ち?から△4四歩▲6六歩と進み、争点ができたと見た後手のユッキー君から仕掛ける。

   

 ▲6五同歩に△7五歩を入れて▲7五同歩に△6五桂…と進むかと思って見てたので、7五歩に6七銀と引いたのは意外。 △6五桂に▲6六銀左△7六歩と、駒の流れとしては好調なのだけど、ここでも△5六歩(7六の歩を取らないのか…)と、ちょっとこの辺で想定外の手が続いて指し手のリズムが狂ったのかしら。

    

 △8六歩▲同歩を入れたのは良いとしても、△8六同飛とここで走ったのはどうだったかしら? ▲8七歩とフツーに受けられて△7七歩成同桂同銀8一飛と引くようでは効果があんまり無かったような。ガッチリ?▲6六歩と△6五桂を消されたので、▲3五歩とこちらの桂頭に手を付けたが、自玉付近なのでウマくない感じ… 心配してたら▲2五桂に△4二銀として▲3四桂を喰らって将棋はココで終わり。

     

 △7五歩とか、△8六歩とか、若先生の言う「ハシの突き捨て(△9五歩)を入れたかった」の入れ時、タイミングちゅうのは振り飛車党のウッキーからするとメッチャムズい… のだけれど、△8六同飛▲8七歩は味消しだなぁというのは分かる。(というか振り党の感覚だと、アヤが無くなるがイヤという感じ?)

 △8六歩は入れて、同飛と走らず、単に△7七歩成とすれば、一本△8七歩のクサビが入って良さそう(アバウトな感覚w) 取れば△7五桂、▲7九玉とでも引けば△6五桂と、パンチを浴びせ続けることができそう…

    

 6五桂に6六銀左と逃げればそこで8六飛と走って、8八角~6六角成(飛成)の猛攻もありそう。いざとなれば飛車切っても自玉は大丈夫(2五歩が来てない)なので先手玉だけ終盤、という必勝パターンに…と思うのだけど、この辺居飛車を良く指される方の見解がほしいところ。(たぶん外してないと思うけど)

 昨日は仕掛け前、今日は仕掛けた後の変化を挙げてみたけれど、その時々の考えや気持ちはどうだったか?読み筋の確認と手数(どれだけ読めてたか)、読んだ後の局面の判断は正しかったか… 目標が高いようなので、そういうのならチョットこちらの要求のハードルも高くなるでよw

 

 半年ぶり??くらいのオムライス

  追記)19時くらいに更新します。

コメント

いっそのことPDSのカテゴリを作るかな?

2018年02月27日 | 角替わり居飛車

 昨日のケイト君の将棋の横で行われていたユッキー君の5局目。 ユッキー君が今流行の?角替わり腰掛け銀△4二玉~6二金~8一飛型を採用。 勉強してるね…

  「7九玉や5八金右は疑問手」by千田翔太(ホントかよ?)

 ここから先手は▲4八金~2九飛と同じような形に組み直し、ユッキー君も△5四銀~3一玉と呼吸を合わせた?のだけれど、ウッキー的にはこの辺で何かちょっかい出したいところ。(4八金ー2八飛のところとか特に…)

 無理やり仕掛ける手は無いかな…と教室で皆と一緒に検討した順(△6五桂~4四角)をワザマエさんに聞いてみたが無筋でございました。(汗

 イキナリ△6五桂と跳ねて、もし6六銀(ノム君とかグンジ君は上がってくれた…皆経験値がw)なら4四角から角切り~3九銀(こうゆうお子様な手が好きなんだなぁw)~5七桂成でこれはウマいのだけれど、6八銀と引かれると4四角に6六角と合わされてスカタンである(涙

    

 う~ん仕掛けは無かったのか残念…言いだしっぺの千田六段はどーするんだろ、と思って将棋世界の1月号を見てみると、一案として△5二玉の中住まいから右玉もあり、と。

  一理はあると思う。

 もう一案は、△5四銀と腰掛けて▲2九飛に△7五歩▲同歩を入れてからの△6五桂。これ△6八銀と引かれてアカンやん…と思ったが、△4四角▲6六角に△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩の時、強く△6六飛!と切る手があるよう…

  先後逆で佐々木勇ー千田戦の類型あり。

 イカ△6六同角に▲8二飛△7二角…の進行は後手もコワイ(で済むかどうか?)が、やってみる価値はありそう。(でも仕掛けたいと思う自分の考えが少~しカスってて、ちょっとウレスイw)

 そもそもこの4二玉ー6二金ー8一飛の形が、この形から戦うことをテーマにしてるので、3一玉~2二玉と普通に囲ってフツーに戦うのでは、この戦法のテーマに反するし、何より将棋を始めて1年になるかならないかのユッキー君の経験値を思えば、最新でこれまでの知識や経験が活きにくい将棋で戦うべきだと思うのよ。(ウッキーも居飛車・腰掛け銀の経験は殆ど無いので、専門知識がいらないこの形ならやってみようかな?と思うのよ。)

 次回までにこの辺りをキッチリ整理して(チャート図でも作りますかね)、この形ならこう、この形なら…というところまで準備して臨んでほしい。(といっても、実際にその局面になる確率は… そういうストックを溜めてくのが有段者なんだけどね。)

 中盤以降はまた明日にでも。(う~ん、このまま日曜日の教室で使おうかしらw)

  

 〆鯖の炙り 

 追記)19時更新予定です。


コメント

カテゴリが分別しにくいなぁ。

2018年02月26日 | 将棋(その他)

 昨日の降霊会?にはホント驚かされた(偶然だと思いたいw)のだけれど、感覚的には結構いいものを持ってるような気がする。(あくまで「気がする」のだけどw)

 もし、読み派と感覚派に分けるとすると…イメージとしては居飛車党が読み、振り飛車党が感覚、という感じがしないてもない。(あくまで…以下略w) 

 昨日、真っ赤な顔をして、2ランクくらい下?のアトム君にフォール負けしたケイト君は、振り飛車党ということもあって、感覚派に近いんではないかと。(あくまで…ry)

 今月の小学生名人戦、小4ながら代表者の部に出て、2つ勝てたのは立派。 勝ち越しを掛けての5局目、同じ学校のユッキー君(同じ小4)と並んで、両者とも3勝目ゲットなるかと思って、後ろから見てたのだけど…

 見始めた時の局面がこんな感じ。

   

 相手の石田流に対してケイト君は5筋位取り(たぶん知らなかったと思うけどw)という昭和の香り漂う戦型。 ここで考えてるのでウッキーも一緒になって考えた。 形は5七銀と引いて5六銀直と組み直す(この形優先っうのがアバウトでアカンのかも?)のが良さそう。 でもそうするくらいなら、そもそも6六には上がらんワナ… と思って見てたら、 ▲7五歩、△6四歩、▲5六銀と見るからに危ない形に…

   

 これって、5六の銀は浮いてるし、7六の空間がイカにも桂・香を打ってください、のような…と嫌な予感(というか確信?)どおり、△4五歩、同銀、3六歩に▲3六同飛、同飛、同歩、4六角と、フツーに捌かれて…

   

   

 この後、5七銀、1九角成から桂香を拾われて、△7六桂▲7七角、6八桂成、同銀、7六香…みたいな手順で、7六桂も7六香も実現するという振り飛車から見ると夢のような展開。 そのあとケイト君の粘りと、若干決め損ね(ここら辺が振り飛車党?)て、手数は伸びたものの惜敗(完敗?)。

 昨日、ケイト君になんで相手が石田流になっているのん?と聞いたら、▲2五歩(写真を見ると後手なので△8五歩か)をワカンナイを決めるのを忘れたとのこと。 

 序盤の反省として、5局目なので注意力が散漫になっていたのか、慣れない居飛車をしたからか、普段から序盤はそれほど意識してないのか、▲7六歩3四歩6六歩8四歩…の立ち上がりで相手や盤面を見ずに対四間の左美濃腰掛け銀(ノム君をK.Oしたゲンの良い戦法)になると逸ってしまったのか。 その時の心理を振り返る必要あり、と思う。

 また序~中盤の駒組みから、相手に仕掛けられた局面(写真の辺り)で、何を考えていたか・どんな気持ちだったか。 漠然と指す手が分からず、取りあえず駒を進めたのか? 相手の仕掛けを考えていなかったのか? 飛車交換から指せると思っていたのか? それともやや自爆気味の指し手だったのか?

 (なんとなく△3六歩に▲同飛と取った手つきは、ノータイムでまずまず力が入っていたので、ジリジリしてた所から、これで戦いになる~くらいの気持ちだったのかなぁ、と思って見てたんだけど、合ってるかしら?)

 こういう振り返りをしっかりすることが、先週ちょっと話したPDCね。 大会から日が離れてしまったのでその時の気持ちを忘れてる部分も多いと思うので、これを反省汁!とは言いにくいけれど、昨日の顔真っ赤にして、アトム君に負けた将棋はキッチリ振り返ってほっしいな、と。 

 明日時間が有ったら、横で対局してたユッキー君の振り返りver.を。 

  

 ベーコンと百合根?根菜っぽいの炒め物。



 

コメント

こ、降臨?(降霊?)オカルトは好きじゃない…

2018年02月25日 | 将棋教室

 今日の教室から、ちょっとだけ講座風のを入れてみた。 棋力に比べて、形がなっていない子が多いので、キホンのきほんの戦法から、とにかく一つ選んで続けるように。

 悪い例として、以前にも取り上げた▲レオン君(小3、8級)ーケイト君(小3、4級)の将棋を。

 

 こうなると棋力以上に、大差になってしまう… 10級のアトム君(小5)は、本が読めるようになった(漢字とか、細かい字がいっぱいあるとか、難しい表現とか…意外とハードルは高い)からか、角交換振り飛車を使って、ケイト君を熱戦の末(平手で!)下すのを見ると、教室に来てる年数とか詰め将棋とかの力では同じか、もしかするとレオン君の方が上なんだけどなぁ…と。

 本人やお父さんもその辺りが悩みどころ、みたいなので「どんな本が良いですか?」と訊かれたので、これも良い機会と思って、中級者に戦法を決めながら、良さげなもの・オススメしないものの区別を説明していこう。

 …最後の方で、手持ちぶさたのタイキ君(小1、9級)に大山vs米長全局集を見せて、「こんな厚い本もあるんだよ~ 先生が子供のころ感動した将棋を並べてみようか?」っと大盤で動かしている途中で、「さぁ、ここでどうする?」と聞いてみたら、

   

 ホンのちょっと考えて、「飛車を角(馬)の下(1二)に持っていって、取らせて(1二同馬)、角逃げる(3三角)?」 

    

 小さい子が大盤の上の方の飛車をピョンピョン跳びはねながら、「センセ、センセ、飛車をそこそこ(1二)、そこまで動かして」と言うのを見ながら、ウッキーは呆然 ………大山先生の霊が乗り移ったのかしら(震え声

 ま、まぁ、こっから▲7七金に△8五桂で後手勝勢(先手寄り形)というとこまで読んではなくて、とりあえず良さそうな手(先生があえて聞いてきたので)を答えたんじゃないかと…(そう思いたいw)

 今日はこれだけでお腹いっぱい(△1二飛にメチャクチャ感動した中学生の頃のウッキーは何だったんだろ…)なので、その他の様子(溜まってるものも)はマターリあげてきます。(フウ…溜息)

コメント

リカバリーとは…

2018年02月09日 | 日記・エッセイ・コラム

 ホントに歳をとると、体の回復が遅いんですね…(核涙 

 まだ本調子では無いのですが、仕事が溜まって溜まって…(涙 とりあえず目の前のことだけ最低限?最小限?片付けてるところです。

 小4は『ウナギのなぞを追って』が終わりました。 そう言えば浜松といえばウナギ。リョーセイ君親子は美味しい鰻を食べたそうで、ウッキーも名物なら食べねば!と思ったのですが… ホテルを出て直ぐのところで見てみると松4.5k、竹4k。。。 そんなお金は無い!! と、駅ナカのイカにも…というお店でお櫃を。

 ウナギが出てくるまでの間に白はんぺんとビール(こないだの0.3kのw)で凌ぎつつ…

 2kにしてはよく頑張った? お櫃セット。(お豆腐と漬け物が… 無い方がイイということもあるんですね…)

 

 フタを開けると、ウナギがたっぷり有る!?と喜んだのだけど、よく見るとキモで増量してる…気づかずに食べてたら、三杯目のお茶漬け時にキモしか残ってなくて、ひたすら苦かったです…(涙

 

 今、お高い?と敬遠した店の値段を見ると、うな丼だけなら同じくらいのお値段だった…orz 亡父の口癖『Yes!金は天下の回りもの』『No!安物買いの銭失い』を守らないとこういうことになるんですね(反省。 

 ここで、発奮して良いの食べてたら、早く治ってたのかしら? この次、こういう機会があれば家訓に従って一番高いのを頼もう…

コメント