“ヴィタミーナ”な生活

おいしく食べて、楽しく飲んで 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本ギター合奏フェスティバル

2010年10月31日 | 音楽
今日は合奏フェスティバルです。

[第22回 日本ギター合奏フェスティバル]

 日時 : 22年10月31日(日) 12時30分開演
 場所 : きゅりあん大ホール(品川区立総合区民会館)
       JR京浜東北線、東急大井町線 大井町駅

 入場は無料です。 
 
ヴィタミーナは第2部のラスト、14時20分頃の演奏予定です。
ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」よりワルツを演奏します。
フィギュアスケートの浅田真央選手のフリーの演技のバックに流れていた、ちょっと悲しげでドラマチックな曲です。
この曲、人気があるのか大学生のサークルとかち合ってしまいました。
演奏では学生にはかなわないのですが、ヴィタミーナらしいオトナの演奏を目指したいと思います。
フェスティバルなので、舞台を盛り上げる演出も工夫しています。

お近くの方、お時間のある方、応援に来てくださいね。

それでは、行ってきま~す
コメント

フランスワイン

2010年10月30日 | ワイン
今日のワインは「L’ANGELOT DE MERLOT(ランジュル・ド・メルロー)」
フランス南部、地中海沿岸のランドック・ルーション地方で造られたワインです。
ぶどう品種はメルロー。

透明感のあるきれいなぶどう色。
香りは、冷やしていたせいかあまり感じられず。
口に含むと「ぶどう」が口の中に広がります。
鼻を抜ける香りもぶどう。
しっかりしたタンニンを感じますが、それ以上に果実の甘みを感じます。
果実味たっぷりのおいしいワインでした。


レシピブログに参加しています。


コメント

れんこんと牛肉の甘辛煮

2010年10月29日 | 今日の晩御飯
すき焼き風味の炒め煮です。

1、れんこん1節は皮をむき、太ければ縦半分に切ってから5~6mm厚さに切り、酢水に5分ほどさらして水気を切る。
2、牛肉(薄切り)200gは一口大に切る。
3、長ネギ1/2本は斜め切りにする。
4、中華なべに油を熱し、牛肉を入れて炒める。
5、肉の色が変わったられんこんを入れてさらに炒める。
6、酒大さじ2を振り、水カップ2/3を加えて煮立て、アクを取る。
7、砂糖大さじ1、みりん大さじ2、しょうゆ大さじ3を加え、長ネギを加えて汁気がなくなるまで炒め煮にする。

ねぎを分葱などの青葱にすると、彩りがよくなりますね。


レシピブログに参加しています。


コメント

スペインワイン

2010年10月24日 | ワイン
白ワイン用のぶどうの名産地、ルエダ地方で作られた「TOPO(トポ)」
ぶどう品種はベルダホ。

きりりとした酸味としっかりしたコクのあるワインです。
骨太の感がありますが、しつこくなく爽やか。
晩御飯はおでんだったのですが、箸休めにと出した野沢菜の漬物にとてもよく合いました。

グラス写真です。
かなり黄色味の強いワインでした



レシピブログに参加しています。


コメント

鶏スペアリブと根菜の煮物

2010年10月23日 | 今日の晩御飯
お酢を効かせた煮物です。
鶏スペアリブとは手羽先のことです。

1、ごぼう1/2本は包丁の背で皮をこそげ取り、厚さ1cmの斜め切りにし、酢水に5分ほどつけてアク抜きをする。
2、にんじん1/2本は乱切りにする。
3、れんこん(小)1節は皮をむいて厚さ1cmの半月切りにし、酢水に5分ほどつける。
4、なべに水カップ1強、おでん用結び昆布2個、鶏スペアリブ200g、ごぼう、にんじん、酒・砂糖・みりん大さじ2、酢大さじ3.5、しょうゆ大さじ2を入れて火にかけ、煮立ったら火を弱めて15分ほど煮る。
5、れんこんとしょうゆ大さじ1.5を加えてさらに7分ほど煮る。
6、汁気が少なくなってきたら鍋返しをして照りを出し、火を止める。

れんこんを煮始めたら汁気に気をつけて、焦がさないように。
鶏スペアリブは骨から身がすっと外れて、おいしく頂けます。


レシピブログに参加しています。

コメント

蓮根とカニカマのサラダ

2010年10月22日 | 今日の晩御飯
ゴマの風味がおいしいサラダです。

1、蓮根は皮をむき、たて半分に切って薄切りにし、酢水に5分ほどつける。
2、なべに湯を沸かし、酢少々を加えて蓮根を入れ、透き通ったらざるに上げて冷ます。
3、ボウルにすりゴマ大さじ1、マヨネーズ大さじ3、胡椒少々を混ぜ合わせる。
4、水気を切った蓮根を入れて混ぜたら、カニカマ3本を手で裂きながら加えさっと混ぜる。

蓮根のしゃきしゃき感を残すよう、ゆで過ぎに気をつけて。


レシピブログに参加しています。

コメント

エビ玉

2010年10月20日 | 今日の晩御飯
しょうがを効かせたエビ玉です。

1、冷凍ムキエビは解凍し、しょうがの絞り汁、酒大さじ1、片栗粉小さじ1/2、塩少々で下味をつける。
2、長ネギ5cmはみじん切りにする。
3、冷凍グリーンピース大さじ1は熱湯をかけておく。
4、卵(大)2個は塩少々を振って割りほぐす。
5、中華なべに油を多めに熱し長ネギを炒める。
6、香りがたったらエビを入れて色が変わるまで炒める。
7、グリーンピースと卵を加え、強火で大きく混ぜながら炒め、半熟の状態で火を止める。

生みたて有精卵を頂きました。
黄身が濃く、味も濃く、そして殻が丈夫です。
なかなか割れない・・・


レシピブログに参加しています。

コメント

里芋と豚肉の煮物

2010年10月19日 | 今日の晩御飯
里芋の煮っころがしに豚肉をプラスしました。

1、里芋は皮をむき、一口大に切る。
2、豚薄切り肉100gは長さを三等分する。
3、鍋にだし昆布5cmと里芋をいれ、水カップ1.5を加えて火にかける。
4、煮立ったら中火にして5分ほど煮、砂糖・みりん大さじ1を加えてさらに2分ほど煮る。
5、しょうゆ大さじ1.5を加えてさっと全体を混ぜ、豚肉をほぐしながら加えて火が通るまで2~3分煮る。
6、冷凍グリーンピース大さじ1を加えてさらに1分ほど煮て火を止める。

里芋は皮をむくとぬめりが出ます。
茹でるなどしてぬめりを減らすこともできますが、私は何もしません。
ちょっと粘りのあるだし汁が絡むところが、里芋の煮物のおいしいところ、と思いますので。


レシピブログに参加しています。

コメント

スペインワイン

2010年10月18日 | ワイン
昨日のワイン「DOMINIO DE UGARTE(ドミニオ・デ・ウガルテ)」です。
スペインワインの名産地、リオハのワイン。
ぶどう品種はテンプラニーニョ。

透明感のあるきれいなぶどう色のワイン。
抜栓直後は少しイガイガを感じましたが、落ち着いてくるとまろやかでさわやかな飲み心地となりました。
甘みと酸味のバランスがよく、上品なワインという印象を持ちました。
オススメです。


レシピブログに参加しています。

コメント

さつま揚げと野菜のうま煮

2010年10月17日 | 今日の晩御飯
さつま揚げにおしょうゆ味のおいしい煮汁を煮含めました。

1、さつま揚げ4枚は油抜きをし、1枚を2~3つに切る。
2、干ししいたけ2枚は戻し、軸を取って1枚を2~3つに切る。
3、ゆでたけのこ1/2個は、一口大に切る。
4、にんじんは5ミリ厚さに切って型で抜き、ラップにくるんで30秒ほど電子レンジにかける。
5、冷凍のサヤインゲン6本は、1本を2~3つに切る。
6、にんにく・しょうが1片はみじん切りにする。
7、干ししいたけの戻し汁カップ1/2、水カップ1を小鍋にいれて火にかけ、固形スープの素1個を煮溶かす。
8、中華なべに油を熱し、しょうがとにんにくを炒め、さつま揚げ、たけのこ、しいたけを加えてさらに炒める。
9、鍋肌より酒大さじ1を回しかける。
10、7のスープを加え、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ2、塩・胡椒少々、ごま油小さじ1で調味し。3分ほど煮る。
11、にんじんとサヤインゲンを加えて1~2分煮る。
12、水溶き片栗粉をまわしいれてトロミをつけ、火を止める。

「旨」煮が出来上がりました。

今年の「サッポロ冬物語」
「炭焼き麦芽仕込み」とあります。
冬物語は苦いビールですが、今年はさっぱりとしたのど越し。
お鍋に合いそうです。



レシピブログに参加しています。


コメント