おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

早いもので

2008年09月30日 | 日記・エッセイ・コラム

 明日は11月の部屋取りの日です。 

11月… 冬、年越し、雪… 考えただけで気が滅入りそう…

 それでも明日は勝たねばならぬ。 黄金の左手で少しでも早いクジを引かねば。

気分は下のAA↓

Heya

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

四間飛車って…

2008年09月29日 | 四間飛車

 昨日のエントリを起こしてから、四間飛車の本を読む。 読む、よむ、よ~む… 

 いやぁ、システィマチックだわ、ホント。(ため息) いきつくとこまで行ってる感じだなぁ。 急戦も対居飛穴も、研究され尽くされてるというか。

 これでは角道を止めない力戦振り飛車が増えるわけだわ、と妙に納得。 もう少し曲線的というか、ねちっこく指したいとウッキーは思う。 

 昨日の将棋でも、下手をすると詰みまで一直線というのも知識として知っておかなくては…というのは怖すぎる。 

 一昔前の振り飛車って、プロでも夕食休憩後から本気出すか(笑 みたいな感じだったのだけれど、今はそれを許さない時代になったみたい。 

 というわけで、ちょっと居飛車の変化球でも用意しておきますか、と思わないでもない今日この頃。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自分も勉強

2008年09月29日 | 三間飛車

 リュウ君のモチベーションを上げる(?)という名目で、おサル的にも、もうチョット勉強しようと、『初段あげるよ、ただしおサルに勝ち越したら~』勝負を勝手にスタートさせる。

 突然言い出したモノで、リュウ君も?みたいな顔をしていたが、まぁ多少のニンジンになってくれればいいと思う。 ただ昨日は、大人のSさんと4局、ユウ君と2局(なんでも七番勝負だそうで。 笑)した後で疲れてたのか、終盤少し見せ場?を作ったものの、淡泊な将棋になってしまった。

 とはいえ、定跡通りの指し方なので、おサルとしても復習になる…。 図の▲3八飛では▲2四歩の突き捨てを入れたり、▲6八金直と△6四歩の交換を入れるなど、もうちょっと考えたいところ。

 20080928_ryu00131

 おサルは単に△4五歩としたが、△3六歩・△3七歩もあるのかしら? ここらへん四間飛車の定跡より一手儲けてるのも微妙(笑 以下▲3三角成△同飛に大人しく▲5七銀と引き、△6四角▲8八角△3五歩▲3三角成△同桂▲3二飛△4四角▲6六歩△1九角成▲1二飛成△2九馬▲3九飛△同馬▲同銀△2九飛▲4八銀…

 (なんか盤駒動かせるとよいのだが…)

20080928_ryu00151 

 これ以上ない振り飛車良しの展開。 △6四角~△1九角成が実現しては流石に後手有利なのだが、▲3七歩とかと辛抱する手もあったか。そうなると△6四角ではヘンな手だが△2二角だったか。 ▲2四歩を入れて、▲5七銀引ではなく▲8八角or▲2二角△4六歩▲3三角成と強攻する手段も難しい…

 というところを、リュウ君は5分もかけずに指し進めているようでは、まだまだ段はあげれないよ、と。(笑 

 さて、4年生になるまでにリュウ君はおサルに勝てるようになるか。 リュウ君でなくても、ユウ君・コータ君…みんなにもチャンスはあげるけど、まずは自分の指した将棋を、感想戦で並べることができて、しっかり振り返えられるようになりましょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おバカ

2008年09月27日 | 日記・エッセイ・コラム

 ここんところの高山は秋を通り越して冬の気配。 そんな中で『よつばと!』のとーちゃんのように風呂上がりにパンツ一丁で寝てしまった馬鹿が居る。

 …あ~何か熱ぽいんですけど。 気のせい気のせい。

 「絶望した! 自分のおバカさ加減に絶望した!」  

 こういうときに限ってイロイロ書きたいことが溜まっているという(笑 お薬飲んで早めに寝ます。 ZZZ… 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

認識を改めるかな?

2008年09月25日 | 大会結果

 おサルは定見(心?)の弱い大人なので、すぐに心変わりしたり、意見がひっくり返ることが多い。

 今回の大会については、様子を伝聞しただけで、言い切ってはイカンと思うのだけれど、「大会ドンドン行けや」と思わないではない。(この持って回ったような言い方が何とも)

 元々おサルは、お外へ出かけるのが好きではないし、行くにしてもついついコストパフォーマンスを考えてしまうタイプ。 

 大概は、わざわざ大会に遠くまで行かんでも、と思ってしまうのだが、今回の様子を聞いて少し認識を改めるか…

 問題は、そのあとにどう活きるか。 そこんところはこちらのsuggestion次第か。 道は多岐に分かれるのだが、選ぶのは彼ら自身で、できることならどんなコースでも目的地にたどれるものであってほしいのだが。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加