おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

早いもので

2013年09月30日 | 日記・エッセイ・コラム

 賞状書きの依頼、13:30~16:30分で約4.5k(交通費込)で交渉してみるとのこと。ほぼ岐阜の大会と同じ位で納まったか、と。当日会場まで、どんな人(シルバー世代なのは確かだけど)が来るのか分からないのが不安と言えば不安。 時間がオーバーしないように祈るのみ。

 20130930takanya とりあえず引き受けてもらえたのでホッ。

=========================================

 家の近所の皆さんは、高齢化というか、若い人が皆無なので、お車の配車とか自然にヤル羽目に…お年寄りの方って、タクシーに乗るのも一苦労なのね…とタメ息。

 あ、公開遺言状というわけではありません(イヤ、今すぐ死ぬわけではありませんがw)が、ウッキーはできれば献花のみの式にしたいな…っと。 オトンの時に本当に映画『お葬式』みたいな感じで、後には年収近い請求書だけが(苦笑 ということがありましたのでねぇ。(あの辺りから冠婚葬祭にネガティブなイメージがw) あとはムフフなHDDをハンマーで叩き割ってくれる方募集w 

 明日は11月の会場を獲りに行ってきます。 もう冬ですね…(タメ息) 将棋のこととか、会員のこととかは明後日以降に。

コメント

収束不能一歩手前

2013年09月29日 | 将棋教室

 今日の出席者はユーゴ君、ゲンキ君、リンタロウ君、コトノさん、ヒロ君、ヒマリさん、アオ君、テンシン君、ミユウさん、ユーシ君、キムラ君、ケント君、リョータ君、アッ君、ソータ君、カサイ君兄弟の17名。 

 ユーゴ君が先頭(年齢順)に来てることに少し、ミユウさんやユーシ君が真ん中辺りなのに、もっそい違和感(何と言うことだ…)が

 人数はともかく棋力の層がバラけ気味で、下に濃く上に薄いと、非常に大変だとつくづく。多面指しも集中してないとヒドイ事に(苦笑 いや、指してるだけならいいんだけど、片方で説明したり手合いを付けたりして、流れが切れるともうダメorz 

 リンタロウ君にサクッと飛車角両取りを許してしまうわ、新人のゲンキ君にトン死を喰らわされるわ、杉本七段と飲み食いしたときに、「下手に勝つのは何面指しでも簡単だけど、いい手を指させたり、負けてあげようとするのが難しい」との言葉が重い…(それ以前だけどねw 2人とも良く指しているから。)

 午前中に10月の通信を作っている途中で、近所のおばさんが急に亡くなったとの話が回ってきて、オカンをはじめ皆慌ててるのに引きずられて、どこまで書いてたのか忘れて(もうできたと思ってたです…)、印刷したらコータパパさんより「これ日付が合ってません…」(涙

 また来週、みんなの大会に向けての目標と計画を載せたver.のを作りますのでしばらくお待ち下さい。(深くお詫び申し上げます。)

 石川のSさんに、また大会案内のご協力をお願いすべく、メールにチラシを添付しようとしたら… こないだウッキーがイロイロ修正したファイルがPC内にどんだけ探しても見当たらない… 師範にもH支部長にも渡したのに…まさか保存してなかったとか(呆   

 20130929takanya 涙目で作り直したです… 

 賞品欄を書き直しつつ、シルバー人材センターに表彰状を書いてくれる人の依頼を投げっぱ(「また近くなったら詳しい話持ってきますね~」のまま…)だったことに気づき、顔面エバートン。(ガナーズと当たる前まで続投キボンw)

 明日は(と言っても、実は今からちょっくら)急行してきます。… 

コメント

手は尽きない、話題も…

2013年09月28日 | 矢倉

 若先生より、明日は春日井のイベント(何という豪華なメンツ…)に強制参加の命が下ったので、 村田先生のサイン本を今日買いに高山に来ますとのメールが。

 無事、サイン本と「とくつめ」の物々交換(?)を済ませ、軽くお茶でも、ということで聖地へ誘う。 「最近、カロリーを…しかし、この和パフェは…」という若先生に、「和風のパフェでカロリーも控え目ですよ」と悪魔のささやきでオーダーさせることに成功。(ウッキーはシフォンケーキw、一緒に地獄へ堕ちよう♪と思ったのはナイショ)

 飲み食いしながら、いろいろと話をした(詰め将棋のこと、昔のこと、今のこと、身近なこと、大きな規模のこと…ヲタ話もw)なかで、師範のブログで取り上げた、コータ君-H支部長の局面の話になり、「▲4八飛と角を殺して先手が良いのでは?」と。(おお、そんな手が)

 20130922_kouta01_2 6三馬が2七まで利いてるンゴ…

 「ほぼ△6七角成の一手で▲同金に後手は△5二金と入れないと持たない、(入れないと▲6二角が詰めろ飛車取りです。と)そこで▲3六馬と引き上げて、やや先手指せるけど、中盤に戻るような感じですね」と。

 20130922_kouta4 ハゲ君は▲6二でなく▲5二角とカラい!

 「▲7六歩(師範の考えた手)というよりも、この局面を考えて▲7八歩と支える余地を残しておいた方が良いのでは?」「ここでも2枚替え(▲7四馬△同飛▲8五銀もあるけれど、6七金が浮いてるのが危険では?」…と、よく考えはったなぁ~と感心しきり。

 そこから学生時代の将棋の話になったり、若先生は相懸かりと△8五飛の2つでとにかく互いに玉の薄い将棋で終盤勝負を好まれるのは、やはり詰め将棋作家らしいのだけど、「『読みの射程』で勝負しなくては。」という言葉を聞き、ウチの子たちに足りないモノはそれだなぁ…(その悪しき例がウッキーなのが何とも…)と大いに考えさせられたわけで。

 考えてみれば、こうやって有段者数名(ウッキーも入れてくださいw)の論評に上がる将棋を指せるようになったコータ君は大したものだけど、こうやって後日棋譜を楽しむ(考える)事はあるんでしょうかね? いや他の子もね、師範のや飛騨支部のや、その他の将棋のHPを読んで楽しむという、趣味というか道楽という域まで行ってるのだろうか?(でも勉強あるから大変か…)と思ってみたり。 

=========<「無人島には詰め将棋の本があれば」>=========

 いろいろ煮え詰まってます。 若先生には長野県の掲示板に大会案内を載っける…と言ったものの、小学生の部を午前中から始めることができない可能性に気づき心中真っ青に。(午前中に参観授業のある南小、花里小を外すと何人抜けるんだろう…冷汗) 

 アンヌさんの大会のこともフォローどころか日程も把握してないし、だいたい10月20日は赤旗の県大会と重なってるけど?(いいのかそれで?)…等々(だうしませう…)と固まってますがな。 明日、教室でイロイロ相談しなくては…

 

コメント

何か

2013年09月26日 | 日記・エッセイ・コラム

 変なモノに当たったのか、蕁麻疹(じんましん、ってこんな漢字なのね)がそこらじゅうに出たので、とりあえず冷凍庫から保冷剤を出して冷やしております。

 そんなこんなで、早めに布団に入り、気がついたら楽天が優勝しておりました。あの騒動で分かれた、楽天とオリックス、「どこで差がついたのか」ですね。(坂本とショボ倫…) 

 野球が終わったら、何を楽しみにして過ごそう… とりあえず今日は寝ます。

コメント

ヒヤリ…(汗

2013年09月25日 | 日記・エッセイ・コラム

 ナルゴン「参加者が少ないですね…」、ウッキー「ちょ、ちょっと見てきまふ…」 ガランとした大講堂から、いつもの教室へ走って、ドアを開けたら、そこにも人が居なかった… 

 Photo ゆ、夢かお…

 確実に寿命が30秒ほど縮まりました(笑 しかしリアルだったのがワロエないというか。よく考えてみれば文化会館大講堂(270名)じゃなくて大会議室(150名)がメイン会場なんだけどね。 寝る前に6月の健康診断の話(注射とか採血で下手な看護婦さんに当たった…)をしたから、その会場が夢に出てきたのかな?

 昨日のエントリで、「指導対局のみでもok」と答えたのだけれど、プロ棋士の指導を無料、というわけにもイカんわけで。特に今年からは、特別棋士派遣についても費用の負担増を求められているわけで。(野々市にプロ棋士が来なかったのもこれがネックだったらしい)

 参加料2000円は指導対局料込み、ということで理解していただくしかない。(岐阜での大会では、参加料と別に指導対局料を集めているわけで、今回高山ではそれを集めないというのはこちらの希望を受けてのこと)か。

 またはバローこども将棋まつりの時のように、プロ棋士への揮毫(色紙、サイン本)購入と引き替えに指導対局を受ける?ということも…いや、これをすると混乱するか。(連盟からはキチンと揮毫代を棋士に、と言う話が来てる。実はバローでサイン本を販売してるのはその意味合いもあるわけで。まだ残部がカナーリありますので、買ってくらはい、地方配送応じます。

 

アマの知らない マル秘定跡 (マイナビ将棋BOOKS) アマの知らない マル秘定跡 (マイナビ将棋BOOKS)
価格:¥ 1,575(税込)
発売日:2013-07-13 (残部あり□)

 参加料払って、ボッコボコにされただけで、お土産(賞品)もなく…という他のイベントだと「金返せ!」と言いたくなるような理不尽な事も、将棋の大会ではままあることで。

 バロー将棋まつりでは子供への普及という面から、参加料なしで全員に参加賞、賞品も多目(人数比で言えば)と頑張ってる、という意識はあるのだけれど、今回はそうではなく、普通?一般?の将棋大会なので、今まで岐阜に行ったことのない子が、県大会ってこんな感じ(大人の人が一杯、役員の人の挨拶、淡々と進んでいく進行…)なんだなぁ、と触れてくれれば、まぁいいのかなぁ…と思ってたり。

コメント