奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

中国・上海の現場も着々とデザインリノベーションが進んでいるところ・・・・・。

2014年12月30日 | 中国・上海・デザイン・高級日本料理店

中国・上海の現場・・・・・・デザインの「カタチ」が進んでいるところ。

 

 

現場では「色」のイメージと「質」のイメージが

競合しないように・・・・・互いに「補う」ような思考で「整えている」ところ。

 

 

空きテナントで「ビフォー」の状態から随分「雰囲気」もデザイン通りに上質に

陰影をデザイン出来るように「カタチ」も内容も工事中・・・・・。

現地に常駐しているオーナーの御嬢さんからいつも

メールと写真をいただいて「調整」の部分で昇華させていますよ。

 

但し、「現地との違い」が価値観ではあるので

その部分を補う事は大切なので・・・・出来る範囲を出来るように、

それでいて「質よく改善」が出来るように・・・・・・。

 

 

フォーカルポイントの部分はまだ完成までは先が長いですが、

周辺はその「価値」が見えてくる段階ですよ。

 

 

トンネルのイメージも「素材」に意味を持たせて「変化」を感じるように。

「ラダー」の意味をデザインで表現していますよ。

 

 

トイレスペースは元が「イメージの異なるお店」としてのテナントが先に入っていたので、

そのテナントが出た後・・・・・・「トイレスペースの位置」はそのまま、

天井も壁も・・・・・床も一新して「蔵のイメージ」で「モノトーン」を基調にリノベーション

していますよ。

 

事前に現地中国上海に僕も打ち合わせで渡航していた時に

選定した「タイル」が張られた状態に・・・・・・。

 

そして中国上海「現地」にも「TOTO海外拠点」があるので

トイレ設備は「TOTO」を採用していますよ・・・・・・「カタチ」は日本とは異なりますが。

 

 

 

空間のイメージが段々と整えられて

お店がオープンして「そこに居る時間」の価値が

生まれるようにと・・・・・思うのです。

 

 

但し、現地は中国・上海なので・・・・・・・進み方も作業も「日本のように」は

進まないのです。

そういう意味でも「コーディネート」は大切。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>--------------------------------  

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」  

やまぐち建築設計室ホームページ http://www.y-kenchiku.jp/ 

無料のご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ 

新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談リフォーム 

二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家等  

-----------------------------------------------------<<<<<

コメント   この記事についてブログを書く
« 住まいの設計・・・・・・・... | トップ | 建築に対しても問いかけるよ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

中国・上海・デザイン・高級日本料理店」カテゴリの最新記事