“ヴィタミーナ”な生活

おいしく食べて、楽しく飲んで 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誰でもピカソ

2006年05月29日 | 音楽
見ました~?
まったく楽器経験のないヨネスケさんが1ヶ月でミッシェルをクラシックギターで弾く、と言うコーナーです。

ヨネスケさんの演奏については、音がどうのとか姿勢がどうのとか言い出したらキリがないけれど、私としては1ヶ月でよくぞここまで、と思いました。
ちゃ~んとミッシェルに聴こえましたもの。
初心者にとっては、音価どおりに弾くということは、最初の難関。
頭で理屈はわかっても指はついてこないだろうし、楽譜どおりに弾くためにヨネスケさんはかなり練習を積まれたのでは、と思います。
人前に出ることが仕事の人でも、緊張するんですね。
手が震える、指が思うように動かない、家だともっとうまく弾けるんだけれど、という言葉は、いちいちうなずきながら聞いていました。

ただ、「ギターは難しいもの」という印象を与えてしまったのでは、とも感じました。
実際、難しいんですけれど・・・
あの番組でクラシックギター愛好者が増える、ということはなさそうな気がします。
それが、ちょっと残念。

P.S.
しのぶさん、濃かったですね~。
コメント (2)

カルメン

2006年05月26日 | 音楽
今週からエレクトーンのレッスンは、サポート演奏付き「カルメン」なのですが、甘く見ておりました。
むずかし~い
伴奏は「ブン(左足でベース)・チャ(左手で和音)」なのですが、このブンとチャが微妙に違う組合せで音楽が進んでいくのです。
いやらしいでしょう。
おまけに、ベース、音が飛んでかなり弾きにくい。
腹筋が鍛えられそうです。
ゆっくり、ゆっくり練習です。

さて、私、かなり疲れがたまっているようで・・・
お風呂に入って髪を洗ってリンスをしようと手に取って・・・





顔に塗ってしまいました・・・

はぁ・・・
コメント (4)   トラックバック (1)

週末2

2006年05月23日 | 雑記
さて、この土日は、と~ってものんびりと過ごしました。
と言うのも、家来クンがいなかったからなのです。

でも、ヴィタミーナのコンサートが近づいているので、やらなくてはならないことがいっぱいです。
まずは、練習。
くるみ割り人形でどうしても弾けない部分があるので、今さらながら運指をいろいろ考えて、どうごまかすかも考えて・・・
それから、トリフォニーホールとの打ち合わせをまとめ、司会原稿を作り・・・
家来クンのパソコンを借りていろいろとやっていたのですが、キーボードの配列が私のものとは違うのでやりにくい。
漢字変換も次候補を選ぶ時に使う↓の部分がCtrlキーだったり、BackSpaceキーやDeleteキーの位置もいちいち確認。
少しイライラしながら、それでも何とか形が出来上がりました。

日曜日は、髪をカット。
4~5cm切って、かなりさっぱりしました。
髪を切るのは大好き。
ストレスだとかイヤなことなどを、バッサバッサ切って捨てていくような気がするので。
私は美容院は決めているのですが、美容師さんの指名はしていません。
毎回お願いするのは「2~3センチ切って、軽い感じにさっぱりと」なのですが、それをどう受け止めるかは美容師さん次第。
私の依頼がどういう形に仕上がるか、それを楽しんでいます。
もちろん美容師さんのレベルが高くてどなたにでも安心して任せられるから、なのですが・・・

夕方家来クンが帰ってきて、日曜日の晩御飯は「餃子」。
飲んだワインは、「トーレス・サングレ・デ・トロ」
おいしくって、満足、満足~

コメント

週末1

2006年05月22日 | 雑記
パソコンが壊れてしまったので、週末はネット落ちしています。

まずは先週の金曜日のアフター5。
少し仕事が落ち着いてきたので、やるべきことはたまっているのですが思い切ってそれらを翌週に廻し、6時半に退社して久しぶりにスイミングに行きました。
2ヶ月ぶりです。
アクアビクスを楽しみに出かけたのですが、メニューが変わっていて「アクアサーキット」というクラスになっていました。
初めてだしどうしようかな、としばらく眺めていたのですが、アクアビクスと似た動きをするので思い切って参加をすることにしました。
先生はフィギュアスケートのミキティにちょっと似ている、若い女性です。
「アクアサーキット」はアクアビクス(水中エアロビクスで浮力や水の抵抗を利用して筋力を鍛えます)の動作をピックアップして、それを繰返していくもののようです。
例えば、肘を体の脇にぴったりつけて固定し、肩まで水に漬かった状態でダンベルを持ち上げるように肘から先を上下に動かします。
まず手の平をグーにして4回、パーにして4回、これをワンセットとして何回か繰り返します。
肩まで水に漬かると中腰になるので、腿や下腹の筋肉を使いますし、水の抵抗で二の腕にも効きそうです。
ただ、音楽に合わせて動いているとは言え、地味です。
アクアビクスのように、楽しくストレス解消、とはいかないようです。
一つ一つの動作でどこの筋肉を使っているのかを意識して動けるので、アクアビクスと組み合わせると、より効果的かな・・・
あとでスケジュールを見たら、月曜と木曜の夜にアクアビクスのクラスがありました。
月曜はギターで、木曜はエレクトーンだ・・・
でも、レッスンがお休みの時はアクアビクスに行こうかな・・・

さて、アクアサーキットの後は、500メートルゆっくり泳ぎました。
アクアビクスやアクアサーキットはかなり運動量が多いので、泳ぐのは私にとってはクールダウンです。
身体を充分に伸ばして大きな動きでゆっくり泳ぐのは、とっても気持ちがいいです。
癒される、という感じ。
私は水の中にいると安心感を感じるのですが、これは人間の原初の体験(お母さんのお腹の中で羊水に浮いている)記憶がよみがえるから、という話を聞いたことがあります。
ホントかな・・・

久しぶりのプール。
夕飯のビールが、と~っても美味しかったです
ちなみに金曜日の晩御飯は
 エビチリ
 水菜とチクワの卵とじ
 もやしのカレーサラダ   でした。
気持ちよくくたびれて、日付が変わる頃にはすでに夢の中にいました。
コメント

エレクトーンの効用

2006年05月19日 | 音楽
私がエレクトーンを始めたそもそものきっかけは、東京駅でもらった八重洲にあった楽器店の生徒募集のチラシです。
高校生の頃までピアノを習っていてもう一度鍵盤に触れたいな、と思い体験レッスンに参加しました。
体験レッスンの楽譜はとても簡単。
両手で弾くだけなら初見で出来ます。
ところが、左足のベースを入れると、なぜかグチャグチャになってしまいます。
小節の頭に音が1つなのに、ゆっくりゆっくり練習していかないと弾けません。
自分の運動神経(反射神経?)のなさに、凹みました。
それともう1つ、出来ないことがありました。
それは、リズムに合わせること。
リズムボックスが刻むリズムに合わせて弾くことが、最初はまったく出来ませんでした。
これはピアノ出身の人はみんな苦労していましたね。

年数が経ち、今ギターでアンサンブルをしていて、自分の中にある「体内メトロノーム」がかなり正確なのではないか、と感じるようになりました。
これはエレクトーンの効用です。
そしてリズムにあわせることによって、拍を意識するようになりました。
1拍目は一番大事。
子供の頃音楽の授業で習った4拍子なら「強・弱・中強・弱」が、音の大きさではなく「意識の大きさ」であることが、自然と身につきました。

逆にギターアンサンブルの効用というものも昨日感じました。
4月20日に書いた「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」。
先生は「アンサンブル慣れしているので、こういうのは特に言うことはないわね。」でした。
弦楽合奏に混じって弾いているようで、と~っても楽しかった
快感を覚えてしまったので、次はオーケストラで「カルメン」です。
コメント (3)

笑い

2006年05月16日 | 雑記
「笑う」という行為はとても身体や心によいことで「副作用のない薬のようなもの」と言われています。

笑うとどういうよいことが起こるかと言うと、
 1、血液の循環がよくなる。
 2、免疫力が向上する。
 3、脳が鎮静化する。
 4、人間関係がよくなる。

ヴィタミーナの合宿では、ほんとうによく笑いました。
誰かがなにかを言えば笑い、食事しながら笑い、お酒を飲みながら笑い、練習でも笑い、
難しい部分での必死の弾くフリでは先生が笑い・・・(←これはちょっと意味合いが違うかな)

ここ2ヶ月ほど忙しい日々が続き、なんだか体がだるく、おなかが張って(○ピしていたわけでもないのですが)食欲も落ちてきて、合宿は詰めて練習をするし寝不足にもなるし大丈夫かな~と思っていたら、笑い転げていたおかげで元気になって帰宅しました。
どうやら私のおなかの中に詰まっていたものは、ストレスだったようです。

笑うことによって蓼科のきれいな空気もいっぱい体内に取り込めたように思います。

そして、笑うだけじゃなくてよくしゃべった。
往復の車、行きが紆余曲折があり4時間、帰りは3時間半。
なにをそんなに話すことがあったのだろう、と不思議に思うほどしゃべりっぱなしでした。
コメント (2)

ヴィタミーナの合宿

2006年05月15日 | 音楽
ヴィタミーナの合宿で蓼科へ行ってきました。
お世話になったのはこちら、ベルクハウスG-CLEF
(トップページに私たちの写真が載っています。)
細やかな心遣いを頂き、とても楽しい2日間を過ごしました。

練習はダイニングでしていたのですが、隣の厨房の冷蔵庫の上にネコがいる~
厨房とダイニングを仕切る壁にある小窓にへばりついてみんなで見ていました。
私たちに気が付いたネコは「なに見てんだ」といった冷めた目でこちらを見つめ、小窓にずらりと並んだ顔に気がついた奥様は大爆笑。

練習もみっちりしました。
その成果がコンサートの演奏に反映されますように・・・
パソコンが直ってきたら、この様子もヴィタミーナのHPや練習日記にアップします。
コメント

トリフォニー 打ち合わせ

2006年05月12日 | 音楽
おととい、ヴィタミーナ5thコンサートの打ち合わせに、すみだトリフォニーホールへ行ってきました。
(このことは、自分のパソコンが復活したら練習日記にアップします。)

その日は大ホールはリハーサルが入っていて、オーケストラの方々が私たちが打ち合わせをしている部屋の前を続々と通り過ぎていきます。
なんだか、私たちもいっぱしの音楽家になったような気分。
「こりゃ、下手な演奏は出来ないぞ~。」と思いました。

週末は、蓼科で合宿です。
練習に宴会に、大いに楽しんできます。
コメント (4)

ウィンドウズが・・・その後

2006年05月11日 | 雑記
結局、何やってもダメみたいです。
あきらめて修理に出すことにします。
データのバックアップは7ヶ月ほど前にCDに落としてありますが、個人使用のパソコンなので、それほど不便はないと思います。
ま、今回のヴィタミーナのコンサートのチラシや案内ハガキのデータは、なくなってしまいますが・・・

この2日間のブログの更新は、大きな声ではいえないけれど、会社からです。
修理とリカバリーのため2~3週間通常の更新が出来ませんが、合宿などのイベントもあるので、楽しいことがあったらアップしようかな、と思っています、会社から・・・。
コメント (3)

ウィンドウズが・・・

2006年05月10日 | 雑記
オープンして1年ちょっと、毎日更新を続けてきたこのブログですが、ついに昨日は更新することが出来ませんでした。

それは

ウィンドウズが立ち上がらなかったから!!


もう、泣きましたよ。
誰に聞いても「あ、それはHDD逝っちゃったね。」です。
ヴィタミーナの合宿があったりコンサートがあったり、ネタ満載のこの時期にブログの更新も練習日記の更新も、メールのやり取りも、プログラムを作るのも、何も出来ません。
購入して2年ちょっとのパソコンです。
壊れるの、早すぎ・・・

ただ、裏ワザではないのだろうけれど、もしかしたら復活するかも、の方法を小耳にはさみました。
都市伝説かもしれないし、HDDが本当に壊れていたらやっても無駄なことなのですが、今日帰宅したら試してみます。
それでもダメなら、すべてをあきらめ、修理に出します。

ヴィタミーナの皆さん、ご協力、よろしくお願いいたします。
 
コメント