アメノチハレ

都志見隆の果てしない日々の日常

今年も沢山ありがとう。

2009年12月31日 | Tsushimi Takashi
あと何時間かで2009も終焉。と同時に新しい年2010年が途切れもなく始まりますね。

僕の住む町も、とても静かに暮れそして明けようとしています。
先ほど友人からメールがあり、
今年の紅白にサプライズゲストですよと意味深な報告。
しかしもうそのニュースはインターネットニュース等で半ば告知されていますよと
返信したところ、返答なし(笑)。

僕が中学生で彼が約10歳上の時にキャロルというバンドに遭遇して以来、
ずっと見続けて来たアーティストが60歳を迎えました。
時代が変わり、時が熟し、遂に紅白出場です。素敵ですね。
決して順風満帆な時代だけではなかった事も色々伝えられファンならずとも
彼の事は社会的にもよく知られていますが、
何度見ても彼のステージは200%のアーティスト精神の固まりをぶつけられているようで、
歳を重ねるごとにそれは円熟し無駄なモノが何もないまでの完成度を
年々進化させてるように感じます。
つくづく、この人に憧れてよかったと思ってしまうのです。

さてさて、今年も多くの方々にお世話になりました。
更新もマメにしない中、沢山のコメントや
先日の誕生日にも沢山のメールなど頂きまして、個々にお返事できない分
、改めて感謝の気持ちをここで。
お顔を知らない色んな方々が、自分の音楽をちゃんと受け止めていてくださる
事実はとても心強く、月並みですが勇気といったものも湧いてまいります。

新年からまた新たなチャレンジと共に、とにかく時代を繋ぐ作品を
作り続けていきたいと思っています。

毎年、大晦日から元旦は割と静かに過ごしてます。
昨日頑張りすぎた窓拭きのせいか、普段使わぬ筋肉に少し痛みが残りますが
窓から見える足の長い夕焼けは普段よりも美しく、
一年の終わりを粛々と噛み締めております。

さてさて、皆様 
本年も色々とありがとうございました。

来年も。また。

よいお年をお迎えくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思いがけないお客様

2009年12月01日 | Tsushimi Takashi
めっきり寒くなりましたね。
今日から12月 残すところ泣いても笑うてもあとひと月ですわ。
ゴルフで言えば最終の18番ホール。
その日それまでが良くても悪くても、18番のティーグラウンドに立てば
「さあ、最後だ。気を引き締めていこう」と思うのであります。
それまでがいいスコアだと、よし最後も気を抜かず慎重に、
その日があまりよくないスコアだと、よし明日に繋げるプレーで終わろうと、
いずれにせよ、18番ホールと12月は似たような感覚をいつも持たされるものであります。

少々話は脱線しますが、プロゴルファーはこれに優勝というプレッシャーがかかるわけですから
最終の18番ホールでミスをして自滅、優勝をさらわれたりしようものなら
その経験がトラウマになりまたミスをしてしまうという事もあるらしく
本当に精神スポーツだと感じるわけです。
我々アマチュアの間でも、最終ホールをパーで切り抜ければベストスコア更新や70台という
欲深き場面に遭遇しようものなら
身体の動きが止まったり、ショットが慎重になりすぎて球が曲がってスコアを崩してしまう事も多々。

自分を信じて心を強く持つっていうのは、言葉以上に難しい事なんだといつも思うわけであります。
12月はそういう意味でも、今年の反省、来年の抱負等と精神的にも慌ただしく、心も散らばりがちですが、
ここはひとつ、一年の最終ホールとしてしっかりと踏ん張って行きたいと思うわけで。
ま、しかしたいそうな事を言ってもまずは目の前の絞め切りに本日も頭皮はオイリーなのであります。


さてさて先日、後輩の作曲家からひと月早い誕生日のプレゼントを頂きました。
全く予想もしないものだったのでびっくりおったまげです。
サイレントバイオリン。ボディーがないので音は小さめですが、バイオリンを知るには充分すぎる程の
楽器。とても嬉しゅうございました。ギターと鍵盤家族に思いがけないお客様でございます。
昔、中学の弦楽部でチェロの経験がある僕ですが、バイオリンはおそらく英語で言うと
「地下鉄はどこですか?」と聞けるくらいしかない
英語力ほどに似た演奏技術でありまして、まずは左あごと肩甲骨で楽器を支えられる用になるところから
訓練しないといけないのです。
そしてまた、いざ楽器を手にすると、これまでに知り合った数々のバイオリニスト達がいかに凄いのかを
心身共に強烈に実感出来たわけでありまして、彼らは弾けて当たり前という感覚から
ひとつのメロディーラインを奏でる奥深さというのでしょうか、やはり凄いという言葉しか当てはまらない
程の衝撃でございました。
さてさて、来年からこのバイオリンのレッスンを受けてみようかと。
楽器に対する感はいいほうなので独学でもある程度はイケる自身はあるのですが、
まったく赤ん坊のように最初から覚えていくのも、変な癖に後々悩まされないためには
50歳こえてからの習い事もいいかも知れませんね。






コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加