やまさん。RCのブログ-V2

このブログは家庭とRCの両立に日々悩む一人の中年(^^;の苦闘の日々??をお伝えするどきゅめんたりーです。

2セル用アンプを1セルバッテリーで作動させるには?_メーカー保証外の自己責任ですよ〜

2024年02月10日 | 1/12の部屋

みなさん、お元気にお過ごしでしょうかね。

この間の関東地域での大雪では、埼玉は桶川でも結構な降雪量がありましたね。

というわけで、今回は今年からパワーソースのレギュレーションが変更となったJMRCA 1/12ストッククラスの

1セル化対応について、今回はアンプの対応方法についてここで説明したいと思います。

 

1セル対応で一番課題なのはアンプだと思います。というのもこれまで使ってきた2セル用アンプのうちで、

受信機への給電昇圧化を含めた対応ができているアンプはヨコモのpro4とRS4くらいなんですよね。

となると1セル専用アンプを買うしかない。でも大体2〜3万円くらいするうえ、1/12でしか使えるカテゴリーがない。

そこでこれまで使っていた2セル用アンプでなんとか1セル13.5T対応できないか?

と考えたくなるのは道理だと思います。

 

ここをご覧戴く方のうち、何人かの方は受信機用ブースターを購入すれば良いとご存じの方も多いかなと思います。

ではひとつここで、2セル用アンプを使って1セル化対応する方法について、大きく3種類の方法を示したいと思います。

 

  1. 単純にそのままバッテリーだけ1セルに変更して対応する。
  2. 受信機用ブースターを受信機に繋いで対応する。
  3. 受信機に小型の2セルLiFe / LiPoバッテリーを繋いで対応する。

 

まず1番目の方策ですが、サンワ製であれば対応は可能です。

サンワ製アンプであるボルテックスを使い、サーボにはサンワ製PGS-HRを装着して、

受信機もサンワ製であればいずれも3.7V作動保証されているようですので、1セル13.5Tでの走行が可能です。

ただし、サーボの作動スピードはやはり電圧なりに遅くなるので、走行への影響は生じると思います。

 

2番目の方策ですが、受信機に専用ブースター(昇圧器)を接続することで、受信機に5V以上の電圧を

供給する方法です。これなら多少の費用は掛かりますが、1セル専用アンプを購入せずに済むという内容です。

但し、使い方に関してしっかりと理解をしないとアンプにダメージを与えるリスクがあることを理解する

必要があるかなと思います。参考までに、ヨコモBL-RPX2の説明書から下記抜粋してみます。

上記のごとく、2セルアンプにはBECが内蔵されていて、走行用2セルバッテリーの電圧を6Vないしは7.4Vへ

電圧を調整してから受信機へ電源供給しています。

しかし、BECは1セルの4.2Vは昇圧できず、そのままの電圧ないしは少し内部抵抗分低い電圧しか受信機に

供給できません。そこへ専用ブースターを接続すると、受信機に供給される6Vないしは7.4Vの電圧が、

アンプと受信機の間に接続した線を介してアンプのBECに供給されてしまいます。

BECの出力側の方が6Vないしは7.4Vとなり、BECの入力側が4.2V以下となりますからBECを逆方向に

電流が流れてしまいます。要すれば逆接したような状況になるということです。

ですので、専用ブースターを接続する際はアンプの配線から+側の配線をコネクタから予め抜いておく必要があります。

実際にはアンプの+線を抜かずに1セル化して走行されている方もいらっしゃるようですし、

どうやら実害なく使えている方もいらっしゃるようですので、ワタシからは2セルアンプの1セル対応は自己責任ですと、

いうしかない状況です。

 

なお、3番目の方策は2番目と全く同じですので、2番目の方策内容を改めてご確認ください。

 

ここで自己責任ながらアンプの+配線を外しても作動するアンプとして、ヨコモ製のSP4と、HW製のXR10 PRO G2

手持ちアンプにて専用ブースターでの作動を確認できました。

今後、実走行で本当に問題ないかを確認進めて、ここで結果を展開したいと思います。

 

このブログ内容から、みなさんがストレスなく1セル13.5Tへスムーズに移行されればよいなと思う次第です。

 

今後も当面は1セル13.5T化に関する話題をこちらのブログとワタシのYouTubeチャネルで取り上げていきますね。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

緊急展開項目_今年からJMRCA1/12ストッククラスがプロストックに!?

2024年02月03日 | 1/12の部屋

みなさん、こんにちは。

 

昨日だと思いますが、JMRCAが今年2024年から1/12スポーツクラスのパワーソース規定を大きく変えたようです。

 

① 使用可能なモーターはJMRCAで公認登録された 13.5 ターンのブラシレスモーターが使用できる。

 

これにより、JMRCAの1/12ストッククラス規定が日本以外ではスタンダードとなっているプロストッククラスへと、

ようやく統合されることとなったワケですね。

 

1/12プロストッククラスは何年も前からkimihiko-yanoさんのところでMAPないしはKARPとして開催されてきた、

速過ぎなくて、いろんなレベルのドライバーが楽しめる速度域のカテゴリーだと思います。

ワタシもたまにプロストッククラスにエントリーしてきましたが、昨年からかなり優先度を上げて参戦はじめて、

その楽しさを感じ始めたところなんですよね。

 

とても残念ではありますが、JMRCAのレギュにはタイヤをコントロールタイヤとする旨、記載がありません。

となるとタイヤ選定の努力は必要となるので、そこの敷居をまだJMRCAとしては下げたくないのでしょうかね。

いずれにしても、新たな1/12ストッククラスが良い方向に振れてくれることを祈るばかりです。

 

新たなパワーソースとして、みなさんがきになる1セルアンプではありますが、日本のRCショップさんでは、

プロストックさんのORCAヨコモさんのPRO4kimihiko-yanoさんのラドン、同じくkimihiko-yanoさんのテキンと、

在庫有無の問題はあるものの今すぐに購入できるものもありますよ。

またORCAから新型の1セル用アンプも発売されるようですし、1セル化へのハードルも下がってきそうです。

 

13.5Tモーターについては今後、こちらでも色々紹介していこうとは思いますが、手堅いところはHWのG4ですかね。

あと、kimihiko-yanoさんお取り扱いのトリニティはKARPのプロストックでは定番でとても速いですね。

この辺の紹介は近々にこちらとワタシのYouTubeチャネルにて上げていこうと思いますね。

 

バッテリーについては今の所、これが良さそうですかね。もし少々お高くても速いのが良いのであればですが、

kimihiko-yanoさんお取り扱いのEAMは良いかなと思います。容量は7500と8500mAhの2種類あります。

この辺も近々に紹介していきますね。

 

では、今年は1/12ストッククラスのプロストック化で熱く楽しみましょう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

SRF-12X _ X-RAYベースのSRFコンバージョンがお勧めです

2024年01月19日 | お勧めの逸品

みなさんこんばんは。

明日の1月20と21日はKARPでの練習日が設定されており、今から楽しみです。

明日お会いするみなさま、よろしくお願いしますね。

 

今年は新年早々、お友達からご依頼されたタミヤ用ボディの塗装を請け負って対応進めております。

ご指定のボディカラーはワタシの塗装技術レベルからするとかなり難易度は高そうですが、

じっくりお時間頂いて進めていきたいかなと思っています。

 

さて、今回のお題はX-RAYのX12をベースにしたSRFコンバージョンとなります。

ワタシはSRF様からプロト仕様を昨年6月ごろに購入して使い始め、もう近々にはSRF様より、

X-RAY X12コンバージョンであるSRF12Xとして販売される模様なので、楽しみですよね。

 

このSRF12Xプロトを使い始めてJMストッククラスに投入を始めてからというもの、

ワタシのKARPおよびつくぱーでの成績がかなり改善して、2回に一回はAメインに行けて、

一度は予選2位などという望外の成績も出たりしましたので、一重にマシンのおかげかと思います。

 

何が良いかというと、とてもよく曲がるのにリアが破綻せず安定しているところですかね。

今年58歳になったワタシのようなお年寄りでも、JMストッククラスのスピードでなんとか、

レースの流れに乗って走れるのですからね。

 

ワタシのSRF12XプロトはフロントがノーマルのX12流用ですが、これから販売されるSRF12は、

フロントに"Worlds”サスを搭載するのでより曲がりが素晴らしくなるかと思います。

 

ちなみに、SRF12Xのメインシャシーとフロント周りはCRCベースのSRF12と共用部品なので、

リア周りだけ変えてマシン特性(ベースマシン?)を選択することも可能だということで、

よく考えられた素晴らしいマシンだと思います。

 

これはお勧めですよ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2024年が始まりましたね 〜 今年はラジコンtips多めでいきますよ〜

2024年01月07日 | 1/12の部屋

みなさん、あけましておめでとうございます。

 

この年末年始、ワタシは新規導入したPCの設置および設定に終始していました。

ワタシの人生初となる、MAC PCであるMAC miniを導入してみました。

 

これまで使っていたwindows PCが6年経過して画面表示がおかしくなり、そろそろデータごとクラッシュしそうで、

やむなくの機種変更となりましたので、一度はMACを使ってみようと考えた次第です。

 

奥様からはMACの操作感がお気に召さなかったので、可能な限りwindowsぽく設定をいじった結果、

MS Edgeとofficeがメインで、動画および音声編集のみMACアプリを使った良いとこ取り?仕様と相成りました。

そんなこんなでようやくこのブログも再開できるようになったというワケなんですよね。

 

さて、今年のワタシは1/12プロストックをメインにラジコン活動を進める予定ではありますが、

このブログはラジコン関連全般のtipsを以前よりも少し多めにしたいかなと考えております。

 

先ず一発目はコレですかね。

kimihiko-yano.netさんで発売されている、ROCHE製のP12Vを最近入手して、昨年12月16−17日にKARPにて開催された、

トウェルブチャンプレースのプロストッククラスに実戦投入しました。

マシン自体の入手はレース2週間前で、1週間前にパルスピードウェイさんで4パックほどシェイクダウンを済ませ、

そのままレース投入となった次第です。

 

P12Vは事前の噂では曲がり過ぎて難しいと聞いていたのですが、実際に走行させてみると確かに曲がりは良いのですが、

リアがしっかりしていて、特にプロストックの走らせ方に合っていると考えて実戦投入を決断した経緯です。

ボディにはこれまたkimihiko-yanoさんで発売されている、Perfect 10SRF製のリアスポイラーを装着することで、

更にリアの安定性向上を図ってレースに臨みました。

 

レース結果は予選8位、決勝Aメイン6位/29人と激戦のプロストックで久々にAメイン入りできただけでなく、

決勝Aメインでも4位との差が8分経過時点のゴールでわずか0.731秒と、レースペースは悪くなかったと思います。

なんといっても、予選では安定度98.32%と本予選では参加者29名中一番の安定度を叩き出すことができました。

これこそ、マシンの安定度と速さが両立できている証拠だと思う次第です。

ワタシの腕前で、かつ購入から短時間でのセットアップでこの結果ですから、P12Vは今後にかなり期待できるマシンだと思います。

 

これはお勧めですよ〜。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2023年も終わりますね_2023簡単な総括と2024に向けて

2023年12月31日 | 日記

みなさんこんばんは。

 

またもや長らくの更新遅れとなり、本当に申し訳ありませんでした。

ここを変わらずお越しいただいているみなさまにはお詫び申し上げる次第です。

 

2024のQ4は9月末のDAYTONA500耐久レース参戦および、11月末のスピードキング参戦に明け暮れて、

正直1/12のほうは手付かずで過ごしておりました。

というのもDAYTONA500耐久レース参戦直前にKARPで開催されたEPS-Jでは少しばかり好調で、

JMストッククラスでは予選2位、決勝4位/11人と好調でしたので、10月末につくパーで開催された、

EPS-Jもその勢いで行けるだろうと、かなり甘い認識で臨んでしまいました。

 

結果、10月末のつくパーでのEPS-Jでは、JMストッククラスにて最下位となる23位/23人となり、

相当に大きな精神的ダメージを受けてしまった次第でした。

 

その辺をFBで相談したところ、友人たちから下記のようなありがたいコメントを頂くことができました。

  1. 参戦カテゴリーが分散し過ぎ。1/12に集中できていない。
  2. 目標が何か?が不明確

というのが大まかにまとめたコメント内容となりました。

 

上記1. 参戦カテゴリーが分散し過ぎていたのはその通りで、KARPタミチャレは全戦参加、スピキン2回、

DAYTONA500耐久、タミグラ1回、パルF1ナイト4回に加えてEPS-J 8回が2023年の参戦レースでした。

また、1/12のメンテも参戦カテゴリーが多すぎなのと、手持ちマシンが多すぎて手が回りきらず、

そこも大きな要改善ポイントだと再認識した次第です。

 

上記2. 目標不明確についても、全てにおいてAメインに行きたいなあ、という程度の目標設定にて、

具体性を伴っていないと言い切れます。

 

ここで、ワタシの2023年のEPS-J参戦結果を下表に記したいと思います。

総合順位は全戦参戦頑張ったで賞的なところがありますが、全体的にみるとAとBの境でもがいている、

そんな感じが良く表現できている結果かなと思います。

 

上記を踏まえて来年2024年は下記の目標を明確に持つことで、

少しは自分自身に対して納得感を得たいと思います。

  • 1/12プロストッククラスを優先順位1位として、時間とお金を集中投資する。
    • EPS-Jでは一度で良いので3Mの一角に食い込む成績を出したい。
    • 2024年全日本には基本、ストッククラス参戦してBメイン入りを目指す。
  • その他カテゴリーは今年より掛けるお金と時間を大幅に削減する。
    • 耐久関係、スピキンとタミグラは見送りとする。KARPタミチャレのみ参加する。

はてさて、これで少しは自分自身で納得のできる2024年が過ごせるでしょうかね?

 

では、2024年は更に頑張って1/12に注力していきますので、みなさまもお会いした際は一緒に楽しみましょう。

 

みなさまもよいお年をお迎えください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする