おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

超ネガティブ

2008年02月28日 | 日記・エッセイ・コラム

 う…なんか日曜日ボロボロになって子どもたちに嘲笑される姿しか想像できん…なして? こげんネガティブなんぞ?

 万分の一でもいい、ゆ~くんの根拠無しのポジティブ感を分けてほしい。 なんというかあの子には強力な守護霊が付いてるような。 あやかりたい。 おサルには負け神様が貼り付いてるとしか思えない。

 あぁ、もうちょっと覚悟というか、計画を立てて、モチベーションを上げて行きたかったな…オロオロです。

コメント (6)

言うは易く行うは難し

2008年02月27日 | 日記・エッセイ・コラム

 子どもたちには大会前になると、それなりの調整をしておきなさい。とはよく言うのだけれど、さて自信がコーチではなくプレイヤーとして参加するとなるとこれがナカナカ難しい。

 軽い準備運動、種目練習、実戦形式のスパー…とこれはどんな競技でもいえるのだが、それをどう計画(配分)していくか? というのは、コーチとしては簡単に立案して、「やれ!」というだけで、できなかったら選手のせい、で済む話なのだが(笑

 なんか往復の準備ばかりに気を取られて向こうに着いてからのパフォーマンスは最低最悪、なんてことになりそうでカナーリ心配。

コメント (2)

気ばかり焦る

2008年02月26日 | 日記・エッセイ・コラム

 週末のことが本決まりになりそうなので、それの準備。 自分のことも心配だし、連れて行く子の準備もまた心配。 

 4月からも継続して南小で行う将棋教室の年間計画を出すこと。 それの今年度最終回のまとめとしてのプリントの構想。 今年度の反省を来年に生かさなくては。

 4月から某所で学習ボランティアのお手伝い(昔習ってた先生たちがシルバー事業でやってるんだけど、皆80近いんだよね…)をすることになったので、それなりの用意はしておかなくては。 そちらはもう年間スケジュール確定。 退職した役付の爺さまたちの中にポツンと一人というのがなんとも。

 ドラマで『ハチクロ』をやってるついでに、新作の『3月のライオン』を買ってきた。高校生棋士が主人公なのだが、全然将棋マンガではなかった。(あちゃ) やはりオッパイ!オッパイ!の『ハチワンダイバー』の方が将棋マンガっぽいらしいのだが、どうもあの絵柄が好きじゃないなぁ… 

 って、そんなことを考えててはイカン。やるべきコトを順序よくやっていかねば…

コメント

私も生徒

2008年02月24日 | 将棋教室

 今日の将棋教室は、詰め将棋のプリントができた子から答え合わせ。一番最初に来てたT田君(6年)が、棋力通り+丁寧な字でトップで解答、そのままヒマそうだったので、他の子の採点がてら指導対局…

 と思ったのだが、彼はまたウチの教室の中でも一番の長考派ということを忘れていた。 彼の四間飛車におサルは、教えるつもりで棒銀を選択。 仕掛けから長い長い将棋になってしまう。

 対局中、つくづく振り飛車というのは優秀な戦法というか、自分から動いて良くしようとするのは難しいというか、美濃囲いってやっぱり抵抗力あるというか、舟囲いは一発で終わる変化の多いコトよ… なんてことを普段の逆の立場から再確認できた。

 終わった後に、H田さん・H野師範・K西さんと言った高段者たちに検討に加わってもらったので、感想戦が終わったのが午後4時過ぎ。 かれこれ2時間以上も付きっきりというか、おサルにとっても見えてない手とか大局観とか読みの深さを学ぶことができて、個人的にはとても満足な教室であった。T田君もお腹一杯、将棋指したなぁ~という顔になった。

 …しかし、おサルが一人にかかって居る間に他の先生方や親御さんに負担がいつもよりかかったことも確かなことで。 なかなかこの辺りのバランスも難しい… おサルだって、まだまだ将棋を勉強しなくちゃ、and楽しみたいんですよ(苦笑

コメント

食わず嫌い(おまけ)

2008年02月24日 | 日記・エッセイ・コラム

 将棋以外の食わず嫌い…ということで、まず頭に浮かんだのがマンガの好き嫌いという… どういう発想なんだろう(苦笑 

 ということで、マンガの好き嫌いのことについて一本書いてたのだけれど、保存し損ねて軽いダメージを喰らう。 もう一度書こうとする気力もないので軽く言いたいことだけ。

・『ヒカルの碁』って実は読んだことはない。(ああ、これがキッカケか。) なんか細かい絵柄を週刊誌の紙質で読むのはシンドイ(年寄りか!)、手が汚れる(笑 

・日記にマンガネタを書いてるけど、それほど詳しくない… ネットのニュースサイトで話題になってないと分からない。 (『絶○先生』は中日応援サイトから、「身の丈に合わない→三番井端」とか。)

・アニメも同じ。 『プリキ○ア』のEDが動かない(間に合わなかった)とか、『ガン○ム00』の背景(人)が人生ゲーム並のマッチ棒とか、某2○hで祭り→ようつべかニコ動で見て笑う程度。

 …やっぱり一般の人から見たら十分なヲタかも。(笑 最近のお気に入りは『おおきく振りかぶって』なんだけど、そっち方面の友人たちはなぜか拒絶反応… 面白いんだけれどなぁ。 特にメンタルトレーニングとか、試合での駆け引きとか、情報収集とか、今までの野球漫画とは一線を画して、指導者の一人として読んでも勉強になるのだが… 未見の方はご一読をオススメします。

 

おおきく振りかぶって (1) おおきく振りかぶって (1)
価格:¥ 540(税込)
発売日:2004-03-23
おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC) おおきく振りかぶって Vol.8 (8) (アフタヌーンKC)
価格:¥ 540(税込)
発売日:2007-05-23

コメント