相模太夫の旅録=Tabi Log

☆ 旅は一枚の写真から始まる!!
☆ 旅先での四季彩々一期一会の被写体を瞬撮!!

「相模原麻溝公園」の「みんなの花壇」でダリアが!!

2018-10-19 10:56:31 | 公園・庭園
相模原市南区麻溝に四季の花が絶えない市民の憩いの場でありオアシスとなっている「相模原麻溝公園」はある。徐々に秋の花が咲きだし当園も華やかさを増してきた。今「花の谷」の一角6面花壇の隣にある「みんなの花壇」ではセンニチコウ、コスモスに混じって本数はさほど多くないが多彩な花色と変化に富んだ花形で好まれている赤とピンクの「ダリア」が咲き見頃となっている。和名はテンジクボタンでキク科のテンジクボタン属(ダリア属)である。ダリアは豪華で力強く咲く大輪種、優雅な中輪種や可憐な小輪種、シンプルな一重咲きや変化咲きなど品種は多い。日本には1842年にオランダから渡来した花で、球形のもの、花びらの先がとがったもの、八重のものと多種多彩。花色も赤、ピンク、オレンジ、黄、白、紫、複色とたくさんあり、花言葉であらわされる「エレガント」、「華麗」がピッタリの花である。(1810)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日向薬師の守護神「日向神社」 | トップ | 新磯のざる菊「第10回花見会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

公園・庭園」カテゴリの最新記事