三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

E・F・ロフタス、K・ケッチャム『抑圧された記憶の神話』

2005年08月06日 | あやしい教え・考え

E・F・ロフタス、K・ケッチャム『抑圧された記憶の神話 偽りの性的虐待の記憶をめぐって』はほんとに恐い本である。
8歳の時、父親が友達を強姦して殺したのを目撃した女性が、そのことを全く忘れていたのに、20年後に突然思い出し、女性は父親を告発した、という事件が1989年にあった。
このニュースは私も読んだことがあり、へえー、そんなことがあるのかと思ったものでした。
カウンセリングによって抑圧されていた性的虐待の記憶を思い出した人は、欧米には大勢おり、親が告発されて起訴され、中には有罪の判決を受けて刑務所に送られる人がいる。
ところが『抑圧された記憶の神話』によると、カウンセラーの暗示、誘導によるニセの記憶らしいのだ。

アメリカでは、性的虐待の記憶どころか、宇宙人に誘拐されたこと、悪魔崇拝の儀式への参加、前世といった記憶すらも、カウンセリングを受けることによって思いだし人がゴロゴロいる。

こういう理論である。

諸問題の根源は子ども時代のトラウマにある、トラウマを受けた子どもは心理的な苦痛を回避するために記憶を抑圧することが多い。カウンセリングの大きな目的は抑圧された記憶を取り戻し、トラウマを日の光にさらすこと。そうすれば抑圧された記憶の暗黒の力は消散する。

抑圧と忘却とは違う。
忘却とは物忘れ、抑圧とはある一部の記憶だけを失い、しかも記憶を失ったという意識さえないことである。
耐え難い経験は抑圧して、記憶から消してしまう、だが抑圧されていた記憶を思いだせば、すべてはよくなるという理屈は素人にはもっともらしく聞こえる。

カウンセリングはこのように進められる。

あなたの人生に何か問題があるのなら、あなたは虐待を受けていた可能性がある。

こういう考えのカウンセラーは、すぐさま「子どもの頃、身体的、性的、情緒的な虐待を受けたことはありませんか」と暗示し、誘導する。
そして、思いだせない人には、記憶が思いだせなくても心配しなくていいと言う。

記憶のない女性は多く、最後まで思いだせない人だっているのです。でも、だからといって彼らが虐待を受けなかったというわけではありません。

そしてこんなことまで言う。

虐待の出来事を具体的に思いだせない場合、記憶が抑圧されている可能性がある。抑圧は記憶を意識から消してしまうだけでなく、それ自体が虐待の指標かもしれない。

性的虐待の記憶がないことが、性的虐待があった証拠だと言うのである。

このように、カウンセリングによって親から虐待を受けたという記憶を植えつけられてしまうことが社会問題化しているという。
虐待された記憶がないのは子どもばかりではなく、虐待をしたとされる親のほうも自分が虐待をしたことを覚えていない。
だからといって、虐待がなかったことにはならない。
親も虐待したという記憶を抑圧しているかもしれないからだ。

虐待されたと告発された親が、やってもいないのに罪を認めている。
ある父親は17年間も子どもたちを性的虐待し、告発される一ヵ月前にも虐待したと娘から言われているのに、全く覚えていない。
ところが、警察やカウンセラー、牧師たちに自白を強要され、その父親は嘘の自白をし、現在は刑務所に入っているそうだ。
ちなみに、性的虐待を認めた父親は福音派の熱心な信者である。

この問題は、多重人格障害や外傷後ストレス障害の増加についても当てはまるかもしれないそうだ。
今までほとんど症例のなかった多重人格障害が驚くほど増加しているし、外傷後ストレス障害は当然のようになった。
これは被暗示的な人がカウンセラーによる暗示に迎合し、暗示にそった症状を呈し始めることで生じるのではないかと考えられている。

抑圧された記憶がはたして事実なのかどうか。
ロフタスたちは偽りの記憶(スーパーで迷子になったなど)を作り出すことに成功している。
だから、宇宙人に誘拐されて身体を調べられた、という記憶を、カウンセリングによって与えることは十分に可能なわけである。
となると、カウンセリングによって思いだした記憶が、本当に事実なのか、暗示による空想なのかはわからない。
問題は、実際に性的虐待によって苦しんでいる人がいるわけで、それがこの問題の非常にデリケートな点である。

回復した性的虐待の記憶がはたして事実かどうか、きちんと確認していかなければならないのだが、すべての問題が性的虐待によって説明できると考えているカウンセラーの思い込みに反証することは難しい。
私が性的虐待を受けたことはない、もしくは性的虐待をしたことはない、ということを証明するのは不可能である。
誰も覚えていない、だけども必ずあった性的虐待。

性的虐待を受けたかどうかをチェックするリストがある。

1 自分のしたいことが何かわからないで困るということがありますか?
2 新しい経験をするのが怖いですか?
3 人から何か暗示されると、従わなければならないように感じますか?
4 人から暗示されたことが命令のように感じられ、従いますか?。

これはリストの一部だが、言うまでもなく誰にでも当てはまることばかり。

アメリカでは、女性の三人に一人、男性の七人に一人が18歳になるまでに性的虐待を受けているという。
どういうのが性的虐待かというと、身体接触がなくても性的虐待になることはたくさんある。
子供部屋にノックもせず、いきなり入る、性器を見せる、卑猥な言葉を言う、などなど。
クレヨンしんちゃんのお父さんみたいに、ぞうさんぞうさんと、ちんちんぷらぷらさせるのもダメだし、カンチョーもダメ。

(追記)
宇宙人による誘拐についてはスーザン・A・クランシー『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』を見てください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青草民人「弱肉強食」 | トップ | 「あなたが大切だ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL