おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

ちょっと諸事情ありまして。

2018年09月09日 | 日記・エッセイ・コラム

 所用で朝から外出してまして、ちょこっと家に帰ってきてからTVをつけると、こないだの高校選手権の映像が… ホンの一瞬だけウッキーが背景に写っていましたw (それよりもウチの父兄の方がガッツリ映り込んでて流石に草w)


  ここんとこ、ゆっくりお食事できなかったのでつい…w

 

 チョットよんどころない事情ができましてしばらく更新お休みします。

m(_ _)m (週末はとんでもなかったです…) 

余裕ができたらまた再開します。

 (○○ってwifiないよなー、近所にfreewifiあれば良いのだけど…)

コメント

気持ちは分かるw

2018年09月05日 | 中飛車

 昨日の風雨で二階のサッシからガラス窓が外れかけていて、いやぁ割れてたら大変だったなぁ…

 「おじいちゃん家、まだ停電」「バーバの庭の木が倒れたって」という話を聞くと、大変だったのか、命に関わる大事でなくて良かったと思うべきか…

 書きかけの中飛車の話から。 リク君(小5、10級)ーエースケ君(小6、8級)の対局から。教室に来るようになって1~2年といったところ。 このクラスの将棋は、というと…

 リク君はバロー大会で三着に入った原動力?の中飛車で。 対してエースケ君は時々見せる居飛穴かな?と思っていたら、飛車先を突き越してからイキナリ相中飛車へ。

  

 先手は5五歩と位が取れたので6六歩は不急、後手は8四歩~8五歩の二手が要らないなぁ…と思って見てると、先手の▲6七銀に早速△5四歩から逆襲を。 リク君が▲5四同歩とせず、▲5六銀としたので△5五歩と5筋の位を取り返されてしまった。

 (△5二飛以下、▲6七銀△5四歩▲5六銀△5五歩▲4五銀△7四銀▲3四銀△3二金▲4八玉△5六歩▲6八金△6五歩▲5四歩)

 エースケ君は▲3四銀にも冷静に△3二金とし、△7四銀~5六歩~6五歩と積極的に攻めに出る。 リク君も▲4八玉~6八金と中央に備えたのは良い判断か。そして、図の▲5四歩が不思議な好手? 

 

 ここで、勇躍?△6六角と飛び出たが若干急ぎすぎかも。ただ先手も▲同角と取ったのは判断ミス。▲3八玉とさらに逃げておく方が戦い上手なんだけどなぁ…と。△6六同歩で歩が伸びてきたのは大きな脅威。 それでも▲4五銀と飛車の活用を防ぎ、△7九角に▲3八玉は、粘り強いというか経験値が貯まってきたというか…

 (▲5四歩以下△6六角▲同角△同歩▲4五銀△7九角▲3八玉)

 

 ここは角を打ち込んだ流れから△6八角成とでもするのかと思って見てたら、△8八角成とそっぽに成り返ったのには少しビックリ?ガックリ? 相手陣に大駒を打ち込む時は、よ~く考えて欲しいなぁ…と。対して▲7七桂△9九馬▲5六飛と進めて急に先手の視界が開けたような。

 

 このへん手慣れた?振り飛車党っぽい手順で、あれ?リックンこんなに明るかったっけ…?と感心してみてたら、△4二銀に▲1五角としたのであんまり働かない角を手放すのはまだまだイカん… のに△1四歩と突いたものだからさあ大変。。。

 

 ▲5三歩成とされ、文字通りエースケ君がビクッと飛び上がるw しかたなく?△1五歩と角を取ったものの▲5二と、△同金▲7一飛△6一香▲7二飛成(一本▲6二歩か駒得の▲8一飛成が優る)△6七歩成(△5三歩か△6三角か…とにかく次の手を見落としてはイカんです。)

 

 ▲5二竜wまで、後手の投了となってしまった。 エースケ君の自陣香から歩成は部分的にはいい手なんだけどなー あと▲1五角の手に、もうちょっと警報?注意報?が頭の中に出てくるようになればなぁーと。鋭手はさせるのだけれど、もう少し自玉の安定度を測る力を…(居飛穴は合ってるのかもしれない?)

 リク君は、かなり甘いけれど、中飛車の経験値(将棋の経験値)が増えてきてる感じ。(4八玉~3八玉と玉を逃がす、▲7七桂~▲5六飛と駒損を最小限に、駒の働きを重視) このあと、いくつか中飛車について質問してきたのもgood。

 ウッキーとリク君で二人で相談しつつ、こんな感じで指してみよう…と、一応の図ができたのだけど、来週まで覚えてるだろうか?(苦笑 中飛車は結構⇒かなり⇒大変優秀な戦法だなぁとしみじみ。

 

 

コメント

パサーの才能w

2018年09月04日 | 日記・エッセイ・コラム

 昨日、学校のお勉強を教えている子たちから「明日は学校休み~!」(小学生)「明日は一日寝ます(オイ」(中学生)という声を聞いて、嬉しそうだなーと。

 ウッキーも手持ち無沙汰で、昨日のエントリにあるように、ちょこっと中飛車について考えてみますかね…と思っていたところに、某テーマパーク(岐阜県民なら、「名前は知ってる、場所は知らない」所w)から、「11/18の将棋の日に、子供将棋教室とかやってみませんか?」というイキナリなお電話が…

 え、なんでウチ? 一番近いっても中津川の向こうだよ、長野とかの県境だよ、秘境だよ!?と、上手く切り返せず返事は後日…とその場は誤魔化して懸命に考える考える…

 (イカにしてコトワルか? 県内の教室をネットで調べたって言ってたな…連盟のHPからかしら??)と思って調べてみると……… ( ̄ー ̄)ニヤリ

 電話が掛かってきた支部の方スミマセン。 話を振ったのはウッキーです(小声 

  「私、中田(英寿)やるから~」

 またキラーパスを出してしまった。

コメント

ガンバレ女の子!

2018年09月03日 | 中飛車

 日曜の▲ナオさんーアカリさんとの将棋から。 ナオさんは去年秋からまだ1年にならない、アカリさんは六月の文科杯からの2~3ヶ月の棋歴。これくらいの期間でどういう将棋を指すのかというサンプル例ともして注目してみたのだが…

 キャリアは、ナオさん>アカリさんなのだが、お兄さんのユキナリ君の影響もあってかアカリさんはよく勉強して棋力的にはアカリさん>ナオさんといったところ(詰め将棋の解く力的にも)。

 先手のナオさんは、師範から指導(指示?)を受けた中飛車で。すんなり5筋の位を取れて銀を繰り出していったのだが、▲5六ではなく6六に出てしまいチョット固まるw

  

 それでも平然と?5七銀~5六銀とやり直せたのは感心。 対してアカリさんはこれしかない、というカニ囲い。

 玉を囲うという感覚はよいのだけれど、振り飛車にカニ囲いはチョット…と思っていたら、その不安はたいてい当たるものでw 棒銀に出たのだけれど、少し危険すぎたか?

 

 図の▲5四歩が良いカウンター(?)攻めてる場所と玉の距離から中飛車>棒銀の差がモロに出る形に。(ただ先手も玉は3八くらいまでは行っておいて欲しいところ。)あと、飛車のコビン(ナナメ)が開いてるのがイカにも▲5五角をくらいそう…と思っていたら、ホントにその通りに。。。

 

 (それでも△5四同歩▲同銀△5三歩▲6五銀△7六歩▲同銀△9四歩?に▲2二角成△同金▲5五角…と結構間があった>苦笑)

 強烈なKOパンチを喰らってしまったが、それでも△9二飛と最善の逃げ場所へ手が行ったのは感心。 しかし▲6四桂に手抜きで△8六歩と攻めに出たので差が更に広がった。

 

 (図から△6二金と逃げると▲6三歩が一発入る…と思って攻め合いにでたのならスゴイのだけど。△7三銀と棒銀を見切ってコマの働き重視に切り替えられると有段になれる感覚?)

 でもココから先手も棒銀を相手にして銀交換をしてしまったのは反省点。そして図の▲7八飛(5八から)も飛車の成り込み合いを狙った手も危険… 代えて▲7四銀とか玉を左右挟撃する感覚を身につけてほしいなぁと思うのは欲張りかしらw (▲6四歩の方がベターだけど▲8六角の王手で取られる? ただ角を手放させたのもメリット大なので難しいところ?)

 

 やっぱり居玉だと王手飛車に掛かりそう…… 「序盤から中盤までのコツは、とりあえず手っ取り早く玉を囲ってしまうこと」「どんなにうまく行っていると思っても居玉は反動が必ず来る」とはよく言われることでセオリーとして覚えておくべき金言だと思ってまふ。

 △8九飛成▲7一飛成(?▲7二飛成の王手ではイカんかったのか?)△8六角と王手。▲6八歩に力強く△同角成と切って▲同玉△8八竜▲7八金△7七銀…と一間竜の寄せを狙ったのだが…7筋には先手の竜が居たのよ…

      

  

 ▲7七同竜(良く気づいた?)△同竜▲同玉に、それでも△7一飛!▲6七玉△2一飛と王手馬取りで、馬を抜いたのには本当に感心した。(これだけ広く盤面を見れるのならさっきの△7七銀は…)

  

 ただし大きな駒損なのはイカんともしがたく▲8二飛以下いくばくもなく後手投了。

  

 帰りに師範から両者の対局について聞かれた時、「中飛車に対してカニ囲いなので▲5五角で負けに。」でだいたい通じるところがw

 「中飛車は棒銀の要領で銀を繰り出せば良くて、▲5九飛と引けると相当負けにくい」と師範はオススメしてる理由を挙げられたが、居玉(5九玉のまま)では一段目(5九)には引けませぬw 

 アカリさんの方が玉を囲った分だけ良いのだけれど、それでもまだまだ攻めたいお年頃なのだろうかしら?w 女の子の方が攻撃全振り?っぽいのが多いというのは良く聞くけれど… 攻め出すとブレーキが掛からない感じがなんとも。

 それでも今の段階ではこの敢闘精神を褒めるべきだろう。

  これですよw

 さっそくアカリさんは新しい囲いと攻め方を勉強するという… その意気や良し!!である。 期待してます。(ここをようやく抜けつつあるのがリク君… 中飛車について、もうちょっと考えてみる)


コメント

視界良好(?…)

2018年09月02日 | 将棋教室

 今日の参加者は運動会や遠征者をのぞいた10名。 久々のナオさんと石川の大会に行ったユキナリ君の代わり?のアカリさんが来て、女の子が二人以上来てるのもいつ以来かしら?と。

 新しく見学に来た子が…いや、強そう(汗 小3なのでそれなりと言えばそれなりなんだけれど、キホンの詰め将棋は一瞬だったし、初心者にしてはしっかりとした駒組み。 

 山王小土曜教室でも見たことが無いので、どこか他所で習っていた子が転校してきたのか?と思って質問してみると、全くの独学(お父さんからルールだけ、あとは自力で本を読んで)、詰め将棋も自分で解いているという…(ウッキー、穴があったら潜って出てきたくない…>大汗)

 しかも、ノトダイ君とタイキ君と同じ学校で二人の間の学年という… 大チャンスかもw(むしろ、二人の方が心配?w) 来週も来てくれそうで期待してイイかなイイかな?


 赤いチームの県の島に帰省していたナオさんが、1ヶ月ぶりに。 師範から中飛車(こないだ三間だったが…w)でGo!の指示を受けて、何はともあれ?難波友アレ?中央突破w

 いやぁ、久々に(何度目だw)女の子らしいというか、モーレツな攻め将棋(振り飛車)を見せてもらって感動w?しました。 被害に遭ったアカリさんは棋力的には上なのだけどビッグパンチ(単なる大振りともいうw)一発でK.O.されてしまった。(ちょっとだけ対振りしましょうかね。)

 ヨシキ君は棒銀に出るものの、中央に殺到され文字通り土俵際まで… それでも冷静に突き放せるのは実力がある証拠。(ついでにナオさんが途中からノーガードというか、オール手抜きでボロボロ駒を取られた~少しは受けようw~のも…)

 最終盤、ヨシキ君の▲9二歩はいい手に見えたが、ここでは▲8二金△同銀▲7二角△9二玉▲8一角成…以下の即詰みがあった。

     

 これを逃して△9二同香▲7二角!?としたところで、お家の都合でヨシキ君早退。ナオさんがどこへ逃げても負けですね…とガックリ。

  

 でも△7二同銀と取ると後手玉に寄りが無くなっているw このクラス(棋力)最後まで諦めたらアカンのね…と思いながら、二人の成長と課題が見えたので良しとしましょう。(震え声

 

 ♪カープ、カープ、ひろしまぁかぁぷ~ お土産ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

コメント