“ヴィタミーナ”な生活

おいしく食べて、楽しく飲んで 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さんが焼き

2007年10月31日 | 今日の晩御飯
房総の漁師料理に「なめろう」というのがあります。
釣った魚を船の上でたたきにして味噌と薬味を混ぜたものです。
それを貝の殻などに入れて焼いたものが「さんが焼き」です。
我が家ではお手軽にツナ缶で代用しています。

1、ツナ缶2缶(80g×2)は開けて油を切り、ボウルに入れてよくほぐす。
2、ネギ1/3本(今日は万能ネギ5本)は粗めのみじん切りにし、ツナと混ぜ合わせる。
3、溶き卵2/3個、みそ小さじ2、片栗粉・小麦粉小さじ1を加え、さらに混ぜる。
4、アルミカップに盛り、オーブントースターで8~10分、表面に焦げ目がつくまで焼く。

卵は様子をみながら加えてください。
あんまりゆるゆるにならないように・・・
さんが焼き、日本酒や焼酎によく合います。

晩御飯の準備の途中、空いたツナ缶を洗っていたら右手人差し指をざっくり切ってしまいました。
料理の続きと洗い物は家来クンにまかせ、ティッシュで強く押さえて止血し、バンドエイドをまいています。
今週末、ヴィタミーナの合宿だというのに、ただでさえ動く指が少ないというのに、ちゃんとギター、弾けるかな・・・


レシピブログに参加しています。



コメント (2)   トラックバック (1)

かやくご飯

2007年10月30日 | 今日の晩御飯
火薬、じゃなくて加薬ごはん。
本来は、漢方薬の効果を高めるために補助的な薬を加えることや、その薬をいう漢方の用語ですが、転じて主材料を引き立たせる副材料の意味で、五目飯やうどんに入れる具を「加薬」というようになったのだとか・・・

(2~3人前です)
1、米1合は洗ってざるにあげておく。
2、水1カップにだし昆布5cmをつけておく。
(できれば約半日、つけておきましょう)
3、干ししいたけ2個は水1/2カップにつけて戻す。
4、しいたけ、にんじん5cmはせん切り、ごぼう1/3本はささがきにして、酢水につけてアクを抜き、水気を切る。
5、油揚げ1/3枚はせん切り、こんにゃく1/3個もせん切りにする。
6、厚手の鍋に米と昆布をつけておいた水を入れ、4、5の具を加え、砂糖小さじ1/3、酒・しょうゆ大さじ1、塩少々を入れてざっと混ぜてならし、水が足りないようなら干ししいたけの戻し汁を少し加え、炊く。

かやくご飯があればあとはお味噌汁と、何か一品あれば十分な晩御飯です。


レシピブログに参加しています。



コメント (2)

カリフォルニアワイン

2007年10月29日 | ワイン
土曜日に頂いたワイン。
カリフォルニアのワイナリー「WENTE(ウェンテ)」のリースリング。
リースリングというと、ドイツで作られた繊細なワインというイメージが付きまとっていて、想像がつかなかったんです、日差しの中で造られたカリフォルニアのリースリング。

抜栓してグラスへ。
想像より黄色が強く、麦わら色より黄金色に近い感じです。
香りも、冷えているにもかかわらず十分な果実味を感じられます。
そしてお味は・・・
おいしい~
ほのかな酸味と甘み。
絶妙のバランスです。
口に含むとまず甘みを感じて、喉を通り抜けるときに軽い酸味を口の中に残していくのです。

甘みと酸味、そしてアルコール度がしっかりとしているので、よほどの濃い味のものでない限り、いろいろな料理に合いそうです。
WENTEのワイン、我が家で普段飲んでいるワインよりすこ~しお高め(と言っても2000円超)だったのですが、オススメですね。

グラス写真です。



レシピブログに参加しています。



コメント

鶏手羽先と根菜の煮物

2007年10月28日 | 今日の晩御飯
お酢を加えて煮ました。
さっぱりとして、お肉も柔らかく、おいしく頂きました。

1、おでん用の結び昆布をカップ2の水につける。
2、鶏手羽先肉5本は、関節から手羽先と手羽中に分けておく。
(関節に包丁を当てて上から力を加えると簡単に切り離せます。)
3、ごぼう1/2本は皮をこそげ、斜め切りにして酢を少々入れた水にさらしてから水気を切る。
4、にんじん1/2本は皮をむき、一口大の乱切りにする。
5、鍋に1~4(昆布と水、鶏手羽先肉、ごぼう、にんじん)を入れ、酢大さじ6、砂糖大さじ3、酒・みりん大さじ4、しょうゆ大さじ3を加えて火にかける。
6、煮立ってきたら蓋をして15分ほど煮る。
7、れんこん1/2節は皮をむいて厚さ1cmの半月切りにし、酢水にさらす。
8、れんこんの水気を切って鍋に加え、更にしょうゆ大さじ3を加えて蓋をせずに7分ほど煮て火を止める。

しばらくほおっておくと、味が野菜にしみこみます。
最後に鍋返しをすると照りが出て、と~ってもおいしそうになりますよ。


レシピブログに参加しています。


コメント   トラックバック (1)

たこのにんにくマヨネーズサラダ

2007年10月27日 | 今日の晩御飯
切って混ぜるだけの簡単サラダ。
ボリュームがあって、ビールにもワインにもよく合います。

1、たこ150g(足2本くらい)は洗ってから一口大に切り、軽く塩・胡椒を振り、レモン汁をからめる。
2、万能ネギ3~4本は洗って根を切り取り、小口切りにする。
3、にんにく一片はおろし、マヨネーズ大さじ3、しょうゆ小さじ1と混ぜ合わせる。
4、3にたこを入れて混ぜ合わせてから、ネギを入れてざっと混ぜる。

ニンニクが効いています。
あとからくちゃいかも・・・


レシピブログに参加しています。


コメント   トラックバック (1)

ししゃもの土佐揚げ

2007年10月26日 | 今日の晩御飯
土佐揚げとは鰹節(削り節」)を衣にしたフライです。
香ばしくておいしさアップ

1、削り節15gはから炒りし、指先で細かくほぐしておく。
2、ビニール袋に小麦粉大さじ1を入れ、ししゃも8尾を入れて軽く上下に振り満遍なく小麦粉をつける。
(振り回すと中でししゃもが悲惨なことになるので注意)
3、溶き卵をくぐらせ削り節をつける。
4、中温(乾いた菜ばしを入れて泡がゆっくりあがってくるくらい)に油を熱し、カラリと揚げる。

ししゃもにも削り節にも多少の塩気があるので、揚げたてをそのまま、頭からむしゃむしゃ食べちゃいました。
ビールによく合います。


レシピブログに参加しています。


コメント (2)   トラックバック (1)

カリフォルニアワイン

2007年10月25日 | ワイン
日曜日に春巻にあわせて飲んだワインです。
「WENTE(ウェンテ)」というゴールドラッシュの時代から続く家族経営のワイナリーの作ったロゼワイン。
ぶどう品種はホワイトジンファンデルです。

どうも「中華にはロゼ」というアタマがあります。
中華料理はスパイシーだったりとろりと甘かったりいろいろな味がするので、ワインは中華に合うとは思うのですが、なにを選んだらよいのか迷う事が多いのです。
で、ロゼ。
(赤+白)÷2=ロゼ と言うわけではないのですが、ロゼの軽さや酸味などのバランスは、料理に対してとても広い守備範囲を有していると思っています。

ちょっとオレンジがかったサーモンカラーの美しいワイン。
ほのかにさわやかな果実の香りがします。
お味はかすかに甘い。
食事を邪魔するような甘みではなく、さっぱりとした口当たりのよい甘み。
パリッとした春巻や、生ハム、ポテトサラダ、もやしのサラダなど、食卓の上の料理を引き立ててくれるワインでした。
あえて言えば、濃い目のおしょうゆ味の和食は合わないかも・・・

カリフォルニアワインは(オーストラリアのワインもなのだけれど)太陽を燦燦と浴びて育ったぶどうから作られた、ちょっとこってり目の味、酔ってしまいそうな果実香、強すぎる樽香というイメージがあり敬遠していました。
こんなに上品な、デリケートな印象のワインがあるなんて。
カリフォルニアワインに対する見方が変わりました。

グラス写真です。
美しさもワインの大切な条件ですね。



レシピブログに参加しています。



コメント

なすとがんもどきの煮物

2007年10月24日 | 今日の晩御飯
濃い目の味で煮付けました。
口の中に煮汁がジュワ~っとしみ出して、おいしい

1、鍋に湯を沸かし、洗ったオクラ2本を1分ほどゆでる。
2、ざるにがんもどき(大きいもの)を置き、オクラのゆで汁をかけて油抜きする。
3、オクラは1cm長さの斜め切りにする。
4、がんもどきは4つに切る。
5、なす2個はヘタを取って縦半分に切り、皮目に斜めに2mm間隔で切り目を入れ、2つに切って水にさらす。
6、中華なべに揚げ油を熱し、乾いた菜ばしを入れて泡が上るようになったら、ナスの水気を拭いて油に入れ、色鮮やかになるまで揚げて油気を切る。
7、鍋にだしカップ1/2、みりん・しょうゆ大さじ3を入れて火にかけ、がんもどきを入れて弱めの中火でふたをして5分ほど煮る。
8、なすを入れて2~3分煮て火を止める。
9、器に盛り、オクラを散らす。

薄味が基本の私ですが、たまにこういう濃い味の煮物を食べたくなります。
でも、見た目やレシピで想像するより、煮汁自体は濃い味でも、なすもがんもどきも中まで味はしみていないので、ちょうどいいのです。
ごはんがおいしいです。


レシピブログに参加しています。


コメント (2)   トラックバック (1)

イタリアワイン

2007年10月23日 | ワイン
土曜日にきのこのパエリアに合わせて飲んだワインです。
「SOAVE CLASSICO PIEROPAN(ソアヴェ・クラシコ ピエロパン)」。
北イタリア、イタリアをブーツにたとえるとちょうどひざ裏あたりのヴェネトで造られた、イタリアを代表するワインです。

ソアヴェというと、さっぱりしてる酸っぱい軽いワインというイメージを持っていました。
ちょっとお値段のはる(といっても2000円超程度ですが)ワインなので、さっぱり、酸っぱいがどう料理されているのか(?)、楽しみに抜栓しました。
花の蜜とシトラス系の果実の香りがほのかに感じられます。
ソアヴェの特徴である繊細さを保った上品な酸味と果実味。
酸味とコクのバランスがよくて、とてもおいしい。
オリーブオイルやニンニクの「香りを引き立てる」ワインだと思います。

グラス写真です。
豊かな黄金色でした。



レシピブログに参加しています。



コメント

たたききゅうりの明太子あえ

2007年10月22日 | 今日の晩御飯
この料理の決め手は「素材」です。
おいしいきゅうり、おいしい明太子で作りましょう。

1、明太子1腹は中身をスプーンで出してボウルにいれ、ほぐす。
2、きゅうり1本半はすりこ木で軽くたたいて割れ目をいれ、両端を切り落として長さを3~4つに切り、手で裂く。
3、きゅうりと明太子を和える。

今日はギターのレッスン。
ディアンスの「サウダージ3番」、形が出来てきました。
ギタリストが作ったギター曲はとても合理的で、聴いたり見たりするとすごく難しいことをやっているようでも、実際に弾いてみると全然そうではなかったりしますね。
右指を自由に使えないけれど、それっぽく聴こえるようにいろいろ工夫しました。
バッハやソルでそれをやったら怒られそうだけれど、こういう曲なら許されるんじゃないかと思っています。


レシピブログに参加しています。


コメント   トラックバック (1)