アメノチハレ

都志見隆の果てしない日々の日常

オールドルーキー

2009年06月27日 | Tsushimi Takashi
そろそろ暑さが夏めいて来て、バイクもまだ朝晩は涼しいが昼は結構汗だくである。

新しい車はまだ来ないが、今年は家のほうも15年目で色々とメンテナンスも要し、人間もモノも経年劣化は当然のごとくやってくる。

ただ、人は老い、モノは痛む変わりに、
それこそ風合いも柔らかく、それ相応の味や風格も出てくるもんだ。
年月を重ねなければ感じ得ない人生の深さや生まれ生き。老いて死ぬ事の意味。

瞬間的な栄枯盛衰を繰り返しながら結局はどの瞬間でも計れない本当の価値。
結局その人やモノの生きた価値はその終焉にしかわからないような気がしてならない。

先日、博品館劇場で見て来たデビューライブ。
元スーパーモデルの秀香さんが還暦を前に歌手としてデビューした。

詳しくはないけれど、僕は彼女の存在やプロフィール等を昔から知っていたのだが
、もちろん世界で活躍していたわけだからそりゃ、今でもとても美しい。

ま、しかし美しさというのは何も外見やスタイルの事だけではなく、
むしろそこに中身が程よく詰まってないと、
人はそうそう美しく輝けるものではないのだ。

今は特に年齢を重ねてからのデビューやブレイクが多少ブームのように確かに多いけど、人それぞれ歴史も違い歩んで来た道も違うから、
ひとまとめにするマスコミのほうがむしろおかしい。

僕は彼女のステージを見ながら、やっぱ人生ってあきらめなければ、
50からでも60からでも70歳からでもまだまだ花は咲くのだなあなんて思いながら、前述したような人生の本当の価値みたいな事をふと思ったのだにい。

元ジャイアンツの桑田がメジャーに挑戦した時もオールドルーキーって言葉が使われていたけど、僕はこの言葉が好きでね。

ジャンボ尾崎も男子ゴルフツアーを引っ張って行く世代がどんどん若返ってゆくなかで、まさに新しい時代への挑戦者として老いても現役でいる事の素晴らしさに僕は幾度となく感動を覚えてしまう。

秀香さんも挑戦者だと思うわけなんよね。
まさに人生への挑戦かね。
10年くらい前から歌を唄い始めたらしいのだけれどね、
やっとそういう時期が来たんだと思うんよね。
準備が整ったんかな。人生を半分以上、
色んな色んな経験が今の彼女の歌の土台を作ったんやね。素敵な事ですわ。

田原の俊ちゃんの書いた「職業」いう本読ましてもろて
、マイケルジャクソンの事も書いてあったけど。。亡くなったね。。
僕と同い年。ちょっと早すぎる。

俊ちゃんの先日のライブは行けんかったけど、去年のライブ行って驚いたんよ。
数年前より数年、俊は歳取っとるわけやけど、
踊りはナイフのようにキレまくってた。
表の華やかさに隠れた裏の努力いうんかね..マスコミは目立つ点だけしか取り上げんのやけど、今も現役であんだけ踊れるのは、
人に見えんところでちゃんと点と点を結んで今に繋げてる証拠やね。
僕は素人目やけど、今でもゾクッとするほどカッコええ。プロなんよね。
彼も挑戦者や。

なんでやろ。最近 言葉が関西弁みたいになってきたんよ。

昨日お会いした昔からの知人の歌手の方も、
人生色々あってね、もう生きるも死ぬも怖くないよ。
だから好きな歌をとことんやるわよ。と、素敵なパワー。

みんな、人生へ、そして時代への挑戦者なんやね。

写真のチロは寝てるんよ(笑)









コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さてさて

2009年06月12日 | Tsushimi Takashi
ついに関東地方も梅雨入りしましたな。

少し曲を書かなかった時間のお陰で、何故かまた曲を書く事が新鮮に感じられる最近でごわす。
デモテープもこの頃では必要最小限にとどめて置く感じが
実に物事をシンプルに運んでくれて、
煮込み過ぎて形が見えなくなる事もなく
何だかザックリとした感じが自分にとっては新鮮な感じもするわけで。

結局、車は来週に廃車手続きをする事に決めた。
15年間の色んな思い出と14万キロという膨大な距離をありがとうである。

一度は、生涯乗って自分でビンテージ車に仕立てようとも思って見た事も合ったが
近年の車はエンジンも複雑で部品調達もままならん。
あと10年もすればハイブリッドと電気自動車が主流になっている事は間違いない時代に1リッター3キロしか走らない車の存在価値はないだろう。

それで今はバイクと電車 たまにレンタカーだが、思った程悪くない。
割と自由な気持ちなのだ。 
多少のお酒はたしなむので、飲みの日が決まっていれば車は置いてゆく。
あれば乗るが、なければ常時必要ではなかったのだと変な悟り。

車って我が輩にとっては、人を運ぶだけの目的ではないので慎重に
次をどうするか、まあもう少しゆっくり考えてみる。

うちの犬どもはなんというか、留守番させると食事もおしっこもっせず家の中もそのまま、おもちゃひとつ出していない事が多い。
寝てたのかと思うが、我々が帰宅したら爆睡しはじめるのを見ると、長い留守番も
こうやって玄関先でご主人様のお帰りをず~っと待っているのかも知れない。
本当に頭が下がる。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

思案中...

2009年06月02日 | Tsushimi Takashi
久々の晴れ間に出会えた気がするなあ。

ちょっと前まで寝付けない日が多かったが、このところはぐっすり眠れていて、これも周期なのかね。
写真のチロのようにドッカーンと眠れたら幸せだねえ(笑)。

15年乗って来た車がそろそろ大往生かも知れんな。
先日、ゴルフの帰りに高速で何だか変な気配、
やっとの思いで一般道まで降りたが、結局JAFにお世話になった。
トランスミッションが壊れて、エンジンはかかるが動力が伝わらず
前にも後ろにも走らん。
万事休すと一度は落胆したが。

ま、しかし何事もいい方に考えると、
大雨の高速で止まらなくて超ラッキー。
事故の可能性大だし
携帯の電池がほとんどなかったので、高速道路で止まっていたら
それこそどうなっていたか。。。

車が動かなくなった場所は休日の家電メーカーの倉庫の前の駐車場。
他の車に迷惑もかけることなく止めさせてもろた。
目の前にはコンビニ。
即席充電器をゲットして手洗いをお借りして、早速JAFに連絡出来た。

運がいいとしか言いようがない。

15年よくもまあ大した病気も怪我もなく
俺のパートナーとして働いてくれたにぃ。
そろそろゆっくり休ませようかにぃ。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加