おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

心の余裕が必要です。

2019年09月21日 | 四間飛車

 師範がお休みの可能性があるとのことで、8時半までに山王小に行こうと向かっていたところが、駐車場の入り口が工事中… 

 もう一つの入り口に回ろうとしたのだけど、あの辺一方通行なんですね… 結局大回り&Uターンをしてるうちに遅くなってしまうという(涙 師範スンマセン。

 

 というわけで師範が初心~初級者に説明してる間、手持ち無沙汰のアカバ君の相手をウッキーが。 「お父さんが三間穴熊してきます。四間穴熊とどこが違うのですか。」というので、四間穴熊の実戦例を… 

 おい、話が違うで(ちゃうで)。エルモ囲いから、ハシを強襲してるなんて聞いとらんでw 

 

 (なんか手数が合わないので先後逆w)ここからアカバ君△1七桂成▲同銀に△同角成といきなりのスパークw

 

 流石に指し切りでしょう…と、師範のお姿をipadでパシャパシャ撮ってると、攻めが切れてそうな局面から△5五香~8四桂と不思議な絡み方。

 

 銀一枚でどうするんだろう?とは思うものの、なんといっても玉が寒い。(スタートが穴熊だったことを思えば尚更) 

 しかも後手玉はシンプルで低い構えで取っ掛かりが… ▲5四銀~5五角となれば完封だけど、アカバ君も△8六歩▲同歩△7六桂▲同金△5七香成、とナカナカ楽にさせてくれないので、感心しつつもホトホト困った。(※長九段っぽい表現w)

 形を整えた▲2八玉がどうだったか… △6七銀とされて本格的にヤバくなったかも。

 

 エイッとばかりに▲8五金(?!)と出たら、強く△同飛と切られて、▲同歩に△8八金と。 ただ正確に指せば切れてるとは思うのだけど… コワイ~

 

 ソフトに掛けてみると、この瞬間に▲3三桂とか▲3三香、または▲5三歩と攻めかかって先手勝勢。…とは言うものの(今日はこればっかりw)人間では指しにくいこと極まりなしw

 朝からムダに(?w)神経を使ってしまい、どっと疲れた一日でごさいましたです。 明日もちょっと遠出してから教室ですので、結構大変な連休になりそう…


コメント

しっかり見直そう…

2019年05月30日 | 四間飛車

 市役所から領収書の追加・修正分の催促があったので、対応しつつホーク飛騨支部長さんに正式な申請書へハンコをもらい、何度目か(両手は越したな…)の書類提出に。

 ………あ、決算書の方は修正したけど、申請書の金額修正してないわ(涙 結局、もう一度ハンコをもらって明日再度提出へ(結構細かいミスが…県連に出す分とごちゃ混ぜになってた~前日の接待費はカウントされないのよw)と相成ったわけで。(アウ

 気を取り直して(気分転換?)、日曜日の写真を見直してるウチに、ちょっと気になる将棋が。 ▲ノムラ君ーケイト君の将棋で居飛車の仕掛けは基本の?山田定跡。 なのだけど、陣形が『猫も杓子も』のエルモが鯉になっているのが注目点。

 縦横比が…

 ちょっと先手陣が上ずってる&5七歩ー4六歩型なので… 

 

 △7五歩、▲同歩、△6四銀…の仕掛けで、△2二角▲5六角と打ち合うのかしら?と思って見てたのだけど、パンパン進んで、フツーの?定跡の進行に。

  

 ▲8六同銀以下、習いある▲7七角△8九飛成▲8八飛のぶっつけ…で、一応の分かれの図に。

 

 ケイト君は角を持ちながら△2二?△4四?とか考えていたけれど、単に△5五桂で後手指せると思いますです。(だからウッキーは高美濃あんまし好きくないし、△5五桂とか△3五桂を打たれないことを優先~でも5筋の開いてる美濃は堅さに劣るんですよ…)

 このあとは見ていないんだけど、ケイト君はノムラ君に1勝2敗だったとのこと。ノムラ君に入るようになったんだなぁ…と感心しつつ、それでは振り飛車がこんなんで悪くなるのかと思って、イルカさんdolphin+NNUEkaiXF)に聞いてみると、▲8六同銀ではなく▲8八銀と引け、とのこと。

  

 …ありえへん、と思って見たものの△8七歩は重いし、△8七銀成には▲8四歩があるとのこと。うーん、そんなに簡単ではないように思えるのだけれど、先手が指しやすいっぽい。通常の舟囲いと違って、6筋が薄くて▲6四歩が大通りになりそうなのが大きい…(ということで△8七銀不成~△7六銀成が正着?そんなアホな?)

 これまでの定跡も、居飛車陣がエルモというだけで、居飛車・振り飛車双方から、また違った応手が正解になることが多くなっているんじゃなイカ… ちょっと悪寒を覚えつつ、時間があったら(あったらの話ねw)おいおいソフトに掛けていこう…

 

コメント

ホントに良く勝つ…(呆然

2019年05月21日 | 四間飛車

 タイキ君と並んで(というかそれ以上?)、良く頑張ったで賞は、ノムラ君。 何と言っても4戦全勝は素晴らしい… 

 というか、なんでこんなに強いのか、ウッキーから見ると不思議(と羨望)で仕方ないんだけど、これで個人戦の勲章が殆ど無いというのも、また不思議。 

 戦法はとにかくノマ四間オンリー。 急戦にも居飛穴にも別段飛び抜けた対策とか用意してないのに、何かよく分かんないけれど勝ってるんですよねー(棒

 決勝戦より。 相手の居飛穴にフツーどおり?捌きあった感じの局面、イカにもガックシといった感じで苦しさが伝わってくる…?

  

 持ち駒くらいキレイに並べようよ…(チョイオコw) でも、良く見ると銀香交換の駒得で角桂が急所に来てる感じ。若干振り飛車良しなんでしょうけど… ウッキーは自信あんましない(弱いw)

 

 鈴木大介風というか、こういう『どノーマル』振り飛車で勝てるんだから、中終盤がよほど強いんでしょうね。(実はあんまし見てないんだw信頼してて…) 

 ちょこっと序盤が甘いのか、プロの先生方に指導対局で勝っても、結構辛めの評価を受けることが多いし、個人戦だと相振りとか相手の研究範囲に誘導されて、圧敗することも。 

 かといって全く勉強していないわけでもなく、アカリさんに矢倉のスズメ刺しの手を教えたり(これはビックリ…いつどこで読んだんだろう?) シュウヘイ君の三間飛車の敗因を一瞥しただけで指摘したり… 

 全く謎の男(苦笑)なのだけど、このまま厚いベールに覆われたまま、イキナリ全国デビューとかしないかな? 金沢の教室対抗戦でも、結構強い子たちに勝ってて、県大会以上の大会でも何とかしてくれそうな感じもあるんだけどね…

コメント

育ってきた環境が違うからぁ~♪

2019年04月09日 | 四間飛車

 好き嫌いはね、有るんだなぁ(ため息)

 ユキナリ君の一局目はキラリさんと。先手ニコリさんのノマ四間にユキナリ君は十八番?の銀冠穴熊の対抗形へ。 十分に組み上がって、居飛車不満無い進行のハズが…

 ▲4五桂から戦機が動く(←ラノベ戦記風w)。△6二銀▲5五歩に△同角と取ったのは疑問手では無いはずなんだけど。

  

 キラリさん、ズバリ▲5五同飛とブッタ切るんですよ。そして△同歩に▲6五歩と角道を開ける。これに△4四歩とした手が早くも敗着級だったか。

  キケンキケン鈴木健

 一目△2二金か、ひねって△7三銀?かしら。 △2二金は「ハッチを閉める」手で、何はともあれ指したい感じなんだけどなー。 ▲5五角と飛車取りに出られて△7三銀に▲4四角△3三桂に▲5五角打の重ね打ちが厳しく、仕方ない△2二玉に▲5四歩△5二歩の交換を入れてから…

 

 ゴツく▲3三桂成△同金直▲同角成△同金▲4五桂…

 

 ズバッと切り込まれて、後も緩めず連打連打で一気の電車道で持って行かれた感じ。 

 

 キラリさんの将棋を何局か見てるけれど、切り口に感心させられることも多く、ウッキーだとgdgdしそうなところをスパッと(今日は擬音多めでお送りしておりますw)行く(行ける)のが、若さなのか勢いなのか世代の違いなのか…(涙 

 『優勢な将棋を混戦に戻す』こと関しては定評のあるウッキーでは、こうは行かない(一回目のチャンスから行けない、最短の寄せ?なにそれ?…)ので、仮想敵にはならないのでゴメンとしか。

 いいとこなく黒星スタートだったけれど、二局目は勝つことができたのは本当~にエラい。 その将棋はまた明日以降にでも。

 

コメント

切歯扼腕…

2019年01月14日 | 四間飛車

 石川のM角さんから、4月に石川でも詰め将棋選手権を行うので、詳細について問い合わせの連絡が。(というか、今までやってなかったのね… 意外)

 「県の方から予算を貰いまして、これから3年ほどやってみようかと。」「大会後、プロ棋士による解説と指導対局も計画中。」「プロ棋士は支部特典を使わず、正規の料金で女流棋士(たぶん地元に関係してる人?)を招致します。」「予算は今年は30万、次回は35万を県に申請する予定です。」

 ……うんがぁ!!

 

 こちとら、50kを高山市からどうやって貰おうか四苦八苦してるのに… なんといううらやまけしからんw  今年も会場で(コソーリ)ヤケ食いしたるでぇ!(ホントは怒ってませんw ただテラウラヤマシスy…)


  昨日の大会で良く頑張ったで賞の1人、レオン君の最終局から。 このところ宗旨替えしたのか悪魔に魂を売ったのかw 振り飛車党に転向中のレオン君。 しかし、根が真面目な子なので、サバキとは無縁の?慎重な振り飛車なので、正直どーかなぁと思うのだけどw 

 最終局、2-2から勝ち越しを掛けての対局は、相手の中住まい?っぽい陣形に戸惑ってる感じで心配してたのだが。手厚く銀冠から桂交換して、ド急所の5五に据えることに成功。△4六歩や△7六歩と利かされ系の手が来たが、相手の不備を突いて一気に決める…

 

 ▲4三歩成、同金、同桂成から角を素抜いて必勝形に。 (最後は4三同玉でも同飛でも角はタダなのね…こういう形~8四金と押さえてるのなら7二とか8三に玉が居ないとオカシイ罠w)

 

 以下幾ばくもなく楽勝? 自分は無理のない自然な陣形から、相手の無理(棋理に合っていない)を咎める。「らしい」将棋で快勝、こういう感じの将棋を積み重ねていってほしいのだけど……う~ん、理想的(すぎる)勝利w これも裏山ケシカランなぁ(苦笑 

コメント