田舎生活実践屋

釣りと農耕の自給自足生活を実践中。

真夏の汐巻で五目釣り、待望の夕立も(2018/7/22)

2018-07-23 11:19:54 | Weblog
田舎生活の好きな皆さんお元気ですか。
昨日の日曜日、名高い漁場の汐巻で釣りでした。
前日から釣り幹事のSZ氏宅に泊めてもらい、朝3時木工職人のSG氏、電気工事屋のK氏、鉄工所のF氏ら釣りバカ6人を乗せた車、小倉を出発、粟野漁港5時出港。
船はいつもの第五漁神丸。

(ヤリイカが釣れた)
一月ほど前から、イカメタルというものがあり、これを、スッテ&おもり代わり、通常のイカスッテも短い枝糸で付けてあわよくばイカ釣れろ。
 時々拝見している、釣のブログで仕掛けも研究
 この2回は空振り、今日、背中合わせで釣っていたK氏が、ヤリイカゲットで、急ぎ、私もイカメタルに変更。
 15分程、せいぜい30分の探り釣りで、ダメなら本命の鯛釣りに戻る腹積もり。
 なんと、本当にヤリイカが掛りました。
型は、小型。

 一度中断を挟んで、可愛いヤリイカ結局3匹ゲット。
これまで半信半疑でイカメタルを投入していましたが、これからは期待を込めてイカを釣ることに。

(大漁)
大鯛、50センチ余りも私も含めて、皆さんで3匹とまあまあ。
アオナ、ボッコといった嬉しい魚も上がり、一番多いのは、レンコダイで帰りのクーラーボックス皆さんズッシリ。
↓大鯛




↓アオナ



↓ほうぼう

↓ボッコ


↓レンコダイ


(日本歩いて一周)
行きの道中、車内で釣りバカ話やら、世間話で賑やか。
木工職人のSG氏が言うには、同級生の方、82歳だが、理容店を2店舗営んでおられ、一念発起、歩いて日本を回る計画とのこと。
寝袋持参。
東京オリンピックが始まるまでに、40キロメートル/日のペースでゴミを拾いながら日本を綺麗にして回るのだとか。
オリンピックを見に来る人たちに、清潔できれいな日本を見てもらいたいと。
 四国88箇所ぐらいにしてはと、SG氏や周りの人が話すが本人は、やる気満々とのこと。
 40年以上前、尾瀬の山小屋に泊まると、ゴミは持ち帰ってくださいとあり、驚いたが、趣旨は分かると、しぶしぶゴミをリュックに入れて持ち帰ったのを思い出す。
瞬く間に、私が時々利用した四国、九州の山小屋でも同じルールになり、今では、列車の中で
発生したゴミも所定のゴミ箱に捨てるのが当たり前の文化。
おかげで、新幹線の車内清掃がきわめて短時間(2分)で終わり、世界に誇る新幹線の運転間隔の短さにつながっているらしい。
話は、尾瀬(長蔵小屋から?)から始まっている。
 82歳の方の全国徒歩清掃旅行も、そう馬鹿にした話ではないかも。

(強い夕立)
SZ氏宅から、迎えに来た次男の車で、我が家に。
農園にキュウリを取りに行った妻の話では、ポツポツ、農園で雨とか。
そうこうするうちに、叩きつけるような強い夕立に雷。
スマホのお天気レーダーを見ると、農園周辺も強い雨マークの真っ赤。

 一時間程、強い雨で、やれやれ、リヤカーでの水運び当分不要に。

(魚調理)
大鯛は半身を刺身にして、醤油漬けでいただき、残りの半身は切り身にして塩焼き用に冷凍庫。
ヤリイカは刺身で夕食に。
これが一番家族の評判がいい。
残りのレンコダイは雨模様なので、予定していた一夜干しはやめて、切り身にして冷凍庫に。
冷凍庫満員、もう入らんと、妻。

 前日の睡眠不足と、釣り疲れ、ビール飲み疲れで、魚の調理が終わってから、即爆睡、気持ちのいい朝の目覚めでした。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農園の水やりに嬉しい助っ人(2018/7/20)

2018-07-20 18:19:28 | Weblog
昨年農園に遊びに来たことのある、K氏が今日農園に。
 25歳で、体力十分、休耕田の刈り草運びと、連日の日照りに青息吐息の野菜の水やりを手伝ってくれました。
 昼飯前は、休耕田の草運び(冒頭)。
 お昼は、バーベキュー、木陰は涼しい。

 午後は、ひたすら集落の水場から、畑にリヤカー・バケツで水運び。
K氏の勘定では、20往復、一回50キロで、50X20=1,000で1トンの水を、キューり、ナス、カボチャ、ヤーコン、ゴーヤに注いだことになる。
 加勢のおかげで、私一人の3倍仕事がはかどりました。
 涼しくなったらまた来てくださいとお願い。

 農園の入り口、カボチャの棚の近くにカラスの羽1枚。

多分、カボチャを狙って飛んできたら、回りに張り巡らせてある釣のハリスに激突、羽がもげて逃げ去ったと推測。
 カボチャ、重点的に水やりしているので、用意した棚いっぱいに葉が茂り、カボチャの実も段々大きくなっている。

 カラスは利口なので、しばらくやって来ないだろうと安心。

 台風が沖縄方向に進んでいて、その影響か、雲と風。
天気予報では、今晩遅く、弱い雨とのこと。
 雨降れ。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日照りの夏はひたすら水やり(2018/7/19)

2018-07-19 22:19:45 | Weblog
週間天気予報は、向こう7日間雨なし、晴天。
これで、7/9の梅雨明け以来、10日間晴れ晴れ晴れ。
 沖縄に接近している台風の影響で、雲は土日かかるらしい。

 電車~折り畳み自転車で農園に出勤でした。
目的は、ただ一つ、野菜に水やり。
 豊津駅から自転車で走ると今川にかかる橋。
 お天気続きとはいえ、先日の大雨で山にはたっぷり水で、豊かな水の流れ(冒頭)。
日照りと私は思っているが、コメ作りには心配ない。

 農園到着は、お昼時で、持ってきたお結びで腹ごしらえ。
4日前に水やりしたばかりのヤーコン、早くも葉がしおれている。
 ヤーコンは、ペルー原産で、育てやすい野菜だが、唯一高温乾燥に弱い。
ひたすら水やりするしか手が無い。
 ヤーコン4日おきに水やりとは、先が思いやられる。
 日陰を好む里芋も、ついに葉が一部日照りで焼けてくる。


 休耕田の草刈りは後回しで、今日は6個バケツを載せたリヤカーで、水場と畑を往復すること、16往復。

 一回で50キロの水を運べるので、今日は800キログラムの水を畑に撒いたことになる。
 ヤーコン、カボチャ、トマト、キューり、里芋。
↓ヤーコン・カボチャの水やり前

↓水やり後

 今度の土日、台風の余波で、夕立がありますように。
 休憩と水やり交互に、熱中症こわい、安全第一の一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑の7月、畑に水やり(2018/7/17)

2018-07-17 18:54:53 | 農園の生き物
7/9の梅雨明け以来、雨一滴も降らず、連日34度前後の猛暑。
畑の野菜、水をくれーのサイン(葉がしおれる)を出す野菜ボツボツ。
 昨日カボチャ、ヤーコンに水やりで少し畑元気に。
 今日も妻と農園に出かけ、水やりの続き。

 お昼ご飯は、今日は弁当持参。

 汗をかくので、味付けは辛目。

 水は、畑から40メートル程のところに、集落の水場があり、馬ケ岳、御所ケ谷の山からの湧水が小川になってこの水場にまず流れ込み、今まで水が枯れたことが無い。(冒頭)
 今日も、安定した水が流れ込んでおり、ここでバケツ6個をリヤカーに乗せ、水を汲み、野菜の株の間に、注ぐ。
 30分もすれば、力なく垂れ下がった葉が、シャキッと広がるので、面白い。

 ヤーコンの7割方に水やり終了、キューり、トウモロコシにも。
続きは次回。

 帰りの準備をしていると、トカゲが何か咥えて、チョロチョロ。
コオロギを仕留めたところ。

 コオロギは、初夏に休耕田の刈り草を畑の空いた畝に積むと、大発生していたが、トカゲの餌になる。
 カマキリに食われているのも以前目撃で、コオロギはアフリカのサバンナのシマウマのような草食動物の役回り。
 最終的には、トカゲの糞となり、畑の土の肥料になる。
 良くできた食物連鎖。

 雨が降るまで、この調子で、畑の野菜、辛うじて命を繋ぐ状態が続きそう。
夕立降ってくれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日照りでバテたカボチャ・ヤーコンに水やり(2018/7/16)

2018-07-16 22:06:59 | Weblog
今日は一日暇。
電車~自転車で竹田農園に出かけました。

 カボチャ、スクスク育っているが、葉がシオーと元気がない。(冒頭)
連日のギラギラ照りの猛暑に、水が足らなくなったしるし。
 ヤーコンもカボチャの側の株は、葉が変色したり、シオーとなる水不足の兆し。


 当初は休耕田の草刈りでもと考えていたが、予定変更、水やり。
リヤカーにバケツ6個を乗せ、40メートル程下手集落の水場から水を汲み畑まで。

 水を運んでいると、ズボンに水が掛かったり、通り道には、リヤカーのバケツからこぼれた水が、丁度散水の働き。
 炎天下とはいえ、それほど苦にならない作業。
 夕方帰るころになると、萎れていた葉もスックと勢いを取り戻していました。
↓カボチャ 水やり後

↓ヤーコンとカボチャ(水やり後)


 リヤカー10往復程で、一回に50リットル程運んでいるので、今日は、500L水を畑の野菜にかけてやった勘定。
  昨年より10日程早い水やりスタート。
  特にヤーコン、まだ水やりしていない株が多く、明日も水やりに出かける予定。

 帰宅すると、セミになるため出てきた幼虫。
足がかりの無いタイルの床にあおむけに転んで、もがいている最中。

 木の生えた庭に置いてやる。
 我が家では玄関横のダイダイが生えている一角、土が芝生の刈り草や野菜くずの捨て場に成ってるからか、セミの幼虫が多い。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

周防大島の鯛・青物釣り(2018/7/15)

2018-07-15 22:45:20 | 忘れがたい釣りや山
田舎生活の好きな皆さんお元気ですか。
6月、汐巻での釣りでご一緒した、FK氏、40年間周防大島の漁港から、鯛釣りを楽しんでいるとのことで、今日は、釣り幹事のSZ氏と私でFK氏の釣りに同行しました。

(長距離ドライブ)
周防大島は、私が四国今治の両親の墓参りに行くとき、フェリーで近くを通る大きな島。
 フェリーからもたくさんの漁船が釣りをしているのが見え、どんな魚が釣れるのか興味津々。
 まさか、こんな遠くまで釣りに来るとは想像もしなかった。
山陽道経由一般道を、3時間半のドライブ。
 釣り幹事のSZ氏宅に泊めてもらい、FK氏の車で小倉出発が夜中の12時過ぎで、周防大島の奥の半島の漁港についたのが明け方の4時。
 5時出港で、15分走ったところがポイント。


(12本針、擬餌針での釣り)
 FK氏とは40年来の付き合いだという船長、83歳とのことだが精悍で身のこなしも俊敏。
 12本の擬餌針をつけた仕掛けで鯛を狙うそうで、こんな釣りは私もSZ氏も初めて。
 お祭り(釣り糸がもつれること、糸が纏わるが語源らしい)を避けるため、仕掛けは2箇所からだけ海に投入。
初心者の私とSZ氏は船長に仕掛けの扱い方や、釣り方を丁寧に教えてもらいながら、即実践。

 こんな毛糸を少し針に播きつけただけの仕掛けで釣れるのかと、半信半疑だったが、潮が動き始めると40センチ前後の鯛やら、イサキ、青物のハマチ・ヤズが30メートルの海底から上がってくる。
↓大きなイサキ

↓真鯛

↓ヤズ

 当たりがあっても合わせず、ゆっくり小さく手繰るのが良いと船長がノーハウを教えてくれ、そのとおりやると、最後は40センチ余りの鯛、チヌがトリプルでしびれました。


(漁船の群)
割と狭い海域の潮の動く時間帯がねらい目らしく、あちこちから鯛、イサキ狙いの船がひしめいて釣り。

 皆さん操船が上手、お互いによく知っている様子で、お互いに冗談やら挨拶わ交わしてトラブルもなく平和そのもの。


(戦艦むつの引き上げ品)
戦時中、爆発事故で周防大島の近くに沈没した戦艦むつの記念公園があり、FK氏の案内で、寄ってみる。
 大きなスクリューと副砲が置かれている。


(調理)
帰路も、3時間半のドライブ。我が家に帰ったのが夕方6時前。
ヤズ、大き目の鯛は刺身にして夕食のおかずと、醤油漬けにして冷凍庫。

割と小ぶりな鯛は、海水濃度の塩水に漬けて、一夜干し。
↓一晩たって冷凍庫行

 冷凍庫満杯。

 FK氏から聞いていた、周防大島の12本針の鯛・青物釣り、貴重な体験ができ行ってよかったの一日でした。
 気さくな立派な船頭さんで、FK氏が40年間長距離ドライブをものともせず、毎月通っているのも理解。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

農園にチョイ寄り(2018/7/13)

2018-07-13 18:28:26 | Weblog
午後遅く、妻と農園に出かけました。
私は、この2日間休耕田で草刈りをしたので、刈り草を田んぼに集めるのが目的。(冒頭)
 妻は、キュウリ、トマト、アスパラの夏野菜の収獲。


 時間があったので、私はスクスク育っているカボチャの棚の下の草を手で引き抜く。
妻は、収穫の終わったインゲン豆の棚の撤去。

 猛暑、木陰でお茶して、我が家に引き上げました。

 今度の日曜、機会があり、周防大島に釣り。
片道3.5時間の道のりだそうで、どうなりますやら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

炎天下、休耕田の草刈り(2018/7/12)

2018-07-12 22:36:37 | 農園の生き物
電車~折り畳み式自転車で、竹田農園に出勤でした。
 梅雨明けの7/9から4日間、見事な夏の日差し。
タップリ雨が降ったので、畑の野菜、スクスク育っているが、週間天気予報では、7/19まで、連日晴れ、降水確率10%で、おてんとうさま任せ灌漑設備無しの農園の畑には、カラカラ照りのピンチが来るかも。
 真っ先にやられるのは、ヤーコンとカボチャ。

 昨日から始めた、休耕田の草刈りが今日のメインの仕事。
自転車での通り道に休耕田はあり(冒頭)、2反、600坪で、草刈り機の油タンク1回で60坪強刈れるので、刈り終わるまでに、10回給油が必要。
 この暑さ、無理は禁物で、一日、給油1回で終了なので、10日かかる勘定。
 自然が相手、ボチボチというところ。

 お昼の腹ごしらえの後、梅干し・食塩入りのベットボトルにお向かいさんの井戸水を満たし、草刈り中も、腰に吊るしたペットボトルから水補給しながら、草刈り。

 ダメ元で休耕田の植えているイチジク、かわいい実をみのらせている。

 500メートルの帰り道、暑いこと。

 ようやく到着、屋敷の前の、林の木陰はひんやりとして、やれやれと一休み。

 長い休憩でぼんやり空き地を見ていると、逞しそうな野良猫が、忍び足でゆっくり歩いているのが見える、最近多い、雀を狙っているのかも。
 猫は、野鼠を食べてくれるので、歓迎。


 汗びっしょりのシャツ、上着はカボチャの棚に吊るすと、2時間程で乾燥、そのまま着れるのは助かる。


 ちょっと仕事、沢山休憩を繰り返していると、もう夕方で帰路に、いい汗かきました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

農園で昆虫にカメラ(2018/7/11)

2018-07-11 18:33:46 | 農園の生き物
真夏の暑い一日。
妻と農園に遊びに行きました。

 昨日、美食家・木登り上手のアライグマ(多分)にトマトの熟れたのを食われて、釣りのハリスの防御ラインを補強したが、効果あったようで、被害は止まっている。
 やれやれ。

 トマトの葉を食べるテントウムシダマシを手で捕まえて殺していると、小蜘蛛の巣にひっかかって絶命したようなテントウムシダマシ発見。(冒頭)
 小蜘蛛、数えきれない数、かわいい巣を作っており、頑張ってねといったところ。

 お昼は、バーベキュー、ビールが美味い。

日曜日の釣りで釣ったレンコダイの一夜干しを炭火でじっくり焼いて、一部はビールのツマミ、残りは今日の夕ご飯のおかずに持ち帰る。


 そろそろ、腰を上げて、今年二度目の休耕田の草刈りに取り掛かろうと思っていると、妻が家の窓ガラスのところに、すずめ蜂が動いていると。
 普段、家はしめきっているのだが、遊びに来たとき、バーベキュー用の椅子・コンロを取りだしたり、鍬・草刈機を取り出すのに、戸を開けるが、その時、入り込んで出れなくなったものと推測。
 外に出たいので、明るい方に飛んできて、透明なガラスに行く手を阻まれ、戻ろうと思うが、床まで垂れたカーテンにこれもストップをかけられ、行ったり来たり。
 透明ガラスを発明した人、ありがとうございます、刺される心配をせずスズメバチを間近に見ることが出来ます。

 このまま放置しておくと、脱水症状で、死んでしまうはず。
 時々、家の明るい窓近くで、息絶えたスズメバチを見かける、今回も、そうした蜂。
 巣を農園のバーベキュースペース周辺に作られると困るので、今日もたき火で、たき火コンロに枯れ木をくべて、スズメバチが山火事と重ねて嫌がるという煙をモクモクと。

 トマト、ピーマン、キュウリ今が採り入れ時で、持ち帰り、毎日の食卓を潤してくれる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の農園で一汗(2018/7/10)

2018-07-10 19:58:30 | Weblog
梅雨明け、今日は電車~自転車で農園に出勤でした。
平成筑豊鉄道に乗ると、豪雨のため、路面がえぐれて線路があちこちで浮き上がっており、犀川までの折り返し運転を当分行うとのこと。
 私が降りる、豊津駅までは気動車okでやれやれ。
 自転車で渡る今川の橋から見た今川は、普段より水の勢いがある。
農園に入る道から、馬ケ岳、御所ケ谷の山並みは、夏本番。


 し残した、畑周りの草刈りをしに来たのだが、トマトをアライグマが食い散らした跡。

ハリスで周りを囲んでいたはずが、イノシシ除けの柵の側は、ハリスなしで、ここから侵入したと思われる。
 アライグマにとっては、イノシシ除けの柵は、上り下りのある道にすぎないということを、忘れていた。
 急遽、ここもハリスで遮断。
 多分有効。

 草刈りも終わり、畑は総じて元気がいい。
↓トマト

↓カボチャ

↓マリーゴールド、百日草等(お盆のお墓参り用)

↓モロヘイヤ


これから、週一、二度、夕立があると野菜には助かるのだが、望み薄。
来週あたり、リヤカー・バケツで水やりが必要かも。

 いい汗かきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加