おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

テナントさんのおかげです。

2019年08月31日 | ごはん

 師範… レシートの整理をして気づいたのですが、西川先生と一緒の昼食は龍々でしたか…?

 

 龍々はラーメンと一緒に写真横のトマト唐揚げを食することを具申します。つーか、ここはトマ唐単品+トマトポン酢のダブルトマトにソフトドリンクが、ナウいJK的にベストっぽい(死語w 近くで2組ほど注文してました)らしいですぞw

 と、いうのはさておいて(w 将棋まつりの1~3位に出してる2Lペットx6本と、参加者全員へのお菓子とお茶は、ルビット店内に出店してる各店舗からのご協力によるものなので、多少なりともその売り上げに貢献した方が良いんでは…ということで、サイン本(の元の本)とスタッフの昼食をルビット館内で購入して、ほぼ補助とトントンにしてるんですが…

 せっかくリニューアルして、1階のフードコートが拡充(それでウチの大会は2階へ…)したので、当日のプログラムの裏面にでも、各店舗のPR文を載っけたりしても良いかもしんないと。(それぞれのお店のオススメメニューとかね)

 ……売り上げが上がると、スポンサー様からの賞品が増えたりするんでは??というスケベな考えはナイショにしておきまふ(苦笑 でも最初はもう少しあったのよ…商品券とか。 減らされるときに面と向かってキツイことを言われたお店もあったんですよ…)

 アッキーも、連盟近くのお店をようつべで紹介していこうかしらん?と言ってたので、ウッキーも食べ比べレビューをしていこうかと考慮中…

 (でも、胃腸が小さくなったのよ… ラーメン大盛り+丼(大)の組み合わせはもう食べられない<涙 半ラーメンで限界っぽい…)

コメント

分岐のない詰め将棋を探して三千里。

2019年08月30日 | 将棋教室

 昨日は懸賞詰め将棋の話題で終わったので、ウチの将棋まつりで出す詰め将棋のレベルについてひと言。

 まずは、全体図ではなく上辺(できるだけ盤面の1/4)のうちに収まるものを。浦野先生や北浜先生も初心者向けには、できるだけ盤面のマスは6x6のを…と言われてるし、入玉形とか初心者絶対イヤでしょ(ウッキーもイヤですw)

 次に、分かれのないもの。 「2手目△・・の場合は~」「4手目△・・の場合は~」というのは出しません、出せません。だって採点してもらうのは父兄のスタッフにお任せなので、一通りの答えのしか…(汗

 出せない例として、下のカンタンな3手詰みでも初手▲3一馬に 

   

 2手目△3一同玉なら▲3二銀、2手目△3一同銀なら▲1二銀…と二通りの答えが正解の問題を出したときに、丸をつけてくれるスタッフ(特にお母さん)が混乱してしまうので(キッパリ

 というわけで、上辺で収まって、分岐がなく、ある程度詰め将棋っぽい問題を探すんですが、これがナカナカ無いんですねぇ(ため息

 90年代の将棋世界の3手詰め(00年代以降の森先生のは「あっという間」に解けない詰め将棋…)からずっと調べて、本間先生の「ホンマにやさしい」とか、ウチの教室であまり出してないものを(前にハンドブックから出したら「これ知ってます。」と言われたことも…)当たってみるけれど、だいたい50問で1つくらいですね、分岐のないの…

 今回最初に「これはよい!」と思って出そうとしたのがコレなんですが、

 

 念のために過去問調べたら第9回(2010年3月)に出してました… こんなん、覚えてる子はおらへんwと思いつつも、やはり寝覚めが悪いのでまた調べて…

 3手詰め(左)と5手詰め(右)を出したのですが

   

 難しかったでしょうかね… ウッキー的には5手詰め初手▲3五角に△2四合駒という無駄合いとかされる方が心配だったり(苦笑 

 できるだけ幅広いレベルの子に合う問題って難しい… 逆にスペシャルムズい問題も別に出して、特別賞を出すとかもアリでしょうかね…。

 

コメント

質問に答えて

2019年08月29日 | 日記・エッセイ・コラム

 毎回、将棋まつりに来てくれた参加者(と父兄)にアンケートをお願いしてるのだけど、回収率が芳しくないのよ…(涙

 その中の貴重な返信分より、いくつか。

 1)何でこのイベントを知りましたん? インターネット(市外)と市民時報(市内)が半々、あと山王小教室と下呂市子育て教室?から。 検索すると東海HPとルビットHPがヒットするのね。 8kかけた市民時報は効果あった? 一方C、G新聞は…(震え声

 2)良かった内容は、大会≧指導対局>ふれあいコーナー・詰め将棋 …父兄から王子のマナー教室は好評だったが、大きな子は11時ごろから大会のみ参加、という感じなので、そのへん見てないみたい(残念

 3)クラス(棋力)分けはどうでしたか⇒「ちょうど良かった」が多くて、次に「バラつきがあった」の順。ものすごく強い子もいれば、同じくらい?楽に勝てる?相手もいて、相手がみんな強すぎる…という感じではなかったよう。 (ちなみにウッキーが心配して小5~6でも初心の部へ、と思ってた子が中級の部で指し分けという…う~ん)

 4)参加料500円は、「適当な金額」と「安い方」が半々。 500円でお茶とお菓子を出す大会は日本全国に他は無いと思うのだけど…(でも、数年前までは完全無料だったんだよなー)

 5)サイン本販売会は「良かった」が多くて、ウッキー的も良かった。今年は10冊完売でめでたしめでたし…4冊も買ってくださった王子には足を向けて寝られないですm(_ _)m

 (実はささやかなカラクリというか涙ぐましい工夫があるのよ…)

 6)来年以降の参加もあり、との声が多くて、これは素直に嬉しい。 ただ、今年は北陸からの参加が無しで会場的に一杯一杯だったので、これ以上の参加者数が来た場合の対策を考えねば… (キッチリ、メジャーで周囲2m70cmの通路を確保されましたしね。)

 7)その他、質問コーナーで

 「AMから大会があるとよいのでは?」…一般的な大会だと、指導対局は1)大会中に受けるケース、2)敗退した後に受けるケースが多く、1)の場合、対局が残ってるのに指導対局を入れると、大会の進行が難しくなる。 

 2)の場合、時間が押してくると、時間的に(距離的に)帰宅時間に追われて、指導対局を受けずに帰ってしまう。

 ということから、午前中は上級者は指導対局をじっくり、中~初級者はお楽しみコーナーで、遠方で指導対局はいいや、という方は11時半までに来てね、と3つに分けて考えています。

 とはいえ、午前中何をしたら?という子も居ると思うので、そういうときは大人(ウッキーや師範、飛騨支部の方々、若先生や王子…まで数に入れて良いのか?)や、ウチの支部の子たち(土曜に指導対局を終えている)と自由対局をしてほしい…と思うのですけど、そういう宣伝はあんまししてなかったですね。反省m(_ _)m

 (前に県の大会でやってた早指し戦とか…?難しいか。)

 …アンケートについては以上でしょうか。 では、ウッキーから、ウチの支部会員に向けて…

 あれだけ「懸賞詰め将棋を答えて、解答用紙は箱の中に入れてね」って、何十回も言ったのに。 解答用紙は40枚刷ってたのに10枚以上余ったし。

 入賞しなかった子への救済なのに…「センセー何も貰えんかったで、何かチョウダイ!」と言う前に解答用紙に答えを書いて出しだんですかね。ウチの子の会用用紙は6枚しか箱に入ってなかったんですけど(憤怒

 出してなかった子には残念賞代わりに、天国からG馬場師匠の魂をダウンロードして『脳天唐竹割り』をしてあげようw

  晩年のは全然痛くなかったらしいw

コメント

腑に落ちる。

2019年08月28日 | 三間飛車

 朝起きてTVつけたら、こないだ行った佐賀県がヒドいことになっていた件について…

 ウッキーが座ったベンチも…

 

 そしてベンチに忘れたipadを駅員さんが渡してくれた改札口も…

 

 このたびの大雨により被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

(なんか、ウッキーが九州に行くたびに何か起きてる感じで… 長崎の時は食中毒だったし。) 

 昨日の続きで、先手後手の修正案をば… と言ってもソフト様の言うとおりなんだけど。(苦笑

 決めに出た▲5二銀が重たい、というのは観戦してて思ってたんだけど、それに代わる手は?となると玉のコビンが開いたので、そのラインに王手で角を打ちたいけど響きが無いワナ…と。

 ところが▲6三歩成、という「アッ」と声が出そうな(ウッキーはモニターの前でのけぞりましたw)手があったわけで。

 

 同飛と取れば5四角が当然の王手飛車。そのままなら5二歩成、こうなると6七のと金が飛車の侵入のジャマになってるという… 

 ま、これは気づくかどうかなんですけど、次の分岐として下図で▲6一銀成と飛車を取って、△3七桂成同桂と飛車角を取り合ったけれど…

 

 ここで安全運転っぽく▲4五角と桂を外してから▲6一銀成とした方が、同じ飛車角交換でも良かったかもです。…というのは年寄っぽい保険を掛けた指し手?で善悪はビミョウ??(ウッキーはチキン&ジジイなのよw)

 後手の分岐としても、1回は受けておくんでしたか?(やはりジジイw) ソフトが敗着としたのは△6六角と打った手っぽいのだけど、

 

 ウッキーは1回△3三金と受けた方が良いんじゃないかしら?と思って見てましたが、ソフトはさらに図々しく?△6一金と成銀を取って▲4四馬を取らせて△3三銀とハジく…という順を推奨(ホンマカイナ…)。

 

 また重たい手ではあるけれど△2九金と打ち、▲1七玉に△3九角という順もカナーリ有力。 もしかするとこっちの方が勝ち目が大きかったかもしれない…(時間も無いですしね)

 

 しかし、両者とも持ち時間の少ない中、第1回の決勝を飾る名局・熱戦と言っても過言ではない将棋を見せてくれたことに、ただだた感謝です。 m(_ _)m 

コメント

残務処理中…

2019年08月27日 | 三間飛車

 当然というか、もうというか、ルビットのHPから将棋まつりのニュースは消えたわけでw

 王子と若先生は安心してくらはい。モデル(ウチの支部会員でもナイw)ありがとうございました。m(_ _)m

 欲をいえば、HPに載ってから2件ほど申込があったので、イベントの一週間前じゃなくて、もう少し早めにPRしてもらえれば、もうワンチャン…と思ったり。

 昨日の続きで名人戦決勝は、先手のトミタ君が優勢から決めに掛かったところ。横で見てて形勢はまだ難しいと思ってたのだけど、秒読みに入ったこともあって、ドンドン決めて行く…(すごい攻め将棋なんですね、西川先生も繰り返して言ってたけど…)

 長い折衝を経て、ついに先手は▲5五金と中央から本格的な攻勢に。

 

 △5五同銀▲同銀となって、中央は数で受からない以上、後手も△7七歩成とと金を作って先手の飛車をせめていこうとするが、先手は構わず▲4四歩とエルモの弱点へ。△6七と、にも飛車を逃げずに▲4三歩成△同銀▲4四歩と後手陣に襲いかかる。 △4四同銀▲同銀△同角に、気持ち良く▲5四飛と飛び出して、ウッキーもようやく先手が優勢になったかと思った。

 後手の△4三銀(打つ)と受けた手にも、▲同飛と切り飛ばすのは手の調子から言って当然?

  

 △同銀に▲5二銀と打っていったがちょっと遅いというか、大丈夫?と言う手(ただ6四歩に角のヒモが付いてるので△6四飛と使えないのね…)。

 この瞬間に△4五桂の反撃がナカナカの手。それに対して▲5四角と王手を掛けて△2二玉に▲6一成銀と飛車を取ったけれど、玉から遠いので△3七桂成と王手で角を取り、▲同桂に△5九飛と角取りの先手で飛車を下ろした手に▲4三角成としたのだけれど、あんまり響きがないような…

 

 ここで棋勢好転を感じたのか、△6六角と攻防の好手?を指したのだけれど、どうやらこれが敗因?敗着?っぽいという…(コワイねぇ ▲5一成銀に△3九金と決めに行った?のだけれど、▲4四馬の王手が好手で…

 

 △同角▲3九金に再度△6六角、▲3八金打と守りを固めた手に△3九角成▲同金△同飛成▲同玉△6六角(打つ)から迫ったけれど、明らかに足りない感じ…

  スゴイ持ち駒…

 以下先手玉をハシに追い詰めて、あわや…と思わせるものの、二枚飛車を並べられて貴重な持ち駒の金を自陣に打たされて息切れ。(それでも145手だから…ガクブル)物量で押し切られる所で投了となった。

 

 いやしかし、将棋ってホントに難しい… そう再認識させてくれた良い将棋でございました。m(_ _)m

(先手・後手がどう指せば良かったのかはまた明日にでも。いやはやソフトさんぇ…) 

 

コメント