おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

ホントは趣味全開のブログにしたい…

2017年05月23日 | 三間飛車

 ミユウさんと優勝したニコリさんとの将棋から。 たぶん居飛穴で来られると思ったので、師範がトマホーク、ウッキーがカナシスを教えていたのだが…

 五筋を突かない形の居飛穴なので、師範直伝?のトマホークへ。 (ウッキーは石田流+3二金型をオススメしてたのに…w) 実はトマホーク、ウッキーはあんまり良くワカンニャイ… 「トマホーク、三間」でググってみるとこんなページが。 思わず「おおおおお………」と感嘆の声を上げたのは言うまでも無いw

  みくにゃんはこのイメージw

 4三銀から銀の進出を見せてからの9三桂。 ホントにやるとは(苦笑) ただ、この戦型、まず玉の位置や構えが難しいな、というのがウッキーの印象。

  6二玉の方が5三をケアしてるが…

 ちょっと進んで下図は、ホントにミユウさんが指してる?と思わず目をゴシゴシ。 有段者の将棋みたい(苦笑 ここから4五歩~5五角とかをみて、後手若干指しやすいような。こうなるなら指してみたい…

  ここで先に4五歩が入ればさらに。

 上図から5七銀4五歩5六銀と、先手が銀を消しにきた手に4四角3六飛3五歩と、飛車角を目一杯使ったところ。 飛車取りに強く4五銀を角取りを見せたココが分岐点。

  落ち着いてほしかったが。

 ミユウさんは3六歩4四銀3七歩成としたが、5三銀成と切り込まれて先手有利に。 4九の金が離れてるのがこの場合好都合で、実戦の進行で2八飛に3九金とされて困っちゃうな、である。

  薄くても穴熊、腐っても穴熊

 飛車角を取り合うのではなく、5五角と玉を睨むように出たら… 飛車を逃げた所で3六歩と突いて、7六銀やハシ攻めを見せたら、もう少し接戦を演じられたかもしれない。

  見れば見るほど難しい…

 もう少し研究と経験値を積まないと指せない戦法だ… 番長香川さんは6二玉7二銀型だったし、ponaに至っては6二玉から5一玉と戻して飛車の転回を見せたり。 先手も単に8五桂と跳ねられる手を防いで8六歩としてるのもウッキーはどうかなぁ?と思ったり。

     

 ただ先手も、こんな感じのトマホークの戦いを避けて5筋を突くならば、それこそカナシスの出番なわけで。(5筋不突き穴熊はカナシスの難敵…) う~ん、ちょっとだけ光明は見えた、かも。

 でもねー、こうやって薄い玉で神経使う将棋を何番も指すのは… ミユウさんも時間いっぱい頑張ったので、後の対局心配したです。 (大差の勝ち負けなら時間いらんのだけどねー、なまじ微差良さそうなので頑張っちゃうんだなぁ。)

 ちょっと封印しつつ、地道に基礎力を上げていこう… (「子供への指導対局で穴熊を教えるのは如何なものか。」と言われた品…)それがたぶん一番なんだな。(でも居飛穴は多いんだな…)

  瀬戸内レモンチーズケーキ

  ノーマルチーズケーキの方が…(震え声

 最下位決定戦、バル爺が炎上、救援陣は更に大炎上… やはりドべが指定席なのか(涙

コメント

好事魔多し、(将棋に)恋せよ乙女

2017年05月22日 | 三間飛車

 

 この大会用?にミユウさんには三間飛車の数パターンを教えておいたのだけど。 その中の一つが、取りあえずサッサと石田流に組み替えて、5七角+7八金(後手だと5三角+3二金)の形から飛車交換する作戦。(宮本五段オススメでもある。) 

 同門対決のチノさんとの一戦は、たぶんこうなるだろうな…と想定した局面に。 ただ3八飛と回られてミユウさん、仕掛け方が分からず困っていた。 手待ちっぽい1二香に、カゼ気味で体調不良のチノさんがうっかりお付き合いで1七香と(当然8八銀が優先…)してしまったので、ミユウさんは勇躍2五桂。

  普通は桂損する順

 ここから先手の8八銀に3六歩同歩3七歩同桂(?)3六飛と欲張った?手順でさらにリード。2八飛(?)に1七桂成~2七成桂とでもするのかと思ってたら、3七桂成同銀同飛成と手っ取り早く駒得。

 ところが2五飛(右図)に、やるんじゃなイカと1七角成としたものだから2九桂!でビックリ仰天。

     

 しぶしぶ?3三桂と打ち、3七桂2五桂同桂と飛車を取り合ったものの、折角のリードもあっという間に無くなってしまった。 苦し紛れに9三桂からハシ攻めに出ようとするも、チノさんは自然に3三歩4二金1三桂成同香同角成と馬作り。

 ただ6四歩の手待ちに2三馬とした手が緩く、飛車を打ち込んでしまうか、6八馬とでも馬を引きつけておけば盤石だった。 ミユウさんの8五桂に8六歩としたが、7八金が浮いてるので8六桂と打たれるのを怖がったか、9五歩に手抜ず9五同歩9七桂でミユウさんの無理が通ってしまった。

     

 9七歩を同桂と取ってしまったので、2九飛の王手馬取りで再逆転… ミユウさんは馬でも取るのかと思ったら、チノさんの7九金引と駒を使わない受けをとがめて、8七桂!8九玉に7九桂成同銀3五馬6八桂8六香!と一気に寄せ上げてしまった。

 

   

 (馬でも取ろうとしていたウッキー大反省w)

 昨日はこんな感じで序盤リード、中盤攻め急ぎ、終盤必敗、土俵際一気wと、二転三転した将棋ばかりだったが、要所要所で考えようとしてるところに成長の跡が。

 あとはもう少し大会で真剣勝負の対局を重ねて欲しい…(でも、バレー部に入っちゃったしなー) この入賞を機に将棋にもう少し打ち込んでくれればなーw 

 

 

コメント

ホントに最後の最後までワカンナイものだとしみじみ。

2017年05月21日 | 大会結果

 ミユウさんの3位決定戦の最終盤から。 後手のミユウさんの必敗の局面。 

 

 ここでは、7二竜同玉6一銀8二玉7一角からの即詰みがあったのだが…

  こうはならず。

 8四香が怖かったのか、9七金と金を投入。 5九歩と竜の利きを止められたらどうだったんだろう… 続いて8五桂と打った手に6二竜と7一角からの詰めろを掛けてきたのだけれど…

  まだ先手残してるのだが…

 9七桂成に最初同桂と取りかけて、尻金で詰むことに気づいて同香と指し直す。 (あ~ラッキーは起こらなかったか>涙)と思ってたら、8七香成と最後の王手?に同玉×としたため、アッという間に大逆転…

      

   見てる方がビックリや…

 反省点だらけだけれど、最後は気合いというかオーラというか、勝ちたい気持ちが強かった分、幸運の女神をたぐり寄せたような勝利で見事三位。 課題は多いものの(大切なことなので繰り返すw)、長いことやってきたご褒美として、今後の励みにしてくらはい。

   ご褒美

   ケーキって撮るの難しい…

コメント

只今絶賛調整中…

2017年05月18日 | 日記・エッセイ・コラム

 14日の教室ミニ大会。 一応スイス式の説明をば。 と言っても勝者同士、敗者同士⇒同星同士の進行だけ分かってくれればいいか、と。 

  レオン君初V

 (スイス式の説明が、ウィキよりニコ百の方が詳しいことに草。) ただし点数計算の優先度について、どっかに書いておくことは必要かと。 バロー(これも準備しなくちゃ…)将棋まつりでは、ローカルルールで3連勝どうしが決勝戦で1位2位、あとはこんな感じでということにしてるのだけど。(岐阜県連はどうだったっけ?)


 14日に高校の大会があったと思ったら、21日は小中の大会。その間にマジもんの名人戦が岐阜で前夜祭や大盤解説会と、県連の方もバタバタしてるのか、今回珍しく大会要項がギリギリに送付されてきた。

 できるだけ大会行った方が良いよ~と呼びかけたら、今回は多くの参加希望者が。 問題は選手の移動方法で、自家用車数台で分配して行くことになったのだけど、費用は?付き添いは?ということで問題が多々…

 只今、父兄間とメールで調整中。 こんなことなら1台バス借りとくんだったか?でも10万仕事になるしなー 個々に行ってもらうのがベストなんだけどなー 中学生は高速バスで行くのも『たのしー』と思ったりしたり…

  ジャパリバスで行こうw

 ウッキー車も一応洗ってキレイキレイの状態にしておこう…

コメント

「百戦して百勝というわけにもいくまい」と陛下も言っておられる。

2017年05月14日 | 大会結果

 

「一度の敗戦は一度の勝利で償えば良い。」とマインカイザー。

 あと言いたいことは、孟徳様が全部言ってくれた。 

 

 願わくばウチの子たちにとって、次の糧となる負けとなりますように。

 


 今日の教室は文化会館がイッパイイッパイ(映画の上映会+主演挨拶付き、あと何か和服の人多数…)ウッキーもイッパイイッパイ。 来週の大会への参加者が増えそう、でも足(交通手段)が…というところで頭がイタイ…

 

 『あ○ちゃん』のテーマでも、キノでも、のだめでもハチクロでもSAOでもAWでもきんモザでもダンまちでもモン娘でもGATEでも、もちろん監獄学園でもなく、パイオニアの社歌をw (…市民時報に関係する人だったのね。今年は行かないからいいけどね…)

 

 

コメント