おサルのダイアリー

棋力はサル並み?のウッキーが将棋に向かう日記

丁寧な仕事が大切です。

2018年04月30日 | 作業メモ

 ナマケモノの節句働きで、ちょっと早起き&洗車。 頑張ってコーティングまでしました。

いつも家の裏の共用スペース?でやってたのだけれど、帰省した車があって、仕方なく塗りは車庫の方で。

…これがアカンかった。(涙 暗いところ(白熱灯ですから…)で塗って拭き上げたのだけど、よく見えない+狭い中でやったもんだから、後から明るいところで見ると、メチャクチャなムラ(というより、タオルの拭き跡まで…涙)が目立つ目立つ(大泣

 いい天気が続いてるけれど、ちょっと雨降ったりして、車が汚れてくれんかな…と早々に思ったり。(苦笑


 一応 φ(..)メモメモ 今まで使ってきたのは、ミラーシャイン(ホムセン)、317(通販)、アクアシャインクリア(通販)、スマートミスト(オートバ○クス)、Loop(通販) 通販系は割と小さな専門の会社?のもの。

 値段的に一番安いのは、アクアとスマミ。照りもお値段通り。 317とLoopは、割と高めだけれど、その分、照りもある。 感じは317がヌラヌラした感じ。Loopはキッチリした感じ。 ただ今回のLoopはすごくムラができたので、次回以降どうしようか考慮中… 鏡艶は大手のもので、安心感?があったような。(ちょっと記憶が薄く…) ただどれも謳い文句ほど保たない(特に光沢は)のは確か。(3ヶ月とか6ヶ月とか9ヶ月とか…1~2ヶ月程度っしょ、ピカピカなのは)

 ワックスにしろ、コーティングにしろ、塗ってすぐの水はじきは感動的なのだが、水滴が残ったところにポツポツと丸いシミ(イオンデポジット)が…涙 そう思うと、あまり水をハジかないアクア・スマミの方が良いのかもしれぬ。 

 撥水性と疎水性か…次のコーティング剤のお値段見ましょうかw その前に、一回全部キレイにおとしてからか…(ため息) 6月の文科杯終わってからかしら。。。

  

 一応、ゴハンも食べてます。(そんなに顔色悪いのかしら…?)

コメント

魂消たなぁ。(このタイトルをググってはイケマセン…)

2018年04月29日 | 将棋教室

 ここのところ、もうひとつの方の教室の方が「う~ん、どないしよ。」状態なので… 金曜日の夜も内容が「じぇんじぇん、わかりませぇ~ん。」という反応を受けて、これ以上どうやってカンタンにするんだろ??と苦しい長考中。

 ということで、久々にシコシコと工作(数字カードとか、位取りの表とか…涙)をしてるうちに土曜一日過ぎていて、いつのまにか世間様で言うところの黄金週間になってることに気がついてませんでした。(いや、昨日の銭湯から、もう一杯だったかも…)

 昼頃、師範が来られないということなので、ちょっと早めに家を出た…ハズが、注意力不足で国道に出てしまったらもう車が進まない… やっとこさ文化会館へ着いたら、駐車場は満車。代わりに止められる場所を探しているウチに時間がドンドン… 車を止めたら止めたで、荷物(来週に備えて対局時計も用意してたのよ)をもってヒーコラヒーコラしながら、やっとこさ会場へ。(着いたら1時半近くで申し訳ない)

 (今日の文化会館は助平な人が講演してたのね…八千万も退職金もらって叩かれないという…そんなことをれ考えたら、乗り込んだエレベーターのドアをマジ蹴りしてた>汗;)


 今日の出席者は連休はじめ、ということなのか、やや少なめ。 講師は一人でも、優秀なアシスタント(実力はウッキー<<<高校生なので)がたくさん来てくれて助かりましたです。

 大会に備えて、力の強い子たち同士でスパーリング(リョウセイ君・ヒロ君vsグンジ君・ノムラ君)と思っていたけれど、結構中高生の差がある感じで、やっぱり全国大会を経験してる子たちは鍛えが入っているなぁと感心…

 その中でユッキー君がリョウセイ君の角交換四間にはボロ負け(あれはレグスペというのだ)してたので、高校生の相手は、ちょっと早すぎたか?と思っていたら、もう一局の角換わりでは逆に快勝(横で見ててビックリw)、返す刀?でヒロ君にも入玉して勝ってしまう?という。 (でもウッキーはヒロ君にボロ負けしたのだな…)

 うん、大会前にもう一回やった方が良いんでは?(高校生は来週、高山教室無いし、このままいくのもハゲしく?不安w)ということで、師範に連絡して公民館を確保して貰いました。 

 5日午後からスパーの会を森下町公民館で。 真剣と書いてマジな集まりにしたいので参加自由だけど覚悟して来てね、っと。 (ウッキーもチョットだけネジを巻いていこう…汗) 

  

 グレープフルーツジュースです。(キッパリw)

コメント

こういうところを破れば高段者。

2018年04月25日 | 将棋(全般)

 ゆ~君から、「今日、警報が出たから休校。スパーしよう。」との電話が。 

…そんなことなら、昨日一日温泉でマッサージ(日曜日の影響でガチガチだったのよ…)&昼寝せずに、学習ボランティアの準備しておくんだった(呆 

 一応行くだけ行ったのだけど、逆にプリントの丸付けとか手伝ってもらって申し訳なかったです。m(_ _)m

チノさんには出だしの4パターン(相居飛車と対中飛車の先手・後手)のチャート図を作っておこう… ノーマルな振り飛車なのだろうか? 新人戦では相振りが多かったもんでヨクワカラン。 男子はまぁ、頑張って下さい。(w 教えることはないもんw  


 グンジ君とユッキー君は初二段クラスに挑戦中。 二人とも、ものすごく(ウッキーよりマニアックに)勉強しているけれど、あともう少し経験というか大人?成分が足りないのは否めない。

 ユッキー君の終盤。 相手からすると押さえ込まれて身動き取れなかった将棋が、いきなり斬り合いに。

     

 △7六角から、6九飛、8七角成、5三桂成、6九馬、4三成桂、同玉、7一角、4七歩成…と、駒を取り合う激しい終盤戦に。(どうしてこうなった…) ただ、この勝負は▲1七玉と逃げたときにナナメゴマが無く王手が掛けられない後手の負けの流れ。

 それでもお互い秒読みなのでミスが出るのは仕方がない… ▲4二飛の王手に△3二桂と合いゴマしたのだけれど、後ろで見てて(何で桂?歩で何かあったのかしら?)と。

    

  合い駒が桂だったために、▲3二銀成、同金、2三桂成、同玉のとき、再度の▲3五桂が厳しい… △3二歩ならこの手は無かった… 

     

 相手の人も即詰みを読み切れなかった(▲4三飛成、3三合、3二銀…または3二銀以下7手詰み)けれど、上部を厚くする順で保険を掛ける?のが、大人というか読み切れない初二段クラスというか…(ウッキーも5手詰み逃しましたしね…涙)

    

 ▲2四金、同玉、2二飛成…から追いかけるも持ち駒不足の心配が。ただし最後に間違えたのがユッキー君。 竜の王手に△3二金と強くハジいたのが敗着。 ▲2五桂、4三玉、4四歩、5三玉、3二竜と金を取られて終了。

    

 ここでも正着は3二「歩」 これだと、最終図でも△4二歩くらいでも受かるのだけど、金を渡したために何で受けても▲4三金、同?、同歩成まで。(本譜は△7三桂、6五歩、5二銀 4三金までで投了)

 一応の目安として… 終盤ハゲしく上下してます(アウ が、初二段クラスだとこんなものでしょうか。スッと優勢⇒勝勢⇒勝利、となるのが高段者(三段以上~)かもしれんですね。

  

 グンジ君も、「ウォーズの高段者の方が、このクラスよりハッキリ強い。手も足も出ない感じで、ちょっと間違えるとフルボッコにされる。」と、分かっているようなので、さらに上を目指して頑張ってほしいと。(思い切って全敗覚悟でS級にエントリしてみるのもいいかもしんない。)

  

 今日のお昼ご飯代わりに食べたのは青のチーズケーキ味。 レモンケーキとチョコケーキ、どちらも十分美味しいのですが… もうちょっと食べたいw 

コメント

こういうところを高段者に。

2018年04月24日 | 角交換振り飛車

 昨日の続きで、後手のユッキー君が優勢の局面から。(先手の方が不注意で▲6九飛と引いたために△5八角、5九飛、7六角成)一方的に馬を作って万全の態勢なのだけれど、ここから勝ち切るのが難しいのも将棋なのよ。

  文句を言ったら勿体ないオバケがw

 ここから▲5六歩と、とにかく攻めようとした手に△6五桂と幸便なサバキ。 ▲6五同銀と食いちぎって△同歩に▲4六歩と「不利なときは戦線拡大」の手。 ただ、先手も玉の近くの戦いになるので怖いけれど、そんなことを言ってられない棋勢なので。 ここで攻め合いの△5八銀とした手がどうだったのだろう…?

 

 悪い手ではないんだけど、この手から急に流れが速くなったので… ウッキーは角道を止めて△6六銀かな?と思ったし、技巧くんに掛けてみると△6六歩も有力とのこと。 (ちなみに技巧の評価値は△同歩≧△3三桂≧△6六歩>△6六銀…) △5八銀で後手優勢(1100~)から△有利(400~)に急落下?

 次の▲7九飛で後手優勢(800~)、そして△6七銀成がハッキリ悪手(互角100~)と。▲6七同金、同馬、▲4五歩で、先手の遊んでいた金が持ち駒の銀に換わって急所の4五歩の取り込みが入ってはもう逆転ムードである。

 

 ここでも落ちついて△3三銀と引けばまだまだ互角くらいだったのだが、△7七馬と切ったのが短兵急。一気に先手が+800~と。 ▲7七同桂、4五銀、4九飛と進んでみると、一番最初の図で団子のようだった先手の左辺の駒が全部サバけてしまった…

  先手望外の図…

 先手からすると圧迫死しそうだったのが、これ以上ない夢のような展開、▲6五桂や▲7一角、▲3五桂…と「攻める手がよりどりミドリちゃん」(by豊川七段)状態。 

 後手としては先手の飛車角金が働かない(触らない)ように、玉側の半分だけで「圧して勝つ」という指し方が望ましかったのだけど…(7六の馬を6四に持っていって、3三桂も跳ねて、ハシを絡めて…というのは欲張りすぎだけど、理想はそんな感じ。) まぁ、それができれば初二段クラスではないんだけどねw

 この将棋、ちょっと終盤双方にミスがあったので(秒読みだから仕方ない…では成長しないのでw)もう1回だけ続けまふ。

  

 今はスーパーのデザートでも糖質制限を求められる時代なのね… チーズ系はネットリ分で甘さをゴマかせる?ので、美味しさ的には十分合格ラインでは。  

コメント

どっと疲れが。

2018年04月23日 | 大会結果

 昨日家に帰ったのが夜の9時近くで、そこから飯食べたら更新する余力が残っておりませんでした… やっぱりね、歳のせいなのかな…(溜息 あと、メンタル的にタフでないので、指導対局を仕切るのは良くなかった…(涙目 昨日指導対局申し込まれたのに、時間的に受けられずに返金になった方、申し訳ないので次回の小学生王将戦に参加されるのでしたら、ウッキーの方からお詫びの品を…(震え声 

 (でも昨日はウッキーは係は当たってなかったのだな… みんな担当を忘れて対局してて…涙目)


  ウッキーが記録を採るとウチの子が負ける(wというジンクスでもあるのか… その中の一局。 こんな将棋を指す子だったっけ?と思ったユッキーの対戦から。

 相手の角交換四間に、(策はあるのか?自然に石田流を許して大丈夫かな?6筋から動くのは空間が出来て良くない…)と心配してて、図の△5二金(4一から)と囲いから離れていくのは力強い指し方だけど、スマートでシャープな印象があるユッキー君のカラーではないと思って見てたら…

     

 堂々と玉頭位取りである。(たまげたなぁ) 米長九段ではないけれど「ぐ~いぐい」と圧していくのを見て、無言の迫力?を感じたし、▲7五銀から攻勢に出ようとした瞬間の△3六歩は鋭くて感心。

    

 王手飛車を避けて先に▲7七角と手放した先手に対し、さらに力強く△6三金~7四歩~7三桂と、全面的な圧迫をかけて、文字通り手も足も出させない圧勝の構えを作り上げる…  

    

(こんなに「強い」将棋だったっけ?)と目をこすりこすり… 逆転負けしたけれど、いいものを見せて貰いましたです。(世代的にノスタルジーを感じてしまったw) どこでこういう将棋を知ったのか?今度聞いてみよう。

 


コメント