週末は写真家気分で

yamtoの週末お出かけ記録

水神堂の滝へ

2017年07月27日 | 自然写真 滝

7月23日のお出かけ記録です。

 

JJJさんのお誘いを受けてまたも仁淀川へ。今回は10時の待ち合わせとゆっくりしている。早めに到着するとすでにひろっさんの車がある。今日は難所なので登山靴に履き替えていると、山崎さんが到着。前回と同じメンバーの様だ。JJJさんが到着すると、ひろっさんの車に皆同乗して出発。中追渓谷のある勝賀瀬川沿いにすすみ、分岐した道を更に奥に進む。道路は舗装されているが落石が多い。

途中目的地である水神堂の滝を遠望できた。深い谷の奥に見えるので、いまさらながら行けるのだろうかと不安になる。

まずは上流側の無名渕を訪れる。かってはしっかりした道があったようだが、今は不明瞭な踏み跡を頼りに迷いながら目的の渕へ。

石をつたって対岸に渡ると、岩の色が違って見えて面白い。あまりにきれいな水なので、一人だったら水浴び位したかもしれない。

車に戻って昼食をとった後、水神堂の滝へと降りていく。山崎さんはこういった難所は苦手なようで、上で待つという。三人で下って行ったものの、やはり道が不明瞭で何度か引き返しながらやっと滝の上部に到着。

滝の上流側は静かな渕。到着まで苦労したので、ここでの休憩がとても心地よい。

この水神堂の滝は、かって土佐十景の第二位だったとか。当時はしっかりした道があったようだ。

このような場所には不似合いな(?)名勝の碑。

更に下って滝の正面に出る。険しい場所なので撮影できる場所が限られており、交代で撮影。

しっかり堪能した後、急斜面を登り返す。今日は撮影のためにレンズを4本持参しており、三脚も忘れていない。おかげで重いザックを背負った上に、藪を歩くにはストックが邪魔になる。早々に息が上がってしまい、JJJさんとひろっさんに何度も待ってもらった。それぞれ年齢を聞くと、三人はちょうど十歳間隔で、当然私が一番若い。運動不足がはっきりしているので、次までに何とかしなくては。

何とか道まで戻り、山崎さんも合流して今度は中追渓谷奥のしゃくぜんの滝へ向かう。

数年前に一度連れてきてもらっていたが、神秘的な美しい滝であった。山崎さんは初めてということなので、私も新鮮な気持ちで期待したのだが、増水した滝の飛沫で降りるルートが滑りやすく危険な状態だった。やむなく木々の間から滝を拝んで撤収。

前回からご一緒させてもらっている山崎さん。私とは少し好みが異なるようだが、それ故に新しい場所・知らない場所の話があって楽しい。宇和島から天狗高原付近はお任せということなので、いつか案内をお願いしたいなと思う。

仁淀川橋まで戻って解散。付近は水浴やキャンプの人でにぎわう。水質のいい仁淀川ならではの風景。この上流に神秘的な渓谷の数々があると思うと、四国の自然の素晴らしさを思うし、またそれを知る人が限られていることが自慢にもなる。香川県から高速を使って訪れる高知の自然。そして仲間との語らい。かかった費用を問題にしない、貴重な宝物であると、オフ会に参加するたびに思う。

コメント

仁淀川の秘境でリフレッシュ

2017年07月04日 | 自然写真 滝

7月2日のお出かけ記録です。


日曜日は何処へ出かけようか思案していたところ、JJJさんからメッセンジャーに伝言。先日見つけた綺麗な渕にひろっさんと行く予定とのこと。金曜日の夜に入っていたようだ。あわてて「ご一緒させてください」と返信。

目的地は、2週間前にJJJさんがFBとブログで紹介していた仁淀川の支流にある淵で、場所を公開しないとのことだったので、いつか教えてもらおうと思っていた場所。ひろっさんとご一緒するのは何年ぶりだろう。

9時に仁淀川橋で待ち合わせ。余裕を見て8時半に到着して一眠りしようとしたら、黒のX-TRAILが入ってくる。もしやと思ったらやはりひろっさんだった。前の車もX-TRAILだったので同じ車種を乗り継いだようだ。JJJさんが到着するまで付近を散策する。ひろっさんはいろいろあって最近動けていないとかで、撮り貯めするといって仁淀川の風景を撮っている。

JJJさんが到着するとひろっさんの車に移乗して出発。この時、三脚を持って出るのを忘れてしまった。大失態!

途中、宇和島からきた山崎さんも合流して高樽川沿いを遡る。山道に入ったところで今度は山崎さんのBMWに移乗して奥へと進む。

主目的である雄蛇渕・雌蛇渕に着くが、正午頃が最もいいというので付近を散策。

道路から見てもいい雰囲気の渓谷。降りてみるのが楽しみだ。

少し散策してから、さらに奥へ進み、高樽の滝を見る。

見事な滝だが、これは下段部分。JJJさんが地元の人に道を尋ね、上段へ。

これも見事だが、巨大な岩に遮られてこれ以上接近できない。上に出る場所がありそうだが・・・。

予定通り、正午前に淵に戻る。陽が差し込んできて、別世界へと導いてくれる。

前日までの雨で、少し濁っているようだが、それでもこの水の美しさはなかなかお目にかかれない。

JJJさんが奥の渕に行くというので、靴を脱ぎ裸足で浅瀬を渡る。JJJさんが掛けてくれたロープを頼りに奥の渕に到達。

振り返って雌蛇渕を上から見下ろして。

しっかり堪能した後、少し下って沈下橋のそばで昼食。余談だが、この沈下橋の付近は「かばの休場」というらしい。JJJさんが地元の人に確認していたが、面白い名前の場所である。

この沈下橋の脇にも小滝がある。いい雰囲気の場所である。

時間はまだ早いのでもう一ヵ所、清水小学校脇の渕へと向かう。程野に近い場所なので何度も近くを通過しているのに全く気付かなかった。綺麗な渕の奥には滝もある。

山崎さんとはここで別れる。滝めぐり用の名刺を渡すとFBの友達申請をしますよという。また楽しみが増えた。

ひろっさんの車で戻る途中、少し寄り道をする。JJJさんが教えてくれたハナモモが美しい成川という場所に、秘境滝があるという。

踏み跡だけの山道を進んだ先の滝はまさに秘境滝。木々に遮られ全景が見えないが、まだ上があるようだ。場所的にこれ以上の接近は難しい。

大樽の滝というらしい。高知には大樽の滝と呼ばれる滝がいくつかある。まだ見ぬ滝も多くあり、また一つ高知の魅力を知った気分。

仁淀川橋まで戻って解散。しっかり楽しんだ一日であった。JJJさん、ひろっさんと次の機会を約して帰路につく。

今日の感想を一言で述べるなら、「やはり仁淀川は素晴らしい!」

コメント