雨曇子日記

ご近所散歩日記です。だけのつもりでしたが、だんだんカテゴリーが増えました。

日本一長い藤棚を歩く

2018-04-24 22:26:39 | 東武健康ハイキングなど

              ( 春日部駅西口前、ハイキングのスタート&ゴール地点)

 

春日部の街を歩く約 13 km のハイキングですが、期間は 4 月 14 日~ 29 日で、東武線春日部駅西口のスタート地点から歩きます。

私は 21 日に歩きました。コースの地図をもらい、出発です。

 

 

市役所の前を通り、陸橋を渡って東口に出て、地図にあった「春日部市郷土資料館」に寄り道しました。

 

                        (資料館の前にあった彫像)

              (資料館入口にあった、縄文時代中期の竪穴住居推定模型)

                     (江戸末期の粕壁宿推定模型)

 

ハイキングに来たことを忘れ見入ってしまいそうになったので、早々に切り上げ、大落古利根川右岸に出ました。

 

 

堤防歩きコースを大幅にカットして先に進みます。

 

 

春日部八幡神社の北側を通り、藤棚の道に出ました。

春日部市藤通りの藤棚は、総延長約 1 . 1 km で、街路樹としては日本一だそうです。

 

 

地図に記されたコースは、あくまでもモデルで、それに囚われなくてもいいとのことだったので、私の歩きもまあこれでよかったのかなと思いました。

万歩計は、14198 歩を記録しました。

 

 

 

コメント (2)

コウノトリの里へ

2016-07-18 18:12:38 | 東武健康ハイキングなど

7 月 16 日(土)の第 346 回東武健康ハイキングはつくばエクスプレスとの合同企画で“野田市コウノトリの里めぐり”(全 11 km)でした。

スタートはつくばエクスプレス「柏たなか駅」です。

 

        

             

             

             

 

駅西口の新しい道路を北に進み、常磐自動車道を陸橋で渡って、船戸高野の集落を抜けて運河(利根川~江戸川)に出ます。

 

             

                   (駅前のスーパー カスミ)

        

        

        

             

        

        

 

運河の南は柏市、北は野田市です。

運河べりの市立柏高校はブラスバンドで全国的に有名校です。野球も強く、千葉ロッテの清田選手はここの出身です。

 

             

             

 

運河北岸の土手を下りて“江川排水路”沿いに進みます。

 

             

             

             

 

いったん林の道に入ってまた川べりに下りると、コウノトリに出会いました。

 

             

             

        

             

             

             

 

コウノトリの里だったのです。

 

             

        

             

             

             

    

 

禽舎から田に出てきたコウノトリに出会えてラッキーでした。

帰りは、運河の堤防を歩き、東武アーバンパ-クライン運河駅に出ました。

 

        

    

             

             

             

 

 

 

 

コメント (2)

2016 東武健康ハイキング 5 月“麦畑・水田・行幸湖(みゆきこ)”

2016-05-14 22:22:08 | 東武健康ハイキングなど

        

 

全行程 16 km は不安でしたがトライしたい気持ちもあり、T 君を誘って参加しました。

 

        

    

 

風景を映し出す水田、今どきあまり見かけない麦畑などを眺めながら、元気に出発です。

コースの要所要所に緑ジャンバーの方が立って、案内や激励の言葉をなげてくれます。

 

             

             

             

             

        

        

 

キューピーの工場の前を通り、茨城県五霞町に入りました。

 

        

        

        

             

 

片側の水田が高い道を通りました。

 

             

             

             

 

神社の祠、高い木立がところどころに残っています。

 

             

             

 

中川を渡って、花見に来たことのある権現堂堤に出ました。

 

             

             

             

            (どうやら歩けそうだと、自信を持つにいたった T 君です)

              

             

                    (外野橋から眺めた中川)

 

埼玉県が管理する多目的調整池の行幸湖(みゆきこ)に沿って歩きます。

 

        

             

             

             

             

             

 

後から来る人にどんどん抜かれ、私たちがゴールに到着したのは、制限時刻の 15 : 00 を少し過ぎてしまいました。

それでも、歩き通すことができたので私たちは満足でした。( 32000 歩 )

 

        

             

 

 

コメント (4)

越谷ウオーキング

2014-07-05 21:10:20 | 東武健康ハイキングなど

             

             

 

この田んぼアートは、東埼玉資源環境組合の煙突、80Mのリユース展望台からの眺めです。

 

     

               

             

             

 

ここは、7月5日(土)に行われた東武健康ハイキングのコースの一地点でした。

 

    

     

 

ここは、花田苑です。能楽堂もあります。(展望台の方は無料ですが、庭園は入園料100円です)

 

     

     

             

 

広く、立派な久伊豆神社もコース上にありました。

 

     

     

     

 

スタート地点は、市役所前。そこから元荒川緑道を歩きました。

 

     

     

             

 

アウトレットで知られるレイクタウンまで足を伸ばします。

 

     

             

 

道端の草花に癒されながら2万歩強を歩きました。

 

     

     

 

 

             

コメント

東武東上線100周年記念ハイキング

2014-05-17 21:10:18 | 東武健康ハイキングなど

東武東上線は、東上鉄道(株)による1914年(大正3)5月1日 池袋~田面沢(現川越市)33.5kmの営業から始まりました。その100周年記念ハイキングが5月17日(土)に行われたので参加しました。

スタートは池袋西口公園。劇場通りを北に進みます。

 

     

     

 

東上線「下板橋駅前」に“東武東上線発祥の碑”がありました。

 

     

 

板橋区に入り、しばらく線路に沿って西に進み、陸橋で東上線を渡り返し南へ進みます。

 

     

 

山手通り沿いの熊野神社、庚申堂を通ります。

 

     

     

 

豊島区高松のえびす通りに“大石村ガレージ画廊”がありました。

「三重県の大石村だよ」と、関係者らしき人が言いました。立派な作品がたくさん展示してありました。

 

     

     

 

千早町にある区営の熊谷守一美術館に入りました。岐阜の人です。1965年97歳でなくなるまでこの家に住み、その自宅を、娘さんが美術館にしたのだそうです。

 

     

     

      

 

西武池袋線の踏み切りを渡り、南長崎目白通りのニコニコ商店街に出ました。

アパート、トキワ荘には、手塚治虫、赤塚不二夫、石ノ森章太郎などの一世を風靡した漫画家たちが生活していました。ここから、鉄腕アトム、天才バカボンなどのヒーローが誕生したのです。

 

             

      

     

              

             

             

     

 

コースの終わりは、立教通りです。

 

     

               

     

     

 

ゴールの池袋西口広場では、ジャズフェスティバルで賑わっていました。

 

             

             

             

 

歩行距離は約11km、歩行時間約3時間でした。

             

 

 

   

 

   

コメント

運河駅から清水公園駅へ

2014-05-10 16:55:17 | 東武健康ハイキングなど

             

 

5月10日(土)、東武アーバンパークライン記念ハイキングに参加しました。運河駅下車、東口を出て、ムルデル通りからふれあい橋を渡った先がスタート地点です。

 

     

             

     

             

 

ムルデルさんは、明治23年に完成したこの運河の設計・監督のオランダ人技師です。

しばらくは、運河沿いのすかんぽの道を歩きました。

 

     

     

 

そして、北上し、しばらく歩いて野田市櫻木神社に着きました。

 

     

     

     

     

 

リックにたくさんのバッジをつけていた方は、栃木市から参加されたTさん。昨年は、いろいろなハイキングに参加し、延べ650km歩いたそうです。

 

     

 

野田市、市街に入ります。

 

     

 

キッコーマン創始者の茂木本家の美術館に立ち寄りました。いろいろな画家による富士、安藤広重の東海道五十三次の版画がメインの展示でした。庭に祀られている稲荷神社手水舎に施された“狐の嫁入り”の彫刻が珍しいと思いました。

 

             

             

     

             

 

街道沿いの蕎麦や“こな金”さんに入り「ざる蕎麦」を食べたのですが、肝心の「ざる蕎麦」の撮影を忘れてしまいました。

 

             

             

 

通りで見かけた歴史的建造物です。

 

     

             

             

 

そして、まもなく愛宕神社。

愛宕神社を過ぎ、アーバンパークライン愛宕駅を過ぎ、線路沿いの道を進むと、すぐ、清水公園駅、本日のゴールでした。

 

     

             

     

 

             

     

 

約9km、17000歩でした。

 

   

 

 

コメント

春色の古利根を歩く

2014-04-12 19:53:48 | 東武健康ハイキングなど

4月11日(土)埼玉県春日部市を流れる大落古利根川(おおおとしふるとねがわ)緑道を歩く、東武健康ハイキングに参加しました。

     

     

     

 

江戸時代の初め、利根川東遷のために上流を止められ、田を潤す用水の水を集める川となったが、昔の川幅は変わらずに満々の水を湛え大河の風格です。

 

     

     

     

 

             

             

             

             

             

 

川岸の桜は、あらかた散ってはいたものの、まだ春の趣は残っています。

 

             

             

             

             

             

     

     

     

 

昼食は、東武エリアにあって孤軍奮闘の西武百貨店で。

     

             

 

1万5千歩を歩いてゴール。街のモニュメントを眺めながら帰途に着きました。

 

             

     

     

     

 

 

   

コメント

流山市(千葉)たっぷり14kmウオーキング

2013-07-20 21:08:16 | 東武健康ハイキングなど

             

7月20日(土)TOBU・つくばエクスプレス合同の健康ハイキングに参加しました。
スタートは、つくばEX「流山セントラルパーク」駅です。

    

発展途上の町から旧市街に入り、流山電鉄の踏み切りを越えて、流山市を代表する赤城神社に来ました。(要所要所に立って下さったスタッフの方のお陰)

             

             

    

    

近藤勇陣屋跡は、ハイキングの人々を惹きつけます。

    

鉄道ファンには、流山電鉄 流山駅は必見。

             

             

             

流山市図書館・博物館の前を通って「三輪野山近隣公園」に来ました。

             

    

             

高台にある公園を降りて、江戸川堤防に取り付きます。
そのまえに、道端のマクドナルドで昼食をとりました。

             

             

江戸川堤は、思ったより涼しく歩けました。

             

    

             
              (常磐高速道路の江戸川橋梁の下)

    

堤防を下り、昔みちを通ってゴールに向かいます。

    

    

    

そして、運河に出ました。
明治23年完成のこの運河は、利根川、江戸川8,2キロを結び水位1,6メートルで、1日平均100艘以上の船が利用したそうです。(昭和12年には1日18艘に。昭和16年運河の役目を終え、現在は公園)

             

    

             

             

無事ゴール。
25683歩でした。



コメント (2)

鬼怒川渓谷の美

2013-06-09 10:43:11 | 東武健康ハイキングなど

            

6月 8日(土)東武鉄道の健康ハイキングで鬼怒川温泉に来ました。
最初に鬼怒川 楯岩大吊橋を渡ります。

            

    

            

            

有料道路下のトンネルに入って、古釜の滝を見ました。

    

有料道路わきの歩道を歩きます。
栃木県らしく、街路樹はトチノキです。

            

            

大瀞橋で鬼怒川を渡り返します。
橋の下でモーターをつけた舟が待っていました。
ここは、“瀞”だから深いんでしょう。ライン下りの舟を待っていたのです。

            

            

            

            

            

            

ハイキングでは、多くの方がサポートして下さいました。

            

    

お陰さまで、安全に、楽しく10Kmを歩けました。

鬼怒太くん、また遊びにこます!

    


コメント (7)

春日部市(埼玉)田園地帯を歩く

2013-06-02 14:38:32 | 東武健康ハイキングなど

第310回東武健康ハイキングです。
5月23日(木)~6月13日(木)期間限定の新コース。
東武野田線「南桜井駅」がスタートです。

            

    
    (駅前広場の石のモニュメント)

駅北口には、スーパーヤオコウがあり、道路が立派です。

            

            

    

車道、自転車道、歩道と、段差のついたそれぞれ独立の道です。
惜しむらくは、区間が短いのです。テストケースかもしれません。
ハイキングコースは、さくら通り、用水路沿いの道を進みます。

    

    

    

前方の立派な建物は、平成18年に完成した「首都圏外郭放水路」という、洪水に備えた施設です。
地下50mに、6.3kmにわたる大トンネルがあって、そこに貯めた水は、江戸川に流すようになっているのだそうです。

            

            

近くの江戸川の堤防道を「東京柴又100キロマラソン」のランナーが走ってきました。

            

            

            

            

            

私たちは、金野井用水路ぞいの、むかし道を歩きます。

            

    

しばらく田の間を行き、次に「庄内領悪水路」と今も呼ばれている水路沿いの道を歩きました。

            

            

    

道の駅「庄和」で昼食のあと、国道4号バイパスを渡り、
中川を越え
倉松川沿いの小道を行き、
牛島に出ました。

            

    

            

            

    
      (中川)                              (中川の橋の中ほどの道標)

    
      (倉松川)

    
   (牛島小学校)                               (藤のレリーフ)
                           
牛島公園を通り、まもなく大落古利根川に出ます。

            

            

            

            

            

川を渡ると、東八幡神社。
氏子会の加藤清吉さんがガイドしてくれました。

            

            

    
    (樹齢600年の大ケヤキ)                          (加藤清吉さん)

日光街道宿場町の面影を残す粕壁の町並みを抜けて、春日部駅東口にやっとたどり着きました。

    

            

約12キロ歩きました。ヘトヘトです。

  

            





  
            

コメント (2)