アメノチハレ

都志見隆の果てしない日々の日常

冬の一日

2010年01月15日 | Tsushimi Takashi
今年は割と気温が低く、これが冬としては常温なのかも知れない。
故郷の広島も季節的には早めの雪が降ったらしい。
仕事場のスタジオはあまり広くない空間のため機材熱が凄く
昨年の冬は一日作業していると夜にはクーラーを
つけてたほどだが、今年は暖房を少し欲するくらいだから
やはり気温は低いのだろう。

前々から一度訪ねたいと思っていた伊勢神宮だが、
先日やっとお参りする事が出来た。
島根にある出雲大社は父の実家から子供の頃に行った事があった。

一度行くといいよと言われていた事もあって決行。
伊勢はというと、かつて松坂や鳥羽、伊勢志摩には足を伸ばし、
食通な知人の先導でアワビのステーキやすき焼きなど
グルメ三昧な旅行に訪れた事があるが
当時、何故に神宮を素通りしたのか、今となっては謎だ。

三連休という事で多少の混雑は覚悟していたのだが、思った以上に人出が多く
その日のうちに廻りきれるかと心配したものの、割とスムーズに。

やはりどこか厳かな空気がある場所だなあと感じた。
不思議に、外宮~内宮とお参りしている最中はずっと左耳がツ~ンとして
自分の話す言葉が頭に響く感じが止まなかった。

樹齢を重ねた沢山の樹々の間を概ね人の波に押されて
歩く事しかできなかったが、静かに時間が流れるいい旅だった。
天気は快晴とはいかず、一日中薄く雲が空を覆っていたが
帰りの電車が走り出した頃ふと空を見上げると
丁度神宮方向の空の一部分が割れて、そのシルエットはまるで
龍が天に昇るようだと一瞬錯覚したほど美しい景色だった。

ほんの一瞬しか形をとどめていなかったのでカバンを開けて
画素数の少ない古い携帯電話を取り出し近くの民家を避けて
焦点を合わせ写真に撮る頃にはだいぶ崩れてしまったが、
出来る物なら肉眼で見たそのものをお見せしたい気持ちである。


ところで本日、北海道の占冠(シムカップ)村で-23℃だそうな。
一部では地球温暖化なんて間違いという話もあるが、
どうなんだろう。
占冠といえばトマムを思い出す。
スキーがマイブームの頃丁度トマムリゾートが完成して、
それから数年間、毎年行っていた。
雪が柔らかく乾いているので、初心者の僕でもスキーが上手くなったと
勘違いするほどいい雪だった。
たまに訪れるからいいのである。
豪雪地方に住む友人は毎日の雪かきで大変らしい。

さてさて皆様、風邪などにはくれぐれも気をつけて。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2010

2010年01月06日 | Tsushimi Takashi
何度過ごしても、正月三ヶ日は毎年の様に、もう一度やり直したいと思ってしまう。
身体が正月気分に慣れて来た頃、世間は仕事始めでせわしくなる。

しかし年々、年明けの感覚というか 新たな年を迎えるというか、そういう空気の様な物が、自分が味わって来た昭和のそれとはかけ離れたものになっている。

過去は過去として、今は今として物事を感じ対処してく方が賢明だとは思うが、
比べる対象があるだけに、違いを感じ取ると同時に、昔の風情がなつかしい。

元旦の午後、ちょっと買い物に出たら五万と人がいた。
元旦くらい家で静かにしとけばいいのにと、誰かに俺も言われてる事だろう。

お節料理に飽きて油ッこい物が食べたいと思う感覚も今の子供達には
わからないだろうなあ。

初詣は自宅近くの神社と仕事場のある街の神社へ参った。
両方とも歩いて2分くらいのところにあるので、行列は避け、気の向くままに。
おみくじは吉と大吉。
どんな内容の文言でも、自分用にあてはめて解釈するので大抵は当たっている。

そう言えば、元旦は丁度満月で、夕暮れ時のとても低い月はとても大きく
地球のお隣さんのような近さで見えて感動した。

写真は本日の夕暮れ。画素数の少ない我が輩の携帯ではまるで隣町の火事に見えるが、これは免許証の更新で行った鮫洲の試験場の窓から。
火星のような夕日をお見せ出来ないのが残念。
去年は二度の交通違反の為、講習付きの交付。何度行っても非常に疲れる。

昨年に二回ほど訪れた事のある千葉の新しいゴルフ場が舞台のゴルフ番組を見た。

男子はもちろんだが今の女子プロもよく飛ぶ。
自分が打って飛んだ場所を覚えているので、改めてプロの凄さに舌を巻く。

一年ぶりに会う甥っ子達にお年玉を渡すべくの食事会。
子供の成長には驚く。今年高校受験の男の子など5人だが、こいつらの未来は大丈夫
なのかな。夢ってなんだろう。聞けばよかった。まだ早いか。


自分の受験の時など思い返すと、割と大きなイベントだったが
今の子供達は、感情の起伏が割と平坦な気がする。
知識はいっぱい増えてるが体験とリンクしてないので
頭ではわかっていても心のダメージが大きいと対処しきれない怖さがある。
などと感じてしまった。やっぱ聞けばよかった。将来何やりたい?。

大晦日はテレビを二画面にして格闘技と紅白のヤザワの出番を待ちながら見てた。
「時間よ止まれ」、歌詞ちょこっと間違えたけど胸がキュンとした。
やっぱヤザァーも緊張するんだなあ。絶対に唄うと何故か確信してた曲だった。

さて、2010 ますますいい楽曲を書きたいと思う。
時代を背負い、時代を超えてゆく曲。
書いてる時はそんな事考えてないが、時にミラクルは起こる。
それを引き寄せるくらいの力がいる時代になってきた。
頑張ろう。

皆様 今年もよろしくお願いします。





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加