おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

これが若さってヤツですかね…

2019年10月15日 | 振り飛車全般

 ユキナリ君より研修会の報告が来る。 星次第ではBが付いちゃう畏れもあったのだけど、無事回避どころか次回次々回くらいに上がり目が来そうな勝敗で、まずは上出来(パチパチ

 棋譜を見せてもらったのだけど、………怖いなぁ(苦笑 お互いにノンブレーキでアクセル踏み切ってるような将棋ばかりで…研修会ってこんな感じなのかな、っと。

 例えば、四間ーエルモの流行形から、ここまではまぁフツー。

 

 △6二金から金を繰り出していくのも、まぁ力強いと(ここまで許容範囲?でもチョット違和感)4筋から小競り合いを仕掛けたのは、後手からすると少し不安な点が残りそうなんだけど… 

 (△9二香▲4六五歩△5三金▲4七金△5四金▲4六金△4四歩▲同歩△4五歩▲5五金)

  

 しかし▲5五金(←4六)かぁ。悔しい?けど▲3六金か▲4七金の方が良かったんでは? △同銀▲同歩△同金となると後手の銀が捌けて、残った金が手厚いような…?

 (△5五同銀▲同歩△4四金▲6五歩△5五金▲8四角)

 

 振り飛車側はやることがナイ?▲6五歩~8四角と怪しげな角の動き。後手は玉側の厚みで押していくのかと思ったけれど、△5五金~6五金と歩を取りながら(9九)角成を狙ったんだけど…▲5八飛に△9九角成は、飛車が素通しでイカにもコワイ……

 (△6五金▲5八飛△9九角成?!▲4三歩!)

 どっかで(△6五金の前?)△5六歩とか△4六歩とかでジッと圧を掛けておくとか無かったんでしょうか…「負けない手」だと思うんだけどなー、「勝ちに行く手」が好きなんでしょうね。またそうでなくてはいけないのかも…。

 何年かして、この将棋を並べ直したら「なんでこんなに急いでるん?」と苦笑するんじゃナイかな?と思うんですけど、こういう将棋を指せるのも若さというか勢いというか、ウラヤマシイ… 

コメント

知恵熱が出たので…(苦笑

2019年10月05日 | 振り飛車全般

 ノトダイ君がお昼もソコソコにウチへやって来るのだが、どこをどうやってやれば良いのか、判断に苦しむのだな。

 (それでも事前に電話でアポ取って来るのは、どこぞの国会議員と違って感心感心。…ウチとこの選挙区なんだよな~恥ずかしいことこの上なし…)

 ウッキーは余計なトコロで神経質なので、序盤の数手から気になって気になって(苦笑 もっともウッキー自身も角道を開けない左美濃って初めてなのでヨーワカランw 

  

 違和感アリアリで写真を撮った局面。後手番だとゴキゲンになるんだけどなぁ~ サクッと飛車先の歩が切れちゃったり、ハシ歩突き越したけどエエのん?と思いながら、こっからどーするんと五里霧中状態w

 言葉で説明するのは難しい… それを受け取ってくれる力も要るわけで。。。 何となく年下だけどアカバ君とかの方が(理屈で?)わかってくれそうな感じ。タイキ君だと盤面を動かすと(図形的に?)掴んでくれそう。

 ノトダイ君はどうなんでしょう。お互いちょっとモドカシイ感じではある。(相手の意表を突いてグリグリ行くbannzoku同士なのでw)

  武器はモチロン棍棒ですw

 明日、グンジ君(「何かよく分からんけど負ける」って、形覚えておこうよ…)や、ケイト君・アカバ君とかと対局させて、どういうふうに指してるのかチェックしておこう。 (ただグンジ君やユキナリ君は相当準備してるんだよな~ その上をどう目指すのか… 研究漬けってタイプじゃないからw)

 

コメント

ぷ、プロでもするから…

2019年07月06日 | 振り飛車全般

  昨日の凹ー若フジイ戦。

 最終盤で詰みを逃して逆転……… ウッキーレベルだと並べて、イルカさんに教えてもらいながらでないと詰みが分かりません(涙

 (なんか、解説手順より早く詰む、とイルカは言っているんだけど本当でしょうか?)

 日曜日のケイト君ーウッキー戦。(ガチで凹んでます…) 

 勝ったと思ってたのに…と、家に帰ってお伺いを立ててみると、こんな感じで2回ほど勝ちを逃してる。というか5手詰めに気づかない上に、詰まない自玉に自ら詰めろをかけてしまう…(涙

 終盤をくり返し並べていくしかないんでしょうかね? 明日、アカリさんくらい(ウッキーの終盤力と同じくらいの子…と思うと彼女である<呆然)と、一緒に勉強していこうかと。

コメント

もうちょっと頑張りましょう…かな?1

2019年05月22日 | 振り飛車全般

 土曜日に、合同スパーを行ったのだけど、その中でおや?と思ったのが、ノトダイ君。 いろいろな戦法に手を出している(それだけの勉強?アンテナ?は感心)のだけど、急戦向かい飛車でウッキーに向かってきたです。

 その意気や良し…というか、若干ウッキーは振り飛車をしてくる子に甘い(ノムラ君にもそうなんだけど、ウッキーにない感性を見るとついつい感心して緩んでしまうんですよ…)ので、たくさん駒を渡す攻めをして、居飛車の玉の縛り方を教えて、気持ち良く勝たせてあげたのだが…それがイカんかったか、と反省。

 決勝の副将戦、相手は個人でも県代表経験者のK君。 勝てる相手ではないが、それでも良い面を出して負けるにしても見せ場を作ってほしかったが…

 ウッキーが見始めた時の局面はこんな感じで、まだまだ熱戦が続くか…と思って見てたのだけど、ここから▲8五桂?△同飛!▲同飛△同桂に▲8九飛が理解に苦しむ手(若先生も「なんで?」と呆然)

  

 本人曰く「△8九飛を打たせたらイケナイと思った…」という、ふだんの強気なところはどこへ行ってしまったのか… 強敵を前に萎れて後ろ向きな発想というか。。。 その弱気を察知されたか、吞んでかかられたか、桂取りを無視して△5五桂と急所に置かれて、▲5六銀と上に逃げた手も弱い…

 

 すかさず△6六角と打たれ、▲8五飛に△5七角成で収拾不能。 勝手にしての▲8二飛成に△5六馬とボロっと銀を取られた手がまた金取りの先手。▲6八金と逃げた手に、サクッと△3八馬▲同金△4七銀と寄せに入られ、アッという間に終局。

 

 最後はブッ大差になってしまってウッキー唖然。 同じ負けるにしても、もうちょこっとなぁ… でも、これという武器(戦法)があるわけでもなく、どちらかというと相手のミスをうまく突いて混戦になると力を出してくる実戦派というか力戦派なので、筋良く間違いの少ない格上の相手には分が悪い。

 …でもなぁ、う~ん、いわゆるイイ子ではないので、そこは魅力的ではあるが、同時に指導の難しいタイプなので… どうしていきましょうかね。 とりあえず1年ありますから、ボチボチやっていきますかね。

コメント

割と七面倒くさいことをやっておられた。

2019年05月03日 | 振り飛車全般

 令和になってまだ勝ち星のないチームがあるそうで…(震え声

 気を取り直して、昨日のレオン君の将棋から。 そもそも基本図がオカシイ…

 

 「初心者には棒銀」というのは良く聞くのだけれど、裏返せば棒銀に対する準備(棋力)があれば初級~中級への道が開けてくるともいえるわけで。

 

 最初の図に戻ると、先手も後手も睨み合って手が出しにくい状態になっている。レオン君はムリヤリ▲9七桂から打開しようとしたが、イカにも無理やりっぽい。

 ウッキーが子供のころ見てたNHK講座で田丸(当時)七段が、講師をしていたとき最初の1ヶ月は奇襲戦法、次の月は実戦例と視聴者からの質問ーという2ヶ月単位で1年やられていたが、この急戦向かい飛車の時に「棒銀にはどうしたら?」という質問に対しての答えは、

 「1)最初から向かい飛車にせず、四間飛車(7八金型)にして、角交換をする。

 

 2)角交換したら6筋の歩を切って、一歩を持って8筋に転換

 

 3)▲8六歩△同歩▲8五歩から、8筋の位を取り返し、▲6七銀として

 

 ▲5八銀と固めたり、飛車の横利きを通して先手作戦勝ちの局面」

 その他にも4ヶ月後に「放送後の質問に答えます」のコーナーで後手が角道を開けず真一文字に棒銀に来た場合の説明も補足してあり、今で言うとマジレスご苦労様としか。

 …パラパラとテキスト見てたノムラ君も「(レオン君には)難しいんじゃないすか?」とポツリ。ウッキーも実は同感なんだ(苦笑 

 まぁでも、これくらいの準備はしておこう。それが上達への一歩目?

コメント