やまさん。RCのブログ-V2

このブログは家庭とRCの両立に日々悩む一人の中年(^^;の苦闘の日々??をお伝えするどきゅめんたりーです。

ちょっと遅めのあけおめです ~ 2022は良い年になるかな?編

2022年01月09日 | 日記

みなさん、今更ですがあけましておめでとうございます。

 

2021年はCOVID-19対応のため、ラジコン関連イベントが少なかったですが、

2022年は少しでも状況が改善すると良いですね。

 

ワタシのほうはこの年末年始、冬休みの宿題などに取り組んでおりました。

 

今回は頑張って奮発して、X-RAYの新型ツーリングカーである、X4のアルミフレックス仕様キットと、

サンワ製のなんだか良いらしいサーボ、定番のホビーウイング製のESC&17.5Tモーターをいずれも新品で、

用意してみました。

 

そういえば、1/12もJMRCAレギュが変わり、モーターターン数は21.5Tから変更ありませんが、

こちらもJMRCAガラパゴス規格だった2021年までのステータ抵抗値に関して65mΩ以上でローター径自由に対し、

2022年の新規定では54.6mΩ以上かつローター外径Φ12.20-12.51、ローター内径7.25±0.15mmのROAR準拠となりました。

 

この変更って、結局2021規定モーターと2022規定モーターのどっちが速いの?と疑問がわくのではないかと思います。

 

ではまず、計測結果で比較してみましょうかね。

 

先ずは2021までのJM規格モーターについて、ワタシの手持ちモーター計測結果です。

 

ローターはΦ13.5のチタンシャフトローターを使っており、ガウス計での計測結果では2220ガウス程度でした。

この仕様にて、指数90前後で1/12 JMストッククラスに使っていました。

その際のモーター温度は80℃程度でした。

 

では、お次は2022年のJM規格に適合するであろう、SMC(現在はTSR)製モーター計測結果をご覧ください。

この仕様にて、2021年11月の谷田部でのEPS-Jと、同じく2021年12月のトウェルブチャンプで1/12 JMストッククラスに、

指数68.5でワタシは使用しました。その際のモーター温度は80℃くらいでした。

また、ローターの磁力は別途、測定する予定です。

 

実走した結果では、2022JM仕様のほうが明らかにストレートスピードが速く、ほぼ1/12モディと2021仕様JM仕様の中間程度で、

もはやストックのスピード領域を超えているレベルです。

トルクについては穏やかな出方なのは良いことだと思いました。あと、8分レースだと2021仕様ではレース後半のラップ低下が大きかったのが、

2022仕様だとかなり改善されて8分間通じてラップが揃いやすいと思いました。

 

因みに、SMCモーターは現在、XENONレーシングさんでお取り扱い中にて、XENONレーシングのオンラインショップから、

購入が可能となっております。

 

2022年のJMRCA申請される予定の21.5Tモーターとしては、上記したSMCに加えて、ホビーウイングさん、G-STYLEさん、

とりおんさんあたりが予定されている模様です。

いずれにしても今年から、一部のショップレースにてツーリングストックにも2022年のJMRCA規定の21.5Tモーターを採用する流れがあり、

1/12 ストッククラスの21.5Tモーターと共用できる可能性があるようなので、

その点については若干双方のカテゴリーから両カテゴリーを試してみよう、という方が増えてくれると良いですね。

 

あと最後に、ヒロボーさん開発中の阿修羅Ⅱについて、開発進捗動画を作成しましたので、良ければご覧くださいね。

一応、昨年の12月27日に広島のヒロボーさんに伺って、お話を聞いた内容も少し織り込んでおりますので。

 

 

では、今年もよろしくお願いします。

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年もそろそろ締めですね ~ 2021年をちょっと総括編?

2021年12月31日 | 日記

みなさんこんばんは。

 

そろそろ2021年が終わりを告げて、2022年がやってきますねえ。

 

2021年はいろいろ気忙しい日々を送りつつ、COVID-19に翻弄されつつもなんとか日々を過ごすという、

感じで過ぎていった1年でしたね。まあ、素晴らしい1年ではなかったですかね。

 

せめて、2022年は少しでも良い1年になるよう、引き続き頑張っていきたいですかね。

 

2021年はイベントも少ない状況ではありましたが、参加できるイベントには可能な限り参加しました。

特に、kimihiko-yanoさんのMAP関連イベントには全て参加することができました。

 

結果として、ワタシが参戦したのは1/12 JMストック、1/12プロストック、タミチャレGT、タミチャレMと、

都合4カテゴリーとかなり頑張ってみました。

 

一番頑張ったつもりの1/12JMストックは年間順位が8位/27人と見た目はよさげですが、期待からは程遠い感じでしたね。

1/12プロストックは想定外の4位/25人で3位表彰台も2回/4回と上出来の結果となりました。

タミチャレMについては、パワーソースに悩んだものの、6位/29人と意外に健闘した感じでした。

タミチャレGTは激戦であったものの、5位/52人と素晴らしい結果とはなりました。

 

また、今年はヒロボーさんの企画に協力する形で、1/12阿修羅Ⅱの開発をお手伝いする機会に恵まれました。

 

 

阿修羅Ⅱの概略は上の動画でご覧戴くにして、公式の阿修羅Ⅱサイトはこちらをご覧くださいね。

 

さて、来年に向けては、1/12JMストッククラスがモーター規格変更により、これまでのJMRCA独自規格から、

ROAR規格に準じた(JMRCA承認が必要となるので、一部のROARモーターのみとなりますが)規格になり、

1/12JMストッククラスのスピードが大幅に向上します。

 

既に12月のトウェルブチャンプでは、ROARモーター使用可だったのでそのスピードを目の当たりにした方はいらっしゃるでしょうが、

もはやモディのターボのみ外した感じのスピードといって、過言ではないかもしれません。

これはもはやストッククラスのスピードではありませんが、ワタシは来年もこのカテゴリーで頑張りたいと思います。

でも、これから1/12を始められる方は、このスピードに対応するのはとても難しいと思います。

 

可能であれば、1/12プロストックをお勧めしたいのですが、1セルバッテリーと1セル対応ESC(アンプ)が必要となります。

1セル対応ESCとしては、プロスペック ES19OE1011S ORCA OE101 Pro 1S ストック用ESCあたりがお値段との兼ね合いも良いかと思います。

モーターは13.5T ROAR規格モーターが必要ですので、トリニティのモーターがお勧めになりますね。

1セルバッテリーとしては、やはりkimihiko-yanoブランドのこちらがコストパフォーマンスが高いのでお勧めとなりますかね。

 

タミチャレのほうですが、こちらも引き続きタミチャレGTとタミチャレMで頑張ろうと思います。

 

タミチャレGTはTA-07RRを使ってますが、タイヤの拭きとり方がほぼセッティングの肝といって過言ではないと思います。

因みに、12月のタミチャレでワタシは、リアタイヤを4回、フロント右を2回タイヤ幅の内側半分のみ、フロント左は同じく1回のみ拭き取りで、

ハイサイドするギリギリのポイントを見つけてなんとかAメインに残ることができました。

バッテリー充電は1時間前に終わらせているので、走行前の電圧チェックはいつも7.0~7.1Vでした。なので、最初の1分は遅いです。

でも、その後はどんどん速くなるので、レース後半にベストラップが出ます。バッテリーが温まるからだと思いますね。

もちろん、バッテリーの保温なんて、全くしていません。走行1時間前からマシンに積んでますから。

 

タミチャレMはM-08を使ってますが、アッカーマン調整が肝だと思ってます。ダンパーもばねもこの1年いじってません。

タイヤはリアに最近出たハードをスポンジハードインナーで使い、フロントはS-GRIPにスポンジハードインナーの組み合わせです。

モーターがいまいちでしたので、12月のレース前に新品購入して少し改善しました。あとはリアトー角調整で改善を図る予定です。

 

では、また来年もどこかのサーキットでお会いしましょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年も終盤 ~ ちょっと早めの冬休みスタート編

2021年12月24日 | 日記

みなさんこんばんは。

 

今年は総じて、ブログ更新が滞ってしまい、申し訳ありませんでした。

昨年9月に埼玉は本庄児玉に単身赴任した結果、ブログ更新できるPCが横浜にしかないため、

なかなか更新できなかった次第です。

さて、来年は更新頻度を上げることができますでしょうかね。

 

ワタシの今年の冬休みはいつもよりちょっと早めに、12月24日からスタートとなりました。

といいますのも、今年は会社の有給休暇を11月時点で4日しかとっていなかったところ、

急に人事から今年中にtotalで10日取得せよ、とのご指示で止む無く早期冬休み突入の次第となりました。

 

お陰様で、仕事ははかどらず(休まなくてもはかどらないのですが)、まあいいやとばかりに、

12月26日の日曜日は久々に、岡山はT2さんの月例レースに参戦することにしました。

ええ、かなりのロングドライブとなりますね。

 

まあ、目的はレース参戦ばかりではなく、久々に神戸の実家に帰省しようかというところと、

広島はヒロボー様に伺って、阿修羅Ⅱについての進捗報告なども考えておりまして、

何気に盛りだくさんな週末となりそうな予感がしております。

では、少なくともこの年末年始は頑張って、ブログ更新してみますね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

X20 miniいきなりレースに!? ~ カワダカップ参戦編

2021年11月13日 | 12GTの部屋

みなさんこんばんは。

 

相も変わらず、更新が遅くなりまして申し訳ありません。

ラジコン自体は変わらず頑張っているものの、お仕事のほうもなかなかに忙しくて、

ついつい更新が後回しになってしまいました。

 

イーグル模型さんから発売されているミニ四駆用のタイヤカッターのホルダーナイフを購入しまして、

HUDYのタイヤセッターに3㎜厚のカイダック板を加工してスライダー部に取り付けました。

これで、新品の1/12用スポンジタイヤを所謂ポン抜きすることに成功しました。

 

上の画像でご覧戴く通り、ポン抜いたタイヤの表面は極めて滑らかで、ポン抜き後の真円もちゃんと出ていて、

ポン抜き効率が大幅に向上した次第です。

 

因みにポン抜きとは、新品の1/12タイヤが約48㎜程度の外径なのですが、実際に使う径は42㎜以下なので、

そのまま削るととてももったいないため、43㎜程度の径でタイヤ側面からカッターで切り抜くことで、

削ることなく外周部分をポン抜いてはずし、ポン抜いた外周部は切り貼りして練習用タイヤとして活用でき、

タイヤの数が二倍になるというとてもお得感の高い手法のことを言うわけなんですよね。

ただ、ポン抜き作業にはこれまで、30年ほど前にAYKやCROSSから発売されていた古いタイヤカッターを使うしかなく、

なかなかにポン抜き精度が低く作業効率も悪く、そもそも今は売ってない古いタイヤカッターの入手性が課題でして、

最新のタイヤセッターを簡単に改造するだけでポン抜きできるのは、ある意味とてもありがたいことなんですよね。

 

さて、つかみはこの辺にして、10月24日に愛知県はDAYSさんで開催された、カワダカップに参加してきました。

ワタシが参加したクラスは、1/12JMストッククラスとMシャシークラスの2クラスです。

 

1/12JMストッククラスのほうは、やまさん。カットrev-2のメインシャシーを装着したエクリプス3を使い、

前日練習では苦戦しつつもなんとか8秒フラットまでベストを更新して、それなりに走れそうな感触を掴んだものの、

実はタイヤには前後ボンバーイエローMSを使っておりまして、レース路面はお昼で路面が落ちるため、

正解はリアにPラバー25かボンバーゴールドMSだった模様にて、レースでは撃沈した次第でした。

 

Mシャシークラスは4WDでも可とのレギュから急遽、サーパント製のX20-miniにボンバー製ボディを装着しての投入と相成りました。

タイヤはもちろん、前後カワダ製カーペット用ソフトタイヤで、フロントはスポンジインナー、リアにカワダモールドインナーソフトという、

組み合わせにて参戦しました。

 

流石カワダカップのMシャシークラスはレベルが高く、ワタシの予選ベストが11秒5に対して、速い方は10秒台が出ており、

とても太刀打ちできない感じではありました。それでも何とか予選を纏めて総合4位/9名となりました。

決勝Aメインでは、一時的に3位に浮上するもスピード差から後退し、結局は決勝も4位にて終了とはなりました。

タイム的には負けてしまいましたが、マシンの動き自体はとても綺麗でポテンシャルは高そうに感じましたので、今後もセットアップを進めて、

更に良い成績を目指したいですね。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ご無沙汰しておりました_いつの間にやらX20-mini編

2021年10月16日 | ツーリング

みなさんこんばんは。

 

ここのところ、ブログ更新が大幅に滞ってしまい、誠に申し訳ありませんでした。

少々お仕事が忙しかったのと、上の子供の婚約とかいろいろ重なりまして、久々の更新となった次第です。

 

でも、ラジコン自体は相変わらず物欲モード全開で大解放中でございます。たとえばですね、

 

サーパント製のX-20 miniを入手してしまいました。ええ、M-シャシーサイズのハイエンドですね。

ワタシ的には初のサーパント製品でもあります。

流石サーパントだけあって、サス周りがまるでハチイチみたく、キャンバーだけでなくトレッドまでかなりの範囲で可変できて、

セッティングの自由度も高そうです。また、各部材質も悪くなさそうで、ハイパワーでもちゃんと受け止めてくれそうです。

 

タイヤは人気のカワダ製カーペット用のソフトとミディアムを購入して、早速厚木レジャランでシェイクダウンしてみました。

とりあえず、ツーリングで使っていた17.5Tブーストのパワーソースで手っ取り早くシェイクダウンした次第ですね。

 

先ずはホイールベース210㎜仕様で走らせたところ、全くセットしてない割にはそこそこ良く走ってくれて、

常連さんらしき方の1/10ツーリングブースト仕様に対してちょっと遅め位のペースで走り始めてくれました。

この日は1パック走行だけで終了しましたが、それなりのポテンシャルを示してくれて満足できそうです。

 

となると、早速レースに投入したくなりましたので急遽、10月24日にDAYSで開催されるカワダカップに参戦することに決定しました。

パワーソースは21.5T JM仕様のノンブーストで、KV1900以下かつギア比5.8以上の仕様としつつ、ボディは空力ボディ禁止とのことで、

早速にボンバーさんのボディを購入しました。多分、愛知県ではこれは空力ボディではないはずです。

 

更に、SRF様でお取り扱い中のタミヤM-07/M-08用のバンパーが不思議とジャストフィットして、

ボディのフロント垂れ下がりをしっかり防いでくれそうで、アンダー対策にもバッチリそうなことが判りました。

 

さあ、これでカワダカップにて楽しめるでしょうかね。

ちょっと頑張ってみますね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする